カテゴリー「クッキング」の716件の記事

2021年3月31日 (水)

鮭のチャーハン(キッコーマン)、ブロッコリーとうずらのピクルス(macaroni)、ほうれん草とベーコンのキッシュ(クラシル)、茄子の炊き込みご飯(楽天)

パック入りの鮭を買うと、人数分より多かったりして余るときがあります。冷凍しておくのですが、それを使ってサイト「キッコーマン」のレシピ「鮭のチャーハン」を参考に、鮭チャーハンを作るのが楽しみになりました。

Img_3162_331

他にいろいろなレシピを試しましたが、このレシピは鮭を焼いて作るので、生臭さがなく、とても美味しいです。鮭をグリルで焼くのが面倒なときは、解凍した鮭をフライパンで、過去記事で紹介した「クックパー フライパン用ホイル」を敷いて焼くと、楽ちんです。

ピクルスを作ろうと思い、庄分酢から酢をまとめ買いしました。送料を只にするためのまとめ買いでしたが、ここの酢は美味しくて、酢ドリンクにしてもいけます。うちでは、酢大さじ1、はちみつ大さじ1、水(または炭酸水)150㏄ で作っています。

ツイッターに「庄分酢」さんがありました。

最近作ったピクルスのレシピは、うずらとブロッコリーの組み合わせがとってもお洒落。

Img_3159_330

サイト「macaroni」のレシピです。

娘がお友達と食事に行った夜、夫と二人だったので、過去記事で紹介したレシピ「じゃがバターライス」に、焼いて塩コショウしただけの豚バラ薄切り肉――うちは皆、カリカリに焼いた豚バラ薄切り肉が好き――をのせ、野菜スープ、それにこのピクルスでした。パセリは自家製です。

Img_0698

手抜き夕飯だったのですが、帰宅した娘が「わたしのいないときに限って、ママは美味しいものを作る!」とご立腹。別の日に、同じものを作らされました。

先日、ふと、キッシュを作ってみたくなりました。

Img_0702_330
タルト型がなかったのですが、パウンド型で初挑戦。

解凍した冷凍パイシートを麺棒でかなり伸ばしても、パウンド型を縁まで包み込むのは無理でしたが、ご覧のように、何とか出来上がりました。

Img_3204_330

レシピは、サイト「クラシル」の「ほうれん草とベーコンのキッシュ」を参考にしました。パウンド型は深さがあるので、焼く時間はレシピより長い35分にしました。

ある日、茄子を使いきりたいと思い、あれこれググりました。茄子の炊き込みご飯というのが出てきて、びっくり。考えたこともなかったレシピでした。水っぽくなるのでは? と心配しつつ、好奇心に負けて作りました。

Img_3188_330

正直いって、茄子の味自体はあまりわかりませんでした。でも、ほんのりお焦げと柔らかい茄子がなかなかの味わい。いつも炊き込みご飯はストウブで作ります。

参考にした「茄子の炊き込みご飯」は、楽天レシピです。

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

ストウブで肉だんご、トンカツにチャレンジしました! マーボーカレー、ヨーグルトのスープ。(あとで加筆あり、緑の背景色)

【ストウブで揚げ物②唐揚げ】蓋をして揚げるとふっくらジューシー♪
2020/04/09
ずぼら料理教室
https://youtu.be/x85YZjFTqH4

動画説明欄から引用します。

今日は揚げ物②です。

16センチラウンド(何センチでも大丈夫です。お鍋に2〜3センチ油を入れます)

揚げ油 200〜300cc
鶏もも肉 1枚(300gくらい)
しょうゆ・酒 大さじ2
生姜すり下ろし 1かけ分

片栗粉 適量

おうちのいつもの唐揚げの作り方と一緒で大丈夫です^^

・鶏肉は一口大(面倒なら切ってあるものをかう)に切り、全て材料をボウルや袋に入れて少しおく。できれば冷蔵庫で数時間置く。
・油を温める。粉を少し落としたらすぐにシュワッと言うくらい。
・鶏肉に片栗粉をつけて4つほど、隣同士がくっつかないようにして入れ、すぐに蓋をして3分計る。
・途中でバチバチ音がして蓋の隙間から蒸気が出るようなら極弱火にする。
・3分経ったら蓋を開ける。蓋の裏に沢山水がついているので、サッとスライドさせるように。濡れぶきんの上に置くと良い。
・鶏肉を裏返す。
・再度中火にする(ポイント!)
・中火できつね色になるまで揚げる。2〜3分
・カリッとしたら取り出す。

前掲動画を視聴して、肉だんごをストウブで挙げてみようと思いました。

留意点として、拙ツイートにリンクのある以下の記事も参考にしました。


「メーカーの考え」から引用します。

ストウブで蓋をしたままの揚げものは可能。ただし、以下の点に注意が必要です。

①油の温度が適温まで上がったら、火力を絞る

ストウブは蓄熱性が高いため、油が高温になると火が入る恐れがあるので

②油の量を多めにしない

噴きこぼれる恐れがあるので

③蓋を開ける際は、熱気と水滴が油に落ちないように注意する

揚げもののときの油の温度の目安を正確に知りたいと思い調べると、レタスクラブ(https://www.lettuceclub.net/recipe/dictionary-cook/128/)では、次のようになっています。味の素パーク(https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/basic/friedoil/)も同じです。

「低温」は150~160℃。
「中温」170℃前後。
「高温」180~190℃。

クックパッド(https://cookpad.com/cooking_basics/8077)では、次のようになっています。

150~160℃(低温)
170~180℃(中温)
190~200℃(高温)

日清オイリオ(https://www.nisshin-oillio.com/kitchen/study-oil/temperature.html)では、次のようになっています。

低温(150℃~160℃)
中温(170℃~180℃)
高温(180℃~190℃)

ばらつきがありますね。

ちなみに、我が家の IHクッキングヒーターは、温度が以下のように表示されています。

保温
1 ・・・150
2 ・・・160
3 ・・・170
4 ・・・180
5 ・・・190
6 ・・・200

クックパッドのように1と2が低温、3と4が中温、5と6が高温と思ってきましたが、レシピに温度で表示されていないと、迷ってしまいます。

温度表示がなかったガスコンロ、電気コンロのときは、平気で勘でやっていましたけれどね。失敗は多々あったけれど、迷いはなく、適当に楽しくやっていました(*^_^*)

ストウブの蓋をしたまま高温状態に持って行くのは危険な気がするので、ある程度、揚がってから蓋をし、蓋をしたらすぐに低温(160℃)にすることにしました。そして、低温状態で中まで火を通します。仕上げに180℃に戻してカラッとさせました。(←このやりかたでいいかどうかはわかりませんが、わたしの場合はこれで安全に、外はカリッと中はジューシーに仕上がりました

IHクッキングヒーターで揚げ物機能の「少量油コース」に設定し、180℃(前掲動画を引用すると「粉を少し落としたらすぐにシュワッと言うくらい」の油温度)になるのを待ちました。

肉だんごを入れ、だんごを箸で転がしながら全体が色づいた時点で蓋をし、すぐに低温(160℃)にして3分。

低温で3分経ったら、蓋を取ります。

この段階で、こんがり色づいていました。1個取り出して確認すると、火は中まで通っていましたが、低温にしたまま取り出すと、カラッとした感じにならないと思い、前掲動画を参考に油温度を180℃に戻しました。

170℃と迷いましたが、180℃で焦げないように気をつけながら揚げ(2分くらい)、取り出しました。

肉だんごが固くなったのではないかと心配になり、味見をしました。何と、これまでになかったくらい、外側はこんがり、中はふっくらジューシーに仕上がっていました。

あらかじめ用意しておいた甘酢あんに絡めると、もう最高の出来映えでした!

Img_3144_a4

家族に絶賛されました。以下のレシピは、過去記事からの引用です。

肉だんごはわたしにとっては、おふくろの味です。幸い結婚するときに母が愛読していた料理の本をセットで持たせてくれたので、幾分かは亡き母の味を再現できます。

その昭和41年発行の『十二か月シリーズ9 肉のおかず十二か月』(女子栄養大学出版部)から「肉だんごの揚げ煮」を紹介しましょう。

 肉だんごの揚げ煮(5人分)
 豚ひき肉400g、a{卵1個、しょうゆ・ごま油・酒各大さじ1・おろししょうが少量}、かたくり粉大さじ2、とうがらしのみじん切り2本分、b{しょうゆ・酢・砂糖大さじ2、スープ大さじ4、化学調味料少量}

 ①ひき肉にaをよくまぜ、かたくり粉の半量を入れ、さらによくまぜる。
 ②たっぷりの揚げ油に①のひき肉を親指くらいの大きさにつみ入れ、こがね色に揚げる。
 ③なべでbを合わせた調味料、とうがらし、揚げだんごを入れて煮たて、水どきかたくり粉でとろみをつける。

肉だんごの下には炒めたほうれん草が敷いてあります。わたしは、とうがらしと化学調味料は入れませんでした。

この日、綺麗なほうれん草が手に入らなかったので、肉だんごの下には小松菜を炒めて軽く塩こしょうしたものを敷きました。

ほうれん草があれば、そちらのほうがより肉だんごに合うと思います。

トンカツも、同じ要領で、ストウブで揚げてみました。

蓋はせずに裏面がこんがりなるのを待ってから――表面も色づきつつある状態――蓋をし、油温度をすぐに低温(160℃)にして3分。

3分経ったら蓋を開け、豚肉を裏返して180℃に戻しました。裏返してからの時間は肉の厚さにもよると思いますが、わたしは綺麗なきつね色になるまで3分揚げ、取り出しました。

Tonka202122 

このトンカツも、これまでで最高のトンカツとなりました。「シャクッ、ジューシー!」と娘。たまに行くトンカツ屋さんに匹敵する――トンカツ屋さんのは勿論、家庭の味とは違うインパクトのある美味しさですが――味わいでしたよ、ホント!

トンカツの付け合わせにはなんといってもキャベツの千切りだと思いますが、冷蔵庫に豊富にあったレタスに。

Img_3145_bjpg

これは以下のレシピを参考にしました。レンコンの食感がよく、これも家族に好評でした。

麻婆豆腐を作る予定だったけれど、急にカレーを食べたくなった日に作った「マーボーカレー」。

カレー粉を使うかカレールーを使うか、またその分量によって、麻婆豆腐が勝るかカレーが勝るかになると思います。

わたしは麻婆豆腐寄りにしたかったので、以下のレシピを参考にしました。どちらでもあって、どちらでもないような不思議な……でも、なかなかの美味しさでしたよ。

お皿に盛るかどんぶりに盛るかで、迷いました。

Img_3154-1

マーボーカレーには、ヨーグルトを使ったスープを合わせました。さっぱりしたスープで、利用価値が高そうなスープです。

Img_3153-1

レシピは森永乳業のレシピ「たっぷりきのこヨーグルトスープ」を参考にしました。リンクには許可がいるようなので、リンクはしません。ググってみてくださいね。

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

ストウブのレシピ「新玉ねぎのシンプル蒸し」を作りました。パロディ動画2選。

白玉ねぎを買い、ストウブの公式サイトのレシピ「新玉ねぎのシンプル蒸し」を作りました。

Img_3137_a

Img_3139_a

Img_3141_a

最後にバターを追加するのかどうかわかりませんが、追加なしで充分な美味しさでした。めんつゆ、こんなに甘かったかしら?と思ったほど、とろけんばかりの白玉ねぎが甘いこと、甘いこと。

実は、白玉ねぎというのを初めて買いました。本当に白い子……。収穫の時期が違いますが、新玉ねぎと考えていいのでしょうか。そっくりです。

玉ねぎからたっぷり水分が出て、上等のスープになったので、スプーンも添えました。娘にいわせると、「土井善晴先生的にいえば、穏やかな味わいだね」。

米大統領選の余波は今後も続きそうで(既存メディアしかご覧になっていないかたは、米大統領選に関するわたしの最近の記事に首をかしげていられるかもしれませんが……)、落ち着かない気分です。このレシピにはそれを癒やす力がありました!

時間がないときには、レンジで作れる以下のレシピを試してみようと思います。 

パロディ動画2選。

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

大晦日、元旦、2日のおうちごはん備忘録: E・レシピ「キュウリとハムの中華春雨サラダ」、みんなのきょうの料理レシピ「小豆ご飯」

大晦日になると、ブログを書いていてよかったと思います。

何を作るか考えるとき、とても役に立つからです。前回作ったミートローフ(栗原はるみさんレシピ)が家族に好評だったので、リクエストに応えて再度チャレンジしました。以下の記事中ツイートにレシピへのリンクがあります。

2020年1月 1日 (水)
あけましておめでとうございます
https://elder.tea-nifty.com/blog/2020/01/post-533f89.html

材料の合いびき肉300gは我が家にちょうどいい分量です。だからこのレシピを選んだのでした。ただ、ミートローフの生地を詰めるのに使うパウンドケーキ型が少々大きいので、肉量を500gに増やしました。息子が帰省していればそれでちょうどよい分量になりますが、3人には多すぎて、翌日のブランチ(?)のぶんまでありました。

といっても、今回も大好評で、家族に奪われてしまい(?)、わたしのブランチ用ミートローフはありませんでした。

Img_3088

生地が多かったせいか、レシピ通りだと火の通りがもう一つだったので、もう少し時間をかけて焼き上げました。焼き上がった生地は縮んで、出来た隙間には脂と灰汁がかなり溜まっています。それを取りのぞくので、案外ヘルシーかも(?)。

時間が経っても美味しいけれど、出来立ては最高です。

Img_3091_a

御節は、材料費が馬鹿に高くつくと思ったときから頼むことにしていて、どこに頼むかで試行錯誤がありました。ここ3年ほどは同じところに頼んでいます。

Img_3097_c

京風の上品な味付けで、家族も美味しいといい、綺麗に片付きます。家族全員が揃うと、これでは足りません。洋風のものがもう一段ついているものを探すでしょうね。

元旦のお雑煮は――写真がありませんが――例年通りに醤油仕立てでした。昆布と削り節でいつもより丁寧に出汁をとり、具はかつお菜と蒲鉾とお餅だけというお雑煮は、亡き母の味です。母は料理が上手でした。わたしはもう一つですが、母がよく参考にしていた土井勝先生の本は持っています。お雑煮のレシピは違うので、母オリジナルの味だったのか、祖母の味だったのか、それ以外で仕入れたレシピのか、わかりません。

大分県に引っ越してきてからは、日田市でも当市でもかつお菜を入手するのが困難でした。数年前から案外当市のお店に出ていることも多く、手に入ります。これがないと、シンプルな我が家風お雑煮にはなりません。

数年前、野菜売り場でかつお菜を手にして「これは何て野菜? どう使うの?」と店員さんに尋ねていた人がいました。佐賀や福岡ではよく食べられているのに……と不思議に思いました。

たった今、ウィキペディアを見ました。

ウィキペディア「カツオナ」

カツオ菜(勝男菜)はアブラナ科のカラシナ類に属する高菜の品種群の一種。主に九州北部で栽培されており福岡県の特産野菜である。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%AA%E3%83%8A

かつお菜が福岡県の特産野菜だとは知りませんでした。福岡、佐賀、長崎は食べ物の交流が盛んなのか、共通するものが多いような気がします。大分県は、いくらか毛色が違うなあと思います。四国とのつながりのほうが強いのかも(?)。

2日は、新しい卵焼き器でだし巻き卵にチャレンジしました。

2020年12月29日 (火)
手製の隙間用掃除器具、鉄製卵焼き器、ゴディバのケーキ。(追記: お餅がくっつかないクックパー )
https://elder.tea-nifty.com/blog/2020/12/post-a9cbb0.html

買ったばかりの鉄製卵焼き器は、油慣らしをしていても、くっつきやすくて難しい。でも、鉄製のものは使い込んでいくごとに使いやすくなるはずです。テフロン加工のものは逆に加工したものが剥げていく。その衰退(?)していく感じが嫌になり、鉄製に替えたのでした。

フライパン、中華風炒め鍋も、いずれ鉄製に替えたいです。まだ今日のところは、テフロン加工にすればよかったかな……とチラッと思わないでもありませんでしたが………。

Img_3103_b

巻きすで形を調えなければ、悲惨なことになったかも。久しぶりのだし巻き卵に、夫が「おお!」と喜んでくれました。

Img_3102_202112

2日は、娘に写真を撮る余裕があったので(料理は大抵娘が撮ってくれます、元旦は友人達とあけおめメールのやりとりで多忙)、夕食の写真が全部あります。白だしで作ってみた、お雑煮。餅入りお吸い物という感じで(そりゃそうだ)、娘もいつものほうがお雑煮らしくていい、といいました。餅入りお吸い物としては、よい仕上がりでした。

30日に買ったかつお菜は、わたしの保存法では2日までが限界です。白菜だともっと持ちますね。

Img_0663_202112

苺なんかも奮発したくなるお正月。これも30日に買った地元産の苺ですが、瑞々しさを保っていました。

Img_3104_202112  

E・レシピ「キュウリとハムの中華春雨サラダ」を参考にさせていただきました。以下のツイートにレシピへのリンクがあります。

夫好物のぜんざいを作らなければ、と思いつつも、あの砂糖の量を思うと、二の足を踏んでしまうのです。その代わりに、みんなのきょうの料理レシピで、小豆ごはんを作りました。美味しくできたと思います。

ただ、これを見たときの心なしか落胆した夫の表情を、わたしは見逃しませんでした、ハイ。

実は、もう1袋、買ってあるのです。覚悟を決めて近々ぜんざいを作ります……たぶん。

Img_3106_202112

お赤飯とは異なり、もち米を入れないので、あっさりとした味わいです。食べ過ぎた元旦の次の日のごはんにいいですね。小豆粥と迷いました。

これはストウブで炊きました。小豆が生きていて、華やいだ気分になりました。今年も大いにストウブのお世話になりそう。以下のツイートにレシピへのリンクがあります。

 

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

手製の隙間用掃除器具、鉄製卵焼き器、ゴディバのケーキ。(追記: お餅がくっつかないクックパー )

年末を如何お過ごしでしょうか?

米大統領選は、わたしはまだ目が離せない状況だと思っています。その関係の記事もアップしたいのですが、とりあえずは年越しの準備ということで、ここ数日、掃除に明け暮れました。年賀状は遅れています。

キッチンの冷蔵庫と食器棚の隙間の埃が気になって仕方がありませんでした。埃の中に何かがいる気がしてしまう……例えば凄く小さな人とか……はないか。ゴキブリとか。細く長いものを探しては差し込んでみるのですが、埃をいくらか掻き出せる程度で、綺麗になるまではいきませんでした。

こういうとき、なぜかアイディアに富む夫に窮状を訴えてみました。夫は日曜大工とまではいかないかもしれませんが、あれこれ作るのが好きで、色々なものを持っているのです。すぐに、ひらめいたようでした。

「園芸用の棒がいくらでもあるじゃん。それの先にキッチンペーパーか何かくくりつければ?」と、ちょっと小馬鹿にしたようにいいました。そうでした、細く長い棒がいくらでもベランダにありました。馬鹿ですみません。

棒の先にどうくくりつければ完璧な隙間用の掃除道具になるのか、自信がなかったので、夫の匠の技に期待してやって貰いました。なるほど、キッチンペーパーを数枚重ねて、先っぽが丸くなるように棒にかぶせ、ゴムで縛ると、立派な掃除道具になります。

わたしはまず隙間の埃めがけてユーカリスプレーを使いました。そのあとで隙間用の掃除道具を使うと、面白いように埃を掻き出すことができました。キッチンペーパーの先を2回交換して拭き取るようにすると、すっかり綺麗に。

手の届きにくい収納ラックの下なども、ラックを移動させずに綺麗になり、清々しい気分になりました。

毎晩ドアのノブをアルコールや次亜塩素酸水、前述したユーカリ水などで拭いて回る習慣がついています。それを考えれば、よく掃除した今年でした。

年末の慌ただしさで、夕飯作りが億劫です。体力も削がれているので、時間をかけたくありません。白だしをちょくちょく使っています。カワハギを煮付けにする予定だったのが、時間がなく、「カワハギは淡泊な味だから、白だしだけでもいけるのでは?」と思い、白だしだけで煮てみました。

Img_0637_a

悪くありませんでした。

Img_3076_b

これも、すぐにできて楽でした。ストウブのレシピ「きのこと鶏の無水・塩麹蒸し」です。肝心のきのこが椎茸しかなかったのですが、すごく美味しかった!

ところで、二口電気コンロが壊れ、IHクッキングヒーターに替えてからというもの、それまで使っていた卵焼き器が使えず、たまにだし巻き卵が食べたいと思いながらも、特に家族の要望もなかったので、以来、ずっと卵焼きを作っていませんでした。スクランブルエッグとか錦糸卵、オムレツなどでごまかして(?)いました。

いつから食べていないか過去記事を探すと、やたらと算数のことを書いた記事が出てきました。公文教室の仕事を探すつもりで、算数・数学のお勉強をしていたようです。公文教室の仕事はなかなかなく、外で働くには年齢と体力の問題があり、家事と創作に明け暮れています。

2018年2月13日 (火)
問題集に誤植、ミスは多いけれど…。IHクッキングヒーターで使えない調理器具。
https://elder.tea-nifty.com/blog/2018/02/xaxbx2-abab.html

2年10ヶ月! ずいぶん長く卵焼きを食べなかったものだと呆れました。別に卵焼きを食べなくても問題はないかもしれませんが、何か人生に足りないような気さえするのは、自分で思っていた以上にわたしは卵焼きが好きなのでしょう。

お正月にはたっぷり卵を使って、卵焼きを作りたいと思い(だし巻きにするか甘い卵焼きにするか迷っています)、デパートに卵焼き器を見に行きました。ここにはフライパンにとても詳しいベテランの店員さんがいらして、このかたのおすすめに従えば、まず間違いのない商品が買えます。

いつもそのかたがいらっしゃるとは限らないのですが、幸運でした。そして、結論からいえば、鉄製の卵焼き器を購入しました。ホーローでコーティングされていますが、ストウブで鉄製品に慣れたせいかもしれませんし、流行なのかもしれません。

以前は、テフロン加工の製品ばかりが目につきましたから。尤も、まだ主流はテフロン加工のようで、最初にすすめられたのはテフロン加工のものでした。購入したのはリバーライトの鉄製の卵焼き器。IH対応、日本製です。油ならしのために、オイルポットをAmazonで買いました。これも日本製を選びました。

Img_0644_a

考えてみれば、昔は鉄のフライパンを使っていました。テフロンは数年でだめになるけれど、鉄だと一生ものです。うまく使いこなせるでしょうか。

テフロン加工の卵焼き器で作っただし巻き卵の記事がありました。

2009年12月 1日 (火)
昨日の夕飯
https://elder.tea-nifty.com/blog/2009/12/post-7caf.html

紅玉が出ていると、買いたくなります。そのままでも美味しいですが、キャベツと林檎のサラダもいいですね。ヨーグルトとマヨネーズを混ぜたドレッシングであえました。

Img_3075_c

クリスマスの主役は、娘が予約したゴディバのケーキでした。小さい、高価なケーキでした。チョコレートに厚く覆われていて、さすがはチョコで有名なゴディバですね。

Img_3080_b

追記:

クックパーのことを書き忘れていました。子供の頃、家では火鉢に焼き網をのせてお餅を焼いたものだけれど……今はお餅を焼くにも不自由です。魚焼きグリルは、膨らんだお餅が上部にくっつくとまずいとあるので、フライパンかオーブントースターで焼くことにしています。

家族が自分で焼くときは、もっぱらオーブントースターです。ところが、アルミホイルにひどくくっついてしまい、困っていました。最近、アルミホイルをくしゃくしゃにしてからお餅をのせるとくっつきにくいという情報を得て、そうしようと思っていました。

前掲のオイルポットを注文するときに、お餅を焼くのによいものはないか探すと、旭化成ホームプロダクトの「クックパー フライパン用ホイル」という商品が出てきました。片面シリコーン樹脂加工のアルミホイルで、フライパン用とありますが、オーブントースターにもよいようです。

クックパー フライパン用ホイル 25cm×12m

これは優れものでした!  お正月用のお餅は沢山入ったものを買ってあったので、ホイルへのくっつき具合を試してみました。お餅を夫のと2個並べて焼いてみると、普通にこんがり焼けて、しかも本当にホイルにくっつきません。夫も感動。しょうゆを垂らし、海苔で巻いていただきました。

美味しいので、もう1個ずつ試す(?)ことにしました。次は、バターじょうゆを絡めて。お餅って何て美味しいんでしょう……餅太りしそう。

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

グッチ裕三先生「大根のつるつるスープ」、土井善晴先生レシピ「なすのレンジ蒸し」「めばるの煮つけ」

Img_3069_a

冬は冷蔵庫に大根があれば、何となく安心。グッチ先生のこの大根のスープはあっという間にできて、とても美味しく、体が温まるスープです。リピート率高そう。

スーパーから買った大根は、葉がとってあったので、代わりにプランターからとってきたパセリをのせました。舞茸があったので、それも加えました。ごまを振り忘れた気が……

Img_3036_c

クラシルレシピ「しそみそ冷奴」も、おすすめです。梅だれをよく作りますが、大葉、砂糖、みそ、ごま油、ごまを使ったたれは初めて作りました。しそみそだれが、いつもの豆腐を華やかに演出してくれました。

Img_3047c

「牛そぼろねぎ丼」は、お助けメニューという感じです。時間がないときに作ったのですが、すぐにできて、とても美味しかったので、助かりました。

Img_3053c

土井善晴先生レシピ「なすのレンジ蒸し」は再掲です。久しぶりに作ったら、改めて美味しいなあと思ったので、また紹介しておきますね。

『なすのレンジ蒸し』のレシピを「週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.2」(デアゴスティーニ・ジャパン)から紹介します。

[材料・2人分]

  • なす2本
  • A〔味噌大さじ2/3,マヨネーズ大さじ4〕

[作り方]

  1. なすはへたを残して耐熱皿にのせてラップをかけ、電子レンジで4分加熱する。
  2. 加熱が終了したらすぐ氷水につけて色止めをし、荒熱が取れたらお尻の部分に十文字に切り込みを入れ、手でくし型にさいて、器に盛る。
  3. Aの材料をよく混ぜ合わせ、②に添える。

Img_0614_a-1

お皿からはみ出した、結構大きな黒めばる。煮汁は「週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.3」(デアゴスティーニ・ジャパン)の「めばるの煮つけ」を参考にしました。煮汁の材料だけ紹介しておきます。めばるは4尾(1尾170g)となっています。

▇ 煮汁

  • 水……1カップ
  • 酒……1/3カップ
  • しょうゆ……大さじ4
  • 砂糖、みりん……各大さじ3

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「豚肉とグリンピースのパスタ」、「きのこの中華丼」

娘が勤務先でお昼ごはんを食べながら、朝日放送テレビ『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』を観ていたそうです。

その日の献立がこのパスタで、ちょくちょく麺限定料理人になってくれる夫に娘がリクエスト。娘が作ってもいいんですけれどね。「わたし食べる人」に徹さないで。以前、わたしが25日間入院したときは「きっちり」ご馳走を作って写真をわたしに送ってくれました。

愛用していたのはグッチ祐三のレシピ。しっかり作ったのは、わたしの入院中に「パパが栄養失調になっては大変だ」と思ったからだそうで。作る人がいれば、あえて自分が作りたいとは思わないとのこと。うーん、どう返せばいいのか……。

Img_0580_a

新しいレシピにはとりあえず抵抗してみせる夫は、「ハードルが高い!」と及び腰。パスタではペペロンチーノのベーコンバージョン、ナポリタンはとても美味しくて、難易度からすれば、ナポリタンと同じくらいではないでしょうか。

レシピを一緒に見て、どの辺が難しいと感じるのか訊くと、「ブイヨン…………使ったことない」とのこと。固形だと砕いたり、湯で溶かしたりとちょっと面倒かもしれません。冷凍グリンピースを使うことにも不安があるようでした。

ブイヨンは幸い粉末状がありました。冷凍グリンピースは袋を破ってそのまま入れるだけだと説明すると、納得の面持ち。

そして、極上の「豚肉とグリンピースのパスタ」の出来上がり! 本当に美味しかった! わたしが作ったら、これほど上手に作れるかどうか疑問です。レシピ自体は難易度の高いものではないので、おすすめです。

最初は渋々だった料理へのチャレンジも、最近は楽しそうに鼻歌を歌っていることがあります。「凄く美味しい!」というと、感極まった表情になることも。

定年退職後の男の料理はお勧めです。友人達のご主人も続々と定年になり、ギャンブル中毒気味、アルコール中毒気味になる人も珍しくないようです。夫婦の会話もなくなる人が多い。

以前テレビで、依存症には家事――特に料理がいいといっていましたよ。

わたしは夫に料理の喜びを知ってほしかったし、いざというときに夫も料理ができるようにとの思いで、お尻をひっぱたいて台所へと。

ただ、昔の男性にはプライドがあるので、わたしが普段作らないものを作りたいようでした。それで、麺の領域を夫に明け渡す(?)ことにしたわけでした。

麺をご飯に代えて丼物にすることもできる場合が多く、案外難しい麺の扱いに慣れば、もうレシピさえ見れば、色々なものが作れると思います。

翌日、わたしも『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』を視聴しました。

その日の献立も美味しそうだったので、夕飯に作りました。これも難易度は高くありませんでした。これから寒くなってくると、丼物がほしくなりますね。

Img_0584jpg_b-1

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

『豚ひき肉としめじの炊き込みご飯』(みんなのきょうの料理)。ブラヴァツキー夫人の伝記にあった引用文を探して。

まだブラヴァツキー夫人批判に対する感想の続きを書いているのですが、ブラヴァツキー夫人の引用に出てくるバトラーロフ Butlerof を検索しても一向に出てこないので、諦めかけたところ、Butlerovとも書くのだとわかり、解決。Александр Михайлович Бутлеровという帝政ロシアの科学者なのです。「ロシア化学の父」とロシアでは評価されているとか。

ハワード・マーフェット(田中恵美子訳)『近代オカルティズムの母 H・P・ブラヴァツキー夫人』(神智学協会 ニッポンロッジ、1981)によると、夫人はこの科学者の文章を代表作『シークレット・ドクトリン』に引用しており、加えて、現代の素粒子物理の最前線どころか、その遙か先のことまで見通しているような凄いことを書いているのです。

ブラヴァツキー夫人の亡くなったのが和暦でいえば明治24年で、生まれたのは江戸時代であったことを思えば、著作の内容の新しさに驚かされます。

ですが、当時の人々はそのようなことには関心がなかったと伝記にはあります。今も同じですね……。

ブラヴァツキー夫人の著作の内容は、彼女を誹謗中傷するような人々がでっち上げるような、いい加減なものでも、ちゃちなものでもありません。でなければ、アインシュタインが『シークレット・ドクトリン』を座右の書にするはずがありません。

わたしは科学のことはよくわかりませんが、クォークの話題が持ち上がっていたとき(62歳のわたしもまだ23歳)、「ブラヴァツキー夫人はこれを遙かに凌駕することを言っている……」と胸が熱くなりました。南部陽一郎氏のクォークの本も買いました。

当時、大学卒業間近に母が倒れ、生死の境をさまよう事態となり(このときの出来事がわたしの神秘主義者としての原点です。そのときのことを書いた「枕許からのレポート」はこちら)、決まっていた博多での就職を諦め、決まっていたアパートは契約がまだだったのか解約したのだったか、病院で寝泊まりしたひと月……その後母が回復して退院してくれたのは喜びでしたが、自分の将来を思うと暗澹とし……そんなときに読んだブラヴァツキー夫人の伝記とクォークの本でした。

実家に遊びに来てくれた1学年下の薬学部に通っていた女友達に、クォークの本を読んだ感想を熱く語ったのを覚えています。科学音痴のわたしの口吻に、女友達は半信半疑の微苦笑した表情で、でも面白そうに聞いてくれました。

「枕許からのレポート」に友人に宛てた手紙が出てきますが、この女友達も薬学部で、当時3学年下でした。どちらとも寮生活で知り合ったのです。わたしは法学部でした。片時も目の離せない母の付き添いで卒業証書も取りに行けず、彼女が持ってきてくれましたっけ。

ブラヴァツキー夫人の伝記にあった引用をふと思い出し、引用元は『シークレット・ドクトリン』と書かれていたので、昨日1日かけて探していました。

3回斜め読みしたH・P・ブラヴァツキー(田中恵美子&ジェフ・クラーク訳)『シークレット・ドクトリン 宇宙発生論(上)』(神智学協会ニッポン・ロッジ、1989)には該当する文章がなく、まだ邦訳されていない下巻にあると思われました。上巻には、伝記に引用された文章と関連する重要な文章が数カ所ありましたけれど。

原書から探さなければならないと思うと、英語だめのわたしは気が遠くなりそうでした。章のタイトルや索引を頼りに探しましたが、老眼に応えるわ、時間はなくなるわで、お上げ状態。

神智学協会には、インドのチェンナイ市アディヤール(Adyar)に本部を置く神智学協会の他に、そこから独立したウィリアム・クァン・ジャッジ(神智学協会の3人の創立者の1人で最年少)がカリフォルニア州パサデナ(Pasadena)に設立した神智学協会があります。

そこのホームページのオンライン文献に『シークレット・ドクトリン』があったので、ありがたく読ませていただくことにし、Google先生の翻訳機能をぬくぬく使って読み探したら、伝記に引用された文章が見つかりました。

この続きは、改めて別記事にします。

Img_2961_b

サイト「サントリーレシピッタ」の レシピ『しいたけのベーコンチーズ焼き』。しいたけがあるけれど、こくのあるサイドディッシュが何かないかなと思い、探し当てたレシピ。とても美味しかったですよ。

大好きな焼き茄子。

Img_2960_b

上にのっているのは、鰹節とすりおろし生姜です。好みで、しょうゆ、めんつゆ、ポン酢をかけて。茄子の季節になりましたが、焼き茄子って、結構面倒に感じます。それで最近、魚か肉を焼くのにグリルを使う夕飯には、我が家ではもれなく焼き茄子がついてくるという風です。フライパンで焼き茄子というレシピもあるようですよ。

Img_2968_a

サイト「みんなのきょうの料理」のレシピ『豚ひき肉としめじの炊き込みご飯』はボリュームがあります。家族に受けました。ご飯の上の蒸し豚ひき肉の塊がいくらか残るように混ぜると、豪華な感じが出ます。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

最近作って美味しかった炊き込みご飯、チャーハン、春雨の中華風サラダ

ストウブで料理するようになってから、炊き込みご飯を作る回数が増えました。最近作って、美味しかったものの中からレシピを貼り付けておきます。勿論、炊き込みごはんは炊飯器でも美味しくできますよ。

Img_2928_a-1

レシピでは鶏モモ肉が使われていましたが、わたしは鶏ミンチを使いました。出来上がったとき、アスパラガスはすっかり柔らかくなっていましたが、「こんなにも!」と感激するほど、アスパラの味がご飯によく溶け込んでいて、絶品でした。

Img_2937

これは、ホタテ缶があれば、簡単にできる炊き込みご飯。せん切りにしたショウガが利いて、さっぱりした美味しさでした。

Img_2929_b-1

しば漬けを使ったチャーハンって、どんな味だろうとの好奇心から作ってみましたが、これは家族受けしました。みじん切りにするしば漬けを少しそのまままの形で残しておいて、上にのせました。

大葉はあったほうが断然いいですね。梅とはまたひと味違って、新鮮な感じでした。

Img_2936_c

夏になると、作りたくなる中華風サラダですが、E・レシピの「春雨のビリ辛中華風サラダ」にはラー油が入っていて、ぴりっとした美味しさです。

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

アフタヌーンティー、但馬屋で。デリッシュキッチン「油そば風そうめん」、ヒルナンデス「豚キムチチャーハン」、お魚レシピ「エビの下処理」。メルヘンみたいなプレーリードッグ。

Img_2925_1-1

最近、アフタヌーンティー・ティールームでいただいた「グリル野菜のグリーンカレー」。

グリル野菜が賑やかにのったグリーンカレーです。ほどよい辛さの、さっぱりした味わいでした。

グリーンカレーが流行った時期に、どこのメーカーのだったか忘れましたが、グリーンカレーの材料がセットになったものとココナッツミルクを買ってきて、ちょくちょく作りましたっけ。

ずっと作っていませんでした。今度、作ってみようかな。レシピが沢山出ていますね。ナディアのレシピが美味しそうに見えます。

Img_2924jpg_2

比較的最近、但馬屋でいただいた「抹茶クリームせんざい」。抹茶に砂糖は全く入っていないので、甘党というわけではないわたしにはぴったりでした。一緒についてくる昆布とお茶が嬉しい。茶色の紙おしぼりが何だかおしゃれでした。

Img_2899_2

麺類のレパートリーを拡げている夫が作ってくれた、デリッシュキッチンのレシピ「油そば風そうめん」。たれだけ、わたしが調合(?)しました。ここ数年、家族全員気に入った半田手延べそうめんを箱買いしているのですが、これは麺が太めでコシがあります。

こうしたアレンジ料理にもぴったりです。

ちょっと写真がありませんが、最近作って美味しかった豚キムチチャーハン。

豚キムチ丼をするつもりだったけれど、急にチャーハンを作りたくなり、レシピを探しました。

2019年6月24日の日本テレビ系『ヒルナンデス!』で放送された「ぱらぱら豚キムチチャーハン」はYouTube動画もあり、美味しそうだったので、作りました。とっても、美味しい豚キムチチャーハンでしたよ。

キムチを使ったチャーハンは初めて作りました。家族に豚キムチ丼とどっちがいいか訊くと、「どちらも美味しい! どっちがいいかは気分による」という嬉しいお言葉。

おすすめなので、これもレシピへのリンクを張っておきますね。

キュウリとエビの酢の物てす。

Img_2912_2

これはむきエビです。むきエビは重宝しますね。

エビといえば、わたしはエビの臭みが気になり、どの方法で臭みをとったらいいか、試行錯誤してきました。「これが一番!」という臭みとりの方法が見つかってからは、いつもこの方法で下処理しています。

最後に、まるでメルヘンに出てくるようなプレイリードッグのツイートが流れてきたので、貼らせていただきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

★シネマ・インデックス ★マダムNの文芸作品一覧 ★当サイトで紹介した作家、思想家一覧 ☆☆紹介記事 ☆マダムNのサイト総合案内 ☆メールフォーム ☆作品の商業利用、仕事の依頼について Livly Notes:アストリッド・リンドグレーン Notes:アントニオ・タブッキ Notes:グノーシス・原始キリスト教・異端カタリ派 Notes:不思議な接着剤 Notes:卑弥呼 Notes:国会中継 Notes:夏目漱石 Notes:源氏物語 Notes:百年文庫(ポプラ社) Notes:萬子ひめ Theosophy(神智学) top page twitter ◆マダムNの電子書籍一覧 ◇高校生の読書感想文におすすめの本 「祐徳院」らくがきメモ あいちトリエンナーレ/ジャパン・アンリミテッド おすすめKindle本 おすすめYouTube おすすめサイト お出かけ お知らせ ぬいぐるみ・人形 やきもの よみさんの3D作品 アクセス解析 アニメ・コミック アバター イベント・行事 イングリット・フジコ・ヘミング ウェブログ・ココログ関連 ウォーキング エッセー「バルザックと神秘主義と現代」 エッセー「文学賞落選、夢の中のプードル」 エッセー「村上春樹『ノルウェイの森』の薄気味の悪さ」 エッセー「百年前の子供たち」 オペラ・バレエ・コンサート オルハン・パムク カリール・ジブラン(カーリル・ギブラン) ガブリエラ・ミストラル クッキング グルメ コラム「新聞記事『少女漫画の過激な性表現は問題?』について」 シネマ シモーヌ・ヴェイユ ショッピング テレビ ニュース ハウツー「読書のコツを少しだけ伝授します」 バルザック パソコン・インターネット マダムNのYouTube マダムNの他サイト情報 マリア・テレジア メモ帳Ⅰ メモ帳Ⅱ ライナー・マリア・リルケ 俳句 健康 №1(治療中の疾患と服用中の薬) 健康 №2(体調)  健康 №3(受診) 健康 №4(入院) 健康 №5(お役立ち情報etc) 健康 №6(ダイエット) 健康 №7(ジェネリック問題) 健康 №8(日記から拾った過去の健康に関する記録) 健康№8(携帯型心電計) 児童文学 児童文学作品「すみれ色の帽子」 写真集「秋芳洞」 創作関連(賞応募、同人誌etc) 占星術・タロット 友人の詩/行織沢子小詩集 地域 夫の定年 季節 家庭での出来事 山岸凉子 思想 恩田陸の怪しい手法オマージュ 息子の就活 息子関連 手記「枕許からのレポート」 文化・芸術 文学 №1(総合・研究)  文学 №2(自作関連) 新型コロナ対策: イベルメクチン 日記・コラム・つぶやき 時事・世相 書籍・雑誌 未来予知・予測(未来人2062氏、JJ氏…) 村上春樹 村上春樹現象の深層 東京旅行2012年 植物あるいは動物 検索ワードに反応してみました 歴史 瀕死の児童文学界 父の問題 珈琲 神戸旅行2015 神秘主義 福島第一原発関連 科学 経済・政治・国際 美術 能楽 自作短編童話「風の女王」 自作童話「不思議な接着剤」 芥川賞・三田文學新人賞・織田作之助青春賞 萬子媛 - 祐徳稲荷神社 薔薇に寄せて☆リルケの詩篇『薔薇』のご紹介 評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち』 評論・文学論 連載小説「地味な人」 電子書籍 音楽