カテゴリー「クッキング」の710件の記事

2020年9月21日 (月)

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「豚肉とグリンピースのパスタ」、「きのこの中華丼」

娘が勤務先でお昼ごはんを食べながら、朝日放送テレビ『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』を観ていたそうです。

その日の献立がこのパスタで、ちょくちょく麺限定料理人になってくれる夫に娘がリクエスト。娘が作ってもいいんですけれどね。「わたし食べる人」に徹さないで。以前、わたしが25日間入院したときは「きっちり」ご馳走を作って写真をわたしに送ってくれました。

愛用していたのはグッチ祐三のレシピ。しっかり作ったのは、わたしの入院中に「パパが栄養失調になっては大変だ」と思ったからだそうで。作る人がいれば、あえて自分が作りたいとは思わないとのこと。うーん、どう返せばいいのか……。

Img_0580_a

新しいレシピにはとりあえず抵抗してみせる夫は、「ハードルが高い!」と及び腰。パスタではペペロンチーノのベーコンバージョン、ナポリタンはとても美味しくて、難易度からすれば、ナポリタンと同じくらいではないでしょうか。

レシピを一緒に見て、どの辺が難しいと感じるのか訊くと、「ブイヨン…………使ったことない」とのこと。固形だと砕いたり、湯で溶かしたりとちょっと面倒かもしれません。冷凍グリンピースを使うことにも不安があるようでした。

ブイヨンは幸い粉末状がありました。冷凍グリンピースは袋を破ってそのまま入れるだけだと説明すると、納得の面持ち。

そして、極上の「豚肉とグリンピースのパスタ」の出来上がり! 本当に美味しかった! わたしが作ったら、これほど上手に作れるかどうか疑問です。レシピ自体は難易度の高いものではないので、おすすめです。

最初は渋々だった料理へのチャレンジも、最近は楽しそうに鼻歌を歌っていることがあります。「凄く美味しい!」というと、感極まった表情になることも。

定年退職後の男の料理はお勧めです。友人達のご主人も続々と定年になり、ギャンブル中毒気味、アルコール中毒気味になる人も珍しくないようです。夫婦の会話もなくなる人が多い。

以前テレビで、依存症には家事――特に料理がいいといっていましたよ。

わたしは夫に料理の喜びを知ってほしかったし、いざというときに夫も料理ができるようにとの思いで、お尻をひっぱたいて台所へと。

ただ、昔の男性にはプライドがあるので、わたしが普段作らないものを作りたいようでした。それで、麺の領域を夫に明け渡す(?)ことにしたわけでした。

麺をご飯に代えて丼物にすることもできる場合が多く、案外難しい麺の扱いに慣れば、もうレシピさえ見れば、色々なものが作れると思います。

翌日、わたしも『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』を視聴しました。

その日の献立も美味しそうだったので、夕飯に作りました。これも難易度は高くありませんでした。これから寒くなってくると、丼物がほしくなりますね。

Img_0584jpg_b-1

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

『豚ひき肉としめじの炊き込みご飯』(みんなのきょうの料理)。ブラヴァツキー夫人の伝記にあった引用文を探して。

まだブラヴァツキー夫人批判に対する感想の続きを書いているのですが、ブラヴァツキー夫人の引用に出てくるバトラーロフ Butlerof を検索しても一向に出てこないので、諦めかけたところ、Butlerovとも書くのだとわかり、解決。Александр Михайлович Бутлеровという帝政ロシアの科学者なのです。「ロシア化学の父」とロシアでは評価されているとか。

ハワード・マーフェット(田中恵美子訳)『近代オカルティズムの母 H・P・ブラヴァツキー夫人』(神智学協会 ニッポンロッジ、1981)によると、夫人はこの科学者の文章を代表作『シークレット・ドクトリン』に引用しており、加えて、現代の素粒子物理の最前線どころか、その遙か先のことまで見通しているような凄いことを書いているのです。

ブラヴァツキー夫人の亡くなったのが和暦でいえば明治24年で、生まれたのは江戸時代であったことを思えば、著作の内容の新しさに驚かされます。

ですが、当時の人々はそのようなことには関心がなかったと伝記にはあります。今も同じですね……。

ブラヴァツキー夫人の著作の内容は、彼女を誹謗中傷するような人々がでっち上げるような、いい加減なものでも、ちゃちなものでもありません。でなければ、アインシュタインが『シークレット・ドクトリン』を座右の書にするはずがありません。

わたしは科学のことはよくわかりませんが、クォークの話題が持ち上がっていたとき(62歳のわたしもまだ23歳)、「ブラヴァツキー夫人はこれを遙かに凌駕することを言っている……」と胸が熱くなりました。南部陽一郎氏のクォークの本も買いました。

当時、大学卒業間近に母が倒れ、生死の境をさまよう事態となり(このときの出来事がわたしの神秘主義者としての原点です。そのときのことを書いた「枕許からのレポート」はこちら)、決まっていた博多での就職を諦め、決まっていたアパートは契約がまだだったのか解約したのだったか、病院で寝泊まりしたひと月……その後母が回復して退院してくれたのは喜びでしたが、自分の将来を思うと暗澹とし……そんなときに読んだブラヴァツキー夫人の伝記とクォークの本でした。

実家に遊びに来てくれた1学年下の薬学部に通っていた女友達に、クォークの本を読んだ感想を熱く語ったのを覚えています。科学音痴のわたしの口吻に、女友達は半信半疑の微苦笑した表情で、でも面白そうに聞いてくれました。

「枕許からのレポート」に友人に宛てた手紙が出てきますが、この女友達も薬学部で、当時3学年下でした。どちらとも寮生活で知り合ったのです。わたしは法学部でした。片時も目の離せない母の付き添いで卒業証書も取りに行けず、彼女が持ってきてくれましたっけ。

ブラヴァツキー夫人の伝記にあった引用をふと思い出し、引用元は『シークレット・ドクトリン』と書かれていたので、昨日1日かけて探していました。

3回斜め読みしたH・P・ブラヴァツキー(田中恵美子&ジェフ・クラーク訳)『シークレット・ドクトリン 宇宙発生論(上)』(神智学協会ニッポン・ロッジ、1989)には該当する文章がなく、まだ邦訳されていない下巻にあると思われました。上巻には、伝記に引用された文章と関連する重要な文章が数カ所ありましたけれど。

原書から探さなければならないと思うと、英語だめのわたしは気が遠くなりそうでした。章のタイトルや索引を頼りに探しましたが、老眼に応えるわ、時間はなくなるわで、お上げ状態。

神智学協会には、インドのチェンナイ市アディヤール(Adyar)に本部を置く神智学協会の他に、そこから独立したウィリアム・クァン・ジャッジ(神智学協会の3人の創立者の1人で最年少)がカリフォルニア州パサデナ(Pasadena)に設立した神智学協会があります。

そこのホームページのオンライン文献に『シークレット・ドクトリン』があったので、ありがたく読ませていただくことにし、Google先生の翻訳機能をぬくぬく使って読み探したら、伝記に引用された文章が見つかりました。

この続きは、改めて別記事にします。

Img_2961_b

サイト「サントリーレシピッタ」の レシピ『しいたけのベーコンチーズ焼き』。しいたけがあるけれど、こくのあるサイドディッシュが何かないかなと思い、探し当てたレシピ。とても美味しかったですよ。

大好きな焼き茄子。

Img_2960_b

上にのっているのは、鰹節とすりおろし生姜です。好みで、しょうゆ、めんつゆ、ポン酢をかけて。茄子の季節になりましたが、焼き茄子って、結構面倒に感じます。それで最近、魚か肉を焼くのにグリルを使う夕飯には、我が家ではもれなく焼き茄子がついてくるという風です。フライパンで焼き茄子というレシピもあるようですよ。

Img_2968_a

サイト「みんなのきょうの料理」のレシピ『豚ひき肉としめじの炊き込みご飯』はボリュームがあります。家族に受けました。ご飯の上の蒸し豚ひき肉の塊がいくらか残るように混ぜると、豪華な感じが出ます。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

最近作って美味しかった炊き込みご飯、チャーハン、春雨の中華風サラダ

ストウブで料理するようになってから、炊き込みご飯を作る回数が増えました。最近作って、美味しかったものの中からレシピを貼り付けておきます。勿論、炊き込みごはんは炊飯器でも美味しくできますよ。

Img_2928_a-1

レシピでは鶏モモ肉が使われていましたが、わたしは鶏ミンチを使いました。出来上がったとき、アスパラガスはすっかり柔らかくなっていましたが、「こんなにも!」と感激するほど、アスパラの味がご飯によく溶け込んでいて、絶品でした。

Img_2937

これは、ホタテ缶があれば、簡単にできる炊き込みご飯。せん切りにしたショウガが利いて、さっぱりした美味しさでした。

Img_2929_b-1

しば漬けを使ったチャーハンって、どんな味だろうとの好奇心から作ってみましたが、これは家族受けしました。みじん切りにするしば漬けを少しそのまままの形で残しておいて、上にのせました。

大葉はあったほうが断然いいですね。梅とはまたひと味違って、新鮮な感じでした。

Img_2936_c

夏になると、作りたくなる中華風サラダですが、E・レシピの「春雨のビリ辛中華風サラダ」にはラー油が入っていて、ぴりっとした美味しさです。

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

アフタヌーンティー、但馬屋で。デリッシュキッチン「油そば風そうめん」、ヒルナンデス「豚キムチチャーハン」、お魚レシピ「エビの下処理」。メルヘンみたいなプレーリードッグ。

Img_2925_1-1

最近、アフタヌーンティー・ティールームでいただいた「グリル野菜のグリーンカレー」。

グリル野菜が賑やかにのったグリーンカレーです。ほどよい辛さの、さっぱりした味わいでした。

グリーンカレーが流行った時期に、どこのメーカーのだったか忘れましたが、グリーンカレーの材料がセットになったものとココナッツミルクを買ってきて、ちょくちょく作りましたっけ。

ずっと作っていませんでした。今度、作ってみようかな。レシピが沢山出ていますね。ナディアのレシピが美味しそうに見えます。

Img_2924jpg_2

比較的最近、但馬屋でいただいた「抹茶クリームせんざい」。抹茶に砂糖は全く入っていないので、甘党というわけではないわたしにはぴったりでした。一緒についてくる昆布とお茶が嬉しい。茶色の紙おしぼりが何だかおしゃれでした。

Img_2899_2

麺類のレパートリーを拡げている夫が作ってくれた、デリッシュキッチンのレシピ「油そば風そうめん」。たれだけ、わたしが調合(?)しました。ここ数年、家族全員気に入った半田手延べそうめんを箱買いしているのですが、これは麺が太めでコシがあります。

こうしたアレンジ料理にもぴったりです。

ちょっと写真がありませんが、最近作って美味しかった豚キムチチャーハン。

豚キムチ丼をするつもりだったけれど、急にチャーハンを作りたくなり、レシピを探しました。

2019年6月24日の日本テレビ系『ヒルナンデス!』で放送された「ぱらぱら豚キムチチャーハン」はYouTube動画もあり、美味しそうだったので、作りました。とっても、美味しい豚キムチチャーハンでしたよ。

キムチを使ったチャーハンは初めて作りました。家族に豚キムチ丼とどっちがいいか訊くと、「どちらも美味しい! どっちがいいかは気分による」という嬉しいお言葉。

おすすめなので、これもレシピへのリンクを張っておきますね。

キュウリとエビの酢の物てす。

Img_2912_2

これはむきエビです。むきエビは重宝しますね。

エビといえば、わたしはエビの臭みが気になり、どの方法で臭みをとったらいいか、試行錯誤してきました。「これが一番!」という臭みとりの方法が見つかってからは、いつもこの方法で下処理しています。

最後に、まるでメルヘンに出てくるようなプレイリードッグのツイートが流れてきたので、貼らせていただきます。

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

アマビエの和菓子。春雨の梅マヨネーズ(E・レシピ)。アリババが運営する通販サイトに「北海道食品モール」。自作動画の試み再燃。

Img_2876_b

高橋水月堂のアマビエのお菓子。その向こうのお菓子は紫陽花だそうです。

2020年4月30日付「毎日新聞」のネット記事(https://mainichi.jp/articles/20200430/ddl/k44/040/173000c)に、「大分市佐賀関の和菓子店『高橋水月堂』が新型コロナウイルスの終息を祈り、疫病を払うとの言い伝えがある妖怪『アマビエ』をかたどった和菓子を市内の百貨店などで販売し、人気を集めている」と紹介されています。

江戸時代から伝えられているらしいアマビエは不思議な姿をしていますが、今や人気者ですね。ウィキペディアにはアマビエについて次のようにあります。

アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されている。肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物がおこったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし疫病も流行がしたら、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされる。
「アマビエ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2020年5月21日 03:21 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

アマビエは、単なる妖怪というよりは神さまのような存在感ですね。このアマビエがロゴになっていて、厚労省のホームページから配布されているのをご存じですか?

こちらのロゴはご家庭や学校、職場において自由にお使いください。【知らないうちに、拡めちゃうから。】疫病から人々を守るとされる妖怪「アマビエ」をモチーフに、若い方を対象とした啓発アイコンを作成しました」とあります。

000619811

新型コロナウイルス感染症について: 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

わたしはこのロゴをダウンロード、プリントアウトさせていただいて、家の中に貼っています。まだ第二派、第三派が来るでしょうから、このロゴを見て気を緩めないようにしたいと思っています。

このアマビエのローマ字表記“AMABIE”を並び替えると“I AM ABE”(わたしは安倍です)になるそうです。左派の中にはこれも安倍総理バッシングのネタにしている方々がおられるようで、呆れます。

わたしはこのところずっと、創作も手につかないほど、日本の行く末――日本の今後の身の振り方という意味です――を案じていました。同じ気持ちでいる人も多いのではないでしょうか。24日も、小野田紀美議員のツイートが流れてきたときに、次のような返信をしたほどです。

その翌日、ウォールストリートジャーナルのランダース氏が安倍総理記者会見で重要質問を行いました。

媚中派に取り巻かれておられる安倍総理がこのような発言をなさるのは大変なことだったろう、と推察します。習近平国家主席の国賓来日問題以外にも、日本が中共に呑まれそうな様々な危険な兆候、問題は山積しています。

北海道の土地を中国が買いまくっているだけでなく、アリババが運営する通販サイトに「北海道食品モール」が立ち上がり、北海道の産物が中国へどんどん送られるという話です。

これを日本政府は黙って見ています。

当記事を書いている時点では、既にアリババのモールは立ち上がっているはずです。検索してみましたが、その後の記事は見つかりませんでした。

9月入学の件が見送られたことにはホッとしました。9月入学になれば海外からの留学がしやすくなり、アメリカ始めあちこちで締め出しを食った中国人の留学生が甘い日本に押し寄せるのではないかという懸念が囁かれていたからです。

日本国内に中国人が増えることが問題なのは、中国には国防動員法があるからです。

これは古い記事なので、記事にある在日中国人の数はもっと増えているはずです。法務省のホームページへ確認に行くのは面倒なので、とりあえずウィキペディアを見てみましょう。

2018年末現在、日本に中長期に滞在している民間の中国人は76万4720人(194国中1位)である。そのうち永住している中国人やその家族は26万1835人(2位)であり、それ以外の中国人が50万2885人である。
「在日中国人」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2020年4月17日 19:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

政府の「留学生30万人計画」のずさんさも問題です。

話は変わりますが、安倍総理の発言にひとまず安堵とした日、自作動画の試みが再燃しました。

AITalkシリーズ(ナレーションソフト)の利用許諾内容が一部改訂になっており、個人の範囲であれば、「YouTubeなどのウエブへの映像作品のナレーションに使用」、「動画への広告掲載(アフィリエイト行為)」、「ホームページ、ブログなどで 私的に利用」することが可能になったと知ったからでした(この件について情報が必要なかたは、必ず、ご自身でお確かめください)。

長くなりましたので、この件は別記事にします。

Img_2877_a

日中は真夏のような暑さですね。さっばりとした美味しさだったので、思わず紹介したくなりました。わたしはドレッシングを上からかけ、いただくときに各人で混ぜるようにしました。

当ブログ内でよくランキング入りしている土井善晴先生のレシピ「春雨とハムのマヨネーズあえ」ですが、これもお試しあれ。

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

重宝する秘伝豆。タラの野菜うまみあんかけ(E・レシピ)、たらこバターチャーハン(Nadia)、明太子と卵の丼(クックパッド)。

Img_2845_e

久しぶりに作った白身魚のあんかけ。サイト「E・レシピ」の「タラの野菜うまみあんかけ」を参考にさせていただきました。

タラの臭みはレシピにあるように、塩を振って10分置き、浮き出てきた水気をキッチンペーパーで拭き取ることで、消えます。

たっぷりのあんをお魚といただくだけでなく、ごはんにもかけました。この日は他に、炒り豆腐と味噌汁を作りました。小葱を炒り豆腐にたっぷり散らしたので、こちらには無しに。散らせば彩り、味わい共にアップしたでしょうね、次に作るときには散らします。

タラのあんかけを丼物にすることもできるのでは、と思い、ググったら、白身魚のあんかけ丼が沢山出てきました。前掲のレシピですと、上品な味わいの丼になりますね。

Img_0524_c

サイト「Nadia」のレシピ「たらこバターチャーハン」を参考にしたチャーハンも、家族に受けました。わたしは辛子明太子を使用。ごはんに予め卵と鶏がらスープのもとを混ぜておくので、炒めるときにフライパンにくっつかず、パラパラになります。

辛子明太子だと冷蔵庫保存で2週間の賞味期間となっていることが多いので、このコロナ禍でまとめ買いをするときに買っておけば、在庫が乏しくなってきたとき、「そうだ、辛子明太子があったんだ」と思い、ちょっと豪華な気分に浸ることができます。賞味期限が短い場合は、冷凍保存も可能ですしね。

明太子を使って今回はチャーハンにしましたが、炊き込みごはんにしても美味しいものです。明太子は勿論、そのままいただいても完璧にそれだけで美味しいですね。

Img_2804_b 

そういえば、サイト「クックパッド」の以下のレシピを参考にさせていただいて、生の明太子に卵黄、刻み海苔、小葱(三ツ葉、貝割れでもいいかも)をあしらい、丼物にしたことがありました。写真は撮ってあったのに、紹介し忘れていました。作ったのは3月です。

これだと手間いらずです、いや、ホント。

他に吸い物、豆腐サラダなど添えれば、立派に夕飯として成立! 楽ちんなのに、家族には高級感が感じられたそうで、かなり受けました。

前述したように、明太子は炊き込みごはんにしても美味しいですが、以前、サイト「Nadia」を参考に、明太子と枝豆の炊き込みごはんを作りました。以下の過去記事――タイトルがあれですが、記事の後半部――に作った感想とレシピへのリンクがあります。

2019年7月 4日 (木)
姪・妹宅へ、新築祝いにストウブを。捨てられた児童文学全集 ( ;∀;)
https://elder.tea-nifty.com/blog/2019/07/post-eca2b6.html

枝豆のない時期にこの炊き込みごはんを作りたくなるときは、秘伝豆を使うようになりました。秘伝豆というのは乾燥した青大豆で、山形産が有名なようです。

Img_0485

写真は、山形「ゆたか屋」の秘伝豆です。たっぷりの水に8~10時間浸して、熱湯から10~15分茹でると、枝豆そっくりになります。塩を振ってそのままいただいても美味しいし、料理に使うこともできるので、重宝しています。

Img_0482

少しの分量でも、戻すと、何だか豆がずいぶん増えたかのように感じられます。Amazonに、色々と出ていました。

国産(山形県) 秘伝豆(青大豆・ひたし豆) 1kg チャック付
株式会社すずや穀物
ASIN: B00H9V08S2

話が戻りますが、辛子明太子とチャーハンにはブロッコリーのポタージュ、甘夏(デザート)を組み合わせました。

Img_0530_c

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

久しぶりに魚の吸い物を作りました

38年ぶりに、魚の吸い物を作りました……といえば、驚かれるでしょうが、本当です。

新婚時代、魚の吸い物を作ったら、夫に気難しい顔で「魚の吸い物は好きじゃない」といわれ、素直だった当時のわたしは、ああそうか、と学習し、二度と魚の吸い物を作らなかったのです。

といっても、味噌汁は以前は煮干し、最近は削り節(大袋入りの小分けした削り節が時々デパ地下で安くなっているので)で出汁をとっています。また、ちりめんじゃこを入れた吸い物、つみれ汁などは作っていたので、これらは魚の吸い物といえないこともありませんが……

わたしも夫同様、若い頃はハンバーグとかオムレツなどの肉系が好きだったので、特に白身魚を使った魚の吸い物をいただきたいとも思わなかったのですね。

ところが先日、なぜか強烈に亡き母が作ってくれていた鯛の吸い物が恋しくなりました。新婚時代にわたしが好きで夫が嫌いだったのは、納豆と落とし卵の味噌汁(落とし卵の吸い物はOK)。二人とも嫌いなのが、ホルモン(内臓肉)を使った料理。食べ物の好みは相性のよいほうでしょうね。

最近、夫は納豆と落とし卵の味噌汁が嫌いではなくなったので、もしかしたら魚の吸い物も嫌いではなくなったかもと思い、久しぶりに作ることにしました。

土井勝先生のレシピだと母の味になると思いました(母はよく土井先生の料理の本を見ていました)。家にある土井勝先生の本には鯛のあら(頭、中骨)で作る「鯛の潮汁」しか載っていません。わたしは、母がよく作っていた鯛の切り身で作る吸い物が作りたかったので、ググってみました。

斉藤辰夫先生のレシピで作ることにしました。小松菜があったので、ほうれん草の代わりにそれを使い、葱と柚子の皮は使いませんでした。柚子はほしかった。レシピ通りに作れば、料亭の味になると思います。昆布で丁寧に出汁をとると本当に美味しい。

Img_2835_a

とても美味しかった。母の味を思い出しました。幸い夫も「うん、うまい」と褒めてくれ、「また作っていい?」というと、うん、といってくれました。

この日は、他にタケノコと油揚げの炊き込みご飯、冷や奴、それに、むきえびで作る脇雅世先生のレシピ「ミニえびフライ」を作りました。1人分の材料ですが、これを3人で分けてミニサラダにしました。

別の日に、フンドーキンの味噌汁のレシピを見ていて、菜の花の味噌汁が春らしくて、作りたくなりました。

Img_2811_a

 菜の花が余ったので、鰺の塩焼きにも。ちょっと盛り付けかたが変ですが……

Img_2810_a

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

初の鶏ハム

新型コロナウイルスのことが気になりますが、妹の孫でもうすぐ2歳になる女の子が病気で入院し、そちらのほうが気になっていたここ数日でした。

1歳のときの写真を見たとき、なぜか不安になったことが当たりました。ついに正体を現した病気。あとはお医者さんの力を借りてやっつけるだけです。頑張ってくれると思っています。

国内で拡大し始めた新型コロナウイルス。

中国でのこれまでの経過を考え、また日本政府の初動のわざとらしい遅れを思うと、恐怖に駆られますが、昨年の10月22日、「即位礼正殿の儀」がはじまったときにかかった虹、富士山の初冠雪、その前の12日には出雲大社の上空に鳳凰に見える雲がかかったことなど思うと、何だか勇気が湧いてきます。

こういうときは国民性として自分にも根付いている、心配性から来る周到さ、粘り強さを有効活用して、衛生、栄養状態などに気をつけようと思います。

あれこれ心配なことがあるときは、これまで作ったことのなかった料理にチャレンジするに限ります。鶏ハムを作ることにしました。

ググって出てきたいくつかのレシピを参考にして、作りました。

2枚の鶏むね肉の皮を剥ぎ、開きます。わたしは砂糖と塩の代わりに塩麹を両面にすり込んでジブロックに入れ、冷蔵庫で一晩寝かせました。翌日、キッチンペーパーで塩麹をざっと取り、水気を吸い取って、片面にブラックペッパーを振ると、ロール状に巻き、ラップでキャンディ包みにします。この辺りのやりかたも、動画がいくつもあります。

水が入らないように、ラップでキャンディ包みをもう一度繰り返します。こんな感じ。

Img_0456_c

茹でる前に、ストウブの蓋、ブラックペーパーも一緒に記念撮影。

Img_0452_a

実は、ストウブの蓋を立てているハウス型の多機能スタンドをお見せしたかったのですね。ハウスはひっくり返っている状態。

調理中、結構重いストウブの蓋の置き場に困ることがよくありました。専用の蓋もあるのですが、わたしの感覚からすれば、値の張る商品。で、Amazonで次亜塩素酸スプレーなんかを見たときに、蓋立てに何かないか探すと、ありました。

 

八幡化成 キッチン用多機能スタンド way-be APYUI MULTI STAND(アピュイ マルチスタンド) レッド
八幡化成(Hachimankasei)
サイズ:約W110×D93×H97mm
重量:約150g
材質:本体/ABS樹脂、屋根(受け皿)/エラストマー
原産国:日本
耐熱温度:本体/100℃、屋根/70℃
ASIN: B00E18QX2G

Img_0459_c

実際に立ててみるまでは、ストウブくんの重みでハウスが倒壊(?)するのではと心配でした。尤も、ハウスは最初から逆立ちさせていたんですけれどね。

この多機能スタンドは優れものでした。意外にも安定感があって、蓋の大きさによるでしょうが、うちのストウブの蓋はしっかり立っていました。ハウスの屋根は外せます。箸を立てたり、屋根に調味料を置いたりと、使い道は色々あるようです。

Img_0464_b

鍋に湯を沸かし、鶏を入れます。再度沸騰したら、数分加熱し、蓋をして冷めるまで放置。中が生っぽくなるのではないかとの心配があれば、茹でた湯と鶏を炊飯器に入れて1時間くらい保温するといいそうです。最初から炊飯器で作るやりかたもググれば沢山出てきます。次回はわたしも炊飯器で作ろうかな。

Img_2790_c

ネギソースを添えました。そのままでも美味しい。レモンを絞り、ちょっと辛子をつけても美味しいだろうと思い、レモンも添えました。この写真は娘が撮ってくれたのですが、わたしはわざと端っこを皿にのせました。ハムらしく丸くなった端っこを見ていただきたくて。 

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

ふろふき大根

冬の味覚、ふろふき大根。といっても、めったにふろふき大根は作らないのですが、みないきぬこ『はじめてのストウブ』(池田書店、2018)に「ふろふき大根」のレシピが載っていて、たれにゆずごしょうを使うところが独創的だと思い、作ってみたくなりました。

Img_2781_2

ゆずごしょうを毎晩のようにあれこれに使っている夫が、このふろふき大根に大喜び。余ったふろふき大根を、翌朝も夫が嬉しそうに食べていました。

ストウブで煮たほくほくの大根に、ぴりっとする甘すぎないたれ。確かにとても美味しい。でも、たれがどうであれ、若い頃の夫は大根料理に無感動だったので(仕方なく食べているという風でした)、年とってもずっと野菜料理が嫌いなままかと思っていました。

若い頃はとにかく肉で、今でも肉は好きです。そして、嫌いだった魚の煮付けや煮物が好きになり、時々、味噌汁にすら(?)感動している姿は不思議な光景。

中国の有様を見ていると、新型コロナウイルスが心配です。日本では外食やお惣菜、インスタントのもので済ませる人が増え、栄養状態もコンディションに関係してくることを思えば、その点でも不安になります。

話を戻せば、ゆずごしょうは今では珍しい調味料ではなくなりました。昔はそうではなかったと思います。わたしは大分県日田市で暮らしていたとき、「ゆずごしょう」を知りました。それまで暮らした佐賀県、福岡県では見たことがありませんでした。

ウィキペディアを見ると、ゆずごしょうの発祥は諸説あるようですが、大分県日田市が最初に挙げられています。なるほど、と思いました。

地元のかたから手作りのゆずごしょうをいただいたことがあり、そのあまりの美味しさに驚きました。くすみのない鮮やかな緑色をしていて、見るからに瑞々しいものでした。香りも味も素晴らしかった……

いろいろなメーカーのものを使ってみましたが、あれほど美味しいゆずごしょうには、あれ以来出合っていません。ググッてみると、ゆずごしょうの作り方が出てくるではありませんか。

便利な世の中になったものです。ググれば、ドラエモンのポケットのように何でも見つかりますね。そのうちチャレンジしてみようと思います。

 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

体が温まる「Nadia」レシピの坦々スープ。左土踏まずの痛みはとれました。

左足土踏まずの痛みは、治りました。日を替えて3回ほど実行したら、床に左足をつけるだけでも痛かったのが嘘のようによくなりました。整形外科を受診する手間が省けました。例の試み、ワタクシ的にはやってみる価値ありと確信。(過去記事を参照)

東京在住の中学時代からの女友達から来た年賀状に、体のあちこちが痛いとあり、心配になりました。彼女は美人です。リウマチです。どういうわけか、宛名を間違って書いていたため、戻ってきてしまいました。すぐに書き直して投函しましたが、果たして松の内に届いたかどうか。

その新しく出した年賀状に、「御住所まちがえて戻ってきてしまいました! 遅くなりごめんね。痛む箇所に、想像の白い光を放射してみて。シャワーのように白い光が降りそそいでいるところを想像するといいかも!」と書きました。自分の文面とはいえ、公開して申し訳ない。

彼女とこのような話はしたことがなかったのですが、このブログを熱心に読んでくれていると他の友達から聞いたので、書いてみたのでした。いきなりこんなこといわれても、ぴんとこないかもしれませんね。リウマチにはもしかしたら、何らかの効き目があるかもしれないと思ったのでした。やりかたがわかりにくいかな?

仮に効き目がなかったとしても、寝るときにこれを行えば、精神を安定させる効果なども期待できる気がします。お節介かも。その場合はスルーしてね。

訪問者の皆様も、もし体にどこか思わしくないところがあれば、自己責任でお試しあれ。

今日の夕食に、サイト「Nadia」のレシピ『もやしと豆腐のうま辛♡坦々スープ』を作りました。栄養たっぷりの感じで、とても美味しかった!

うちは3人なので、多めに作りました。豆腐は1丁、調味料・水・牛乳は1.5倍。ちょうどいい味加減でした。肝心のニラを娘に頼み忘れたので、器によそってから、冷蔵庫にあった三つ葉をたっぷりのせました。ニラのほうが合うと思いましたが、まあ悪くはありませんでした。

混ぜる前に写真を撮ればよかったかな。もやしがくたっとなるのではないかと心配でしたが、杞憂でした。

Img_2773_3

以下のツイートにレシピへのリンクがあります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

★エッセー・セレクション ★シネマ・インデックス ★マダムNの文芸作品一覧 ★当サイトで紹介した作家、思想家一覧 ☆☆紹介記事 ☆マダムNのサイト総合案内 ☆メールフォーム ☆作品の商業利用、仕事の依頼について Livly Notes:アストリッド・リンドグレーン Notes:アントニオ・タブッキ Notes:グノーシス・原始キリスト教・異端カタリ派 Notes:不思議な接着剤 Notes:卑弥呼 Notes:国会中継 Notes:夏目漱石 Notes:源氏物語 Notes:百年文庫(ポプラ社) Notes:萬子ひめ Theosophy(神智学) top page twitter ◆マダムNの電子書籍一覧 ◇高校生の読書感想文におすすめの本 「祐徳院」らくがきメモ あいちトリエンナーレ/ジャパン・アンリミテッド おすすめKindle本 おすすめYouTube おすすめサイト お出かけ お知らせ ぬいぐるみ・人形 やきもの よみさんの3D作品 アクセス解析 アニメ・コミック アバター イベント・行事 イングリット・フジコ・ヘミング ウェブログ・ココログ関連 ウォーキング エッセー「バルザックと神秘主義と現代」 エッセー「卑弥呼をめぐる私的考察」 エッセー「宇佐神宮にて」 エッセー「文学賞落選、夢の中のプードル」 エッセー「映画『ヒトラー最期の12日間』を観て」 エッセー「村上春樹『ノルウェイの森』の薄気味の悪さ」 エッセー「百年前の子供たち」 エッセー「精神安定剤」の思い出」 エッセー「自己流の危険な断食の思い出」 オペラ・バレエ・コンサート オルハン・パムク カリール・ジブラン(カーリル・ギブラン) ガブリエラ・ミストラル クッキング グルメ コラム「新聞記事『少女漫画の過激な性表現は問題?』について」 シネマ シモーヌ・ヴェイユ ショッピング テレビ ニュース ハウツー「読書のコツを少しだけ伝授します」 バルザック パソコン・インターネット マダムNのYouTube マダムNの他サイト情報 マリア・テレジア メモ帳Ⅰ メモ帳Ⅱ ライナー・マリア・リルケ 俳句 健康 №1(治療中の疾患と服用中の薬) 健康 №2(体調)  健康 №3(受診) 健康 №4(入院) 健康 №5(お役立ち情報etc) 健康 №6(ダイエット) 健康 №7(ジェネリック問題) 健康 №8(日記から拾った過去の健康に関する記録) 健康№8(携帯型心電計) 児童文学 児童文学作品「すみれ色の帽子」 写真集「秋芳洞」 創作関連(賞応募、同人誌etc) 占星術・タロット 友人の詩/行織沢子小詩集 地域 夫の定年 季節 家庭での出来事 山岸凉子 思想 恩田陸の怪しい手法オマージュ 息子の就活 息子関連 手記「枕許からのレポート」 文化・芸術 文学 №1(総合・研究)  文学 №2(自作関連) 日記・コラム・つぶやき 時事・世相 書籍・雑誌 未来予知・予測(未来人2062氏、JJ氏…) 村上春樹 村上春樹現象の深層 東京旅行2012年 植物あるいは動物 検索ワードに反応してみました 歴史 瀕死の児童文学界 父の問題 珈琲 神戸旅行2015 神秘主義 福島第一原発関連 科学 経済・政治・国際 美術 能楽 自作小説「あけぼの―邪馬台国物語―」 自作短編童話「風の女王」 自作童話「不思議な接着剤」 芥川賞・三田文學新人賞・織田作之助青春賞 萬子媛 - 祐徳稲荷神社 薔薇に寄せて☆リルケの詩篇『薔薇』のご紹介 評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち』 評論・文学論 連載小説「地味な人」 電子書籍 音楽