« 前日に起きた東京オリンピック珍事。でも、大いに楽しみましょう、東京オリンピックを!(この記事は書きかけです) | トップページ | 『祐徳院』らくがきメモ 5 そうだ、神秘小説を書こう! »

2021年7月29日 (木)

東京オリンピックたけなわの裏側で進められている、若い人々へのワクチン接種

ナメクジになって溶けてしまいそうな猛烈な暑さですが、あなた様は如何お過ごしでしょうか。

わたしは好きな種目のオリンピック競技を録画して視聴しています。開会式に関しては、そのうち触れるかもしれません。

こうしたスポーツの祭典がたけなわのときに、一方ではワクチン接種が進められています。心筋炎の深刻な副反応など指摘されている若い人々には絶対に打ってほしくないという拙願いとは裏腹に、突貫工事の如く進められているようです。

カテゴリー「新型コロナ対策: イベルメクチン」記事一覧

わたしは4月からイベルメクチンで新型コロナを予防し始めてから、血液検査ではこれまでになかったほどの優秀な成績を弾き出しており、かかりつけの2人の先生を驚かしていますが(別記事にするといいながらまだできていませんでした)、この暑さにはさすがに体がついていかず(膀胱炎になったりして)、ウォーキングを休止しています。

ウォーキングとラジオ体操の効果には絶大なものがあるので、盆過ぎて涼しくなったら、再開したいと考えています。常に重く感じられたり、うるさかったりした(不整脈などで)心臓がイベルメクチン服用以降、本当に静かになったので、気にとめることもないほどです。

ウォーキングを始める気になったのも、イベルメクチンのお陰です。さすが、大村博士が「神様からの贈り物」とおっしゃるだけのことはあるなあと実際に服用してみて実感させられています。

何というか、一般的な薬の概念を超えているというか……。イベルメクチンには抗炎症作用、免疫調整作用があるそうで、作用機序からいってコロナの変異株にも効くといわれています。

イベルメクチンに辿り着けるのは、利権構造やメディアのせいで、今のところ世界の一部の人間だけのようです。選ばれた人間かと思ってしまいますね。ただこの状況がいつまで続くのか、強制接種となって結局は打たれることになるのではないかという危惧がつきまといます。こう考えさせられる時点で、今の状況が如何に異常であるかがわかります。

これまで楽しませていただいてきた沢山の素敵なブログの管理人さん達も、おおかたが接種済みであるようです(中には副反応が心配になるかたもおられます)。その方々は慎ましやかであるために政治や世相に触れられないのかと思っていたのですが、単にご自分とその周りの人々、暮らしの楽しみにしか興味がないのだとわかりました。

厚労省のホームページの副反応報告もイベルメクチンのこともファイザーやビル・ゲイツのことも、何もご存じないし、そんなことはどうだっていいのでしょう。自分にとってメリットのある情報だけに興味がおありなのです。その情報が狂っていようとどうであろうと、権威筋がメリットを謳っていれば疑うことを知らない無垢な子供のようです。

中日・木下雄介投手がワクチン接種後に「重篤」となった件について、鹿先生が解説されている動画が以下のツイートで紹介されています。

|

« 前日に起きた東京オリンピック珍事。でも、大いに楽しみましょう、東京オリンピックを!(この記事は書きかけです) | トップページ | 『祐徳院』らくがきメモ 5 そうだ、神秘小説を書こう! »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

時事・世相」カテゴリの記事

新型コロナ対策: イベルメクチン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前日に起きた東京オリンピック珍事。でも、大いに楽しみましょう、東京オリンピックを!(この記事は書きかけです) | トップページ | 『祐徳院』らくがきメモ 5 そうだ、神秘小説を書こう! »