« 評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち(Kindle版)』をお買い上げいただき、ありがとうございます!  | トップページ | 神秘主義的エッセーブログ「109」に加筆しました »

2021年4月28日 (水)

経団連の忌まわしい提案ワクチンパスポート。週刊新潮と読売のイベルメクチン上げ記事。妊婦に遺伝子ワクチン?! 医療機関からの副反応疑い報告一覧(2/17~4/18)からピックアップ。

至急、妹宅(姪宅)へ行きたい用事ができたのですが、家族がホテル関係、医療関係に勤務していることを思うと、行けません。

コロナ禍、早く終息してほしいものです。そこで、またツイッターで溢れる願いを書き込んでみました。

抗寄生虫薬として出発したイベルメクチンは新型コロナの予防・治療薬として期待されていますが、以下の例のように、まだまだ未知なる可能性が秘められているようです。国家事業として、イベルメクチン研究を推進支援してほしいですね。

網羅的遺伝子スクリーニング技術を用いて 網羅的遺伝子スクリーニング技術を用いて 卵巣がんに対する新規治療標的を発見〜抗寄生虫薬イベルメクチンのドラッグ・リポジショニングの可能性〜(大阪大学大学院医学系研究科 2017年)
http://www.med.osaka-u.ac.jp/activities/results/2017year/article07

重大な副反応の報告が引きも切らない遺伝子ワクチン購入に莫大な税金を投入するより、遙かに有益なはず。

週刊新潮が「エビデンスなき〈緊急パフォーマンス〉 ワクチン敗戦なら今すぐ既存薬『イベルメクチン』『カモスタット』で国民の命を守れ」という記事を掲載するとは。さらに読売まで、どういう風の吹き回しでしょう?

イベルメクチンを広めることは、ワクチン推進派の忌まわしい計画を阻止することにもつながります。世界はどちらに転ぶか――光か闇か――の岐路に立っていると思います。

動物行動学研究家でいらっしゃる竹内先生のファンなので、わたしの返信にいいねしてくださって、嬉しい。 

関連記事:

2021年3月24日 (水)
トーマス・マン『魔の山』の舞台で行われるダボス会議のテーマであるグレート・リセット、内閣府のムーンショット計画、新型コロナワクチン
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/03/post-a12c87.html

同じ未知でも、遺伝子ワクチンには未知の危険がどれだけ潜んでいるのか……

日本でも、既にワクチン接種した妊婦さんがおられるようです。医療従事者でしょうか。

政府もメディアも死亡者しか話題にしないので、大した警戒心もないままにワクチン接種するかたもおられることでしょう。

「厚生労働省ホームページ」(https://www.mhlw.go.jp/)

第56回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第2回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料
令和3年4月23日(金)
13:00~15:00
WEB会議(厚生労働省 専用第21会議室)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_18196.html

「予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告状況について(令和3年2月17日から令和3年4月4日報告分まで)」の報告症例一覧(医療機関からの報告)は、No.1756 まででした。

「予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告状況について(令和3年2月17日から令和3年4月18日報告分まで)」はNo.3298 までとなっています。

前の番号が変わることがあるようなので、重複や拾い損ないがあるかもしれませんが、No.1756以降で、「重篤度(報告医評価)」が「重い」、「転帰内容」が「未回復」あるいは「不明」のかたのみ、「No」「年齢」「性別」「症状名(PT名)」「転帰内容」をピックアップしてみます。

「接種日」「発生日」「接種から発生までの日数」「ワクチン名(コミナティ筋注)」「製造販売業者(ファイザー)」「ロット番号」「因果関係(報告医評価)」「重篤度(報告医評価)」「転帰日」は割愛しています。「症状名(PT名)」の重複する内容も割愛しています。

雑なピックアップなので、間違いがあるかもしれません。厚労省のホームページをご閲覧ください。

No.1823,45女 網膜出血→不明

No.1910,64女 アナフィラキシー反応 無呼吸 そう痒症 胸痛 呼吸障害・呼吸不全(呼吸困難)胸部不快感 徐脈 皮疹・発疹・紅斑 口腔咽頭不快感 悪寒→未回復

No.1934,42男 脳梗塞→未回復

No.1969,32女 頭痛 悪心・嘔吐 感覚異常(感覚麻痺) 栄養障害(栄養補給障害) 発熱→不明

No.2058,44女 皮疹・発疹・紅斑→不明

No.2063,24女 顔面神経麻痺(顔面麻痺)→不明

No.2075,62男 死亡→死亡

No.2083,39女 アナフィラキシー反応 喘息発作→未回復

No.2091,69女 脳出血→死亡

No.2113,37女 頭痛 動悸 悪寒 発熱→不明

No.2120,37女 アナフィラキシー反応→不明

No.2167,44女 喘息発作 喘鳴 呼吸障害・呼吸不全(呼吸困難)→不明

No.2174,48女 突発性難聴→未回復

No.2246,33女 アナフィラキシー反応 呼吸障害・呼吸不全(呼吸困難)→不明

No2327,43女 アナフィラキシー反応→未回復

No.2344,35女 頭痛 悪心・嘔吐→不明

No.2372,56男 急性リンパ白血病 体重減少 倦怠感 発熱→未回復

No.2439,51男 心室細動→死亡

No.2504,30男 ギラン・バレー症候群 脊髄炎 多発性硬化症 末梢神経障害(末梢性ニューロパチー) ワクチン接種部位知覚異常 皮疹・発疹・紅斑→未回復

No.2736,62男 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)→未回復

No.2749,51女 DIC(播種性血管内凝固)→未回復

No.2755,50男 皮疹・発疹・紅斑 蒼白 状態悪化 腫脹→未回復

No.2770,19女 無菌性髄膜炎→未回復

No.2773,26女 接種部位疼痛(ワクチン接種部位疼痛)→未回復

No.2814,57女 顔面神経麻痺(顔面麻痺)→後遺症あり

No.2815,34女 急性リンパ腫 白血球減少症→未回復

No.2940,73男 発熱→死亡

No.3029,37男 心肺停止→死亡

No.3034,35女 下痢・軟便 悪心・嘔吐 感覚異常(感覚鈍麻) 筋力低下→未回復

No.3037,43女 ギラン・バレー症候群→不明

No.3053,56男 深部静脈血栓症→未回復

No.3055,23女 関節痛 倦怠感 発熱→未回復

No.3077,39女 アナフィラキシー反応 咳嗽 咽喉絞扼感→不明

No.3106,39女 頭痛 疼痛 リンパ節腫脹 筋力低下 傾眠 あくび 倦怠感 眼瞼刺激→不明

No.3116,76男 脳梗塞→未回復

No.3118,55女 ワクチン接種部位知覚異常 末梢神経障害(末梢性ニューロパチー) 振動覚低下→未回復

No.3109,102女 喘息発作→死亡

No.3189,24男 口腔咽頭痛→不明

No.3266,30女 体調不良→不明


「ギラン・バレー症候群」が新たに2例(合計3例)。重篤な「アナフィラキシー反応」も増えています。

重篤な「顔面神経麻痺」がまた出ています。重篤度が重くない顔面神経麻痺も報告されており、症状別報告件数で見ると、これまでに10件の報告があります。

「急性リンパ白血病」「急性リンパ腫 白血球減少症」「DIC(播種性血管内凝固」が出ています。

56歳男性の急性リンパ白血病の因果関係(報告医評価)は評価不能となっていますが、34歳女性の急性リンパ腫、白血球減少症については関連ありとなっています。51歳女性のDIC(播種性血管内凝固)も関連ありとの報告医評価。

そういえば、鹿先生が、遺伝子ワクチン接種による自己免疫疾患、癌の増加を懸念しておられましたっけ。過去記事で紹介した「ファイザーの思う壺にはまるな」という動画がそうだったと思います。

56歳男性の「深部静脈血栓症」も関連ありとの報告医評価。

「網膜出血」というのも怖いですね。因果関係(報告医評価)は評価不能。

締め括りに、ファイザーワクチンに関する鹿先生の最新動画を挙げておきます。専門性の高い内容でありながら、一般人にもわかりやすい解説となっています。

ファイザーワクチンと血管傷害
2021/04/26
JPSikaHunter
https://youtu.be/5zgn3lzOzWg


関連記事:

2021年4月17日 (土)
イベルメクチンを特例承認して、自宅・ホテル待機者に配布を! 
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/04/post-02b81d.html

|

« 評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち(Kindle版)』をお買い上げいただき、ありがとうございます!  | トップページ | 神秘主義的エッセーブログ「109」に加筆しました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

時事・世相」カテゴリの記事

おすすめYouTube」カテゴリの記事

新型コロナ対策: イベルメクチン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち(Kindle版)』をお買い上げいただき、ありがとうございます!  | トップページ | 神秘主義的エッセーブログ「109」に加筆しました »