« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月の16件の記事

2021年1月30日 (土)

ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った ⑤

https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-4a6791.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-77a91c.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-a53d44.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-9ec64f.html
⑤https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-c2b81a.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

日本は臓器ビジネスのお得意様らしいが、アドレノクロムもそうだろうか。

美容整形には興味がなかったので知らなかったが、その分野ではずいぶん前から、例えばアンチエイジング200万円コースといった美容整形プランとして知られていたようだ。効果が切れると、またこのコースを受けたくなるらしいから、お金持ちでないと無理かな。

もう少しお手軽なものとして、プラセンタ(原料はヒト胎盤と家畜の胎盤)を用いたアンチエイジングがあるらしい。

幸いというべきか、多くの日本人が貧乏になったので、200万円コースのお得意様は主に在日コリアンだろうか。なにしろどの分野を見ても、よほど優秀なのだろう、今やエリート層には彼らが満ち満ちているではないか。その割にはどの業界も劣化の激しいのが気にかかるが……。

アドレノクロムはアドレナリンの酸化化合物だが、このコースで使用されるというアドレノクロムは、まさか、虐待された子供の血または松果体を原料とする、あの悪名高いアドレノクロムではないだろう? 

アドレノクロムについて、ウィキペディアから引用する。

ウィキペディア「アドレノクロム」

アドレノクロムは、アドレナリン(エピネフリン)の酸化によって生成される分子式C9H9NO3の化合物。誘導体のカルバゾクロムは止血薬として用いられる。……(略)……
アドレノクロムは主にその止血効果が利用される。……(略)……また研究用の試薬としていろいろな実験に用いられることも多い。日本では富士フイルム和光純薬株式会社が「D,L-Adrenochrome」として販売している。製造元はToronto Research Chemicals Inc.。
アメリカ合衆国の規制物質法では触れられていない。しかしアメリカ食品医薬品局によって承認された医薬品ではないので、もし栄養補助食品として生産する場合は適正製造規範に準ずる必要がある。
……(略)……ウィキペディアの執筆者. “アドレノクロム”. ウィキペディア日本語版. 2021-01-29. https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0&oldid=81564908, (参照 2021-01-30).

「陰謀論」という項目もあり、「一時期ネットで当化合物が子供に恐怖を与えた脳から抽出したもの、また不老不死、若返り効果があるなどという噂が広がり、実際に薬剤会社に問い合わせるなどの迷惑行為も発生した。実際は上記の通りアドレナリンの酸化で生成される化合物であり、人・子供である必要もなく、自身でも生成される物質である。不老不死、若返り効果も認められない」とあるが、この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です」という注意書きが付けられている。

アドレノクロムの構造式。

200pxadrenochromsvg

Q(④を参照)は、これを「白うさぎ」と呼ぶという。右に回転させれば、白うさぎに似てくる。

日本では、アドレノクロムは富士フイルム和光純薬株式会社から、試薬として販売されている。

500mgで、希望納入価格261,300 円。

電話取材した人の動画によると、製造元はカナダのトロントにある製薬会社で、和光純薬では輸入したアドレノクロムを小分けにして詰め、販売しているという。販売対象は法人だそうだ。

販売店は全国にある。この近くにもある。

以下のブログ記事は、アドレノクロムについて、よくまとめられている。

いずれにしても、あのアドレノクロムを使用しているセレブが大勢いることは確かだ。セレブとは、邪悪なものが寄ってたかる受難の人々であったのか………。

否、セレブではなくても、地方在住であったとしても――日本に輸入され販売されているアドレノクロムがあのアドレノクロムかどうかはわからないが――、お金があり、美容に関心があるというだけで、モレク(悪魔)に取り憑かれやすい時代となってしまった。唯物主義の極地だ。

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った ④

ストウブで揚げ物にチャレンジしたので、その記事を書きたいですし、「前世療法は、ブラヴァツキー夫人が危険性を警告した降霊術にすぎない」の動画化が差し迫った宿題としてありますが、トランプ大統領が取り組んでいた子供の人身売買に関連するこのテーマのノートとまとめも差し迫ったものであるように感じています。

魔の手が日本の子供達にまで伸びてきていると考えているのは、わたしだけではないようです。トランプ大統領の再選を願った人々の中には、こうした忌まわしい事件の解決を望んでいる人がアメリカには当然ながら大勢、日本にも少なからずおられることは間違いありません。

わたしにはまだ孫がいませんが、もしいたら、危機感に押しつぶされてしまって、逆にこの問題を追いかけることができなかった気がします。

この忌まわしい問題は、アメリカだけの問題ではないのです。米大統領選がこうした問題まで白日の下に晒したのは意義のあることでした。しかし、解決にまで進まなくては意味がありません。

amiさんがツイートしておられるように、保守系言論人は割れました。Qアノンが槍玉に挙げられ、トランプ支持者に紐付けられて、トランプ支持者全体をカルト信者のように位置づけ、排除する動きが日米にあります。

では、Qアノンとは何でしょうか。ウィキペディアから冒頭部分を引用します。

Qアノン(キューアノン、英: QAnon、発音: [ˌkjuːəˈnɒn])は、アメリカの極右が提唱している根拠のない陰謀論である。この陰謀論では、世界規模の児童売春組織を運営している悪魔崇拝者・小児性愛者・人肉嗜食者の秘密結社が存在し、ドナルド・トランプはその秘密結社と戦っている英雄であるとされている。この陰謀論で仮定されている秘密結社は、一般的にディープ・ステート(英: deep state、影の政府)やカバール(英: cabal、直訳で「陰謀団」)と呼ばれている。アメリカの検察官の中には、Qアノンについて「一般的にカルト宗教とみなされている(陰謀論者の)グループ」と説明する者もいる。

ウィキペディアの執筆者. “Qアノン”. ウィキペディア日本語版. 2021-01-27. https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Q%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%B3&oldid=81545708, (参照 2021-01-27).

明確な根拠も示さず、真っ先に陰謀論と結論づけるこの記事の書き方には既視感がありますね。記事の書き手はおそらくマルクス主義者でしょう。

つまり、Qアノンとは、「世界規模の児童売春組織を運営している悪魔崇拝者・小児性愛者・人肉嗜食者の秘密結社」が存在することを何らかの理由で確信している人々であり、児童をその秘密結社から救出したいと思っており、トランプ大統領にその望みを託している人々ということになります。

トランプ支持者を誹謗中傷する人は、「世界規模の児童売春組織を運営している悪魔崇拝者・小児性愛者・人肉嗜食者の秘密結社」が存在することを、陰謀論と言い切るだけの証拠があるのでしょうか。それがないのなら、この記事の書き手は「世界規模の児童売春組織を運営している悪魔崇拝者・小児性愛者・人肉嗜食者の秘密結社」側の人間である可能性があります。

 

数字付記事「ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った」は単なる覚書です。あとで、エッセーにまとめます。

https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-4a6791.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-77a91c.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-a53d44.html
④https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-9ec64f.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-c2b81a.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
①で、わたしは次のように書いた。

2021年1月17日 (日)
ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った ①
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-4a6791.html

ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った――ことを裏付ける動画を発見した。
この録画は、内容からビル・クリントン時代のものと推測できる。
また、動画ではイルミナティ」の原動力の1つは悪魔崇拝カルトだと明確に述べられている。

以下がその動画である。

小児虐待儀式を告発元FBIロサンゼルス支部長テッド・ガンダーソン
chan nari
https://youtu.be/M9FW81--MdY

元FBIロサンゼルス支部長テッド・ガンダーソン氏は、アダム・ヴァイスハウプトがロスチャイルドの依頼でイルミナティを作ったと動画の中で紹介している。そして、イルミナティが悪魔崇拝カルトだと明言している。

ちなみに、イルミナティ教団はすぐに壊滅させられたが、この組織はフリーメーソンに寄生して生き延びた。長い動画なので、一部書き起こしを行ってみた。

5:00~
ご存じのようにマスコミは我々を追いかけ回します
陰謀という言葉に大騒ぎですが 
勝手にしてほしい
実際に陰謀があることを私は皆さんにこの場で保証します
ここで本日皆さんに 
それを証明してお見せします
私に確信と闘志を抱かせた事は……ちなみにこの陰謀が関係しているのは、
ポルノ、麻薬、腐敗、小児性愛虐待、児童誘拐組織網、ワシントンの組織、CIAによる隠蔽
世界規模の児童人身売買のための秘密工作
テロリズム、銀行口座、その他諸々と続きます
お願いです。あとで、失踪した子供たちに関する
私の調査結果をまとめた本を買ってください。
講演でも触れますが 
ワシントンの組織は
実はCIAが牛耳っています
これは子どもの国際人身売買と関連している秘密工作です
私の本には 
米国税関の公的なレポートが載っています
お願いします、たったの10ドルです
そして、買ったら必ずたくさん複製を作って
知り合いに送ってください。絶対お願いします。
著作権、そんなもの私はどうでもいいです
大事なのは教育、教育、教育(広めること)です。
我々はこの国で起きていることを 
知る必要があります
ですから買ったらお願いですから 
複製を作ってください。
2年前、私の講演後のある出来事から
これは穏やかなネットワークではなく陰謀だと確信しました
1人の男性が、
私に本をくれました
(私の講演はマクドナルド事件の事でした)
「この本に真相が書いてあります 
読んでください」と言われました
これがその本「Pawns in the Game」(邦訳:「闇の世界史」)です
この本をご存じない人はぜひ読みましょう
近くの書店で売っているようですよ(書店の名前を確認しあう)
著者はウィリアム・カーというカナダ人です
私と同様 
米国と世界で起きている事を 
突き止めようとしていました
彼のリサーチ結果がこの本です
8:20
イルミナティ 
という人たちがいます
1776年 
アダム・ヴァイスハウプトが設立しました
1773年、ヴァイスハウプトは 
ロスチャイルド家の1人から
イルミナティという組織を作るよう任命され
1776年5月1日に達成したんですが 
その日付は共産圏の祝日です
かなり話を端折らなければいけません
全部話すと4時間ですが 
1時間15-20分しかないのでね
彼が任命された目標は全部で25項目
大変なので、全部は読まずに 
概要を説明します
(1)人々を善ではなく悪に向けさせろ
(2)リベラリズムを説け
(3)“自由”の概念を使って階級闘争を起こせ(まさに実行中ですね)
(4)イルミナティの目標達成の為なら 
どんな手段も惜しまないこと
(5)イルミナティの権利は力の中にある
(6)我々の冨の力は表面化しないように 
   保たれなくてはならない
  ……どんな狡猾さ、力によっても損なわれない強さを得るまでは……
確かについ最近までずっと 表には見えませんでしたね
イルミナティのことを知っている人々は 
本当にごくわずかです
(7)群集心理をつかんで、大衆を操作しろ
(8)酒、麻薬、退廃的モラル、あらゆる悪徳を 
  使って若者のモラルを組織的に低下させよ
これは実例をださなくてもわかりますね
しかしここにCIAの麻薬作戦が絡んできます
麻薬は国内にはいってきて 武器が海外に出て行っています
私の話が信じられなければ、テリー・リードや 
チップ・テータムなどに聞いてみてください
昨年秋、米連邦政府の大物捜査官による 
麻薬捜査の公聴会がありました
私も観ていたのですが 信じられない事に
麻薬作戦の事を何も知らない人ばかりが 
証人として呼ばれていました
テーマは、CIAによる
カリフォルニアへの麻薬輸送の件でした
個人的かつ直接的な知識がある16人の名前を
私は公聴会に送ってやったのですが
返事もなく 誰一人として
呼ばれていませんでした
私はオクラホマ市にも
報告書やFAXを送りました
オクラホマ市爆破事件の重要情報でしたが
何の返事もありませんでした
(9)どんな手を使っても不動産を没収せよ
これも日々起きています
農民、会社員、不透明な嫌疑で逮捕された人々が
不動産を差し押さえられています
こちらの女性も、何もかも失くしました
家が2度も捜索に遭ったそうです
……[略]……
(10)心理作戦として「自由、平等、博愛」などの
   スローガンが大衆の口から出るようにさせよ
いやはや これは初耳でした
ビル・クリントンが使っています
彼はひどいですね ある元議員によれば
女好きのほら吹きらしい
この第10に確かに当てはまります
(11)戦争をしかけよ
1773年にヴァイスハウプトが書いた政策が
1937年に公式発表されたんです
1937年に英米によって公式発表されました
どちらの側の国々にも負債を抱え込むよう
戦争を実行させよ
また和平会議では
双方が領土を獲得しないようにせよ
第二次大戦後のヤルタ会談が完璧な例です
(12)我々は財を活用して、要求におとなしく従い――
   影で操る者たちのゲームの駒となる候補者を
   議員に選ばなければならない
   彼らの助言者たちは 幼少の頃から
   世界情勢を支配するための訓練を受ける
今日の世界に 陰の操縦者たちが
いるのは まちがいないですよね
(13)メディアを支配せよ
主流メディアが 有力者、インチキ政治家
官僚たちにコントロールされているのは
疑いの余地がありません
今日はなんだか鼻がかゆいな
メディアの件については
私の本でも実例を記録してあります
(14)エージェントたちは
   トラウマを生む状況を扇動しながら
   終わった後
   大衆の救世主として現れる
   実際はその逆で
   大衆の殺戮に関心を抱く
……LAの暴動ありましたね
(15)不況、金融パニック、失業
   飢え、食料不足を引き起こし
   これらを大衆コントロールに利用せよ
   生意気な邪魔者は暴徒を使って一掃せよ
食糧不足、経済危機
起きてますね
私のラジオ番組に経済分析家の
ジョージさんを招いたことがあります
(1987年)10月6日に出演した時
10月中に市場がクラッシュすると言っていました
当たりました
今週は、2000年代に2度
クラッシュすると言っていましたよ
第15まで言いましたね
(16)フリーメーソンの中に潜入し
   彼らを利用しろ
これもたくさん記録があります
(17)組織的な目くらましに価値がある
   理想の高いスローガンや言葉ょ利用し
   無理と分かっていても
   大衆には太っ腹な公約をせよ
ジョージ・ブッシュもビル・クリントンも得意です
共和党と民主党の違いは全くありません
Aさんに教えてもらいましたが
サブリミナルメッセージの件もあります
共和党のロゴには3つの星がかかっている象ですね
2年前のロゴと比べてみると
星の向きが変わっています
逆さまなのです
悪魔崇拝のシンボルです
絶対とは言いませんが
サブリミナルメッセージです
(18)決議の計画を詳細に立てよ
   大衆を服従させるには「市街戦」が必要
(19)戦争後には、エージェントを使って
   背後から助言してもらえ
   支配を手に入れるために
   密使を使った外交活動をせよ
(20)世界統一政府につながる
   巨大な独占支配を確立せよ
現在起きていますね
(21)原材料のコントロールによる
   経済破綻を導くために
   高い税率と不公平な競争を用いよ
   労働者同士の間に争いを起こし
   競争相手に補助金を与えよ
GATT、NAFTAですねえ
(22)我々の利益を守るに足るだけの
   武装警察 兵力をたくわえよ
数年前に、米国の11の政府機関が
武装を許可されました
今では、39の機関に及びます
(23)世界統一政府の指導者は
   ディレクターによって任命させるだろう
なお米大統領指令文第25号は
一般公開されていない機密文書です
そこでは、紛争や危機などの状況下において
合衆国大統領が国連事務総長に
その権限を委譲することが
許可・命令されています
(24)嘘と分かっている理論や原則を教えこむことで
   社会や若い構成員を騙し、混乱させ、腐敗させる
   この目的のために社会・政府の
   すべての階級の中に潜入せよ
これは国連によって
結果重視の教育が押し付けられるのですね
(25)国内法、国際法は文明を破壊するために使う
世界人口を5億人まで
米国の人口を2000万人まで減らす話が出てきます
湾岸戦争症候群ってありましたね
あれで死んだ米兵
当時派兵された70万人の4/5は、現在
病気で弱って、腕立て伏せもできない
あのあと米軍の構成員が
まるまる入れ替わった感じです
その他もろもろと続きます
つまりどういう話をしているかというと
米国にはあらゆる個人、団体、組織に
重複するメンバーがかなりいますが
この「イルミナティ」の原動力の1つは、
悪魔崇拝カルトなのです
かくいう私も初めは
「は?なんだそりゃ」という感じでした
聖書で読んだことがあった以外
悪魔崇拝について考えたことがなかった
でもとにかく前に進みました
アリスター・クローリーという人の情報から多くを学びました
クローリーの名前は「HOLY」(聖なる)
と韻を踏んでほしいようです
悪魔崇拝主義者たちの教科書は
昔からずっとクローリー氏の哲学・著作です
そこにはなんと書いてあるのでしょう
どんな教えでしょうか
「血の犠牲」……「血こそ命」……
94ページにはこうあります
「敵の心臓と肝臓を切り取り、まだ温かい内に
 むさぼり食う野蛮人の習慣を」
「馬鹿げたことと非難するのは賢くない」
「いずれにせよ
 古代の魔術師たちの理論はこうだった」
「生き物は 皆すべて
 エネルギーの貯蔵庫だ」
「その量は生き物の大きさと
 健康状態によって違う」
「その質は精神的・倫理的性質によって違う
 エネルギーは その動物の死により
 とつぜん解放される」
「だからエネルギーが逃げないように
 動物は……」
「“円”の内側――悪魔崇拝の円ですね――
 または三角形の内側で殺されるべきだ」
「儀式の性質に合う性質の動物を
 選ばなければならない」
「軍神を呼び出す魔術師には
 適切な量の猛々しいエネルギーが有用だ」
「それはメスの子羊を犠牲にしても得られない」
「そのような場合には
 童貞の雄羊がふさわしい」
「それが固有にもつ潜在的エネルギー総量が
 まるまる残っているからだ」
次をよく聞いてください
「ベストな霊的結果を得るには
 選ばなければならない」
「完全に無垢で高い知性を持った少年が
 一番申し分ない適切な生贄だ」
人間の生贄の話ですよ、皆さん
悪魔崇拝主義者は現在の米国に
約300万人いると思います
私には情報提供者たちがいます
人口20万人のLAには
3000万人の悪魔崇拝者がいるようです
有名な保育園での事件
マクマーティン事件が起きた場所です
……[略]……
人口10万人のアイオワ市に15000人……
これまでの平均は人口の1.5%です
とにかく……これは人間の生贄の話です
毎年5万-6万人の子どもが
生贄にされています
悪魔崇拝には8つの祝日があります
他にもありますが
全員が守る基本的な祝日は8つです
クローリーの本に戻りますが……ちなみに
さっき話した人間の生贄のことは
私が発明したのではなく
この本に書いてあるんですよ
この「宗教」(と呼びたければね)の……
ちなみに米国政府は悪魔崇拝主義を
本当に宗教と認知しています
でもこちらのリンダさんがやった裁判で
配偶者の弁護士が悪魔崇拝という言葉を使ったら
文書記録が封印され
お蔵入りしてしまいました
しかもリンダさんが子供たち宛の手紙で
「神様を信じなさい」と書くと
「神という言葉を手紙で使ってはだめだ」
という通達が来るそうです
ひとつの例でした
ここでは666、獣が登場します
「獣666は、こう助言する」
「全ての子どもに対して 幼少の頃から
 あらゆる性的行為と出産の場面を見せておけ」
「頭が嘘によって覆われ
 謎によって鈍くならないように……」
「魂のシンボリズムによる
 無意識のシステムの成長が阻害されたり」
「誤った方向に導かれたりしないように……」
子どもは生まれた時から
セックスにさらせということです
世界の悪魔主義者たちは
私たちの子どもに手をかける目的で
世界中に保育園を設立したのです
両親は子どもを朝の9時に送り届け
午後3-5時に迎えに行きます
一方それらの保育園で
子供たちはセックスにさらされました
「生まれた時から」ときたもんだ
こちらのリンダさんに
全くその通りの事が起きたのです
……[後略]……


この動画で明らかにされた内容は、ロナルド・バーナード氏の告発動画に通じるところがある。

【1】元ユダヤ銀行家ロナルドバーナード氏 イルミナティ・シオンの議定書・陰謀論は事実だった!衝撃の証言〔日本語〕
https://youtu.be/WsyllGPjY0E

また、トルコ国営放送で採り上げられたアドレノクロム。それについて、動画説明欄に次のように書かれている。

アドレノクロムとは子どもが虐待され、極限の苦しみ・苦痛を与えられた時に分泌するホルモンの事です。

これは若返りの薬でもあり、麻薬のようなトリップ剤でもあります。
依存性があり、セレブやエリートはセックス時に使用しています。
これは古代から、とある宗教儀式として行われてきたものです。

現在はその勢力が拡大し過ぎたため、トランプ大統領およびQ勢力が駆逐に動いています。

アドレノクロムの採取が古代から宗教儀式として行われてきたとある。わたしが①②③で書いたように、イルミナティが古代から続くモレク崇拝で、アドレノクロムの採取はその儀式で行われてきたと考えることができる。

トルコ国営放送の動画は短いので、ぜひご覧いただきたい。

【修正前】アドレノクロムの説明をトルコの国営テレビが!
2020/07/06
レオングレイス
https://youtu.be/UlU_iUYzxnA

動画には、次のようなコメントがついている。

がっちゃんお
3 か月前
事実、トランプが組織壊滅に動き始めてから 異常な老け方をしてきたスターが大勢いる…とか。

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

(26日にオーラに関する追記)「前世療法は、ブラヴァツキー夫人が危険性を警告した降霊術にすぎない」を動画化するに当たって、ワイス博士の著作を読書中②

米大統領選のことで頭がいっぱいで、宿題を放置したままだった。旧年中に済ませるはずの宿題が何一つできていない。予定通りであれば、今頃は、萬子媛をシテのモデルとした新作能に取り組んでいたはずだった。

2020年11月29日 (日)
YouTubeで公開中の動画「魔女裁判の抑止力となった……」に日本語字幕を付けました。今後の動画作成予定。
https://elder.tea-nifty.com/.preview/entry/0fedaf086b81b45450c92466fd59cbdd

とりあえずは、12月22日付けで下書きのままだった「ワイス博士の著作を読書中②」をアップしておきたい。再度ざっと読み直して再考し、まとめ、それをもとに「前世療法は、ブラヴァツキー夫人が危険性を警告した降霊術にすぎない」を改稿した上で、動画作成に入ろうと思う。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

拙エッセー「前世療法は、ブラヴァツキー夫人が危険性を警告した降霊術にすぎない」に加筆するために、ブライアン・L・ワイス(山川紘矢・亜希子訳)『前世療法――米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘』(PHP研究所、1991)を図書館から借りて読んでいた。

ところがこの本が汚されていて、勇気を出しても開くことができない。仕方なく、文庫版を購入。ブライアン・L・ワイス(山川紘矢・亜希子訳)『前世療法――米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘』(PHP文庫 - PHP研究所、1996)。文庫版を読了した感想は、以下の過去記事で書いたことと変わらない。

2020年11月19日 (木)
「前世療法は、ブラヴァツキー夫人が危険性を警告した降霊術にすぎない」を動画化するに当たって、ワイス博士の著作を読書中
https://elder.tea-nifty.com/blog/2020/11/post-955041.html

被験者キャサリンは検査技師。彼女の父親は船乗りで家を留守にしがちであり、長年アルコール中毒患者だった。母親は鬱状態になり、精神科医にかかったりしたが、大事に至らずに済んだ。

父親のアルコールの消費量が増えるにしたがって、母親とのいさかいが激しくなり、母親は次第に暗く、黙りがちになった。しかし、キャサリンは、これも一つの家庭のあり方だとして、受け入れていた。
 家の外では、ずっとうまくいっていた。高校に入学すると、彼女はデイトをし、友達にも溶け込み、ほとんどの友達とはその後もずっとつき合っていた。しかし、彼女はなかなか人を信頼できない自分に気かついた。特に自分の友達の小さなグループ以外の人は、どうも苦手だった。(ワイス、山川紘矢・亜希子訳、1996,P.13)

こうしたことを、キャサリンはワイス博士のカウンセリングによって、自力で思い出している。

高校卒業後、2年間専門学校に通い、検査技師の職を得て自活するようになると、「自分の家のごたごたから逃げ出せたのがうれしかった」(ワイス、山川紘矢・亜希子訳、1996,P.14)

ところが彼女が病院で働いていたときに知り合った小児科医スチュアートと知り合ってから、恐怖症や不安の発作が頻繁に起こるようになる。

その原因を探るために、ワイス博士はキャサリンに前世療法を行うに至る。前世療法を行わなければならないような事例だろうかと素人のわたしは疑問に思う。

なぜなら、キャサリンの精神的な異変はスチュアートとの出会いのときからで、彼女はそのスチュアートとは不倫関係に陥っていたからである。彼女の混乱の原因がこのこと以外にあるだろうか。

相思相愛で、家族にも友人達にも社会的にも祝福された、美しくあるべきはずの恋愛が不倫であったため、彼女には良心の呵責に耐えられないとか自己嫌悪といった精神的葛藤が起きただろうし、スチュアートに対する不信感も当然起きただろう。

ただ、彼女には父親から幼児期に性的悪戯を受けたトラウマがあった。

キャサリンの神経症の原因として考えられるのは、一にキャサリンが自ら惹き起こした不倫、二に父親という他者から惹き起こされた性的トラウマなのだが、ワイス博士の考えは、この二つの区別を慎重につけることをしないまま、表面上現れた障害をとにかく除去できればいいというものに思える。

そもそも父親からの性的悪戯という忌まわしい出来事は、「癒える」性質のものなのだろうか。これは彼女個人の問題というより、人類の問題、社会の問題ともいえるものだ。

しかし、この問題は表面上は癒えていた。それが問題化したのは、やはり、スチュアートとの不倫が始まってからのことだった。

それで病気になったのであれば、不倫は病気か? 

不倫問題は、妻子の視点では、キャサリンはスチュアートと同罪の加害者である。

前世に遡って、それがカルマの結果であることがわかったというのなら、別の展開が期待できる気がするが、このキャサリンのケースを見る限りでは、現世で彼女に被害をもたらした相手は前世でもそのような人物なのである。

同じ事の繰り返しで、カルマは何の働きもしていないかのようだ。

堂々巡りのような前世から現世の出来事がわかったからといって、なぜ、神経症が癒えたのか、わたしにはわからない。わたしであれば、カルマは何の働きもしてくれないことがわかり、むしろ絶望感が深まるだろう。

そもそも、催眠下での彼女の語りが、本当に前世の体験談なのかどうかは不明のままである。

キャサリンが前世の体験らしきものを語り、やがてマスターらしき人物が現れると、彼女の口を通して教訓を垂れ、それをワイス博士が謹聴するその光景は、日本では馴染み深いイタコさんと依頼者そのものだ。

そして、神智学的観点から読めば、どう読んでもキャサリンは前世療法という催眠療法を受けて霊媒になってしまっている。

複数現れるマスター達は、カーマ・ローカ(ハデス、アメンティ、黄泉などと呼ばれる、主観的な半物質的世界)の幽霊だろう。

救いは、彼女自身が、マスターなどの媒体となることを嫌がって受診を終わりにしたがり、ワイス博士が――残念に思いながらも――それに同意したことである。彼女自身の健全な警戒心が働いたことで、完全に霊媒になってしまうことから免れられたのかもしれない。

前世ごっこ――霊媒ごっこ――をするより、もっと安全な、一般的な工夫で、彼女程度の症状であれば、緩和されたのではないかという気がしてしまう。

前世療法、そして巷で占いとして行われているオーラ診断といったものは、眠れる予言者といわれたエドガー・ケーシーを参考にしているように思われる。

わたしはケーシーについて、かなり疑問に思っている。ケーシーのリーディングは格調高く聴こえるが、所詮は霊媒の戯言ではなかったか。

それというのも、オーラがケーシーのリーディングでいわれるようなものにすぎないとはわたしにはとても思えないからである(拙はてなブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」における以下の2本の記事を参照されたい)。

29 わたしが観察したオーラと想念形体、そしてプライバシーに関わると考える他人のオーラ
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2015/09/29/200625

65 神智学に満ちているアントニオ・タブッキの世界 ①「ベアト・アンジェリコの翼あるもの」
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2016/10/26/075003

26日にオーラに関する追記:

関連記事として挙げた「65 神智学に満ちているアントニオ・タブッキの世界 ①『ベアト・アンジェリコの翼あるもの』」中、オーラの考察としてまとまった部分があるので、以下に引用しておく。

オーラが見え始めたのは、大学時代だった。

わたしがいうオーラとは、H・P・ブラヴァツキー(田中恵美子訳)『神智学の鍵』(神智学ニッポン・ロッジ、竜王文庫、1995・改版)の「用語解説」にある、「人間、動物、その他の体から発散される精妙で目に見えないエッセンスまたは流体」(*1 ブラヴァツキー,田中訳,1995,用語解説「オーラ(Aura,希/羅)」p.22)を意味する。

人間が不死の部分と死すべき部分からできているということを知らなければ、オーラが何であるのかを理解することはできない。このことの詳細――人間が七つの構成要素からなるということを、わたしはH・P・ブラヴァツキーの神智学の論文を通して教わった。

すなわち、人間が不死の三つ組みと死すべき四つ組からなることを。七つの構成要素のそれぞれについて学ぶことはわたしには歓びだったが、一般の方々はどうであろうか。

わたしにとって、オーラの美しさに匹敵するものはこの世になく、オーラの美しさをいくらかでも連想させるものといえばオーロラくらいなので、ときどきしかオーラが見えないのはつまらないことに思っていた。

最近までずっとそう思っていたので、神智学徒だった高齢の女性のオーラがありありと見えた 20 年も前のことを毎日のように回想し、あのように美しい光にいつも浴していられればどんなに幸福なことだろうと思っていた。

しかし最近になって、オーラはたまに見えるくらいが丁度よいと思えるようになった。

尤も、強く意識し目を懲らせば、オーラというものは低い層のものなら容易く見ることができる。

物体の輪郭――例えば開いた手の輪郭に目を懲らしていると、指の輪郭を強調する、ぼんやりとした弱い光が、次いで夕日の残照のように射して見える色彩やきらめきなどが見えてくる。さらに目を懲らしていると、光はいよいよ豊富に見え出す。

だが、そんな風に意図的にオーラを見ようとする試みは疲労を誘うし、その水準のオーラを見ても、つまらないのである。自然に任せているのに、オーラが断片的に見えることはちょくちょくあるが、そのオーラがありありと見えることはわたしの場合はまれなのだ。

ありありと見えるオーラーーオーリックエッグと呼ばれるオーラの卵そのものは、観察される人の高級我が自ら開示してくれる場合にのみ、その許された範囲内において、観察可能なのではないかとわたしは考えている。

創作中は自身のハートから放射される白い光に自ら心地よく浴していることが普通の状態で、創作が生き甲斐となっているのもそれが理由なのかもしれない。

生者のオーラに関していえば、それが見えるとき、肉体から放射される光のように見えていて、肉体はその光が作り出す影のように見える。観察する側の感受性が高まれば高まるほど、その影は意識されなくなっていき、遂には光だけが意識されるようになる。

死者についていえば、死者を生きていたときのような肉体としての姿で見たことはまだない。死者が訪れ、近くに死者がいたときに、輪郭をなぞる点描のようなものとして見えたことがあった以外は、ほとんど何も見えなかった。いわゆる幽霊が見えたことは一度もないのだ。

それなのに、存在は感じられた。そして、たまたま死者の訪問時に死者のオーラが見えたこともあったが、そのとき、おそらくわたしは生者のオーラを見るときと同じように死者のオーラを見ていたのだと思われ、死者の肉体が存在しないせいか、光だけが見えたのであった。

たぶん、わたしの感受性がこの方向へ日常的に高まれば、物体は圧倒的な光の中に縮んだ、おぼろな影のようにしか見えなくなるだろう。オーラは人間にも動物にも植物にも物にすらあるので、留まっている光や行き交っている光のみ意識するようになるに違いない。世界は光の遊技場のように映ずるだろう。

そのとき、わたしはこの世にいながら、もうあの世の視点でしかこの世を見ることができなくなっているわけで、それは地上的には盲目に等しく、この世で生きて行くには不便極まりないに違いない。

以下の断章は、神智学徒だった高齢の女性のオーラを描写したものだ。

……(引用ここから)……頭を、いくらか暗い趣のあるブルーが円形に包み込んでいた。その色合いはわたしには意外で、先生の苦悩ないしは欠点を連想させた。全身から、美麗な白色の光が力強く楕円形に放射されていて、その白い楕円の周りをなぞるように、金色のリボンが、まるで舞踏のステップを踏むように軽やかにとり巻いていた。金色の優美さ、シックさ、朗らかさ。あのような美しい白色も、生き生きとした金色も、肉眼で見える世界には決してない。……(引用ここまで)……

そのときわたしはあの世の視点で他者のオーラを見ていたわけで、そのときのオーラは物質よりも遙かに存在感が勝っており、こういういい方は奇妙だが、光の方が物質よりも物質的に思えるほど重厚感があった。反面、女性の肉体は存在感のない影だった。

圧倒的な白色を、まるで保護するように取り巻いていた金色のリボンは何かの役割を帯びた組織なのだろうが、その組織の性質が作り出す形状は装飾的といってもよいぐらいだった。

……(後略)……

関連記事:

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

ストウブのレシピ「新玉ねぎのシンプル蒸し」を作りました。パロディ動画2選。

白玉ねぎを買い、ストウブの公式サイトのレシピ「新玉ねぎのシンプル蒸し」を作りました。

Img_3137_a

Img_3139_a

Img_3141_a

最後にバターを追加するのかどうかわかりませんが、追加なしで充分な美味しさでした。めんつゆ、こんなに甘かったかしら?と思ったほど、とろけんばかりの白玉ねぎが甘いこと、甘いこと。

実は、白玉ねぎというのを初めて買いました。本当に白い子……。収穫の時期が違いますが、新玉ねぎと考えていいのでしょうか。そっくりです。

玉ねぎからたっぷり水分が出て、上等のスープになったので、スプーンも添えました。娘にいわせると、「土井善晴先生的にいえば、穏やかな味わいだね」。

米大統領選の余波は今後も続きそうで(既存メディアしかご覧になっていないかたは、米大統領選に関するわたしの最近の記事に首をかしげていられるかもしれませんが……)、落ち着かない気分です。このレシピにはそれを癒やす力がありました!

時間がないときには、レンジで作れる以下のレシピを試してみようと思います。 

パロディ動画2選。

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

バイデン新大統領の就任式とマーシャルレポート

バイデン新大統領の就任式をライブで視聴していたところ、天気模様が、時折吹雪く垂れ込めた空から、いきなり晴天へと……葬式のような、祭典のような、変な就任式だったという印象でした。

その後ツイッター民が検証をし始め、おかしな点が指摘され始めました。

 

わたしが気になったのは、次の指摘で、思わずBBCニュースの二人の宣誓場面を確認してしまいました。

ジョー・バイデン氏、宣誓して新しい米大統領に
2021年1月21日
https://www.bbc.com/japanese/video-55742526

カマラ・ハリス氏、アメリカの副大統領に
2021年1月21日
https://www.bbc.com/japanese/video-55742527

彼らがイルミナティのメンバーであるとしたら、聖書に直に手を置けないということなのかもしれませんが、いずれにしても不信感を誘う怪しい場面です。

就任式は、実効性を欠いた録画を使用した仮想就任式だったのではないかと囁かれています。

「soon(すぐに、まもなく、そのうちに、近いうちに)戻ります」というトランプ大統領の言葉と、それを裏付けるようなマーシャルレポートの存在が、巨悪と不正がこのままないことにされてしまうことにやるせない思いを抱く保守層(愛国層というべきかもしれません)の期待を掻き立てます。

マーシャルレポートへのリンクは拙ツイートにもありますが、再掲しておきます。

TRUMP ODE TO THE CORPORATION! – THE MARSHALL REPORT
(wordpress.com)  
https://themarshallreport.wordpress.com/2021/01/20/trump-ode-to-the-corporation/

邦訳はGoogle先生かSakuraさんの以下のツイートで。
https://twitter.com/sakuratree7772/status/1352172489552457728

そういえば、就任式で牧師さんが絶叫した「ドミニオン、イン、パワー!」という言葉にも驚かされました。

実際にはこのパワフルな牧師さん、「dominion and power forever」といっているらしく、「支配と権力は永遠に」という意味だそうです。

でも、何もここでドミニオンという言葉を使わなくても……と思いました。不正選挙で大活躍したあのドミニオン投票機を嫌でも連想させるではありませんか。牧師さんの良心がそれをいわせたのかもしれない、と思ってみます。

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った ③

数字付記事「ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った」は単なる覚書です。あとで、エッセーにまとめます。

https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-4a6791.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-77a91c.html
③https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-a53d44.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-9ec64f.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-c2b81a.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

イルミナティ、ディープステート、子供の島関係に関する大雑把なメモを続けます。

こうした事柄をまだ陰謀論、日本とは無関係と思っておられるかたは、以下の記事をご覧ください。

ウィキリークスに日本にイルミナティの小児性愛者たちの島があると開示される。三浦春馬さんがCIAに殺された説がより濃厚に。」『日本の黒い霧』。2020年1月18日、URL: https://daiwaryu1121.com/post-41933/

前記事に書いたように、フリーメーソン結社を侵したイルミナティの悪魔崇拝には驚かされました。しかし、その実態はおそらくひじょうに原始的なモレク崇拝です。

H・P・ブラヴァツキー(ボリス・デ・ジルコフ編、老松克博訳)『ベールをとったイシス 第1巻 科学 上』(竜王文庫、2010)に、モレクを引き合いに出した次のような記述があります。

 キリスト教の3大団体であるギリシア正教、ローマ・カトリック、プロテスタントの聖職者たちは,いわゆる「霊媒」を介して現れるどの霊的現象に対しても、よい顔をしない。後の二つの教会組織が,自身の遊離霊 disembodied spirits を――そしてときには盲目的でまだ説明のついていなかった自然の諸力を――顕在化させた哀れな犠牲者をみな火刑、絞首刑、もしくはそのほかのかたちで殺害していた時代から,実際まだほんの少ししか経っていない。これら3教会のなかでは〈ローマの教会〉が筆頭に立っている。その両手は,信条の源にいるモレク Moloch [多くの犠牲を要求するセム族の神]のごとき神の名のもとに流された,無数の犠牲者たちの無実の血でまっ赤である。……(略)……
 霊媒現象はロシアでも,他の国々と同様,つねに生じてきた。この力は宗教の力に頓着しない。国籍など,一笑に付す。そして,頼まれもしないのに,王冠を戴く者にだろうとと貧しい乞食にだろうと誰にでも侵入する。
 現在[1877年],〈神に次ぐ地位〉にあるピオⅣ世自身でさえ、この招かれざる客を避けることはできなかった。(ブラヴァツキー,老松訳,2010,pp.34-35)

ブラヴァツキー夫人の霊媒現象に関する考察は延々と続きますが、モレクは「多くの犠牲を要求するセム族の神」と解説されています。

ローマの教会が出てきたついで(?)に、catscatsさんのツイートで言及・リンクされていた、カルロ・マリア・ヴィガノ大司教(前・駐アメリカ合衆国教皇大使)がトランプ大統領に送った公開書簡を紹介します。catscatsさんのツイートにあるリンクから、公開書簡をご覧ください。

ヴィガノ大司教の第一の公開書簡で、次のように書かれているのが印象的です。

国家の中に「ディープ・ステート」があるように、教会の中にも本来の奉仕を裏切り、神の御前にふさわしい役務を踏みにじる「ディープ・チャーチ」があるのです。

世界経済フォーラム(WEF)は昨年、2021年に開催する年次総会(ダボス会議)のテーマを「グレート・リセット」にすると発表しました。開催は夏に延期されたようです。

ディープステートが新世界秩序(New World Order)を達成するために強行しようとしているグレート・リセットに対する懸念、警告が述べられています。ヴィガノ大司教がローマ教皇であればまだ救いがあるのに、と思います。

トランプ支持者にはグレート・リセットに反対している人も多いようですが、一般日本人のどれだけの人がグレート・リセットについて知っているのでしょう? グレート・リセットは別名、人間牧場ともいわれています。

ところで、わたしは中共の臓器ビジネス関連の記事で、中共の高官が若返りのために臓器移植を行っているという記事を読み、腑に落ちないものを感じていました。また、ディープステートの悪魔崇拝の生贄についても、そのために誘拐される子供の数が多すぎるように感じていました。

まだ知らなかったことがあったのです。アドレノクロムについてです。胸が悪くなるような話です。

 

アドレナクロムを調べてみると、沢山の記事が出てきました。トカナは全般的にオカルト雑誌『ムー』的な記事が多いように思いますが、この記事は他で閲覧した記事と共通しており、まとまっています。

ディープステートは既に人間牧場を始めていたのです。

そういえば、ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵(57)が心臓発作で死去したようですね。

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った ②

数字付記事「ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った」は単なる覚書です。あとで、エッセーにまとめます。

https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-4a6791.html
②https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-77a91c.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-a53d44.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-9ec64f.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-c2b81a.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

わたしは前ノート①で、次のように書いた。

その(黒ミサの)内容からすると、私見では、それは儀式的(黒)魔術というほどの内容は認められない。降霊術に性的虐待、殺人など非人道的行為を組み合わせたものに思われる。

なるほど、神秘主義に関する知識の乏しい、杜撰な理解しか持たなかったアダム・ヴァイスハウプトなら、それくらいのところが精々だろう。

神秘主義に無知な人間に行うことのできる、ほとんど唯一の黒魔術は降霊術だからである。そのつもりではなかったのだろうが。

イルミナティはカルトというより、巨悪なヤクザ組織である。

ディープステートの中心にはイルミナティが存在し、その正体は悪魔崇拝であり、彼らの儀式では子供に性的虐待を加え、最後には切り刻んだり焼いたりして殺害し、遺体を食べることさえあるという――これが、クリントン時代に録画されたと思われる動画を観る前のわたしの予備知識だった。

その儀式がどんなものであるか判然としなかった。前掲の動画を見る限りでは、それは儀礼的魔術というには原始的といってよいような、複雑な秘教科学の知識とは無関係の儀式――秘教科学の知識を悪用した儀式とは無関係――だと思われたので、神秘主義的知識のない人間にも可能な降霊術と子供を使った残酷な所業を組み合わせたものだと考えたのだった。

尤も、降霊術的な現象が起きているかどうかはわからないのだが、その儀式の前座(?)ではカーマ(欲望)を強めるような淫行、ドラッグなどが盛んに行われている様子であったので、彼らは多かれ少なかれ霊媒性質を強め、憑依現象を発生しやすい状態になっており、悪魔的な低級霊が儀式に出現しても不思議ではないと思ったから、そのように憶測したまでだった。

ただ、彼らの儀式の原始的な感じは何だろうとの疑問がわいた。動画には、野外で行われていたと推測される儀式跡が紹介されていた。これは、まさか、あれではないだろうか?

モレク崇拝である。

ググってみると、次のような記事が出てきた。

記事にはイルミナティの名はないが、フリーメーソンはあり、米イルミナティともいわれるスカル・アンド・ボーンズが出てくる。

そして、モレク(またはモロク)崇拝が出てくるのである。

原始的な内容であるはずだ。なぜなら、元々は古代中東で行われた儀式だからだ。

呆れ果てて物もいえない……

どんな国でも、大昔に遡れば、人身御供や人柱などの事例は見つかるものだが、それが未だに行われているとは驚くべきことである。それも世界のセレブやエリートを集めた儀式で行われているとは(絶句)。

これはイルミナティの結成時に創作された儀式ではなく、おそらく古代から続けられてきた(?)ものが依頼主のロスチャイルドかイルミナティの結成者ヴァイスハウプトによって導入されたのだろう。

元イルミナティのメンバーだったとされるロナルド・バーナードは、告発動画で「彼らはこういったことを数千年のあいだやってきたんです、世界中で」といっていた。

カナン人の神であったモロクは、ギリシャ、バビロン、そして後にヨーロッパでも崇拝された。それは通常、雄牛かフクロウか、何らかの角をもつ動物で象徴され、そのための生贄として子供が捧げられる。それはすべての現代の死のカルトの先駆的存在である。世界のリーダー達がここに集結し、古代のカナンの、子供を生贄にする模擬の儀式を行うとは、そこに何の目的があるのか? それは彼らを団結させる一つの方法である。(「世界の要人たちの悪魔儀礼Bohemian Groveを暴く」『創造デザイン学会』より)

イルミナティのエンブレムには、フクロウが描かれていた。イルミナティの奥の院にはモレクが鎮座していることは間違いないだろう。

104 トルストイ『戦争と平和』…⑤イルミナティ創立者ヴァイスハウプトのこけおどしの哲学講義
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2020/10/11/220247

こうしたことと、どうやら日本も無関係では済まなくなっている。なぜなら……

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った ① 

数字付記事「ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った」は単なる覚書です。あとで、エッセーにまとめます。

①https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-4a6791.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-77a91c.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-a53d44.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-9ec64f.html
https://elder.tea-nifty.com/blog/2021/01/post-c2b81a.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ヴァイスハウプトはロスチャイルドに依頼されてイルミナティを作った――ことを裏付ける動画を発見した。

この録画は、内容からビル・クリントン時代のものと推測できる。

また、動画では「イルミナティ」の原動力の1つは悪魔崇拝カルトだと明確に述べられている。

それは、イルミナティ結成当時からのことだったと思われる。アダム・ヴァイスハウプトの著作からの引用には「フリーメーソンの中に潜入し 彼らを利用しろ」というものがある。

それは、わたしが購入したヴァイスハウプトの諸著作の中で唯一邦訳版のある著作からの引用ではなく、ウィリアム・カーというイルミナティ研究家の著作からの引用で、邦訳版も出ている著作なのだが、馬鹿高い中古品となっており、利用している図書館にも残念ながら置かれていない。

しかし、動画では、スライドを使って著作が映し出されている。その引用にはかなりの信用がおけるのではないかと思う。

イルミナティでは黒ミサ的な儀式が行われていて、それがどのようなものであったのかが報告されている。

その内容からすると、私見では、それは儀式的(黒)魔術というほどの内容は認められない。降霊術に性的虐待、殺人など非人道的行為を組み合わせたものに思われる。

なるほど、神秘主義に関する知識の乏しい、杜撰な理解しか持たなかったアダム・ヴァイスハウプトなら、それくらいのところが精々だろう。

神秘主義に無知な人間に行うことのできる、ほとんど唯一の黒魔術は降霊術だからである。そのつもりではなかったのだろうが。

イルミナティはカルトというより、巨悪なヤクザ組織である。

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

Kindle版児童小説『田中さんちにやってきたペガサス』をKENPCでお読みいただき、ありがとうございます!

Kindle版児童小説『田中さんちにやってきたペガサス』(ASIN:B00BEMD5ZK)を1月11日にKENPC(Kindle Edition Normalized Page Count)でお読みいただきました。ありがとうございます! KENPCでお読みいただいたのは今回で15回目でした。これまでに8冊お買い上げいただいています。

以下は、Amazon Kindleストアの拙著者ページです。

直塚万季のページ

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

米大統領選を通して感じたこと(15日に追記、青字)

今回の米大統領選挙で起きていることと、その深層にあるものがなんであるかを秘密開示したり、暴露ししたり、解説したりするツイートや動画を多く見すぎて、疲れ果てました。

トランプ大統領が勝ってくれなければ、世界がディープステートのつくった中共に呑み込まれ、大変なことになることは間違いないので、応援しないわけにはいきませんが、正直いって、もうこれ以上、アジアを巻き込まないでくれ、中共に乗っ取らせた中国をアジアに返してくれ、欧米は欧米の領域だけでどこまでもやり合ってくれ、という気持ちになってしまいました。

第一次世界大戦後のパリ講和会議の国際連盟委員会において、「国際連盟規約」中に人種差別の撤廃を明記するべきという提案が否決された後、日本がとった行動――大東亜共栄圏の構想――が、その是非は別として今はよく理解できます。日本を取り巻く深刻な世界情勢が直截簡明に描かれた、大東亜戦争における開戦の詔勅を読めば、一層理解が深まります。

玉音放送を伝える会 太田一水. “開戦の詔勅(現代語訳文)”. 終戦の詔勅. 2005/04/30(ttz版)、2016/08/01(Romancer版). https://r.binb.jp/epm/e1_30858_14082016143927/, (参照 2021-01-15).

貴重と思われるツイートや動画はトランプ大統領が勝利するまで――そうでなくては困るから――積極的に拡散したいと思っています。尤も、わたしの拡散力はないようなものですが、落ち着いたら神智学に戻ります。

第二次大戦の時代から、いや植民地の時代から、もっと遡ればローマ帝国の時代から、欧米では善と悪の戦いだか政治闘争だかの戦いが繰り広げられてきました。結局これらはキリスト教の文明から出てきた傾向だという気が濃厚にします。

善と悪の戦いは出てくるけれど、ブラヴァツキー 夫人がアジアの教えに潜む古代からの智惠袋を開示して、すばらしい解説と共に見せてくれた壮大な宇宙的景観を、キリスト教から生まれた文化は見せてくれていません。

小泉劇場に拍手喝采し、村上春樹に熱狂したこの国の民度が高いとは思えませんが、日本の歴史に置いて、天皇を包む公家文化が民度を高める役目を果たしていたと思えます。それは明治維新によって、また第二次大戦によって壊されながらも、皇室、神社仏閣、伝統芸能、古典文学といった形で息づいています。

こうしたものを大事にしながら、ブラヴァツキー夫人の神智学が語り伝えた秘教科学に目を向ける人々が増えてくれればなあと願わずにいられません。そうなったとき、日本の未来がダイナミックに拓けてくるという気がします。

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

日本時間2021年1月13日05:00から、トランプ大統領の会見が行われる予定です②

日本時間2021年1月13日05:00から、トランプ大統領の会見が行われる予定です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

コロナパンデミックを表現しているとしか思えない、2012年ロンドンオリンピックの開会式の動画を以下のツイートで知り、視聴して背筋が寒くなりました。子供の島のことにしろ、最近、背筋が寒くなることばかり。

ところで、米下院民主党はトランプ大統領を弾劾しようと必死です。例の米議事堂への乱入事件に関して、暴動を扇動したからだそうです。

【字幕】2021.01.08 トランプ大統領 最新のスピーチ
2021/01/07
看中国【日本】ビジョンタイムズ・ジャパン
https://youtu.be/PIQpLmXrxmo

乱入事件が起きた後で行われたトランプ大統領のスピーチです。胸が痛くなるような、悲痛な表情ですね。これが暴動を扇動した人の表情でしょうか、言葉でしょうか。

いいえ、トランプ大統領を弾劾しようとする彼らこそ、不正選挙を行い、クーデターを企てた張本人なので、急いで弾劾したいのです。

極左団体アンティファが扇動して米議事堂に乱入した際、その中に潜入していた米軍海兵隊特殊部隊(?)がペロシ下院議長のLaptopPC(ノートパソコン)を押収したとか。

それ以来、ペロシ下院議長はヒステリックに「弾劾、弾劾」と吠え立てています。よほどの情報が彼女のLaptopPCには入っていたのだろうと想像したくなりますね。

幸い、ペロシ下院議長が出したトランプ氏罷免決議案(「修正第25条」を使った大統領解任手続き)は阻止されたそうです。

以下のツイートによると、弾劾を求める動きもパフォーマンスで終わるだろうということです。

ツイッター社が死に物狂いで、大統領選に関する貴重なツイートを削除し、アカウントを凍結しまくっていたにも拘わらず、ここ数日のうちにあまりにも多くの驚くべき情報が入っていたので消化しきれません。

以下の一連のツイートによると、トランプ大統領は平和的な集会にアンティファが潜入しているという情報を得ていたようです。

だから、前述したように「米軍海兵隊特殊部隊(?)がペロシ下院議長のLaptopPC(ノートパソコン)を押収」することもできたのでしょう。彼らが押収したパソコンはこれ1台ではありません。慌てた議員も多いでしょうね。

以下のツイートにリンクのある記事――2020年8月27日にペロシ下院議長がポートランド市長のテッド・ウィーラー氏に送った文書を読めば、彼女が如何なる企みを持つ人物であるかがわかります。今回の米議事堂への乱入事件においても、彼女が無関係であったのか疑問です。マスコミをいいように利用していることもわかりますね。

米大統領選挙には、複数の国が関与していたことが明らかになってきています。バチカンが一枚噛んでいたなんて情報もあります。

ディープステート問題は、過去記事で書いたように、子供の人身売買、臓器収奪の問題と切り離せません。しかも、それには信じがたいことですが、悪魔崇拝が隠れており、それに引き摺り込むことによって、世界の優秀な人材を思うままに操る手段ともなっているようです。

日本でも、この問題と関係があると思われる子供の失踪事件が起き始めているとのことです。ツイッターをしていると以前からそのような情報が流れてきて、わたしにはそのときは意味がよくわからず、中共の臓器移植ビジネスと結びつけることしかできませんでした。

前述した問題には、それも含まれており、一大ビジネスとなっていることは確かなようですが、まさかその奥に悪魔崇拝が潜んでいるなど、想像できませんでした。これについてはもっとよく調べ、深く考察する必要があると思っています。まだ気持ちがついていけないので、いずれ……。

イルミナティの元メンバーであったとされるロナルド・バーナードの動画による告発で、そのことを知ってもまだ半信半疑でした。それが米大統領選で一気に明るみに出てくるとは「事実は小説よりも奇なり」です。

トランプ大統領はこの忌まわしい事件を解決したいと思っておられます。トランプ支持者の中には、子供を誘拐された人々も混じっているのです。子供の島(エプスタイン島)の話題が出ることも珍しくない……。

他に注目すべき情報としては、大統領令に関するものです。 

そうそう、台湾に関するすばらしいニュースがあります。

もし間違って、ディープステートと中共の操り人形にすぎないバイデン大統領が誕生するなら、台湾の運命は悲惨でしょう。日本もそうです。

票の扱いは人命の扱いと同じです。不正選挙をほしいままにした民主党政権は、人命も同じように軽んじることでしょう。そのようなアメリカはもうアメリカではありません。トランプ大統領の再選を願わずにはいられません。アメリカも世界も悪魔主義に呑み込まれないよう祈るばかりです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

はてなブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」における関連記事:

105 トルストイ『戦争と平和』…⑥テロ組織の原理原則となったイルミナティ思想が行き着く精神世界
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2020/10/11/220929

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

日本時間2021年1月13日05:00から、トランプ大統領の会見が行われる予定です①

深夜、ふと目が覚め、最近の習慣で米大統領選についてチェックすると、何とトランプ大統領の会見が予定されているというではありませんか。

トランプ大統領の会見は、日本時間2021年1月13日05:00からに変更になりました。また変更になるかもしれませんので、ご自分でチェックなさってください。

予定されていたトランプ大統領の会見の前に、ポンペオ国務長官の演説がありました。ポンペオ国務長官の演説はボイス・オブ・アメリカ(https://www.voanews.com/)で行われ、以下でもライブ配信されていました。

U.S. Department of State
https://www.youtube.com/channel/UC6ZhpmNnLxlOYipqh8wbM3A

RSBN TV
https://www.pscp.tv/RSBNetwork/1RDGlPwWyqkGL

Right Side Broadcasting Network
https://www.youtube.com/c/RightSideBroadcastingNetwork

NewsNOW from FOX
https://www.youtube.com/channel/UCJg9wBPyKMNA5sRDnvzmkdg

NTD Japan
https://www.youtube.com/channel/UCeqaheL2-8LYFlQT_KsaE4Q

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

【15時に追記⇒赤字、9日に追記⇒緑字】罠にかけられてしまった(?)トランプ支持者。アーミッシュのパレード。残されたカード「反乱法」。

昨日の深夜、途中から、トランプ大統領が演説するワシントンD.C.集会のライブを視聴しました。確認程度に視聴したら寝るつもりでしたが、トランプ大統領の淀みなく語られる迫力のあるハスキーボイスに圧倒され、終了まで視聴してしまいました。上に貼り付けた動画がそれです。

演説が終わると、大統領はいつものようにヤングマンの音楽に合わせて少し踊ると、満面の笑顔を浮かべて去って行きました。その大きな背中を見ながら涙ぐんでしまいました。真摯で、平和で、明るい集会でした。

集会の前日、トランプ支持者でいっぱいになったホテルで彼らの歌う声が、ツイッターで流れてきました。彼らの投じた票が蔑ろにされ、棄てられたのだと思うと、胸がいっぱいになりました。

アメリカが日本同様、中共にサイレントインベーション(静かな侵略)によって痛めつけられ、大統領選挙にまで侵入を許し、もう乗っ取られんばかりになっている……このような中で、トランプ大統領はその事実と真っ向から向き合い、対策を施してきて、この日に至ったわけです。

ディープステート及び中共に弱みを握られているバイデンが大統領になれば、まだサイレントインベーションの段階にあったオバマ大統領のときとは異なり、アメリカは一気に、あからさまに共産化されてしまうでしょう。香港のように。そうなってしまえば、もう日本を守ってくれる国はなくなり、日本の共産化も待ったなしです。

アメリカの深刻な現状を、トランプ大統領は小刻みにツイッターで報告していました。アメリカ国民は元より日本国民にとってもそれは有意義な情報でした。トランプ弁護団の1人であるリン・ウッド弁護士のツイートを合わせて閲覧すれば、重層的にアメリカの問題が浮かび上がってきます。

半信半疑だったディープステートのことなども(中共はディープステートがつくりました)、ツイートの内容を検索することで、信憑性の度合いを確認することができました。

その関連でエプスタイン島について調べたときは、脳貧血を起こして寝込んでしまったほど衝撃を受けました。ロナルド・バーナードの動画(はてなブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」で公開中の以下の記事をご参照ください)で語られていた以上に酷い、人間の行いとは信じたくない情報が写真付きで色々と出てきたからでした。

105 トルストイ『戦争と平和』…⑥テロ組織の原理原則となったイルミナティ思想が行き着く精神世界
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2020/10/11/220929

リン・ウッド弁護士は果敢にもエプスタイン島についてツイートしました。それが原因かどうか、アカウントを凍結されるに至りました。パーラーで情報発信を続けています。

トランプ大統領の再選がなくなれば、こうした忌まわしい犯罪も追及されないまま、世界はどこまでおかしくなっていくのだろうと思えば、絶望感に囚われます。努力の果てにエリートに、あるいはスターの座に登りつめ、人も羨む環境が自分のものとなったときにエプスタイン島への誘いが口を開いて待っているのだとすれば、この世は本物の地獄です。

民主党や共和党のバイデン派の中には、エプスタイン島に誘われて人生を狂わされた、有害な残骸ともいうべき存在になり果てた人間が何人存在するのでしょうか。日本版エプスタイン島も存在するというではありませんか。ググってみてください。以下の関連記事もご覧ください。

2020年12月19日 (土)
流出したスパイ一覧、人身売買と悪魔崇拝(2020米大統領選)
https://elder.tea-nifty.com/blog/2020/12/post-45b7bf.html

大統領選の期間に恐るべき犯罪がどれほど明るみに出たことでしょう! 罪に問われたくない人々が全力でトランプ大統領の再選を阻止しようとしました。でも、まだトランプ氏が大統領です。

Team Trump
https://parler.com/profile/TeamTrump/posts


Donald J Trump
https://gab.com/REALDONALDTRUMP

linwood
https://parler.com/profile/linwood/posts

Sidney Powell
https://parler.com/profile/SidneyPowell/posts

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

2020年12月19日 (土)
流出したスパイ一覧、人身売買と悪魔崇拝(2020米大統領選)
https://elder.tea-nifty.com/blog/2020/12/post-45b7bf.html
米大統領選に関して、バイデン陣営に不利な情報をツイッターやYouTubeで発信すると、削除される危険性があるようです。トランプ陣営に不利なものであれば、フェイクであろうとなかろうと大歓迎(?)のようですね。これはまさに言論弾圧です。

それで、自由と民主主義を重んじる人々の間で移動が始まっています。ツイッターに次のような代替提案がなされていました。

PARLER=the NEW Twitter
MeWe、gab=the NEW Facebook
rumble=the NEW YouTube
DuckDuckGo=the NEW Google
OAN、Newsmax=the NEW Fox News

話が逸れました。トランプ大統領の集会を視聴した後、米上下両院合同会議がライブ発信されるというので、そちらも気になり、少しだけ視聴して寝ることにしました。

ところが、会議が無味乾燥に進む中で、進行が止まり、異様な気配が漂い始めました。それについてはBBCニュースが報じていますが不審な点があります。

会議が中断されたので、ツイッターを見ていると、トランプ支持者達と思われる人々がまるで美術館か何かをを案内されるかのように、米議事堂へ入っていく動画です。前掲のニュースにもその映像があります。

これは何だろう、と不思議に思いました。次の動画も、警官に見える男性が誘導しているように見えます。

ゲート付近を映した動画からして変です。これも明らかに、ゲートを開いて招き入れている警備員(?)の存在が映っています。

次の写真の奇怪な着ぐるみを着た人物と人相の悪そうな連中がトランプ支持者と断定されているニュース記事には、決定的な違和感を覚えました。

ツイートにあるように、顔認証システムによって、この人々はアンティファと特定されたとのことです。

※この写真の連中は、アンティファではなく、Qアノンとネオナチだそうです。いずれにしても、一般的なトランプ支持者ではありません。また、トランプ支持者の中に極左団体アンティファが混じっていたことは間違いないようです。トランプ支持者と呼べる多勢の人々は武器を手にしていません。
ツイッターで、中へ押し入ろうとするアンティファを止めていたと証言するトランプ支持者のツイートを目にしました。こうした証言も残りにくくなっています。

ツイッター社がついに本格的な言論弾圧を始め、トランプ大統領、トランプ弁護団、一般のトランプ支持者まで大量にアカウントが凍結されています。まるで中共の言論弾圧そっくりですが、以下の大紀元の記事を閲覧すれば、そうなった経緯がわかります。

王君宜. “ツイッター社取締役に就任したAI学者、李飛飛氏の赤い経歴”. 大紀元 エポックタイムズ. 2020-05-30 . https://www.epochtimes.jp/p/2020/05/56863.html, (参照 2021-01-09).

トランプ支持者は罠にかけられてしまったのでしょうか。そもそもトランプ支持者は集会の様子からもわかるように平和主義者で、どう見ても丸腰です。次のようなツイートも流れてきました。

次の動画には、首を撃たれた女性が映っています。この女性も丸腰なのに、射殺されたのです。警官から撃たれたのでしょうか、極左暴力集団から撃たれたのでしょうか。

リツイートした我那覇さんは、現地で取材をして貴重な映像を届けてくださっています。印象的だったのは、差別主義者、白人至上主義者と喧伝されているプラウドボーイズに対するインタビューでした。家族や専業主婦に関する考え方には共鳴しました。

子供を犯し殺し食べさえする――譬えでいっているのではありません。もはや陰謀論とはいえない証言や写真が流出しています――ディープステートとは、話が合うはずがありませんね!

トランプ支持者はトランプ大統領を愛し、トランプ大統領から愛されています。彼らの表情から、そのことがわかりますね。そして、トランプ大統領の愛はアメリカ合衆国全体に注がれています。他国の大統領なのに、わたしはすっかりトランプ大統領が好きになりました。

ところで、次の動画によると、トランプ大統領の支持基盤はアメリカの総人口の1/3を占める福音派のキリスト教徒で、その中に約20万人のアーミッシュ(再洗礼派の分派)がいるそうです。18世紀初頭、迫害から逃れてスイスとドイツからアメリカにやってきた人々だとか。

主にペンシルバニア州のランカスター郡に住んで農耕生活を営み、如何なる政治問題とも距離を置いてきました。それが、昨年の9月中旬、アーミッシュのその多くがトランプ大統領に投票するために、隠れ里から出てきてパレードを行ったそうです。300年ぶりに出てきて票を投じたのに、これらも蔑ろにされ、棄てられたりしたのでしょう。

動画で、「福音派がトランプ大統領を選ぶ理由の一つは新約聖書の 2 カ所にトランプ大統領(trump)とはっきり書かれているからだ。人々はトランプ大統領は神の意志を成し遂げる人であるという」とあります。 

新約聖書の使徒書簡「コリント」15章52節、「テサロニケ」4章16節を見ると、ラッパとなっています。英語だと、ラッパは trumpet ではないのだろうかと思い英和辞典を見ると、そうでしたが、少し上のほうに trump《古》とあり、古い用法では trump というのだと知りました。

そういえば、前にもトランプ大統領に関する予言の記事を書きましたよね、確か。ありました、以下の過去記事です。

2020年11月 9日 (月)
バイデンと尖閣諸島に関するジュリアーニ元ニューヨーク市長の告発動画。トランプ大統領に関する予言。
https://elder.tea-nifty.com/blog/cat5753949/index.html

ペンス副大統領は、使えるカードを使いませんでした。リン・ウッド弁護士はペンス副大統領が裏切るといっていました。当たりましたね。ネクタイの色は青でした……。

トランプ大統領に残されたカードとして、「反乱法」が注目され出しました。それについて、大紀元の動画「遠見快評」で詳しい解説を視聴できます。

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

Kindle版電子書籍『枕許からのレポート』、『結婚という不可逆的な現象』をお買い上げいただき、ありがとうございます!

2020年12月25日に『枕許からのレポート』、26日に『結婚という不可逆的な現象』をお買い上げいただき、ありがとうございます!

『枕許からのレポート』をお買い上げいただいたのは今回が3冊目、『結婚という不可逆的な現象』は2冊目でした。

以下は、Amazon Kindleストアの拙著者ページです。

直塚万季のページ

Kindle本にした作品のうち、KDPセレクトに登録した本の作品は、他で発表することができません。当然、動画にもできないわけですが、登録していない本の作品は他で発表することができます。また、登録中の本の作品であっても、登録を外せば、他で発表することが可能となります。

そこで、登録していない本のうち、99円の児童書シリーズから動画にしてみることにしました。

現在、動画にしたのは「マドレーヌとわたし」、「ぬけ出した木馬」、「卵の正体」です。

また、児童向けというより大人向きの作品ではありますが、娘が子供のころに児童小説として読んでからずっと好きな作品だといった「雪だるま」(原題「雪の福音」)を、KDPセレクトに登録していない『雪の二小編』から選んで動画にしてみました。

他に、動画にした児童小説「風の女王」は、当ブログで公開中の作品です。

Kindle版電子書籍として売れにくい「マドレーヌとわたし」を最初に動画化し、2020年6月2日にYouTubeで公開しました。今確認したところでは視聴回数 347 ですので、動画にしてよかったと思います。

https://youtu.be/21bq186PwcE

「マドレーヌとわたし」は絵本にしてみたい作品で、Kindle本にしてみたものの、児童向けの絵のない電子絵本というのは弱いなあという印象でした。Kindle本としては、対象年齢の上がる「卵の正体」のほうが売れています。

でも、機械朗読で動画にすると、のぞみちゃんの優しい声、お借りした音楽と画像の効果もあって、よい動画に仕上がったと思っています。一方、5日遅れで公開した「卵の正体(前編)」の視聴回数は伸びず、142 です(これが後編になると更に減り、128)。朗読には不向きなのかもしれません。

99円児童書シリーズのうちまだ動画にしていない「ぼくが病院で見た夢」、「花の女王」も動画化の予定です。はてなブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」で公開中の「前世療法は、ブラヴァツキー夫人が危険性を警告した降霊術にすぎない」も加筆訂正が済み次第、動画化したいと思っています。

以下は、YouTubeの拙チャンネルです。

MAKI NAOTSUKA(聴く文学エッセイはいかが?)
https://www.youtube.com/channel/UC7VXIYkq-6qymgFyavm3HbQ

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

大晦日、元旦、2日のおうちごはん備忘録: E・レシピ「キュウリとハムの中華春雨サラダ」、みんなのきょうの料理レシピ「小豆ご飯」

大晦日になると、ブログを書いていてよかったと思います。

何を作るか考えるとき、とても役に立つからです。前回作ったミートローフ(栗原はるみさんレシピ)が家族に好評だったので、リクエストに応えて再度チャレンジしました。以下の記事中ツイートにレシピへのリンクがあります。

2020年1月 1日 (水)
あけましておめでとうございます
https://elder.tea-nifty.com/blog/2020/01/post-533f89.html

材料の合いびき肉300gは我が家にちょうどいい分量です。だからこのレシピを選んだのでした。ただ、ミートローフの生地を詰めるのに使うパウンドケーキ型が少々大きいので、肉量を500gに増やしました。息子が帰省していればそれでちょうどよい分量になりますが、3人には多すぎて、翌日のブランチ(?)のぶんまでありました。

といっても、今回も大好評で、家族に奪われてしまい(?)、わたしのブランチ用ミートローフはありませんでした。

Img_3088

生地が多かったせいか、レシピ通りだと火の通りがもう一つだったので、もう少し時間をかけて焼き上げました。焼き上がった生地は縮んで、出来た隙間には脂と灰汁がかなり溜まっています。それを取りのぞくので、案外ヘルシーかも(?)。

時間が経っても美味しいけれど、出来立ては最高です。

Img_3091_a

御節は、材料費が馬鹿に高くつくと思ったときから頼むことにしていて、どこに頼むかで試行錯誤がありました。ここ3年ほどは同じところに頼んでいます。

Img_3097_c

京風の上品な味付けで、家族も美味しいといい、綺麗に片付きます。家族全員が揃うと、これでは足りません。洋風のものがもう一段ついているものを探すでしょうね。

元旦のお雑煮は――写真がありませんが――例年通りに醤油仕立てでした。昆布と削り節でいつもより丁寧に出汁をとり、具はかつお菜と蒲鉾とお餅だけというお雑煮は、亡き母の味です。母は料理が上手でした。わたしはもう一つですが、母がよく参考にしていた土井勝先生の本は持っています。お雑煮のレシピは違うので、母オリジナルの味だったのか、祖母の味だったのか、それ以外で仕入れたレシピのか、わかりません。

大分県に引っ越してきてからは、日田市でも当市でもかつお菜を入手するのが困難でした。数年前から案外当市のお店に出ていることも多く、手に入ります。これがないと、シンプルな我が家風お雑煮にはなりません。

数年前、野菜売り場でかつお菜を手にして「これは何て野菜? どう使うの?」と店員さんに尋ねていた人がいました。佐賀や福岡ではよく食べられているのに……と不思議に思いました。

たった今、ウィキペディアを見ました。

ウィキペディア「カツオナ」

カツオ菜(勝男菜)はアブラナ科のカラシナ類に属する高菜の品種群の一種。主に九州北部で栽培されており福岡県の特産野菜である。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%AA%E3%83%8A

かつお菜が福岡県の特産野菜だとは知りませんでした。福岡、佐賀、長崎は食べ物の交流が盛んなのか、共通するものが多いような気がします。大分県は、いくらか毛色が違うなあと思います。四国とのつながりのほうが強いのかも(?)。

2日は、新しい卵焼き器でだし巻き卵にチャレンジしました。

2020年12月29日 (火)
手製の隙間用掃除器具、鉄製卵焼き器、ゴディバのケーキ。(追記: お餅がくっつかないクックパー )
https://elder.tea-nifty.com/blog/2020/12/post-a9cbb0.html

買ったばかりの鉄製卵焼き器は、油慣らしをしていても、くっつきやすくて難しい。でも、鉄製のものは使い込んでいくごとに使いやすくなるはずです。テフロン加工のものは逆に加工したものが剥げていく。その衰退(?)していく感じが嫌になり、鉄製に替えたのでした。

フライパン、中華風炒め鍋も、いずれ鉄製に替えたいです。まだ今日のところは、テフロン加工にすればよかったかな……とチラッと思わないでもありませんでしたが………。

Img_3103_b

巻きすで形を調えなければ、悲惨なことになったかも。久しぶりのだし巻き卵に、夫が「おお!」と喜んでくれました。

Img_3102_202112

2日は、娘に写真を撮る余裕があったので(料理は大抵娘が撮ってくれます、元旦は友人達とあけおめメールのやりとりで多忙)、夕食の写真が全部あります。白だしで作ってみた、お雑煮。餅入りお吸い物という感じで(そりゃそうだ)、娘もいつものほうがお雑煮らしくていい、といいました。餅入りお吸い物としては、よい仕上がりでした。

30日に買ったかつお菜は、わたしの保存法では2日までが限界です。白菜だともっと持ちますね。

Img_0663_202112

苺なんかも奮発したくなるお正月。これも30日に買った地元産の苺ですが、瑞々しさを保っていました。

Img_3104_202112  

E・レシピ「キュウリとハムの中華春雨サラダ」を参考にさせていただきました。以下のツイートにレシピへのリンクがあります。

夫好物のぜんざいを作らなければ、と思いつつも、あの砂糖の量を思うと、二の足を踏んでしまうのです。その代わりに、みんなのきょうの料理レシピで、小豆ごはんを作りました。美味しくできたと思います。

ただ、これを見たときの心なしか落胆した夫の表情を、わたしは見逃しませんでした、ハイ。

実は、もう1袋、買ってあるのです。覚悟を決めて近々ぜんざいを作ります……たぶん。

Img_3106_202112

お赤飯とは異なり、もち米を入れないので、あっさりとした味わいです。食べ過ぎた元旦の次の日のごはんにいいですね。小豆粥と迷いました。

これはストウブで炊きました。小豆が生きていて、華やいだ気分になりました。今年も大いにストウブのお世話になりそう。以下のツイートにレシピへのリンクがあります。

 

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます。初御空に一句。

 Cow4380646_640_20210101225701

JackieLou DLによるPixabayからの画像

あけましておめでとうございます

すばらしい一年になりますよう
お祈り申し上げます
本年もどうぞよろしくお願い致します

 令和三年 元旦

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

天気予報では初日の出のころは曇りとなっていたので、今年は初日の出を拝むことはできないだろうと思っていました。

息子は帰省せず(寂しい)、定年退職後はホテルの夜間フロント兼警備員をしている夫は、大晦日は出勤でした。

娘と呑気に大晦日……とはいかず、というのも、娘もわたしも年内に年賀状を書き終えていなかったので、共に徹夜の予定だったのです。娘は途中で寝てしまいました。わたしは書き続けて早朝、夫の帰宅に合わせて駐車場へ下り、中央郵便局へ車で送って貰うことにしました。

朝出かけるころになると、娘が起きたので、書き終えたぶんを預かり、買い物をいいつかりました。

夫は大晦日から出勤したときは、初日の出に合わせたように帰宅します。たまたまなのですが……。今年も、道路から初日の出が拝める時間帯に帰宅したので、車に乗る前に道路のほうへ回ってみました。

Img_0650_a

初日の出を邪魔するかのように、雲が覆っていました。全体が曇っていたわけではなかったので、太陽が昇ってくるのを待っていましたが、見えそうにもないと諦めました。

夫の話によると、ホテルでは初日の出を拝みたいお客さんのために、海が見える特設会場が設けられていたものの、今年は曇っていて拝めなかったみたいだよ、といいました。

夫の車で郵便局へ。時間外窓口で年賀状を手渡し、次にコンビニへ。

すると、コンビニへ行く途中、昇りつつある太陽の姿が見えたのです。

夫は「コンビニの駐車場から写真が撮れるんじゃない? ゆっくり撮ってくるといいよ」といってくれました。

コンビニの駐車場からは無理でした。コンビニを出て道を少し戻ると、幸いそこから初日の出を拝むことができました。

Img_0657_b

何て神々しいのでしょう!  わたしの写真ではうまく伝わりません。

あまりの美しさに太陽に釘付けになっていると、まるで初日の出を寿ぐかのように鴉が飛んできました。普段、鴉は好きではないのですが、このときは八咫烏を連想しました。

八咫烏は神話に登場する三本脚の鴉で、導きの神とされています。太陽の化身とも。

思いがけなく初日の出を拝めた感動に胸がいっぱいでした。コンビニでハーゲンダッツを3個買い、お菓子や飲み物なども買い込みました。

帰宅の途中、車の中からまともにお日様を拝みました。

Img_0661_2021_1_1
うまく撮影できませんでしたが、円い太陽の形がわかりました。強い、暖かな光でした。車の中から丘に続く家々をみると、光を受けて金色に輝いています。

初御空に一句。

初御空雲と光と鴉かな

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »