« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月の8件の記事

2020年12月29日 (火)

手製の隙間用掃除器具、鉄製卵焼き器、ゴディバのケーキ。(追記: お餅がくっつかないクックパー )

年末を如何お過ごしでしょうか?

米大統領選は、わたしはまだ目が離せない状況だと思っています。その関係の記事もアップしたいのですが、とりあえずは年越しの準備ということで、ここ数日、掃除に明け暮れました。年賀状は遅れています。

キッチンの冷蔵庫と食器棚の隙間の埃が気になって仕方がありませんでした。埃の中に何かがいる気がしてしまう……例えば凄く小さな人とか……はないか。ゴキブリとか。細く長いものを探しては差し込んでみるのですが、埃をいくらか掻き出せる程度で、綺麗になるまではいきませんでした。

こういうとき、なぜかアイディアに富む夫に窮状を訴えてみました。夫は日曜大工とまではいかないかもしれませんが、あれこれ作るのが好きで、色々なものを持っているのです。すぐに、ひらめいたようでした。

「園芸用の棒がいくらでもあるじゃん。それの先にキッチンペーパーか何かくくりつければ?」と、ちょっと小馬鹿にしたようにいいました。そうでした、細く長い棒がいくらでもベランダにありました。馬鹿ですみません。

棒の先にどうくくりつければ完璧な隙間用の掃除道具になるのか、自信がなかったので、夫の匠の技に期待してやって貰いました。なるほど、キッチンペーパーを数枚重ねて、先っぽが丸くなるように棒にかぶせ、ゴムで縛ると、立派な掃除道具になります。

わたしはまず隙間の埃めがけてユーカリスプレーを使いました。そのあとで隙間用の掃除道具を使うと、面白いように埃を掻き出すことができました。キッチンペーパーの先を2回交換して拭き取るようにすると、すっかり綺麗に。

手の届きにくい収納ラックの下なども、ラックを移動させずに綺麗になり、清々しい気分になりました。

毎晩ドアのノブをアルコールや次亜塩素酸水、前述したユーカリ水などで拭いて回る習慣がついています。それを考えれば、よく掃除した今年でした。

年末の慌ただしさで、夕飯作りが億劫です。体力も削がれているので、時間をかけたくありません。白だしをちょくちょく使っています。カワハギを煮付けにする予定だったのが、時間がなく、「カワハギは淡泊な味だから、白だしだけでもいけるのでは?」と思い、白だしだけで煮てみました。

Img_0637_a

悪くありませんでした。

Img_3076_b

これも、すぐにできて楽でした。ストウブのレシピ「きのこと鶏の無水・塩麹蒸し」です。肝心のきのこが椎茸しかなかったのですが、すごく美味しかった!

ところで、二口電気コンロが壊れ、IHクッキングヒーターに替えてからというもの、それまで使っていた卵焼き器が使えず、たまにだし巻き卵が食べたいと思いながらも、特に家族の要望もなかったので、以来、ずっと卵焼きを作っていませんでした。スクランブルエッグとか錦糸卵、オムレツなどでごまかして(?)いました。

いつから食べていないか過去記事を探すと、やたらと算数のことを書いた記事が出てきました。公文教室の仕事を探すつもりで、算数・数学のお勉強をしていたようです。公文教室の仕事はなかなかなく、外で働くには年齢と体力の問題があり、家事と創作に明け暮れています。

2018年2月13日 (火)
問題集に誤植、ミスは多いけれど…。IHクッキングヒーターで使えない調理器具。
https://elder.tea-nifty.com/blog/2018/02/xaxbx2-abab.html

2年10ヶ月! ずいぶん長く卵焼きを食べなかったものだと呆れました。別に卵焼きを食べなくても問題はないかもしれませんが、何か人生に足りないような気さえするのは、自分で思っていた以上にわたしは卵焼きが好きなのでしょう。

お正月にはたっぷり卵を使って、卵焼きを作りたいと思い(だし巻きにするか甘い卵焼きにするか迷っています)、デパートに卵焼き器を見に行きました。ここにはフライパンにとても詳しいベテランの店員さんがいらして、このかたのおすすめに従えば、まず間違いのない商品が買えます。

いつもそのかたがいらっしゃるとは限らないのですが、幸運でした。そして、結論からいえば、鉄製の卵焼き器を購入しました。ホーローでコーティングされていますが、ストウブで鉄製品に慣れたせいかもしれませんし、流行なのかもしれません。

以前は、テフロン加工の製品ばかりが目につきましたから。尤も、まだ主流はテフロン加工のようで、最初にすすめられたのはテフロン加工のものでした。購入したのはリバーライトの鉄製の卵焼き器。IH対応、日本製です。油ならしのために、オイルポットをAmazonで買いました。これも日本製を選びました。

Img_0644_a

考えてみれば、昔は鉄のフライパンを使っていました。テフロンは数年でだめになるけれど、鉄だと一生ものです。うまく使いこなせるでしょうか。

テフロン加工の卵焼き器で作っただし巻き卵の記事がありました。

2009年12月 1日 (火)
昨日の夕飯
https://elder.tea-nifty.com/blog/2009/12/post-7caf.html

紅玉が出ていると、買いたくなります。そのままでも美味しいですが、キャベツと林檎のサラダもいいですね。ヨーグルトとマヨネーズを混ぜたドレッシングであえました。

Img_3075_c

クリスマスの主役は、娘が予約したゴディバのケーキでした。小さい、高価なケーキでした。チョコレートに厚く覆われていて、さすがはチョコで有名なゴディバですね。

Img_3080_b

追記:

クックパーのことを書き忘れていました。子供の頃、家では火鉢に焼き網をのせてお餅を焼いたものだけれど……今はお餅を焼くにも不自由です。魚焼きグリルは、膨らんだお餅が上部にくっつくとまずいとあるので、フライパンかオーブントースターで焼くことにしています。

家族が自分で焼くときは、もっぱらオーブントースターです。ところが、アルミホイルにひどくくっついてしまい、困っていました。最近、アルミホイルをくしゃくしゃにしてからお餅をのせるとくっつきにくいという情報を得て、そうしようと思っていました。

前掲のオイルポットを注文するときに、お餅を焼くのによいものはないか探すと、旭化成ホームプロダクトの「クックパー フライパン用ホイル」という商品が出てきました。片面シリコーン樹脂加工のアルミホイルで、フライパン用とありますが、オーブントースターにもよいようです。

クックパー フライパン用ホイル 25cm×12m
B017D7EF1C
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :265mm×41mm×41mm
原産国:日本
内容量:1個(25cm×12m)

これは優れものでした!  お正月用のお餅は沢山入ったものを買ってあったので、ホイルへのくっつき具合を試してみました。お餅を夫のと2個並べて焼いてみると、普通にこんがり焼けて、しかも本当にホイルにくっつきません。夫も感動。しょうゆを垂らし、海苔で巻いていただきました。

美味しいので、もう1個ずつ試す(?)ことにしました。次は、バターじょうゆを絡めて。お餅って何て美味しいんでしょう……餅太りしそう。

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

文学エッセイ動画「五感が隅々まで働いているモーリアックの文章」をYouTubeにアップしました(字幕付けました、25日夜)

はてなブログ「The Essays of Maki Naotsuka」で公開中のエッセー 29「五感が隅々まで働いているモーリアックの文章」を機械朗読で動画にしました。再生時間は11分15秒です。

モーリアックはフランスのカトリック作家です。クリスマスにはカトリック作家の格調高い作品に浸りたいと思い、図書館からモーリアック全集のうち3冊を借りました。

字幕をつける予定ですが、自動字幕がつくのを待って訂正しようと思っているので、少し時間がかかりそうです。※25日夜に字幕つけました。

五感が隅々まで働いているモーリアックの文章
https://youtu.be/vbhcdoJasc8

動画説明欄から引用します。

№13 五感が隅々まで働いているモーリアックの文章 

標準語話者せいじの朗読による、直塚万季のエッセイ・評論シリーズ第 6 回です。
日本語字幕を付けています。画面の右下に表示されている字幕アイコンをクリックしてください。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

29 五感が隅々まで働いているモーリアックの文章

執筆者: 直塚万季
公開中のブログ: はてなブログ「The Essays of Maki Naotsuka」
ハンドルネーム: マダムN
公開日: 2018年5月22日
URL: https://naotsukas-essays.hatenablog.jp/entry/2018/05/22/195834

※関連エッセイ
 はてなブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」にて公開中。

64 2016年に実質的終焉を告げたノーベル文学賞
  https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2016/10/16/191359

75 ノーベル文学賞の変節、及び古代アレクサンドリアにおけるミューズ
  https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2017/10/08/150033

98 軌道修正したらしい、2019年発表のノーベル文学賞
  https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2019/10/17/222136

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

動画作成に使用したソフト、お借りした素材
 ・ナレーションソフト『かんたん!AITalk®3 5話者パック(標準語)』株式会社エーアイ(AI)
 ・甘茶の音楽工房 http://amachamusic.chagasi.com/
 ・Pixabay https://pixabay.com/ja/

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

流出したスパイ一覧、人身売買と悪魔崇拝(2020米大統領選)

2020米大統領選に関して、バイデン陣営に不利な情報をツイッターやYouTubeで発信すると、削除される危険性があるようです。トランプ陣営に不利なものであれば、フェイクであろうとなかろうと大歓迎(?)のようですね。これはまさに言論弾圧です。

それで、自由と民主主義を重んじる人々の間で移動が始まっています。ツイッターに次のような代替提案がなされていました。

PARLER=the NEW Twitter
MeWe、gab=the NEW Facebook
rumble=the NEW YouTube
DuckDuckGo=the NEW Google
OAN、Newsmax=the NEW Fox News

☆PARLER https://parler.com/
Parler(パーラー、[pɑːrlər]、PAR-ler)は、2018年に開設されたソーシャル・ネットワーキング・サービスである。アメリカ合衆国のネバダ州ヘンダーソンに拠点を置く。https://ja.wikipedia.org/wiki/Parler

☆MeWe https://mewe.com/
MeWeは、カリフォルニア州カルバーシティを拠点とする企業であるSgrouplesが所有するアメリカのアルトテック ソーシャルメディアおよびソーシャルネットワーキングサービス。https://en.wikipedia.org/wiki/MeWe

☆gab https://gab.com/
Gab(ギャブ)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州クラークス・サミット(英語版)に本社を置く Gab AI, Inc. が運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス。 https://ja.wikipedia.org/wiki/Gab_(SNS)

☆rumble https://rumble.com/
カナダの動画共有サービス。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

バイデン氏の「大統領確定」が一体何回「確定」されたのか、覚えていられないほどです。一向に確定していないということですね。バイデン陣営には露悪趣味があるのだろうかと思うほど、不正の証拠が様々挙げられています。

馬渕睦夫氏によると、この大統領選はアメリカファーストを実践するトランプ氏とディープステートとの戦いだというのです。ディープステートを形成しているのは、グローバル市場によってワンワールド(世界統一)を目指すユダヤ系左派の国際金融資本。共産主義はディープステートによってつくられたのだとか。

馬渕氏のこの説には半信半疑でしたが、まさに現在進行形で、ディープステートの所業が炙り出されています。ディープステートの手先となってきた中国共産党のスパイ195万人ものデータが流出、というニュースには驚かされました。容量が相当大きいようなので、わたしはダウンロードしませんでしたが、その日はダウンロード祭り。データを保存している人は多いと思います。

紹介したい情報は多いのですが、イルミナティを調べる過程で出合った元イルミナティのメンバーとされるロナルド・バーナードの告発を裏書きするような情報に遭遇したので挙げておきます。これについては、以下の拙エッセー(はてなブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」)を併せてご参照ください。

105 トルストイ『戦争と平和』…⑥テロ組織の原理原則となったイルミナティ思想が行き着く精神世界
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2020/10/11/220929

【日本語字幕】9#CNN 内部電話会議 バイデン の小児性愛疑惑を追及することを無視し拒否して、バイデン を擁護
2020/12/06
我那覇真子チャンネル
https://youtu.be/3VistIMx1wk

動画より「大統領はたった今ジョーバイデンを非難するツイートをリツイートした。それはバイデンが小児性愛者であると86万人のフォロワーにいったもので、それは全く・・・ぶっ飛んでいる。
((注)Pedfilia はロリコンではない。それは幼児を性的に弄び、最後は殺害する悪魔の所業です。)」

SRA(悪魔崇拝儀式)被害者達の証言 ( ミラー )
2020/09/07
小柔
https://youtu.be/SrmLIT_O4_w

有名映画監督の暴いた秘密結社【心臓発作他殺説】
https://youtu.be/ZMwFU_3CKog
2020/04/05
ぱんにゃ

ぞっとさせられる内容の動画ばかりです。スタンリー・キューブリック監督作品では「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」を観ただけで、権力者の間で行われている悪魔崇拝を描いたといわれる「アイズ・ワイド・シャット」は観ていません。

彼らが悪魔崇拝者というのは本当なのかもしれません。信じがたい話ですが、バイデン氏の息子ハンター・バイデンには子供の人身売買疑惑がありますね。

トランプ氏が再選されれば、こうした忌まわしい犯罪にもメスが入るでしょう。陰謀論で片付けるには、あまりに重い話です。もし真実だとすれば、このままでいいわけがありません。全てを暴き出す必要があります。

彼らが人間らしい人間に戻るには、極めて地味な方法ですが、清浄な環境に自らを置き、自分で自分を律することを習慣づけるしかないと思います。トランプ大統領の再選を祈るような気持ちで見守っています。

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

「Nのめもちょう」に「おすすめ年賀状テンプレート・イラスト2021」を公開しました。

Bloggerブログ「Nのめもちょう」に「おすすめ年賀状テンプレート・イラスト2021」をアップしました。

おすすめ年賀状テンプレート・イラスト2021
https://n2019memo.blogspot.com/2020/12/2021.html

趣向を凝らした美しいデザインテンプレートを見ていると、文字通り、癒やされます。年賀状素材をお探しでしたら、アクセスしてみてください。おおかたのサイトには、年賀状テンプレートの他に、写真フレーム、イラスト、賀詞、寒中見舞いハガキテンプレートなどが置かれています。

 

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

グッチ裕三先生「大根のつるつるスープ」、土井善晴先生レシピ「なすのレンジ蒸し」「めばるの煮つけ」

Img_3069_a

冬は冷蔵庫に大根があれば、何となく安心。グッチ先生のこの大根のスープはあっという間にできて、とても美味しく、体が温まるスープです。リピート率高そう。

スーパーから買った大根は、葉がとってあったので、代わりにプランターからとってきたパセリをのせました。舞茸があったので、それも加えました。ごまを振り忘れた気が……

Img_3036_c

クラシルレシピ「しそみそ冷奴」も、おすすめです。梅だれをよく作りますが、大葉、砂糖、みそ、ごま油、ごまを使ったたれは初めて作りました。しそみそだれが、いつもの豆腐を華やかに演出してくれました。

Img_3047c

「牛そぼろねぎ丼」は、お助けメニューという感じです。時間がないときに作ったのですが、すぐにできて、とても美味しかったので、助かりました。

Img_3053c

土井善晴先生レシピ「なすのレンジ蒸し」は再掲です。久しぶりに作ったら、改めて美味しいなあと思ったので、また紹介しておきますね。

『なすのレンジ蒸し』のレシピを「週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.2」(デアゴスティーニ・ジャパン)から紹介します。

[材料・2人分]

  • なす2本
  • A〔味噌大さじ2/3,マヨネーズ大さじ4〕

[作り方]

  1. なすはへたを残して耐熱皿にのせてラップをかけ、電子レンジで4分加熱する。
  2. 加熱が終了したらすぐ氷水につけて色止めをし、荒熱が取れたらお尻の部分に十文字に切り込みを入れ、手でくし型にさいて、器に盛る。
  3. Aの材料をよく混ぜ合わせ、②に添える。

Img_0614_a-1

お皿からはみ出した、結構大きな黒めばる。煮汁は「週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.3」(デアゴスティーニ・ジャパン)の「めばるの煮つけ」を参考にしました。煮汁の材料だけ紹介しておきます。めばるは4尾(1尾170g)となっています。

▇ 煮汁

  • 水……1カップ
  • 酒……1/3カップ
  • しょうゆ……大さじ4
  • 砂糖、みりん……各大さじ3

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

はてなブログ「The Essays of Maki Naotsuka」にエッセー「シネマ『バベットの晩餐会』を観て」を収録

はてなブログ「The Essays of Maki Naotsuka」にエッセー「シネマ『バベットの晩餐会』を観て」を収録しました。

46 シネマ『バベットの晩餐会』を観て 2015.2.15
https://naotsukas-essays.hatenablog.jp/entry/2020/12/07/055828

2015年2月15日、当ブログで公開した記事に、加筆訂正したものです。

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

全身全霊をかけたトランプ大統領のスピーチ。明るみに出たCNNの陰謀。

料理の記事が溜まっています。アメリカ情勢から目が離せないので、どうしてもその情報を追ってしまいます。

既に予告しているように、「前世療法は、ブラヴァツキー夫人が危険性を警告した降霊術にすぎない」も加筆訂正が済めば、動画にする予定です。

ブライアン・L. ワイス(山川紘矢・山川亜希子訳)『前世療法』(PHP研究所、1996)はかなり汚されているので触るのが億劫ですが、再度図書館から借りました。以下のくだりを読み、この人、何考えているのだろうと思いました。

キャサリンが信じ難いほどすばらしい霊媒で、マスター達の深遠な知恵をチャンネル(伝達)することができるというニュースを、他にどのような形で明かせばよいのかもわからなかった。(p.87)

前世療法がキャサリンを霊媒にしてしまったことに重大な懸念を覚えるどころか、音楽か何かの才能を惹き出したかのような無知な反応。もう少し神秘主義に造詣の深い人物だと思っていました。これは大変な問題です。火遊びに感動を覚える子供のようです。

戦慄を覚えて本を閉じ、そしたら再度開くのが一層億劫に。借りたのは単行本です。これは文庫でも出ているし、Amazonには中古もあるので、購入を迷いました。でも、発表の場に乏しいわたしが資料を一々購入していたら、本当に買いたい本が何も買えなくなります。買いたい本はいくらでもあるというのに。

発表の場という点ではまたどこかの同人誌を見つけて…と思わぬでもありませんが、適当なところが見つかりません。それではこの辺で、アメリカ情勢の話題に移ります。

以下の動画はアンティレッド2さんによるトランプ大統領とパウエル弁護士のスピーチ抜粋です。いずれも渾身のスピーチです、御視聴をおすすめします。

『自由への愛:投票システムへの信頼回復こそ最重要』(日本語字幕)12月2日のトランプ大統領とパウエル弁護士のスピーチ抜粋です。両方とも熱意ある演説です。
2020/12/03アンティレッド2
https://youtu.be/oawXnyg0Jcs

我々の2020年選挙で起きている途方もなく恐ろしい詐欺を根絶しなければ、もはや我々には国はないのです」とトランプ大統領はホワイトハウスで行われたスピーチでおっしゃいました。日本にとって唯一の同盟国であるアメリカの大統領のこのスピーチが、日本で報道されないのです。

つまり、菅政権下にある日本はあちら側――レッドチーム――に組み入れられようとしているということですね。そう、日本は中共に乗っ取られつつあり、それが現政権の望みということです! 日本にはトランプ大統領のような立派なリーダーは存在しません。でも、「もはや我々には国はないのです」という事態になるわけにはいきません。

脳天気な日本国民のために、オールド・メディアに代わって、愛国者達が頑張ってくださっています。

機械翻訳のようですが、我那覇さんの以下のツイートに日本語字幕付トランプ大統領の全スピーチ動画へのリンクがあります。

11月19日、ワシントンDCでの記者会見における軍事弁護士パウエル女史のスピーチは、以下の動画で全部視聴できます。前記事で紹介したジュリアーニ弁護士のスピーチの動画の続きです。

トランプ弁護団記者会見2 シドニーパウエル弁護士 日本語訳
2020/12/02
我那覇真子チャンネル
11/19 トランプ弁護団不正選挙に関する記者会見 ワシントンDCにて
https://youtu.be/buivUTHNe00

前記事で米軍トーマス・マキナニー中将への電話インタビューの短縮版動画を紹介したツイートを貼り付けましたが、詳しくは以下の2本のツイートからリンク先の記事へどうぞ。衝撃的な内容です。

CNNの陰謀が明るみに出ました。

以下のツイートに、大統領選に関するまとめ的な記事へのリンクがあります。

産経「米、中国共産党員らのビザを大幅短縮 10年を1カ月に」とのニュース。

締め括りに、板東氏が紹介してくださった美しいお写真を。

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

米軍とCIAの銃撃戦なんて、映画の中の出来事?

ネットでは毎日、米大統領選に絡んだ凄いニュースが怒濤のように流れてくるので、まとめることができないほどです。

このかたのおっしゃる通り。しかし、このかたのような良識的で情報収集力に長けた方々が記者さながらの働きをしてくださるので、もはや単なる大統領選挙における不正などとは到底いえない、外国勢力の絡んだクーデターについてほぼリアルタイムに知ることができるのはありがたいことです。ちなみに、このかたはまだ学生さんのようです。

保守層の間で現在最も信頼されているメディアは法輪功系の大紀元です。わたしは以前からそう思っていたので、当ブログでも動画や記事を紹介させていただいていましたが、ついこの間まで、アクセス数は少なかったと思います。メディアはろくにアメリカで起きていることを伝えてくれず、伝えてくれたとしても印象操作がひどいので、知的にシンプルに起きたことを伝えてくれる大紀元が頼りにされるようになったのですね。

トランプ大統領の顧問弁護士ジュリアーニ氏と軍事弁護士シドニー・パウエル女史が大活躍中です。パウエル弁護士は「クラーケンを放つ」という印象的な言葉で有名になりました。

トランプ弁護団記者会見1 ジュリアーニ弁護士 日本語訳 
2020/11/27
https://youtu.be/ANNUp9WaVLI

この動画は、アメリカに直に取材して、よいニュースをもたらしてくださっている我那覇さんのお陰で視聴できます。チャンネル桜沖縄支局キャスターとして活躍していらっしゃいましたが、今は桜を離れ独自の道を歩んでおられるようです。お若いのに立派ですね。

ジュリアーニ弁護士はニューヨーク市長として辣腕を振るった人物です。以下はウィキペディア「ルドルフ・ジュリアーニ」より。

1994年1月1日から2001年12月31日まで107代目ニューヨーク市長を務め、凶悪犯罪の撲滅及び市の治安改善に大きな成果を挙げた。アメリカ同時多発テロ事件発生時にはジョージ・W・ブッシュ大統領と共にテロリズムとの闘いを宣言し、「世界の市長」と称賛された。通称はルディ、ルーディがある。2018年にドナルド・トランプ大統領の顧問弁護士になった。
ウィキペディアの執筆者. “ルドルフ・ジュリアーニ”. ウィキペディア日本語版. 2020-11-29. https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8B&oldid=80658497, (参照 2020-12-01).

ここ数日間で最も衝撃的だったのは、米軍の特殊部隊がフランクフルトにあるCIAのサーバー施設に奇襲をかけ、サーバーを押収。その際に銃撃戦になり、米軍の兵士5名、CIAの民兵1名が死亡したという情報です。米軍とCIAの銃撃戦なんて、映画の中の出来事のようです。現に――日本でも外国でも、表だったニュースにはなっていません。夢なのでしょうか。

そういえば、前に拙はてなブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」の105で紹介したイルミナティの元メンバーだったとされるロナルド・バーナードが6本視聴した動画のどこかで、CIAは国際金融資本に仕える犯罪組織だといっていましたっけ。

105 トルストイ『戦争と平和』…⑥テロ組織の原理原則となったイルミナティ思想が行き着く精神世界
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2020/10/11/220929

【薇羽看世間】「クラーケンを解き放て」不正や陰謀の隠れる場所なし
2020/11/29
https://youtu.be/X49uNccWg6Q

実は、オバマ前大統領が逮捕されたとの情報がちらほら出ています。カナダの「保守系ビーバー」が報じていますが、本当かどうかははっきりしない段階です。オバマ氏のツイッターは11月26日で更新されていません。

板東氏のツイートにニュースソースへのリンクがあります。

トランプ大統領は「沼の水を全部抜く」と言っています。前掲の大紀元の動画でも説明がありますが、藤井厳喜氏の以下の動画で「沼」のことが一層よくわかりますよ。トランプは誰のために、何のために戦っているのかという藤井厳喜氏のお話。トランプの戦いが日本とも無関係ではないことがわかります。

【南北戦争以来の危機】大衆の生活、信教の自由、民主主義...今、トランプが守っているものは上げても上げてもキリがないです...
2020/11/27
https://youtu.be/DYk45zxmkzg

馬渕睦夫氏が以前からトランプ大統領はディープステートと戦っているとおっしゃっていました。今回のことが起きるまで、半信半疑でした。それが今は馬渕氏のお話が正しかったとわかり、何だか仰ぎ見る存在です。

生放送「ひとりがたり馬渕睦夫」#57 米大統領選挙の実態と世界を変える善の力 ※LIVE 11月25日
https://youtu.be/IvYpuo1uhv4

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »