« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の14件の記事

2020年7月30日 (木)

オウム真理教事件にも絡んでいた北朝鮮のスパイ

一昨日書いた記事に、「教科書検定に北朝鮮の工作員が関与か 韓国で押収された『スパイリスト』に日本人の名」というタイトルのニフティニュースを張っていました。

その中に、見過ごせないことが書かれていたので、蒸し返しておきます。

わたしは、次の記述に注目せざるをえませんでした。

Xは日本に帰国後、別の工作員グループに所属し、活動しているとみられている。そのグループは、かつてはオウム事件などに関与し、日本転覆を図ったことがある。現在は沖縄の基地問題などに関わる一方、各省庁にネットワークを築くなどしている。今回の件は、文部科学省内のネットワークが動いたとみられており、Xはその実行者役だ。目的は日本の負の歴史、植民地や戦地での蛮行などを子供たちに刷り込むようなことを通じて反日思想へといざなおうとすること。Xがやっているのは、まさにそうした情報工作だと・・・・

文部科学省の教科書調査官として歴史教科書の検定に関与していた北朝鮮のスパイXが、オウム事件にも関与し、日本転覆を図ったことがあるという記述です。

やっぱりね、思った通りオウム真理教事件には北朝鮮が絡んでいたんだ――と思いました。

この事件では、ヨガがスケープゴートとなりました。この事件とヨガが短絡的に、強引に――意図的としか思えない執拗さで――結びつけられることに、わたしは当時から疑問を抱いていました。

ヨガをやっている人なんて、インドには昔からごまんといるでしょうに、その人々が同時にテロリストであるなどとという話は聞いたことがありません。

ヨガを恣意的に行う場合の危険姓はあると思いますが、それはあくまでヨガの問題点であって、テロうんぬんとは全く別問題のはずなのです。ヨガを全面に出すことで、何かを隠蔽しようとしている勢力が――オウム真理教とは別のところ、あるいは重なるところに――存在しているのではないかと思わざるをえませんでした。

ヨガの正道を教えた三浦関造や、科学・宗教・哲学の総合を試みた近代神智学運動の母ブラヴァツキー夫人まで槍玉に挙げられ、そこにオウム真理教事件がまるで関係があるかの如く関連づけられるという論文を読むと、怒り心頭に発します。

40 ブラヴァツキー夫人の神智学を誹謗中傷する人々 ②三浦関造の雛たちに危いまなざしを向ける人
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2015/12/28/161348

5年前に書いた、吉永進一氏の論文「近代日本における神智学思想の歴史」を読んだ感想ですが、この記事の中で、わたしは次のように書きました。

崩壊した天皇=メシア信仰の代替物」というのは吉永の勝手な意味づけではあるまいか。
天皇をメシア信仰と位置づける日本人は珍しい。在日コリアンか帰化人、あるいは左派にはそうした解釈を時々見ることがあるが……(略)

ただ、前述したようにオウム真理教の問題はそれだけではない。中共のような思想弾圧している一党独裁国家ではない、憲法第 20 条で信教の自由を規定した日本国において彼らは反日テロを起こすという重大な思想的問題を孕んでいた。

自由主義・民主主義国家である日本で、日本人がテロを起こさなければならない理由はほとんどないと思われたので、今回、オウム真理教事件に関与した人物が反日国家のスパイだとわかり、納得しました。

この人物がスカウトされた日本人なのか、在日コリアンなのかはわかりませんが、そのメンタリティは日本人ではないですね。それにしても、そのような人物が大学の講師になったり、文科省の役人にまでなれる日本という国。ニュース記事に書かれているように、これは氷山の一角でしょう。

北朝鮮はアメリカ合衆国政府によってテロ支援国家に指定されています。

公安調査庁の「注目される国際テロ組織の概要及び最近の動向」にはオウム真理教という組織名があります。

海外では、オウム真理教がカナダ、EU、アメリカ合衆国、ロシアにテロ組織と認定されています(「テロ組織と認定された組織の一覧」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2020年6月1日 08:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org)。

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

作品1「祐徳院」らくがきメモ 3

能の演目には、歌がよく引用される。万葉集。山家集。古今和歌集、千載和歌集、新古今和歌集、玉葉和歌集……等の勅撰和歌集。和漢朗詠集(漢詩・漢文・和歌を集めた、朗詠のための詩文集)。今昔物語、伊勢物語、大和物語、源氏物語、平家物語もよく引用され、また、経典からも当然のように引用される。

わたしは、神秘主義エッセーブログのエッセー 78 「祐徳稲荷神社参詣記 (5)扇面和歌から明らかになる宗教観」で、次のように書いた。

神社外苑にある祐徳博物館には、萬子媛遺愛の品々を展示したコーナーがある。初めてそこを訪れたとき、わたしにとって最も印象深かったものは、萬子媛の遺墨、扇面和歌だった。

金箔を張った扇面の馥郁と紅梅が描かれた扇面に、新古今和歌集からとった皇太后宮大夫俊成女(藤原俊成女)の歌が揮毫されている。
萬子媛は花山院家の出で、花山院家の家業は四箇の大事(節会・官奏・叙位・除目)・笙・筆道だから、萬子媛が達筆なのも当然といえば当然というべきか。
元禄9年(1696)――出家後の71歳のころ――に揮毫されたものだ。揮毫されたのは、藤原俊成女の次の歌である。

  梅の花あかぬ色香も昔にて同じ形見の春の夜の月

藤原俊成女は鎌倉時代前期の歌人で、皇太后宮太夫俊成女、俊成卿女の名で歌壇で活躍した。藤原俊成女は藤原定家の姪だった。

萬子媛の扇面和歌が出家後に揮毫されたものであることから考えると、僧侶としての生活の一端も見えてくる気がする。修行生活は、芸術(文芸)などを通して培われる類の情緒的豊かさを犠牲にする性質のものではなかったということだ。

一方では、『祐徳開山瑞顔大師行業記』の中の記述からすると、萬子媛の修行には男性を凌駕するほどの厳しい一面があったと考えられる。

その二つがどのように共存していたのだろうか。いえることは、だからこそ、わたしの神秘主義的感性が捉える萬子媛は今なお魅力的なかただということである。

萬子媛遺愛の品々の中には、二十一代巻頭和歌の色紙もあった。萬子媛が愛読愛蔵されたものだと解説されていた。

二十一代集(勅撰和歌集)とは、平安時代に勅撰和歌集として最初に編纂された古今和歌集(905)から室町時代に編纂された新続古今和歌集(1439)までの534年間に編纂された21の勅撰和歌集のことで、合わせて23万44首といわれる。

二十一代集は、平安時代から室町時代までの文化史が歌という形式で表現されたものということもできる。そこからは日本人の精神構造が読みとれるばすで、宗教観の変遷などもわかるはずである。

二十一代集の巻頭和歌を愛読された萬子媛は、和歌そのものを愛されたといってよいのではないかと思う。

昔の日本人の宗教観は凛としている。洗練された美しさがあり、知的である。

平安時代末期に後白河法皇によって編まれた歌謡集『梁塵秘抄』を読んだときに思ったことだが、森羅万象に宿る神性、神仏一如、輪廻観、一切皆成仏といった宗教観が貴族から庶民層にまで浸透しているかのようだ(エッセー 74 を参照されたい)。

こうした宗教観は鎌倉時代初期の勅撰和歌集『新古今和歌集』にも通底しており、森羅万象に宿る神性、神仏一如、輪廻観、一切皆成仏といった宗教観が読みとれる。

萬子媛をシテのモデルとした今回の作品では、新古今和歌集から多く引用したい。黄檗宗の僧侶として入定されたので、経典からの引用も当然ながら……

萬子媛が愛された前掲歌「梅の花あかぬ色香も昔にて同じ形見の春の夜の月」を後ジテの過去を物語るものとして、引用したい。

らくがきメモ1に次のように書いた。

○○軍医(ワキ)は、戦場ボルネオへ向かう貨物船の通路で、尼僧達(前ジテとツレ)に出合う。出合うはずのない人々であった。尼僧達は求法のために船に乗ったという。

軍医の疑問に対して、前ジテは「法(のり)の舟さしてゆく身ぞもろもろの神も仏もわれをみそなへ」(新古今和歌集 巻第二十 釈教歌 1921)、「しるべある時にだにゆけ極楽の道にまどへる世の中の人」(新古今和歌集 巻第二十 釈教歌 1922)という歌を答えの代わりとして、尼僧一行は何処にか姿を消す。

尼僧から死を覚悟せよと諭された――と解釈するワキの心境を物語るものとしては、この歌がいい。「極楽へまだわが心ゆきつかず羊の歩みしばしとどまれ」(新古今和歌集 巻第二十 釈教歌 1933)

※わたしは新古今和歌集を、訳者代表 窪田空穂『日本古典文庫12 古今和歌集・新古今和歌集』(河出書房新社、1988)と久保田淳 訳注『新古今和歌集 上下』(角川文庫、2007)で読んでいるが、歌は後者から引用している。両者で歌の番号の異なる場合がある。

この歌の意味を、訳者代表 窪田空穂『日本古典文庫12 古今和歌集・新古今和歌集』(河出書房新社、1988)から引用する。

極楽へは、わが心の修行は、まだ行き着いていない。死すべき者は、屠所の羊であるが、その歩みの命数は、修行の間のしばらくは留まっていてくれ。(窪田,1988,p.449)

そして、大海原で船が爆発して海に投げ出された兵隊達が波間に浮き沈みする戦火の光景を天空からご覧になる、生死を超越した神的な観点からは――想像するのも畏れ多いことではあるが――おそらく、この歌がふさわしい。「春秋に限らぬ花におく露はおくれ先立つ恨みやはある」(新古今和歌集 巻第二十 釈教歌 1939)

この歌の意味を久保田淳 訳注『新古今和歌集 下』(角川文庫、2007)から引用する。

春や秋に限ることなく絶えず咲いている極楽の蓮花に置く露は、そのあるものが遅れて落ち、あるものが先だって落ちるという恨みはありはしない。(久保田,2007,p.393)

また、江戸時代からこの世の人間達のために働いていらっしゃる萬子媛のような方々の御心を畏れ多くも憶測すれば、この歌が目に留まる。「立ちかへり苦しき海におく綱も深き江にこそ心引くらめ」(新古今和歌集 巻第二十 釈教歌 1940)この歌の意味を久保田淳 訳注『新古今和歌集 下』(角川文庫、2007)から引用する。

漁師は立ち戻って海にしかけておいた綱を深い入り江で引くのであろう。聖衆は煩悩に苦しむ人間の世界に立ち帰って、深い因縁があって人々を極楽へと引き取ろうと努めるのであろう。(久保田,2007,p.395)

聖衆、という表現は、あの方々にぴったりだと思う!

| | コメント (0)

ポンペオ米国務長官の演説と日本の選択

米中関係が緊迫しています。日本は選択を迫られています。

ポンペオ国務長官の演説は中共の正体をよく捉えた、優れた演説だと思いました。日本はアメリカについていかなくては、明日がありません。

しかし、アメリカは以前ほど強大ではありません。櫻井よしこさんがおっしゃっているように、自由を奉じる国々が一緒になって、こちらが世界の基軸となるように頑張らなくては、ああ、明日が来なくなる……

アメリカと一緒になって頑張らなくては、ポンペオ国務長官がおっしゃったことが実現してしまいます。「自由世界が共産主義の中国を変えなければ、中国が我々を変えるだろう」

自民党議員にも多い媚中派、経団連がもうすっかり足枷です。

ところで、ツイッターで、日本兵が冷酷無比であったかのように描いた映画に関する動画が流れてきました。終戦直後の朝鮮や日本で、またベトナムで、これほど冷酷無比であったのが誰だったのか、お天道様はしっかり見ておられたことでしょう。わたしのツイートに共感してくださる方々があって、救われました。

以下の小坪議員のツイートの内容は、日本人であれば、先人が残してくれた教訓として知っておくべきでしょう。

次のニュースには、さすがに驚かされます。ここまで好き放題にやられているとはね。最近の歴史の教科書、ひどいらしいですね。こんなのがいればそうなりますよ。

こんなニュースばかり視聴していると、老眼が進むので、動物の動画を見ます。なぜか必死になって水を止めようとしている、賢そうなカワウソの動画を紹介させていただきます。

 

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

作品1「祐徳院」らくがきメモ 2(7月29日に訂正あり)

能向きの文章に調えるのは後にして、まずは、へんてこな文章になるのを怖れず、サクサク書いていこう。

ワキ〈名ノリ〉

これは肥前国鹿島より出でたる大日本帝国陸軍軍医にて候。このたびの東亜細亜の大事を計らひ、ちはやぶる天下を和(やは)さんと、わが大日本帝国は米國また英國へ宣戦を布告せり。
初めつ方は時つ風吹けども、やうやう勢ひのしづまれり。
赤紙来たれば、地区一同各戸総出にて、われの武運長久の祈願祭を祐徳稲荷の社にいとなみたまひて、其の後に地区有志はなむけの会を開きたまひき。
国に留め置きつる妻子あり。明日打ち出でんとての夜、子とみに病ひづきて候。子の病ひ、軽からねば、われは後ろ髪を引かるる思ひなり。
わが船団十二隻は門司の泊まりを発向致し候。駆逐艦、水雷艇、駆潜艇、飛行機に守られて、朝鮮海峡、東支那海と南下すれど、鬼神よりは凄まじき敵は取り掛けき。其をからうじて交はして、魔のバシー海峡凌ぎけり。

続きは明日。

田中保善『泣き虫軍医物語』(毎日新聞社、1980)によると、田中氏が出発する直前に発病した4歳になる長女は、鶏のもも肉に当たったらしい。病名は疫痢と書かれている。幸い、病気は治った。

ググってみたところでは、カンピロバクターによる感染性胃腸炎ではなかったのだろうか。鶏肉からの感染が多いそうで、ほとんどが生や加熱不足の鶏肉を食べることによって発生するという。患者の多くは1週間程度で回復するが、子供や高齢者、抵抗力の弱い人などは重症化する可能性が高いらしい。

『泣き虫軍医物語』で、ボルネオにいた兵隊達がよく罹患していたのはマラリアだ。用いられていた薬はキニーネ。田中軍医は、宿舎付近の藪を切り払い、水溜まりをなくして蚊の発生を防ぎ、残った水溜まりにはカルキを散布、夜は必ず蚊帳を使用させている。

内科は、マラリアの他に赤痢、肝炎、栄養失調症、脚気など。外科は外傷のほか虫垂炎、時々性病患者も発生。

兵隊達が息を引き取る時は「天皇陛下万歳」といったり、「お母さん」といったり、いろいろとつぶやいたり、叫んだりして死んでいったと書かれている。

|

2020年7月25日 (土)

作品1「祐徳院」らくがきメモ1

萬子媛をモデルとした作品を、新作能(作品1)、童話(作品2)、小評伝(作品3)と三本立てで考えている。

カテゴリーが増えすぎるが、新作能のメモを「作品1『祐徳院』らくがきメモ」というカテゴリーに入れていくことにした。曲名は未定だが、仮称とする。

このらくがきメモは単なる自分のためのメモで、読んでいただく価値はあまりないと思います。

○○軍医(ワキ)は、戦場ボルネオへ向かう貨物船の通路で、尼僧達(前ジテとツレ)に出合う。出合うはずのない人々であった。尼僧達は求法のために船に乗ったという。

軍医の疑問に対して、前ジテは「法(のり)の舟さしてゆく身ぞもろもろの神も仏もわれをみそなへ」(新古今和歌集 巻第二十 釈教歌 1921)、「しるべある時にだにゆけ極楽の道にまどへる世の中の人」(新古今和歌集 巻第二十 釈教歌 1922)という歌を答えの代わりとして、尼僧一行は何処にか姿を消す。

ツレの人数が問題だ。わたしは神秘主義エッセーで次のように書いた。

100 祐徳稲荷神社参詣記 (12)祐徳院における尼僧達:『鹿島藩日記 第二巻』
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2019/12/08/233845

もし、萬子媛の葬礼のときの布施の記録に名のあった僧侶達の中で、蘭契からが祐徳院に属した尼僧達だとすれば、17 名(蘭契、満堂、蔵山、亮澤、大拙、瑞山、眠山、石林、観渓、英仲、梅点、旭山、仙倫、全貞、禅国、智覚、𫀈要)。萬子媛がいらっしゃったときは総勢 18 名だったことになる。

この方々をツレのモデルとするつもりなので、17名全員登場させたいところなのだが、さすがに多すぎる。登場人物の多い「安宅(あたか)」では、義経の家来だけでも10名ほど登場するが、それでも10名ほどだ。

数をぐっと絞って蘭契1人にするか、3名ほどにするか、多く登場させるか(それでも17名は無理)、うーん、それが問題だ。

○○軍医は里に妻子を残してきており、幼子は重態であった。

船が爆発し、○○軍医が飛び込んだ大海原。流れてきた里の樽に縋り付いて命拾いした○○軍医に、神々しい姿となって登場する後(のち)ジテは、自分が我が子を亡くしたことから出家した身であることを明かす。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

「断り書き」の下書き

当作品は、田中保善著『泣き虫軍医物語』(毎日新聞社、1980年)に触発されて執筆したものです。執筆にあたり、「本音と建前」の章「キャプテン・ラスト」の節の中の41頁の記述をモチーフとさせていただきました。

ここに引用

『泣き虫軍医物語』の内容について、著者あとがきに「この本は太平洋戦争末期の昭和19年7月、町の一開業医だった私がにわか軍医として応召、戦地ボルネオを中心に体験した記録である」とあります。以下は、後で考える。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

曲名の第一候補「祐徳院」

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

YouTubeに動画「ブラヴァツキー夫人がニューエイジの祖というのは本当だろうか?」をアップしました

はてなブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」で公開中のエッセー79「ブラヴァツキー夫人がニューエイジの祖というのは本当だろうか?」を機械朗読で動画にしました。

改題前のタイトルは「ブラヴァツキーがニューエイジの祖とまつり上げられた過程が見える杉本良男の二つの論文と、対照的な『岩波哲学・思想事典』における神智学協会像」でした。

萬子媛をモデルとした新作能の執筆に入ったところで、色々と下調べしながら、形にしようとしているところです。映像が頭の中にはっきりとあるので、それを忠実に文章にしたいと考えています。

動画作成はお休みするはずでしたが、どうしてもこの動画を作成したくなり、その下準備として――7月18日に当ブログにもアップしましたが――「79」を改稿しました。

フリー画像素材「Pixabay」からお借りした、短い暖炉の動画をいくつも重ねて、どうなるか心配でしたが、雑音も不具合もなく、27分とこれまでで最長の動画であったにも拘わらず、最後まで再生できたときはホッとしました。

何回か不具合を起こしてリセットを繰り返したMicrosoft フォトの機能ビデオエディターで作成。これで不具合が出れば、完全に「AviUtl」へ移行するつもりでした。そして、動画作成は新作能の完成まではお休みすることになったでしょうね。

作成画面では動作の不具合が起きていたので、「ビデオの完了」をクリックしてエクスポートする時点では、使いものになるとは半分も期待しませんでした。

前に音のノイズが3カ所発生したときは、逆に作成画面では何も不安材料はなかったのです。

うーん、よくわかりませんが、何とかYouTubeにアップできる程度に作成できると、使い慣れたビデオエディターに頼りたくなります。

ところで、YouTubeで字幕をつけるとき、これまでは自動字幕起こし機能を使用して、生成されたものを手直ししていました。ところが、今回はなぜか自動字幕がなかなかつかなかったのです。動画が長かったので、時間がかかっていたようです。

それをわたしは自動字幕起こし機能が使えなくなったと勘違いして、他の方法で作成することにしました。

字幕を追加する方法の中の「文字起こしと自動同期」を選択し、追加したい字幕を入力ボックスに入力して「タイミングを設定」をクリックすれば、かなりまともな字幕が生成されました。

今回の動画は長かったので、自動字幕を訂正する手間を考えてうんざりしていましたが、この方法だと、変てこな文字変換がないぶん、短時間で作業が終了しました。

いや、終了したといっても、直そうと思えば、きりがありませんが。 

ブラヴァツキー夫人がニューエイジの祖というのは本当だろうか?
https://youtu.be/8P_BG00ssNY

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

アフタヌーンティー、但馬屋で。デリッシュキッチン「油そば風そうめん」、ヒルナンデス「豚キムチチャーハン」、お魚レシピ「エビの下処理」。メルヘンみたいなプレーリードッグ。

Img_2925_1-1

最近、アフタヌーンティー・ティールームでいただいた「グリル野菜のグリーンカレー」。

グリル野菜が賑やかにのったグリーンカレーです。ほどよい辛さの、さっぱりした味わいでした。

グリーンカレーが流行った時期に、どこのメーカーのだったか忘れましたが、グリーンカレーの材料がセットになったものとココナッツミルクを買ってきて、ちょくちょく作りましたっけ。

ずっと作っていませんでした。今度、作ってみようかな。レシピが沢山出ていますね。ナディアのレシピが美味しそうに見えます。

Img_2924jpg_2

比較的最近、但馬屋でいただいた「抹茶クリームせんざい」。抹茶に砂糖は全く入っていないので、甘党というわけではないわたしにはぴったりでした。一緒についてくる昆布とお茶が嬉しい。茶色の紙おしぼりが何だかおしゃれでした。

Img_2899_2

麺類のレパートリーを拡げている夫が作ってくれた、デリッシュキッチンのレシピ「油そば風そうめん」。たれだけ、わたしが調合(?)しました。ここ数年、家族全員気に入った半田手延べそうめんを箱買いしているのですが、これは麺が太めでコシがあります。

こうしたアレンジ料理にもぴったりです。

ちょっと写真がありませんが、最近作って美味しかった豚キムチチャーハン。

豚キムチ丼をするつもりだったけれど、急にチャーハンを作りたくなり、レシピを探しました。

2019年6月24日の日本テレビ系『ヒルナンデス!』で放送された「ぱらぱら豚キムチチャーハン」はYouTube動画もあり、美味しそうだったので、作りました。とっても、美味しい豚キムチチャーハンでしたよ。

キムチを使ったチャーハンは初めて作りました。家族に豚キムチ丼とどっちがいいか訊くと、「どちらも美味しい! どっちがいいかは気分による」という嬉しいお言葉。

おすすめなので、これもレシピへのリンクを張っておきますね。

キュウリとエビの酢の物てす。

Img_2912_2

これはむきエビです。むきエビは重宝しますね。

エビといえば、わたしはエビの臭みが気になり、どの方法で臭みをとったらいいか、試行錯誤してきました。「これが一番!」という臭みとりの方法が見つかってからは、いつもこの方法で下処理しています。

最後に、まるでメルヘンに出てくるようなプレイリードッグのツイートが流れてきたので、貼らせていただきます。

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

神秘主義エッセーブログ「69」を更新しました

拙ブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」で公開中のエッセー「69」を更新しました。2017年の古い記事ですが、加筆がありますので、当ブログにもアップしておきます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

69 革命結社の雛形となったイルミナティの思想と掟、イルミナティ用語としての「市民」
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2017/06/19/183509


やっと、「テロ等準備罪」が成立した。2017年6月15日配信の産経ニュースより、引用する。

共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法は15日午前の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。
テロ等準備罪の対象犯罪は277で、適用対象をテロ組織や暴力団、詐欺グループなどの組織的犯罪集団に限定した。構成員が2人以上で犯罪を計画し、少なくとも1人が準備行為をすれば、計画に合意した構成員が処罰される。
政府は過去3度、「共謀罪」の法案を提出したが、「話し合っただけで処罰される」などの批判を浴び廃案となっていた。[略]改正組織犯罪処罰法の成立で、187カ国・地域が締結している国際組織犯罪防止条約(TOC条約)の批准手続きが進む見通しだ。条約では締結に際し、各国にテロ等準備罪などの「合意罪」や「参加罪」を求めている。安倍晋三首相は「条約は、わが国がテロを含む組織犯罪の抜け穴となることを防ぐために極めて重要だ」と訴えていた。*1

外務省ホームページにある「国際組織犯罪に対する国際社会と日本の取組」を閲覧すると、日本が国際社会の一員としての役割を果たすためには、この法案の成立が如何に重要だったかがわかる。これで、ようやく187カ国・地域が締結している国際組織犯罪防止条約(TOC条約)の批准手続きが進むことになるだろう。

先進7か国(G7)の中で締結していないのは、日本だけなのだ。187もの国・地域が締結しているのに、その中に加われず、法の抜け穴となっていた日本。結構、情けない立場にあったといえる。

前掲「国際組織犯罪に対する国際社会と日本の取組」に「国際組織犯罪は,社会の繁栄と安寧の基盤である市民社会の安全,法の支配,市場経済を破壊するものであり,国際社会が一致して対処すべき問題です」とある。

ここで使われている市民社会の市民とは当然、イルミナティ教団の創設者アダム・ヴァイスハウプトが特殊な意味合いを持たせた「市民」とは異なる普通の意味での市民だろう。

1776年に、今のドイツでアダム・ヴァイスハウプト(1748 - 1830)によって創立されたイルミナティ教団は、その危険性が警戒されて1784年に壊滅させられているが、そのときには既にフリーメーソン結社を侵食しており、イルミナティ教団の原理原則はマルクス主義やテロ組織に取り入れられたといわれている。

イルミナティ教団がどんな結社で、どんな風に革命思想に影響を及ぼしたか、植田樹『ロシアを動かした秘密結社――フリーメーソンと革命家の系譜』(彩流社、2014)「3 騎士団起源説の結社」〈イルミナティ(光明、啓明派)〉(35-37-37頁)にわかりやすくまとめられている。一部、引用する。

秘密結社「イルミナティ教団(Iluminati)」が1776年、バウァリア(現・ドイツ)で大学教授アダム・ヴァイスハウプトによって組織された。(略)この組織は「私有財産や既成の国家と宗教の廃絶、世界統一政府、(原初の)黄金時代の復活」を説いた。専制政治を廃絶し「理性に支配される独裁的な共和政治」をめざす社会変革を唱えた。
組織は革命組織のような下位の会員の上位者への絶対服従、部外者への秘密保持、会話や通信における会員同士の間での偽名と暗号の使用などを義務づけ、偏狭な民族主義や愛国心を否定する国際主義を唱えていた。また、「目的達成のためならあらゆる手段が正当化される」と説いていた。

この秘密結社の思想や掟は組織の解散後も各国の革命結社の規範の雛形として取り入れられていく。フランス革命の思想の一つにもなった。(略)イルミナティの思想はイタリア統一運動にも取り込まれた。(略)イルミナティの信奉者はその後、パリで急進的な政治傾向の「親友同盟」の主導権を握った。そこからイルミナティ派の「社会主義サークル」が派生する。

彼らの規律は20世紀の様々なテロの秘密結社の内部規律に取り込まれ、革命運動の組織に多大の影響を及ぼすことになる。カール・マルクスはこれを「共産主義思想を実現するための最初の革命組織」と評した。*2

フリーメーソンについて、またロシアのバラ十字系フリーメーソン結社がイルミナティに侵食される過程を克明に描いたレフ・トルストイ*3『戦争と平和』についての考察は、既に拙基幹ブログ「マダムNの覚書」で行っているので、公開が前後することになるが、それは別のエッセーにまとめて当ブログで公開の予定である。

左派が好んで使う市民という用語も、イルミナティ用語と考えられる。尤も、知らずに使っている人のほうが多いかもしれない。

アダム・ヴァイスハウプトは『秘密結社イルミナティ入会〈初級編〉』(芳賀和敏訳、KKベストセラーズ、2013)の第2章「なぜ秘密結社が必要なのか」〈悪と戦う市民政府は可能か〉で次のように書いている。

ただ、市民による政府だけが、しかしながら最善の意思をもって全力を挙げれば、古来変わらぬ悪の根源を解決するだけの力をもっている。*4

この引用を見るだけでも、一般的には国家、社会、地域社会を構成する構成員という意味で使われる市民という用語がここでは突出した使われかたであるばかりか、国家から遊離しているかのような市民政府などという造語まで使われていて、イルミナティでは「市民」という用語が如何に特殊な意味合いを持っているかがわかるだろう。

ジョン・ロック*5(1632 - 1704)に「統治二論(市民政府論)」という著作がある。市民政府というのはその影響を受けた用語だと思えるが、ヴァイスハウプトが『秘密結社イルミナティ入会〈初級編〉』の「第2章 なぜ秘密結社が必要なのか」〈読書について〉で、ジョン・ロックを推薦図書に挙げていないのはなぜだろう。

ヴァイスハウプトによると、既存の市民による政府において、「人々は自分のことだけを考え、法はただ弱者をいじめているだけで、上位の者に対しては必要な圧力をかけることもできない。そこでは教育がないがしろにされ、身分や名前による差別のない無期限の解放が布告される。真理は貶められ、とっくに滅び去ってしまっている。そして阿諛追従する者によってのみ信じられている。市民社会での国家の関心は、ひとえに危急を要する外国からの安全保証に基づいている」*6のだという。

国家の関心が「危急を要する外国からの安全保証」にしかないほどの外国の侵略にさらされれば、人が自分のことだけを考え、弱者いじめの法しかない、教育も受けられないような環境となることもあるだろう。

ヴァイスハウプトの場合は、人が自分のことだけを考え、弱者いじめの法しかない、教育も受けられないような環境をつくった国家では、真理が追究されることもなく、当然ながら弱体化して防衛に専念するしかない、といっているようでもある。

しかし、このような国家としての体を成していないような「おらが村」を一般論に持っていっているおかしさがある。国家とはおしなべてこのようなものだと思っていたようだ、ヴァイスハウプトという人は。

256pxadam_weishaupt

Adam Weishaupt
出典:Wikimedia Commons

では、ヴァイスハウプトという人は、そんなおらが村で悲惨な生涯を送ったのだろうか。

否。

ヴァイスハウプトはインゴルシュタット(現・ドイツ、バイエルン州インゴルシュタット市)に生まれ、25歳で法学部の教会法正教授となった相当なエリートだそうだ。

イルミナティ教団が禁止されたことによってヴァイスハウプトはバイエルンから逃れなければならなくなったそうだが、公爵エルンスト2世に庇護され、後にザクセン・ゴートの宮中顧問官に任ぜられて、生涯年金を得、恵まれた生涯を終えたという。

恵まれ、甘やかされて育った頭でっかちのお坊ちゃんが28歳で創立した――趣味に走った――会がイルミナティであったと考えれば、『秘密結社イルミナティ入会〈初級編〉』はなるほどと思わせられる内容である。

過去の哲学という哲学、宗教という宗教を嘲笑うヴァイスハウプトの真理、善悪、倫理、理性、幸福といった観念に関する考察は貧弱というより、考察自体がろくになく、一見効果的に挟まれるこれらの言葉の正体は曖昧模糊としたもので、恣意的に用いられているにすぎない。

ヴァイスハウプトは、市民による政府よりも優れているのは秘密結社だとみなし、人間は自然状態から市民社会を経て秘密結社へと至るように、秘密に盟約結合しようという衝動を神自らによって植えつけられているのだという。

しかしながら、イルミナティという思想の正体は第3章「初級者を受け入れる秘密結社の覚悟と使命」〈新規入会者への秘密結社側からの要求事項〉の次の文章に端的に表れている。

服従なくしていかなる社会(結社)の秩序も成り立たない。我々が、服従を要求するのは、あらゆるシステム、教団、体制は、それが厳しい秩序をもっていればいるほど、最大の効果が発揮されるからである。そして、いずれ君もまた命令する側の立場に立つようになるからである。*7

彼はこうもいっている。

我々が要求するのは、あらゆる昇進を決めるのは我々であるということ、誰がどういう人間だから、その者をどう使うか、を知っているのは我々だけだということ。(略)遅々として進まない昇進に愚痴をこぼす者は誰であろうと、不純な意図をもっている。*8

下位の者たちにとっては締めつけられるばかりの体制下で、全ては上位者の匙加減ひとつで決めるべきだといっている。つまり、恐怖政治が幸福への道だとヴァイスハウプトは説いているわけだ。

なるほど、イルミナティの影響を受けたマルクス主義の下に赤色革命を起こした国々が往々にしてそうなったことは歴史が証明している。

皮肉にも、前掲のヴァイスハウプトがいうような「人々は自分のことだけを考え、法はただ弱者をいじめているだけで、上位の者に対しては必要な圧力をかけることもできない。そこでは教育がないがしろにされ、身分や名前による差別のない無期限の解放が布告される。真理は貶められ、とっくに滅び去ってしまっている。そして阿諛追従する者によってのみ信じられている。市民社会での国家の関心は、ひとえに危急を要する外国からの安全保証に基づいている」*9ような国も赤色革命を起こした国々の中には、現にある。

テロ等準備罪が成立するまで、左派が執拗に妨害し続けたことを考えると、イルミナティ思想の創始者アダム・ヴァイスハウプトの全著作は、今こそ大学などできちんと研究されるべきだとわたしは思う。

 

*1:産経ニュース(2017年06月15日 07時47分)「参院本会議で与党など賛成多数で成立 18日までの会期は延長しない方針」< https://www.sankei.com/politics/news/170615/plt1706150018-n1.html >(2017年6月15日アクセス)

*2:植田,2014,pp.35-37

*3:レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(Lev Nikolayevich Tolstoy, 1828年9月9日〔ユリウス暦8月28日〕 - 1910年11月20日〔ユリウス暦11月7日〕)
「レフ・トルストイ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年6月19日 (月) 01:43 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org(2017年6月19日アクセス)

*4:ヴァイスハウプト,芳賀訳,2013,第2章「なせ秘密結社が必要なのか」〈悪と戦う市民政府は可能か〉p.80

*5:ジョン・ロック(John Locke、1632年8月29日 - 1704年10月28日)は、イギリスの哲学者。哲学者としては、イギリス経験論の父と呼ばれ、主著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化した。また、政治哲学者としての側面も非常に有名である。『統治二論』などにおける彼の自由主義的な政治思想は名誉革命を理論的に正当化するものとなり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。
「ジョン・ロック」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年2月18日 (土) 07:00 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org(2017年6月19日アクセス)

*6:ヴァイスハウプト,芳賀訳,2013,p.80

*7:ヴァイスハウプト,芳賀訳,2013,第3章「初級者を受け入れる秘密結社の覚悟と使命」〈新規入会者への秘密結社側からの要求事項〉p.122

*8:ヴァイスハウプト,芳賀訳,2013,p.124

*9:ヴァイスハウプト,芳賀訳,2013,p.80

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

神秘主義エッセーブログ「79」を改題し、更新しました

拙ブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」で公開中のエッセー「79」のタイトルを、「ブラヴァツキーがニューエイジの祖とまつり上げられた過程が見える杉本良男の二つの論文と、対照的な『岩波哲学・思想事典』における神智学協会像」から「ブラヴァツキー夫人がニューエイジの祖というのは本当だろうか?」に改題しました。

大幅に加筆し、目次もつけたので、ちょっと長いのですが、当ブログにもアップしておきます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

79 ブラヴァツキー夫人がニューエイジの祖というのは本当だろうか?
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2018/03/19/080521

Blue5405703_640

杉本良男氏の2本のオンライン論文を閲覧した。ブラヴァツキー夫人に関する論文だったからだ。


目次

  1. 「ニューエイジ」の直接の祖、母、ゴッドマザー?
  2. 「ニューエイジ」に関する学術書の乏しさ、曖昧すぎる定義
  3. ブラヴァツキー夫人の思想には存在しない「ニューエイジ」的要素
  4. 成り立たなかったブラヴァツキースパイ説
  5. マルクス主義的――唯物主義的――解釈では破綻するブラヴァツキー夫人という人物と行動
  6. 杉本氏の神智学協会像とは対照的な『岩波哲学・思想事典』の記述
  7. 政治活動に関するブラヴァツキー夫人の見解


「ニューエイジ」の直接の祖、母、ゴッドマザー?

ロシアの貴族の出身だったブラヴァツキー夫人は1831年に生まれ、1891年にロンドンで亡くなった。ブラヴァツキー夫人は、近代神智学運動の母といわれ、オカルティズムにおいて、世界で最も影響力のある人物として知られている。

しかし、ブラヴァツキー夫人が神聖な科学という意味で用いたオカルティズムという用語は、現代では黒魔術と一緒くたの意味で用いられている。

ブラヴァツキー夫人が毀誉褒貶に晒されやすいのは、彼女の著作を読む能力及び忍耐を欠いた人々が彼女のことを間違って伝えてきたためである。

わたしが杉本氏の2本の論文を採り上げる気になったのは、そこに次のように書かれていたからだった。

1875 年にオールコット「大佐」(‘Colonel’ Olcott, 1832–1907)とともに神智(学)協会(Theosophical Society)を立ち上げたマダム・ブラヴァツ キー(Madame Blavatsky, 1831–1891)は,波瀾の生涯を送ったが,あいかわらず現代スピリチュアリズムの祖として高い評価をうけている。近代ニューエイジ運動の直接の祖としての地位は揺るがず,ニューエイジの母,あるいはニューエイジのゴッドマザーなどとも称されている。*1

杉本氏は論文の書き出しで、ニューエイジとブラヴァツキー夫人の結びつきを当然の如く肯定し、「直接の祖」、「母」、「ゴッドマザー」と強調している。

わたしは「ニューエイジ」という言葉は知っていたが、この言葉の意味するところが曖昧だったため、その解説を杉本氏の論文に求めた。解説らしいものは見当たらなかった。

何の検証もないままにニューエイジとブラヴァツキー夫人の結びつきを杉本氏が宣伝していることに、わたしは学術論文としての資格を疑わざるをえなかった。

杉本氏の2本の論文のうちの1本は、「特集 : マダム・ブラヴァツキーのチベット : 序論 」『国立民族学博物館研究報告』(40巻2号199 - 214頁 、国立民族学博物館、2015)というタイトルの論文。もう1本は、「闇戦争と隠秘主義:マダム・ブラヴァツキーと不可視の聖地チベット」『国立民族学博物館研究報告』(40巻2号267 - 309頁 、国立民族学博物館、2015)というタイトルの論文である。

「特集 : マダム・ブラヴァツキーのチベット : 序論 」に、「日本の神智主義研究をリードしてきた吉永進一」*2とあったので、過去記事で吉永氏の論文について感想を書いたことを思い出した。次のエッセーがそうである。

40 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ②三浦関造の雛たちに危いまなざしを向ける人
54 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ⑤バッシングから遂にブラヴァツキーがゲームのキャラに
55 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ⑥20世紀前半のイタリアで
56 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ➆吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」から連想したオカルト情報誌とW・ジェームズ
57 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ⑧吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」の中で印象操作される三浦関造
61 大戦前後の日本が透けて見えてくる、岩間浩編著『綜合ヨガ創始者 三浦関造の生涯』
77 前世療法は、ブラヴァツキーが危険性を警告した降霊術にすぎない

「特集 : マダム・ブラヴァツキーのチベット : 序論 」に「神智主義,神智協会がいまだに知的関心の的であることに非常に驚かされた」*3とあるのを読むと、序論から既に何かブラヴァツキー夫人の近代神智学運動や神智学協会に対する否定的ニュアンスがあるような感じを受ける。

新たな情報に接することができるのは嬉しいが、この杉本氏にしても、吉永氏にしても、ブラヴァツキー夫人の主要著作を読んだことがあるのかどうか疑問である。他人の論文の引用からは否定的ニュアンスが感じられなかったりすると、余計に残念な気がする。

「ニューエイジ」に関する学術書の乏しさ、曖昧すぎる定義

わたしは、杉本氏がブラヴァツキー夫人との結びつきを指摘していた「ニューエイジ」に関する学術書を読みたいと思い、利用している図書館の検索で探した。1 冊だけ研究書らしきものがヒットした。27年前に出版されたものだ。Amazonで商品説明を見た。

ニューエイジの歴史と現在―地上の楽園を求めて
レイチェル ストーム (著), Rachel Storm (原著), 高橋 巌 (翻訳), 小杉 英了 (翻訳)
出版社: 角川書店 (1993/11)

商品の説明
内容(「MARC」データベースより)
ドラッグ、フリーセックス、自己覚醒セミナーは、人類を楽園に導くのか? 世界中のニューエイジ運動の内実を、厖大な資料とフィールドワークによって活写、もう一つの精神史の系譜をたどった最新レポート。

この著作の意味する「ニューエイジ」にブラヴァツキー夫人との結びつきが感じられなかったので、ウィキペディア「ニューエイジ」を閲覧した。

概要に、ニューエイジが「一般的に、19世紀の心霊主義、ニューソート、神智学の伝統から派生したもの、グノーシス主義、ロマン主義、神智学が現代的に再編されたものであるとみなされている」*4とある。

そして、「ヨークは、『不便なことに、研究者がニューエイジにアプローチする際、適切で包括的な概説は存在しない』『多くの考えがありながら、運動全体について語ることができる者はいない』と述べている」*5とあるが、その原因の一つは、ニューエイジに対するブラヴァツキー夫人の影響を指摘しておきながら(杉本氏は前掲のように「マダムを祖と崇めるニューエイジ運動」とまで、いい切っている)、ブラヴァツキー夫人の諸著の研究がアカデミックな場でなされてこなかったところから来ているとわたしなどは思う。

日本では第二次大戦後、GHQによる公職追放によって21万人もの各界の保守層が追放された結果、左翼が勢力を伸ばした。学術研究においても彼らが主導的立場をとることになったことから、ブラヴァツキー夫人のような東洋思想に新たな光を当てて科学、宗教、哲学の総合という偉業を成し遂げた人物をも放置状態で、彼女の諸論文の学術研究も評価もされないままできているのだ。

まれに研究がなされる場合でも、どこか見下したような視点での周辺的な、悪くすればゴシップ的なアプローチが多く見られ、こうした研究が学術研究という名に値するかどうか、甚だ疑問である。

彼らの研究自体がニューエイジの影響を感じさせる、恣意的な特徴を持っているようにわたしには思える。

まずはブラヴァツキー夫人の代表的著作の研究がなされるべきで、それがなされずして影響も何も考察できるわけがない。

ブラヴァツキー夫人の代表的著作の研究には古代ギリシア哲学をはじめとする彼女が生きた時代までの哲学の基礎教養が必要で、左翼思想に染まった学者たちにこれらを身につけることが可能なのかどうか……


ブラヴァツキー夫人の思想には存在しない「ニューエイジ」的要素

ウィキペディア「ニューエイジ」を見ると、ニューエイジという潮流には、第一に、非学術的、ファンタスティック――というより妄想的といべきかもしれない――な要素が見られ、第二に、左翼思想が見られるようである。

というのも、ニューエイジの特徴らしい、世界政府樹立の推進は、アダム・ヴァイスハウプトを祖とする、イルミナティが希求したところのもので、これは、マルクス主義に取り込まれたからである(エッセー 69「革命結社の雛形となったイルミナティの思想と掟、イルミナティ用語としての『市民』」を参照されたい)。

第三に心霊主義。第四に、その心霊主義に絡んだ、金銭的利益を目的とする商業利用が潜んでいるようにも思われる。今、心霊主義といったが、現代の心理学には心霊主義が異様な入り込みかたをしているので、要注意である。

その原因を探れば、アメリカの哲学者、心理学者として著名なウィリアム・ジェームズに行き着く。

彼には同じに見えるからといって、ラリっている薬物中毒者の幻覚も、霊媒の憑依現象も、神秘主義者のヴィジョンも、皆、同一の神秘主義的経験に一緒くたに分類したのは彼だからである(エッセー 56「ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ➆吉永進一『近代日本における神智学思想の歴史』から連想したオカルト情報誌とW・ジェームズ」を参照されたい)。

ピプノセラピー、いわゆる催眠療法の一種とされる前世療法には、無知からくる催眠術の安易な利用があり、仮にピプノセラピスト本人が如何に善良であろうともそれは黒魔術となってしまうということを、わたしは一神智学徒として憂えている(エッセー 77「前世療法は、ブラヴァツキー夫人が危険性を警告した降霊術にすぎない」を参照されたい)。

以上のいずれもが、ブラヴァツキー夫人の思想には存在しない要素である。

他にもウィキペディアにはいろいろなことが書かれているが、火遊びにも似た軽率な「霊や異次元の存在との交流(交霊・チャネリング)」は心霊主義者を連想させる行為であり、「病気や貧困・悪は実在せず、心の病気または幻影であるという考え」はブラヴァツキー夫人の時代に存在したクリスチャンサイエンティストとメンタルサイエンティスト達の考えである。

「『精神的な豊かさが物質的な豊かさに直結する』、端的に言うと「『精神が物質化する』という考え方」は、民間信仰によく見られる現世利益的考え方である。

ブラヴァツキー夫人の神智学が何らかの影響を与えているとすれば、彼女の著作の影響を何らかのかたちで受けてはいるけれど、ブラヴァツキー夫人の神智学とは明らかに異なる人々の思想が、区別もつかないままに、恣意的に、大衆的に取り入れられ、民間信仰となった面があるといえるのかもしれない。

左翼が、左翼的解釈で、神智学協会の影響を受けた人々の思想をムード的に取り入れてニューエイジの形成に使った、といえそうな気もする。

というのも、ニューエイジという括りはヒッピー・ムーブメントを連想させるからで、様々な思想、文化芸術のムード的、無節操な取り入れ方が似ている。

アニメーション監督の宮崎駿は筋金入りの左翼として有名であるが、彼のアニメは充分にニューエイジ的なのではないだろうか。


成り立たなかったブラヴァツキースパイ説

ところで、ブラヴァツキー夫人はH・P・ブラヴァツキー(加藤大典訳)『インド幻想紀行 上 ヒンドスタンの石窟とジャングルから』(筑摩書房「ちくま学芸文庫」、2003)第一部第一信「イギリス人の猜疑心」という節で、次のように書いている。

このように、自分の弱点を微に入り細を穿ってしゃべりながら、なおインド在住のイギリス人たちは、外国からの無邪気な観光客全員に、スパイの嫌疑をかけるのです。ロシアの芸術家でピアニストのオルガ・デュポン嬢が、二年ほど前訪印し、全国ツアーを行ったとき秘密警察員二十人がその行く先々に影のごとくつきまといました。(略)今ここに一団がやってきました。生粋のヤンキーであるアメリカ人の大佐、ロンドンからきた二人のイギリス人――狂信的な愛国者ですが自由主義者――それからロシア生まれのアメリカ市民、という構成です。この最後のメンバーに警察全体がいかに緊張したか! このグループが、未知の世界に関する哲学的な思索にしか関心がなく、浮世の政治に興味がないばかりか、問題のロシア生まれの旅行者は、政治のイロハもわからないことを分らせようとしても無駄でしょう。*6

自分にかけられたスパイ疑惑について、ブラヴァツキー夫人自身はこのように書いているわけである。

杉本良男「闇戦争と隠秘主義:マダム・ブラヴァツキーと不可視の聖地チベット」を読む限りでは、杉本氏の関心がダークな政治的駆け引きと陰謀論にあると思われるし、当時のチベットにおける複雑な国際政治情勢を考えると、ブラヴァツキースパイ説をテーマとしたくなるのはわかる。

だが、他人の著作からの引用をつないで成り立っているような論文の中で杉本氏は、前掲書『インド紀行』を採り上げておきながら、それをまともに読んだ形跡がないのが研究者の姿勢として疑問を抱かせる。

ブラヴァツキー夫人の行動を研究していながら、肝心のブラヴァツキー夫人の著作がろくに読まれていないことは、この論文からも容易にわかる。

だが、結局のところ杉本氏は論文「闇戦争と隠秘主義」で、ブラヴァツキースパイ説について、「つまり,マダム・スパイ説は,ある意味当たっているが,言葉の正しい意味で国家のスパイではなかったことになる」*7という結論に落ち着いている。

ただ、杉本氏のこの論文を読んだだけではわたしは逆になぜそういえるのか、論拠薄弱で腑に落ちないところがある。

これはわたしの単なるブラヴァツキー観にすぎないが、スパイになるにはブラヴァツキー夫人はあまりに人間的、情緒豊かで不用心すぎるように思われる。『インド幻想紀行』ではブラヴァツキー夫人の考えや内面性が溢れんばかりであり、彼女を知ろうとする上で貴重な著作である。

杉本氏は、ブラヴァツキースパイ説があまり成り立たないとわかると、今度は構造主義的観点から彼女に役割を持たせようとする。


マルクス主義的――唯物主義的――解釈では破綻するブラヴァツキー夫人という人物と行動

杉本氏は論文「闇戦争と隠秘主義」でピーター・ゲイの著作から引用して「マルクス主義が宗教を大衆の阿片と言ったが,当時の大英帝国,ドイツなどでは,宗教が中間層の阿片として復活していたという逆転現象がみられるのである」*8と書いている。

「特集 : マダム・ブラヴァツキーのチベット : 序論 」を読んだ時点では、杉本氏の論文がマルクス主義の見地から書かれたものだとの確信が持てなかったが、ここへ来てマルクス主義全開という感じである。

宗教を阿片と見なす、マルクス主義的な一面的解釈を、代表作『シークレット・ドクトリン』の扉に「科学、哲学、宗教の総合」と掲げたブラヴァツキーを語る場に持ち込まれると困惑する。

H・P・ブラヴァツキー(田中恵美子&ジェフ・クラーク訳)『シークレット・ドクトリン 宇宙発生論(上)』(神智学協会ニッポン・ロッジ、1989)の序論では、宗教に関して次のように書かれている。

宗教がものを受け入れすぎるとすれば、唯物主義は何でもかんでも否定するが、それらの間の黄金の中点を固守する者、物ごとの永遠の正義を信ずる者は賢明である。(略)“真理に勝る宗教(又は法則)なし”これは神智学協会によって採用されたベナレスのマハーラジャーのモットーである。*9

杉本氏の論文「闇戦争と隠秘主義」における次のウィスワナーダンの著作からの引用もマルクス主義的解釈で書かれているためか、奇妙な表現となっている。

マダムの神智協会は,心霊のような霊媒を介さずに,手紙や霊気コミュニケーションによって直接交信する手段を使い,心霊主義を霊性と結びつけただけでなく,現代テクノロジーを神秘主義に結びつけた功績があるとする。マダムは歴史と物語の境界をあいまいにする可能性をも開き,テクノロジーが幽体分離,錬金術,時空圧縮などの経験を神秘主義と共有できると主張した。*10

霊気コミュニケーション、時空圧縮とは何だろう? 

ブラヴァツキーは心霊主義を霊性と結びつけたのではなく、心霊主義の誤った考えを指摘したのである。また、歴史と物語の境界をあいまいにしたのではなく、神話や伝承に秘められた意味を探り、探り当てた秘教の智慧を開示して、その歴史的意義を明らかにしたのである。

マルクス主義的――唯物主義的――解釈でブラヴァツキーという人物や行動、またその著作を捉えようとすると、どうしたって無理が生じる。

杉本氏の論文「闇戦争と隠秘主義:マダム・ブラヴァツキーと不可視の聖地チベット」は、「記号論的存在からイデオロギー的存在へとまつりあげられた過程を詳細に検討するにつけても,マダム・ブラヴァツキーはまことに稀有な存在といえるであろう」*11と締めくくられている。

わたしは「特集 : マダム・ブラヴァツキーのチベット : 序論 」と「闇戦争と隠秘主義:マダム・ブラヴァツキーと不可視の聖地チベット」を読んで、杉本氏のような一部のマルクス主義者――唯物主義者――がどのようにしてブラヴァツキー夫人の虚像をつくり上げ、貶しながらニューエイジの祖にまつり上げたかの過程を見る思いがした。


杉本氏の神智学協会像とは対照的な『岩波哲学・思想事典』の記述

杉本氏は南アジアの宗教を中心に研究活動を行っているそうだが、『岩波哲学・思想事典』の項目中「神智協会」の解説を、歴史学者で、南アジア近現代史が専門の藤井毅氏が担当している。

杉本氏の神智学協会像とは対照的な記述であるので、紹介しておきたい。

事典の「神智協会」の記述には、創設から各地に支部、連携団体が結成されたこと、「A・ベサント夫人の参加によりインドの合法的自治運動や民族的教育を積極的に支持するようになったが,M.K.ガンディーの登場とともに退潮した」こと、一時期J.クリシュナムルティーも籍を置いたことが述べられている。

以上は、やや疑問のある記述だが、残る三分の一ほどの記述を、次に引用しておく。

 宇宙と存在の全ては相互に関わり合いを持つ一体で,偏在する同一の源に発し,目的と意味を持ち秩序ある形で顕現するとした.
 宗教・哲学・科学の統合を目指し,未解明の自然法則と人間の潜在能力の研究が重視された.この点で先行する神智思想を継承するが,個々の宗教伝統が持つ団体の価値観を尊重し,人種・信条・性別・カーストなどに基づく差別を乗り越えて人類同胞の実現を図り,南アジアの精神復興に寄与したことで特異な役割を果たすことになった.インド古典学の研究に多大な貢献をなしたばかりか,オルコットは仏教を受け入れ,セイロンにおける仏教復興を刺激した.人智学を唱えたR.シュタイナーにも影響を与えた.〔藤井毅〕*12


政治活動に関するブラヴァツキー夫人の見解

ちなみに、ブラヴァツキー夫人は政治活動について、H・P・ブラヴァツキー(田中恵美子訳)『神智学の鍵』(神智学協会ニッポン・ロッジ、1995)で次のように述べている。

協会としては、政治に関係することを注意深く避けています。(略)神智学協会は最高の意味での国際的な組織です。協会の会員は人類の改善という唯一の目的で協力して働く、あらゆる人種、宗教、思想の男女から成っています。しかし、協会としては国民的、党派政治には絶対に参加しません。(略)国際的な組織ですから。その上、政治活動は必然的に、時や個人の特異性でいろいろと変わらなければなりません。神智学協会の会員は神智学徒として当然、神智学の原則を承認しています。でなければ、彼等は協会に入るはずはありません。しかし、会員達はすべての問題で意見が一致するということにはなりません。協会としては、会員全体に共通のこと、即ち神智学自体と関係するものだけを一緒に実行することができます。個人としては、神智学の原理に違反せず、協会を傷つけない限り、政治的思想や活動は完全に各自の自由に任せられています。*13

わたしが『岩波哲学・思想事典』の項目中、藤井毅氏による「神智協会」の解説の前半部分にやや疑問があると前述したのは、「A・ベサント夫人の参加によりインドの合法的自治運動や民族的教育を積極的に支持するようになったが,M.K.ガンディーの登場とともに退潮した」という箇所である。アニー・ベサントの個人的な政治活動が、神智学協会としての活動だったとの誤解を与える内容であるためである。

 

 

*1:『国立民族学博物館研究報告』(40巻2号199 - 214頁 、国立民族学博物館、2015、p.4

*2:杉本,2015,p.200

*3:杉本,2015,p.199

*4:「ニューエイジ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2018年3月3日 (土) 15:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

*5:「ニューエイジ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2018年3月3日 (土) 15:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

*6:ブラヴァツキー,加藤訳,2003,pp.032-033

*7:杉本,2015,p.287

*8:杉本,2015,p.299

*9:ブラヴァツキー,田中&クラーク,1989,「序論」p.177

*10:杉本,2015,p.299

*11:杉本,2015,p.303

*12:廣松渉 ・編集 『岩波哲学・思想事典』岩波書店 ,1998,「神智協会」p.831

*13:ブラヴァツキー,田中訳,1995,pp.227-228

|

2020年7月15日 (水)

創作予定の変更。田中保善氏の愛読書。パンみたいな?

このタイトルで書き出したところ、ちょっと動画の宣伝をしておこうと思い、そうしたら、話が逸れて、すっかり神秘主義的話題になってしまったので、それは別記事にします。

萬子媛をモデルに三つの作品――童話、新作能、小評伝――を執筆する予定で、最初に童話を書くつもりでしたが、考えが変わり、新作能から入ることにしました。

お試しに短い歴史小説にしてみたときもそうでしたが、なぜか全く書けず、説明の羅列のような作品になってしまったのです。こんな失敗は初めてでした。童話も、異様にハードルが高い。説明の羅列のような童話になりそう。

言い訳になりますが、わたしの作品って、別にそんな風ではないのです。一応まともな小説、童話を書いてきたはずでした。

なぜ調子が出ないのか、書けなくなってしまうのか。その理由にようやく思い至りました。それは、モデルが神様だからだと思うのですね。

神様にふさわしい形式があるとすれば、それは能以外にないのではないでしょうか。能であれば、わたしの想像の中に前ジテ、後ジテの姿で萬子媛が御姿を現してくださるのです。

前ジテは尼僧でしょうね。そして後ジテは神々しい神様そのものの御姿。

で、舞台を設定しようとして、やはり田中保善氏の御著書『泣き虫軍医物語』(毎日新聞社、1980)の中のいくつかの場面をモチーフにさせていただきたいと思い、再読して、この本の感想を書いている人はいないだろうかとググってみたところ、何と、この本のあちこちが「日本軍慰安所マップ」というサイトのマップ作成の資料とされていたのを発見したというわけでした。

それで、前記事を先に書いたのでした。

これほど豊かな内容の戦争体験記を読みながら、あんなことに利用することしか考えない人がいるのですね。

そして、今度は、僧侶が書いた戦争体験記がないかググってみたくなりました。複数出てきましたが、内容紹介文を読む限りでは、一般人のものと大差ないと感じさせられる、興味の湧かない著書ばかりでした。

田中氏の読書遍歴は興味深く、一冊一円の円本全集で、日本文学全集、世界文学全集、哲学概論、カントの純粋理性批判、実践理性批判、ヘーゲルの観念論的弁証法など読み散らし、マルクスなんかも勉強したそうですが、弁証法に唯物論を結びつけた唯物弁証法にはどうしても納得できず、どうしてもマルクス主義を全面的に肯定するまではいかなかったそうです。

カウツキーのマルクス資本論解説を翻訳した白柳舟湖氏が『民族日本歴史』を出版し、田中氏は舟湖史学に魅せられたとか。

日本民族が封建時代から資本主義社会に移行して、資源と販路を大陸と大陸住民に求めて進出するのが、歴史的必然とする舟湖史学にすっかり共鳴してしまった。白人に侵略され、搾取されているアジアの諸民族の現状を座視できず、白人に代わって新興の日本民族がアジアを指導し、大東亜共栄圏を建設するのも当然であると考えるようになっていた。
 かくて日本民族の資本主義発展のために、国民は犠牲になって生命をなげうって奉仕せねばならぬのも必然であり、つまり我々国民は日本民族発展のために生命を捧げねばならない。死の覚悟を必要とする。それで私は死を恐れないようになるために宗教に走った。親鸞の『歎異抄』、『碧巌録』、『無門関講和』、道元の『正法眼蔵』等が愛読書となり、通俗仏教も多数あさり、なんとかして死の悟りを開きたいと模索し、仏教的な悟りについて知識は一応得られた。だが実際に戦場では夢中で衝動的な行為を繰り返していたが、部隊長の話相手になる時は、その知識が役に立ち、立派な言葉が出てきて部隊長に気に入られ、精神的な面では双方意見が一致する点が多かった。(田中,1980,p.95)

日本人の大陸進出にマルクス主義の影響が皆無とはいえないようですね。この点を左派はご存じ?

話が合った部隊長とは、日本史の話から戦国武将の話、長篠の戦、田楽狭間の戦の正確な戦史、孫氏の兵法、クラウゼウィッツの戦争論や万葉集の防人の歌等、話題に事欠かなかったようです。

日本兵が強姦と殺害にしか興味がなかったかのように捏造した連中を、わたしは決して許さない。その連中がそうだから、他人もそうだと思うのでしょうよ。

最後に、パンみたいなものを流れてきたツイートからご紹介。

|

2020年7月14日 (火)

驚き桃の木山椒の木の慰安婦問題(14日朝に加筆、赤字)

感銘を受けた戦争体験記から、「日本軍慰安所マップ」というサイトにおけるマップ作成の資料として何箇所も引用されていて、驚いた。

日本には当時、公娼制度があった。民間業者により報酬が支払われていた。

日本軍の慰安所に入れられた女性も強かんされた女性も、性暴力被害という意味では同じ」という定義は、公娼制度自体を戦後フェミニズム史観で断罪しているようにも思える恣意的定義である。

いずれにしても、「慰安所に入れられた」という強制性を明確に打ち出したこの定義に、商売色濃厚な引用箇所が当てはまるとは思えない。

小説、映画、オペラから娼婦を排除すれば、これらの分野自体が成り立たなくなるといってよいくらい、娼婦は芸術作品によく登場する。アレクサンドル・デュマ・フィス『椿姫』、永井荷風『墨東綺談』……村上春樹の小説なども、わたしは娼婦文学の一種と考えている。

以下の論考は、娼婦問題の複雑さを的確に捉えていると思うので、引用する。

セクシャルハラスメントは、権力関係をたてに他者の身体を不法に搾取する行為であり、その権力関係によって相手の自由意思を封じ込めてしまう暴力性を孕んでいる。セクシャルハラスメントが問題視されるようになったのは、ごく近年のことであるが、他者の身体を搾取するという行為そのものは、はるかに古い歴史を持つ。なかでもアメリカで文字どおり身体が搾取され、二十世紀初頭に「白い奴隷」と呼ばれたのが娼婦である。北アメリカ大陸における娼婦の歴史は、植民地の誕生とともに始まるが、その存在が人々の注目を浴びるのは、人口が都市に集中化する十九世紀後半のことである。娼婦を男性の性的欲望の対象となる抑圧された性奴隷とみるか、あるいは一個の独立した職業人とみなすかは意見の別れるところであろう。(p.2)

娼婦の歴史は長い。娼婦は単に売春を行う者というだけでなく、「神殿の娼婦」「色恋の女神」「漂白の聖者」など国により文化によって異なる多彩な役割をになってきた。(p.14)

辻本庸子. アメリカ文学における女性像 : 二つの娼婦物語. 神戸市外国語大学外国学研究. 2004-03-31, 59, p.157-415. http://id.nii.ac.jp/1085/00000676/, (参照 2020-07-13).

芸術作品に娼婦がある輝きを帯びて登場することがあるのは、引用にあるように、娼婦が「国により文化によって多彩な役割をになってきた」ことと関係が深い。

例えば、田中保善『泣き虫軍医物語』(毎日新聞社、1980)から引用された箇所の一つ、以下の文章などは慰安婦虐待の絶好の資料として歓迎されたのではないだろうか。

分院では私が赴任する以前は、クダットの慰安婦の検梅に軍医がいないので、衛生下士官が実施していたが、私が赴任してからも私が多忙なため、従来通り衛生下士官に任せることにした。しかし、クダット飛行場からレイテの戦場に飛行機が出撃する時は、健康な慰安婦が不足すると、病気がある者も黙認して航空兵の接待をさせたと聞いた。(田中,1980,p.99)

「接待をさせた」と書かれているが、文脈を辿れば、強制性を伴っているようには読めない。検梅とは、梅毒に感染しているか否かを検査することであるから、ここでの病気の正体は明らかであろう。そして、接待とは、客をもてなすことである。本来であれば、梅毒に罹患した慰安婦に対して商売禁止にするところを、あえて許可したのである。

なぜ許可したかといえば、おそらく慰安婦が出撃前の航空兵の聖なる慰め手であることを期待されたからではないだろうか。

まず生還を期せない決死の航空戦隊が発進する時は、肌身につける襦袢、袴下は新品を着せて恩賜の煙草を与え、恩賜の酒を飲ませて皆が見送った。(田中,1980,p.99)

このような状況を前にして、残忍な強姦を許すための黙認であったとは思えないのである。それに、日本兵は日本人の慰安婦を好んだようで、朝鮮人の慰安婦(売春婦)が特に多かったようには思えない。台湾、ジャワ島からも来ていたとある。

田中軍医は、千代龍という源氏名のアピナンバーワン芸妓に惚れてしまう(アピは地名)。彼女は真奈木参謀長のお気に入りだった。田中軍医は参謀長の嫉妬を買い、ボルネオ北端のクダット防衛に回された節があった。

戦争末期の戦地ボルネオ体験記というと、悲惨な場面の連続かと思いきや、場所により、状況により、危険度は様々で、日本軍が可能な限り規律正しい、文化的な生活を心がけていた様子が窺える。

前年の10月に連合軍がレイテ島に上陸、比島(フィリピン)が占領されるという戦局の悪化する中で迎えた昭和 20 年元旦、流行性肝炎にかかって寝込んでいた田中軍医の病気は軽快した。当番兵達がヤシやバナナの葉等で宿舎の前に門松を立てて常夏の正月を祝う場面は、印象的である。

慰安婦問題の問題点は、論文からの引用にあるように、「娼婦を男性の性的欲望の対象となる抑圧された性奴隷とみるか、あるいは一個の独立した職業人とみなすかは意見の別れるところ」なのだが、前掲サイトは当然のように前者の側に立ち、どのような権限でか、日本軍をひたすら断罪する。

パンパンといわれた在日米軍将兵を相手にした街娼(私娼)が、米軍に損害賠償の請求をしたという話は聞かない。断罪するのであれば、明らかな性犯罪者を戦勝国、敗戦国の区別なく、断罪すべきだろう。韓国のライダイハン問題は解決済みなのだろうか。

第一、慰安婦の定義がどうであれ、日韓基本条約の締結で、全て解決済みであるはずのことなのだ。

最終的に両国は、協定の題名を「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」とした。この協定において日本は韓国に対し、朝鮮に投資した資本及び日本人の個別財産の全てを放棄するとともに、約11億ドルの無償資金と借款を援助すること、韓国は対日請求権を放棄することに合意した。

「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2020年7月10日 22:46 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

そもそも、慰安婦問題が発生したのは、1983 年に吉田清治氏の証言を朝日新聞が採り上げてからで、その朝日新聞は 2014 年 8 月 5 日に吉田証言を虚偽と認定して記事を撤回したはずである。

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

深夜 5 本の緊急エリアメール。9本目の文学動画をYouTubeにアップしました。今後の創作予定。

あなた様がお住まいの地域の天候は如何ですか?

こちらは小康状態といった曇り空ですが、まだ油断できないようです。

深夜、けたたましいスマホの音。娘のスマホです。少し遅れて、わたしのガラケーにも緊急エリアメールが届きましたが、音が低めです。午前 0 時すぎに立て続けに 5 本ものメールが届いて、そのたびにドキッとしました。

  • 00:03「警戒レベル 4 避難勧告発令」
  • 00:12「警戒レベル 4   相当 大分川で氾濫のおそれ」
  • 00:38「警戒レベル 4 避難勧告発令」
        祓川が氾濫するおそれのある水位に到達したため、……
  • 00:43「警戒レベル 5   相当 大分川で氾濫が発生」
  • 00:49「警戒レベル 4 避難指示(緊急)発令」

一級河川の大分川が氾濫し、祓川が氾濫するおそれのある水位に到達といった内容の避難情報、避難勧告→避難指示(緊急)発令でした。

幸い対象校区、対象自治区には入っておらず、洪水には耐えられそうなマンションの上階に住んでいるので――地震のほうが怖い――、家でじっとしていました。

民家住まいの娘の書店時代からの女友達が電話してきて(ご主人は単身赴任で不在)、避難を迷っているとのことでした。彼女には車がありますが、猫がいます。彼女が避難を迷っていたのは、避難指定先の学校を地図で確認すると、氾濫の危ぶまれる川下に近く見えたからでした。

そういう事情を聞けば、うちに避難していただきたいと思いましたが、彼女の家からはかなり距離があり、途中が心配です。娘は、連絡先に問い合わせてみてはどうかと返信していました。

その後、雨音が聴こえなくなり、新しい緊急エリアメールも届きませんでした。

娘の女友達は、水位が下がる午前 3 時くらいまで、学校に避難していたそうです。猫と一緒に。

大分川は由布市で氾濫し、被害をもたらしました。以下のツイートのような状況だったようです。

朝、大分市内の大分川の写真をツイートなさっていたかたがありました。川は、比較的落ち着いて見えます。濁流ですけれど。今夜降らなければいいのですが。

避難勧告から緊急性の高い避難指示まで 46 分。避難の判断は避難勧告が出た時点で下し、すみやかに避難したほうがよさそうです。

ただ、警戒レベル 4 相当の大分川氾濫のおそれメールと警戒レベル 3 の避難情報メールは、7 日早朝にも届いていました。避難するかどうかの判断は、そのときに下せたでしょう。状況は刻々と変化するので、災害の危険のある間は油断禁物ですね。

あなた様も、気をつけてお過ごしください。 

今、ツイッターをチェックしていたら、アメリカ大使館の異例ともいえるツイートが流れてきました。

加えて、臓器収奪問題もあります。日本も他人事ではありません。「香港国家安全法」、怖ろしい。

話題が変わりますが、文学動画をYouTubeにアップしました。

https://youtu.be/JeV2KgdKF4s
「内側」の拡がりを欠くジブリ映画『思い出のマーニー』
2020/07/05

2 回目のエッセー動画です。

これは Microsoft フォトの機能ビデオ・エディターで作成しました。作成前に再度フォトをリセットしたところ、幸い音のノイズは入っていませんでした。でも、いつそうなるかわからないので、フリー動画作成ソフト「AviUtl」をインストールしたことは過去記事で書きました。

使いかたがおおまかに呑み込めました。

また、何年も新しいKindle書籍を出さず、表紙を作成することもなかったということもあって、フリー画像編集・加工ソフト「GIMP」の使いかたをすっかり忘れてしまっていました。新しいバージョンがわかりづらかったので、これをやめて古いバージョンと入れ換えることも考えつつ、解説サイトに従って動画のサムネイルを作成したら(フリー素材をお借りしたものに、文字入れした程度のことですが)、これの使いかたも、大体、呑み込めました。

フリーのフォントも入れました。

古いバージョンでは OS のフォントフォルダにダウンロードしたフォントを単純に入れるだけでよかったと思うのですが、それでは駄目で、フォントファイルを右クリックして、表示された「インストール」をクリックする必要がありました。右クリック→プレビューをクリックして、表示された「インストール」をクリックしてもインストールできました。

新しいバージョンにフォントを追加できないと書いている人がいらしたので、ちょっと書いてみました。

フリー動画作成ソフト「AviUtl」を使ってお試し動画を作成したいところですが、いつまでも創作入りを引き延ばすわけにはいかないので、萬子媛をモデルとした童話の執筆に入りたいと思います。

普通の短編童話なら最短 1 日でできるのですが、これには難航しそうです。対象年齢を大雑把に決めるだけでも迷います。大人向きの童話にするか、子供向きの童話にするかといった最初の選択すらまだできていません。テーマ、歴史的な背景をどの程度入れるか、舞台の時代設定etc……。

このあと、新作能、小評伝と書きたいのですが、どうなるやら。

動画を視聴してくださるかたが少しずつ増えてきたところなので、今、動画作成をお休みするのはちょっとつらい。萬子媛の童話が仕上がったら、動画にしますね。これも視聴してくださるかたがあればいいのですが。まだ創作に手もつけていないのに、馬鹿ですね。

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

浜川の増水で、祐徳稲荷神社の赤い欄干危うし!  民主党時代のダム建設中止と球磨川の氾濫。

9本目の動画を作成したので、アップしておこうと思いますが、それは次の記事に回して、先に大雨の話題。

昨夜からニュースに釘付けになっていました。九州は大雨によりあちこちで被害が相次ぎ、NHK 地方版はこのニュースで持ちきりなのです。今のところ、大分市内はそれほどでもないと思いますが、大雨特別警報が出ているということで、郷里の佐賀県鹿島市、前に住んでいた大分県日田市の名がたびたび出てきました。

鹿島市には親戚があり、知り合いも多く、また日田市にも知り合いがいますので、心配になります。鹿島市の祐徳稲荷神社のことも心配になりました。

熊本では、亡くなった人も多く、相当に被害が大きいようで、人吉市にある国宝「青井阿蘇神社」の拝殿が床下浸水するといった被害が出たことをニュースでいっていたのです。

それでも、NHK では鹿島市の山のほうで土砂崩れが 1 件あったことを伝えていただけだったので(幸い住人は避難されていて無事だったとか)、町なかは大丈夫だろうと思っていました。

ところが、帰宅した娘が「祐徳稲荷神社の辺りもひどいみたいね」というではありませんか。勤務先で一緒にお昼ごはんを食べていた看護師さんから聞いたそうです。

えっ? と思い、ググると、佐賀新聞に目を疑う写真が……。動画もアップされていたので、貼り付けておきます。

https://youtu.be/EbxyiCSaJVE
佐賀大雨 祐徳稲荷神社前(2020年7月6日)
佐賀新聞[SagaShimbun]
佐賀県鹿島市、祐徳稲荷神社前の映像(読者提供)

勿論、普段は全然違います。

わたしが家族と祐徳稲荷神社に出かけるときは、駐車場からこの赤い欄干のある橋を渡って神社へ入り、参拝するのです。関連記事に出てきた、普段の祐徳稲荷神社の動画を貼らせていただきます。動画の始めに赤い欄干が出てきます。普段はこんな感じです。

https://youtu.be/tWkKNkbVfiI
祐徳稲荷神社と奥の院 2018/06/15

https://youtu.be/yOYET1VjjoE
大雨で氾濫した川の水が流れ込み冠水した門前商店街(佐賀県鹿島市2020年7月6日)
佐賀新聞[SagaShimbun]
大雨で氾濫した川の水が流れ込み冠水した門前商店街=佐賀県鹿島市古枝[2020年7月6日](読者提供)

床下浸水した祐徳門前商店街で、泥のかき出し作業をする人々のニュースも出ていました。

鹿島市では様々な場所で川が氾濫しているというツイッター民の情報にも接しました。普段は穏やかな浜川がこんなになっているのだから、そうだろうなと思いました。

また、今度の大雨では、一級河川の筑後川水系の支流である花月川と玖珠川が日田で氾濫し、被害を出しました。日田は水の綺麗なことで有名です。筑後川の恵みが、凄まじい大雨で、濁流に変わってしまいました。

今夜から明日にかけてはどうか雨が降りませんように、と祈らずにいられません。

それにしても、熊本の被害は大きいと思い、氾濫した球磨川について調べると、球磨川は一級河川というだけでなく、最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つというのです。

さらに調べると、球磨川をコントロールするために計画されていた川辺川ダムの建設が民主党政権時代に中止になったというブログ記事やツイートが沢山出てきました。ウィキペディアにも書かれています。

川辺川ダム(かわべがわダム)とは、熊本県球磨郡相良村、一級河川・球磨川水系川辺川に計画されているダムである。
対象地域の立ち退き移転先への移転は進んだものの、反対運動や訴訟が左派政党、市民団体と弁護団から起こされ、計画は棚上げにされ続け、2008年に当選した知事が反対表明をし、政権獲得前から反対派を支持し「コンクリートから人へ」の民主党政権によって正式に中止された。
「川辺川ダム」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2020年7月7日 03:48 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

既視感ありすぎです。過去記事に書いた、八ッ場ダム。八ッ場ダムも民主党時代に事業中止に追い込まれ、危ないところだったのです。

2019年10月13日 (日)
東京を水没から救った二大守護神、首都圏外郭放水路と八ッ場ダム
https://elder.tea-nifty.com/blog/2019/10/post-b275d4.html

川辺川ダムの建設が中止になっていなければ……と悔しい思いです。少なくとも、これほどの被害を出すことはなかったでしょう。以下のツイートに同感です。

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

「ESMA Movies」チャンネルの素敵な CG アニメ作品の数々

YouTube で自作動画を確認していたら、関連動画が表示されるサイドバーに「ESMA Movies」チャンネルで公開されている CG アニメ作品が表示されていました。

興味が湧いたので視聴したところ、映像のすばらしさとストーリーに魅了され、次々に視聴してしまいました。

ESMA Movies
https://www.youtube.com/channel/UCHwI0Krnm0f2JOwAsxh3MBQ

「ESMA Movies」というのはプロの制作チャンネルかと思っていたら、そこで公開されているアニメ作品は、モンペリエ、トゥールーズ、ナント、リヨン、モントリオールに拠点を置く ESMA 芸術職業高等学校(ESMA - Ecole Supérieure des Métiers Artistiques)の生徒さんたちの作品だったのです。

短編アニメ作品とはいえ、完成度の高さ、ストーリーの綺麗さに驚かされました。そう、綺麗といいたくなるような、後味のよさを感じさせるものが多いのです。これらの作品は娯楽アニメではなく、芸術の一分野としてのアニメといってよいと思います。

最初の ESMA 作品には「CG MEETUP」というチャンネルで出合い、タイトルに「by ESMA 」とありました。「CG MEETUP」を見ていくと、日本からアップされた作品にも何本か出合いました。

そうした日本の作品は概ね技術的には感心させられるのですが、ESMA 作品に比べると、内容的に病んでいる印象を受けるものが多く、未来へつながるものの感じられない、索漠とした皮相的なものか、あるいは、やはり未来につながらない現実逃避型の懐古調のものかのどちらかで、暗い気持ちにさせられるものがほとんどなのです。

あいちトリエンナーレ 2019 「表現の不自由展・その後」のような、およそ芸術作品とも思えない日本ヘイト展に公費が支出される事態に美術界が陥っていることを考えれば、もはや日本の芸術――アニメも含む――は反日勢力の利権に利用される分野と成り果てており(「表現の不自由展・その後」には、アメリカで問題となっているアンティファも絡んでいるようです)、ESMA 作品にあるような綺麗な作品は世に出られなくなっている可能性が高いのではないかと思われます。

アンティファについては、過去記事をご覧ください。アンティファは最近またツイッターで話題となっていました。

2020年2月12日 (水)
新型コロナウイルス。日本の病院の中に中国資本のグループと提携する動き。「表現の不自由展」と極左暴力団体アンティファの結び付き
https://elder.tea-nifty.com/blog/2020/02/post-3967c6.html

話題が逸れましたが、 ESMA の話題に戻ります。以下のサイトで ESMA について解説されています。

【ESMA】フランス発のCGアニメ!YouTubeで見られる高校生たちの高クオリティ3D!
https://kini-narunaru.com/8290.html

そのなかで紹介されていた動画を含めて、わたしの視聴したもののなかですばらしいと思った ESMA 作品を紹介しておきます。これらの動画に説明はほとんど不要で、もし詳しいことを知りたくなると、動画の説明欄を Google 翻訳すればいいですね。

CGI Animated Short Film HD "Farewell" by ESMA | CGMeetup
おなかに宿した子を亡くした女性画家の喪失と再生を描いた美しい作品です。
https://youtu.be/GPiGPK3KFc8

Comme un Elephant dans un magasin de Porcelaine - ESMA 2017
高級陶磁器店に珍客あり。陶磁器の質感がよく出ていて、圧倒されます。
https://youtu.be/h_aC8pGY1aY

Origami - ESMA 2012
舞台は日本のようですが、中国のようでもあり、ジャポニスムを髣髴とさせるようなエキゾチックな趣きがあります。折り紙が求道の手段となっているような不思議な雰囲気。
https://youtu.be/WSHJ1R5_faw

Angle Mort - ESMA 2012
国際的な高度セキュリティ機関に雇われた女性の鬼気迫る脱出劇。女性の個性的な顔(顔の骨格が、というべきか)がとても印象的です。
https://youtu.be/zRjt7qgwUfo

The Short Story of a Fox and a Mouse - ESMA 2015
雪原でキツネに追われるネズミ。ネタバレになりますが、心が洗われるような結末です。
https://youtu.be/k6kCwj0Sk4s

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »