« Kindle版『不思議な接着剤1: 冒険前夜』をKENPCでお読みいただき、ありがとうございます! | トップページ | インテリジェンス溢れるプラハポスト紙の記事。息子がプラハで撮った写真。日本の方向転換なるか? »

2020年3月27日 (金)

武漢肺炎の早期検出に有用なCTの保有率は、日本が断トツで世界一!

当市の医療センターでクラスターが発生したとのことで、どうなるのだろうと固唾をのんで見守っていました。

他のニュースの続報で、追加で検査されたのは49件、全て陰性だったとありました。ひとまず、ホッとしました。検査には、福岡や長崎に協力していただいたようです。これで当県の感染者は25人となりました。あなた様のお住まいの地域では、如何でしょうか。

入院患者が増えてくると、どの県でも悩ましいのは感染専用病床の確保ではないでしょうか。

当県では、「体制の拡充」により病床が増えたとあったので、ああ、その拡充によって娘の勤務する総合病院でも受け入れるようになったのか、と思いました。それまで、コロナ関係では検査のみでした。

以下のサイトでは、県名をクリックすると、感染病床使用率などがわかりやすく表示され、また公式サイトへ移動することもできるようになっていて便利です。状況が刻々と変化するので、最新情報に追いつくのは大変でしょうが、参考になります。

コロナに感染したのでは、というときは、まず保健所に相談。

コロナが疑われた場合→CT検査→PCR検査、という順に検査が行われているようです。

武漢肺炎(新型コロナ肺炎)の早期検出に有用といわれる胸部CT検査ですが、CTの保有率は何と日本が断トツで世界一だそうですよ! 

東京都のサイトはわかりやすいですね。

官邸のサイトも、知っていて損にはなりません。

ここ数日、近代神智学の母ブラヴァツキー夫人の伝記を再読していてハッとなったことがあったので、その記事と、料理の記事と、森谷リリ子さんというかたの占星術のサイトでイタリア、フランス、ドイツ、日本の春分図を閲覧させていただいて気づいたことがあったので、その記事も書きたかったのですが、コロナ記事で疲れてしまいました。

ローマ教皇は、聖職者に新型コロナ患者と会うように呼びかけたりもしていましたっけ。

イタリアの春分図を見ていて、どう見てもこれは痛ましいホロスコープだなと思い、フランシスコ教皇はイタリアの人々の精神的支柱になり得ているのだろうかと疑問に思いました。

わたし個人の偏見でしかありませんが、フランシスコ教皇には、それまでわたしがテレビで見てきた、ローマ教皇にあった、ほのかな光のようなものがない気がしてしたところ、2018年9月22日、何とローマ教皇が中共に下ってしまう(バチカンは中国政府と聖職叙任権について暫定合意に至った)という、ありえないことが起こりました。

おおかたの占星術師の見方では、中共はそう何年も持ちません。星がそのように物語っています。

いつものようにまとまりのない記事になりました。締め括りに、ニャンコによるお祓いを。

 

|

« Kindle版『不思議な接着剤1: 冒険前夜』をKENPCでお読みいただき、ありがとうございます! | トップページ | インテリジェンス溢れるプラハポスト紙の記事。息子がプラハで撮った写真。日本の方向転換なるか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

植物あるいは動物」カテゴリの記事

時事・世相」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Kindle版『不思議な接着剤1: 冒険前夜』をKENPCでお読みいただき、ありがとうございます! | トップページ | インテリジェンス溢れるプラハポスト紙の記事。息子がプラハで撮った写真。日本の方向転換なるか? »