« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月の5件の記事

2020年2月27日 (木)

新型コロナ禍が見せてくれた、危うい日本の政治状況。21日、62歳に。新しいストウブ。大変な状況のネコちゃん。

様々な人々が暮らす中国と中共(中国共産党)は区別する必要がある。新型コロナ禍にある日本において、親中派と呼ばれる人々の正体が露わになった。親中派の「中」が中国ではなく、中国共産党を示すものであることがはっきりした。

歴史や伝統文化を含めた中国全体に好感を抱く人間であれば、その大きな中国に陣取った中国共産党によるチベット、ウイグル、南モンゴルに対する民族弾圧、また法輪功への臓器狩りに始まった臓器ビジネス、その首領である習近平の国賓来日などには、とても賛成できるものではないはずだ。

わたしは親中派と呼ばれる人々というのは、中国とのビジネス関係を深めたいがために、中共の負の側面には目をつぶっている人々だと思っていた。

元よりグローバリストの安倍総理がここに至って親中派に仲間入りしたように見えるが、それは憲法改正と習氏来日を交換条件にしたからだという噂がある。新型コロナウイルスが発生する以前のいつ頃からか安倍総理が精彩を欠き、笑顔が消えたことからすると、なるほどとも思わせられるが、真相はわからない。

いずれにしても、そんな安倍総理と、いわゆる親中派と呼ばれてきた人々は、何か違う。例えば、二階幹事長。二階幹事長は中国――中国ではなく、中共である――を「親戚」に例えたり、江沢民碑を全国各地に建立する心算だったというから、中共の熱烈なシンパといってよい。

河添恵子さんは、チャンネル桜の動画で二階幹事長が北海道の土地を斡旋しているという。これが本当なら、二階氏をもはや日本を中共にくれてやる売国奴と見做すべきだ。技術立国日本を観光立国に変貌させた安倍政権だが、二階幹事長が全国旅行業協会の会長であることから考えると、二階氏が日本を中国人観光客依存症にした張本人だろう。

2019年6月12日、自由民主党の青山繁晴・鬼木誠・高木啓・長尾敬・山田宏により結成された議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」に所属する方々に期待したいが、毎日新聞グループホールディングス取締役・小川氏のツイートから自民党のピラミッド構造と党幹部(二階氏か?)の独裁的権限が垣間見え、絶望的な気持ちになる。

 

 

茂木外相は中国――これも中国ではなく、中共である――を「友」と呼び、「日本は何でもやる」といい、実質、中共お得意の人質外交だったチャーター機帰国に当たってマスク13万枚、防護服2万3000枚、手袋5万組、ゴーグル3万3000個を献上した。

国民がマスクに飢え、医療関係者さえ医療物資を欠いているこの時期に、中国に約40トンもの医療物資を送るよう指示した人物が誰なのかはわからないが、これももはや支援とはいえない犯罪行為といってよい。こんなことを続けられたら、国民の命はより一層危険に晒され、医療崩壊を招く一因となりかねない。国民を丸腰で新型コロナウイルスに立ち向かわせ、日本の人口削減を狙っているのではないかと思えるほどだ。

日本は親中派を排して、技術立国に還るべきだと思う。そうでなければ、国力は低下する一方、移民は増え続けて日本人が減り、遅かれ早かれ中共の属国となってしまうだろう。ウイグルのようになりたくない。新型コロナ騒動は、日本の政治状況をありありと見せてくれた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

話が変わりますが、先日、同じ当市に住む大学時代からの友人と前後して62歳になりました。お互い家族共々新型コロナウイルスから生き延びられたら秋に会おうね、と約束をしました。ご訪問くださったあなた様も、どうか生き延びてください。そして、日本らしい日本を取り戻しましょう。

Img_2794_a1

この花のような、素敵なおばあさんになりたいなあ。

夫が「おでん! おでん!」とうるさいので(IHヒーターに交換したら、土鍋が使えなくなったので、我慢を敷いていました)、IHヒーターでも使える土鍋風をネットやお店で探しました。

ぴんとくるものがなかったということもあり、家族の意見が一致し、3代目のストウブ(オーバル27㎝)を購入。おでんするには小さいので、入りきれないおでん種を皿に盛り、食べながら卓上ガスコンロで煮ていくというスタイルになります。この方法だと、息子が帰省して4人になってもいけそうです。

やはり、じゃがいも、大根がとても美味しくて。

Img_2795_d

この子が新しいストウブ。大きめだし、横長なので、いろいろ使えそう。写真では今ひとつ色合いが出ていません。綺麗なチェリーレッドです。

Img_0470_b

過日ご紹介したハウス型の多機能スタンドに、この蓋もちゃんと立ちます。

最後に、ネコちゃんの動画を貼らせていただきます。どちらかの手(前足)を離そうにも離せない、大変な状況のようです。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

初の鶏ハム

新型コロナウイルスのことが気になりますが、妹の孫でもうすぐ2歳になる女の子が病気で入院し、そちらのほうが気になっていたここ数日でした。

1歳のときの写真を見たとき、なぜか不安になったことが当たりました。ついに正体を現した病気。あとはお医者さんの力を借りてやっつけるだけです。頑張ってくれると思っています。

国内で拡大し始めた新型コロナウイルス。

中国でのこれまでの経過を考え、また日本政府の初動のわざとらしい遅れを思うと、恐怖に駆られますが、昨年の10月22日、「即位礼正殿の儀」がはじまったときにかかった虹、富士山の初冠雪、その前の12日には出雲大社の上空に鳳凰に見える雲がかかったことなど思うと、何だか勇気が湧いてきます。

こういうときは国民性として自分にも根付いている、心配性から来る周到さ、粘り強さを有効活用して、衛生、栄養状態などに気をつけようと思います。

あれこれ心配なことがあるときは、これまで作ったことのなかった料理にチャレンジするに限ります。鶏ハムを作ることにしました。

ググって出てきたいくつかのレシピを参考にして、作りました。

2枚の鶏むね肉の皮を剥ぎ、開きます。わたしは砂糖と塩の代わりに塩麹を両面にすり込んでジブロックに入れ、冷蔵庫で一晩寝かせました。翌日、キッチンペーパーで塩麹をざっと取り、水気を吸い取って、片面にブラックペッパーを振ると、ロール状に巻き、ラップでキャンディ包みにします。この辺りのやりかたも、動画がいくつもあります。

水が入らないように、ラップでキャンディ包みをもう一度繰り返します。こんな感じ。

Img_0456_c

茹でる前に、ストウブの蓋、ブラックペーパーも一緒に記念撮影。

Img_0452_a

実は、ストウブの蓋を立てているハウス型の多機能スタンドをお見せしたかったのですね。ハウスはひっくり返っている状態。

調理中、結構重いストウブの蓋の置き場に困ることがよくありました。専用の蓋もあるのですが、わたしの感覚からすれば、値の張る商品。で、Amazonで次亜塩素酸スプレーなんかを見たときに、蓋立てに何かないか探すと、ありました。

 

八幡化成 キッチン用多機能スタンド way-be APYUI MULTI STAND(アピュイ マルチスタンド) レッド
八幡化成(Hachimankasei)
サイズ:約W110×D93×H97mm
重量:約150g
材質:本体/ABS樹脂、屋根(受け皿)/エラストマー
原産国:日本
耐熱温度:本体/100℃、屋根/70℃
ASIN: B00E18QX2G

Img_0459_c

実際に立ててみるまでは、ストウブくんの重みでハウスが倒壊(?)するのではと心配でした。尤も、ハウスは最初から逆立ちさせていたんですけれどね。

この多機能スタンドは優れものでした。意外にも安定感があって、蓋の大きさによるでしょうが、うちのストウブの蓋はしっかり立っていました。ハウスの屋根は外せます。箸を立てたり、屋根に調味料を置いたりと、使い道は色々あるようです。

Img_0464_b

鍋に湯を沸かし、鶏を入れます。再度沸騰したら、数分加熱し、蓋をして冷めるまで放置。中が生っぽくなるのではないかとの心配があれば、茹でた湯と鶏を炊飯器に入れて1時間くらい保温するといいそうです。最初から炊飯器で作るやりかたもググれば沢山出てきます。次回はわたしも炊飯器で作ろうかな。

Img_2790_c

ネギソースを添えました。そのままでも美味しい。レモンを絞り、ちょっと辛子をつけても美味しいだろうと思い、レモンも添えました。この写真は娘が撮ってくれたのですが、わたしはわざと端っこを皿にのせました。ハムらしく丸くなった端っこを見ていただきたくて。 

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

新型コロナウイルス。日本の病院の中に中国資本のグループと提携する動き。「表現の不自由展」と極左暴力団体アンティファの結び付き。

WHOが新型コロナウイルスの正式名称を発表しましたね。COVID-19で、「コロナ(Corona)」、「ウイルス(Virus)」、「病気(Disease)」という単語と、この病気がWHOに報告された「2019年」の組み合わせでできているとか。

COVID-19については書きたいことが溜まっており、そのうちの一つはこのウイルスの発生、最初に拡散した地域と、臓器ビジネスの拠点とがたまたま重なっていたこともあって、今書いたこととは別の話題になりますが、あれこれ調べるうちに、日本の病院の中にも中国資本のグループと提携する動きが出てきていることがわかりました。

 

 

わたしには、COVID-19のニュースと同じくらい衝撃的なニュースでした。

藤田理事長は、2018年10月に中国の武漢(湖北省)などで複数の病院を展開する資本グループと提携したことを足がかりに、アジアでの展開を目標として掲げているそうです。臓器ビジネスの件がようやく明るみに出だしたところであるだけに、こうした提携には危惧を抱かずにはいられません。

COVID-19の話に戻ると、ツイッターで速報的に、河野防衛相が感染者の人数や入退院について、ヒゲの隊長(佐藤正久参議院議員)が外務省や防衛省の動きについて随時報告してくださるので、フォローしていると、状況の把握がしやすく、助かります。

時事ドットコムによると、国内でも重症者が出てきており、抗エイズウイルス(HIV)薬の投与が検討される例なども出てきているようです。

時事ドットコムの記事はクルーズ乗船客もごっちゃになっているようなので、分けて知るには、河野防衛相のご報告のほうがわかりやすいかもしれません。

 

あいちトリエンナーレの件でも、ご報告したいことが出てきました。

カテゴリー「あいちトリエンナーレ/ジャパン・アンリミテッド」の25件の記事
https://elder.tea-nifty.com/blog/cat24228090/index.html

今年4月に、台湾の台北当代芸術館で「表現の不自由展・その後」が開催の予定だそうです。台北当代芸術館は、日本統治時代に建成小学校として建てられたものだとか。親日家も多い台湾で、日台分断工作を行うということでしょぅか。

懸念すべきは極左暴力団体アンティファの関与です。

アンティファ(ANTIFA )はアメリカの極左暴力団体で、トランプ大統領がテロ組織に指定することを検討している危険な団体です。手強いはずです。アンティファ関連のツイートを5本紹介しておきます。

最後に、水に関する、とびきり新鮮なニュースを。同じ水の研究といっても、このニュースとは異なる領域の研究なのかもしれませんが、息子が学生のころの担当教官は水の研究における世界的権威でした。いずれにしても魚座のわたしには目を見張るニュースでした。

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

ふろふき大根

冬の味覚、ふろふき大根。といっても、めったにふろふき大根は作らないのですが、みないきぬこ『はじめてのストウブ』(池田書店、2018)に「ふろふき大根」のレシピが載っていて、たれにゆずごしょうを使うところが独創的だと思い、作ってみたくなりました。

Img_2781_2

ゆずごしょうを毎晩のようにあれこれに使っている夫が、このふろふき大根に大喜び。余ったふろふき大根を、翌朝も夫が嬉しそうに食べていました。

ストウブで煮たほくほくの大根に、ぴりっとする甘すぎないたれ。確かにとても美味しい。でも、たれがどうであれ、若い頃の夫は大根料理に無感動だったので(仕方なく食べているという風でした)、年とってもずっと野菜料理が嫌いなままかと思っていました。

若い頃はとにかく肉で、今でも肉は好きです。そして、嫌いだった魚の煮付けや煮物が好きになり、時々、味噌汁にすら(?)感動している姿は不思議な光景。

中国の有様を見ていると、新型コロナウイルスが心配です。日本では外食やお惣菜、インスタントのもので済ませる人が増え、栄養状態もコンディションに関係してくることを思えば、その点でも不安になります。

話を戻せば、ゆずごしょうは今では珍しい調味料ではなくなりました。昔はそうではなかったと思います。わたしは大分県日田市で暮らしていたとき、「ゆずごしょう」を知りました。それまで暮らした佐賀県、福岡県では見たことがありませんでした。

ウィキペディアを見ると、ゆずごしょうの発祥は諸説あるようですが、大分県日田市が最初に挙げられています。なるほど、と思いました。

地元のかたから手作りのゆずごしょうをいただいたことがあり、そのあまりの美味しさに驚きました。くすみのない鮮やかな緑色をしていて、見るからに瑞々しいものでした。香りも味も素晴らしかった……

いろいろなメーカーのものを使ってみましたが、あれほど美味しいゆずごしょうには、あれ以来出合っていません。ググッてみると、ゆずごしょうの作り方が出てくるではありませんか。

便利な世の中になったものです。ググれば、ドラエモンのポケットのように何でも見つかりますね。そのうちチャレンジしてみようと思います。

 

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

朗報、新型肺炎はエイズ・インフル薬で治癒するらしい

ニュースやツイッターで流れてくる情報などから封鎖された武漢市の惨状が窺える一方では、中共と運命共同体的であるかのような政府の対応の異常さ――初動の遅れと甘い対応――から、絶望的な気分に陥っていた。

特に有本香さんのツイートで紹介された毎日新聞の元記者小川氏の「自民党対策本部の会合では『中国人入国拒否を』など暴論が相次ぎました。出席者の一人は『聞いててあきれた』。党幹部も『こういう時に人の本質が見える。政治家って本当にあたふたする』と嘆き顔でした」というツイートを閲覧したとき、ああどんなに一般人が議員さんたちに働きかけても無駄なんだという虚脱感を覚えた。

党幹部とは親中派のあのかただろうか。いずれにしても日本の置かれたシビアな現状に無頓着かつ聞く耳を持たない政治家とマスコミ関係者。このままでは日本も武漢の後を追うことになるとの悲痛な思いでニュースを読んでいると、次のような記事に出くわした。

「新型コロナウイルスで米株安 マスク高騰 ネットでデマ拡散するも慌てない鉄則」というタイトルの週刊朝日の記事である。この記事の中で、感染治療学分野の岩田健太郎教授は「不必要な騒ぎなのは、中国人を拒む店が出てくるとか、SNS上にデタラメな情報があふれていることです。デマが多く、中国の陰謀だとか、生物兵器だとかといった情報が出ています」と述べている。

中国の陰謀、生物兵器といった情報はツイッターで流れてきたので、わたしはそのソースを探して、大紀元のニュース記事「新型コロナウイルス、初期患者の3割は『海鮮市場に行っていない 医学誌が指摘』と、bioRxivにアップされたプレプリント(査読前の論文)に辿り着いた。

大紀元はニューヨークを本社とする法輪功系のメディアだが、大紀元の記事からは知的な印象を受けることが多いので、よくチェックしていた。

bioRxivにアップされた論文は、サイト「地球最期のニュースと資料 In Deep」2020年2月1日の記事「新型コロナウイルスに『HIV (エイズウイルス)』のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見。さらに『感染しても免疫を獲得できない示唆』を中国当局が示し、事態は新たな局面に」(URL: https://indeep.jp/found-hiv-in-wuhan-coronavirus/amp/)で知った。

わたしは医学にも科学にも無知なのだが、この2つの情報にはそのような憶測を生むだけの内容があると思った。

といっても、大紀元のニュース記事は国際的な医学誌「ランセット」に1月24日発表された論文がもとになったものであり、bioRxivにアップされたプレプリントは「Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike protein to HIV-1 gp120 and Gag」というタイトルの論文であって(※Google訳では「2019-nCoVスパイクタンパク質のユニークなインサートとHIV-1 gp120およびGagとの不思議な類似性」)、当然ながらそこに中国の陰謀、生物兵器といった言葉はない。

大紀元によると、中国当局の「武漢の海鮮市場が発生源」「死亡した2019-nCoV罹患者はすべて高齢者、疾患を患う人」という発表とは矛盾する内容が「ランセット」掲載の論文には書かれている。

また、国際的に有名な学術誌「ネイチャー」が2017年に武漢の研究所からのウイルスの漏えいについてその可能性を指摘していることから、一部の専門家は新型コロナウイルスが市場から20キロメートル南に位置する「武漢ウイルスP4研究所」から漏れ出した可能性があると指摘した。

「タイ政府『新型肺炎、エイズ・インフル薬で治癒』と発表」というタイトルの日本経済新聞の記事は、bioRxivにアップされたプレプリント(査読前の論文)の信憑性が裏付けられたようなニュースだった。

bioRxivにアップされた論文。

2019-nCoVウイルス(新型コロナウイルス)のスパイク糖タンパク質に4つの挿入が見つかった。4つのインサートすべてのアミノ酸残基はHIV-1 gp120またはHIV-1 Gagのアミノ酸残基と同一または類似している。これは自然界にはないことだ、と論文にはある。※HIVはエイズウイルス

新型コロナウイルスにエイズウイルスのタンパク質が挿入されているのであれば、なるほどエイズウイルス治療薬とインフルエンザ治療薬が効くはずだ。

もし中共の陰謀というのであれば(習近平派と対立する派だろう)、背後にアメリカのディープステイトがいるはずだとわたしは考えている。まあ陰謀であれ事故であれ動物が原因であれ、いずれにしてもタイで新型肺炎の患者がエイズ・インフル薬で治癒したというニュースは喜ばしい。今夜は久しぶりによく眠れそう。

今、bioRxivにアップされた論文をもう一度確認しようと思ってアクセスしたところ「この記事は取り下げられました。詳細はこちらをクリックしてください」という表示が出ていた。プレプリントだったので、研究コミュニティから受け取ったコメントに応じて修正するためであるようだ。

わたしは論文を既にダウンロード済みだった。畠違いだろうけど、化学を専攻した息子には論文が読めるかもしれないと思ったのだ。仕事が忙しくて最終論文をよいものに完成させる時間がなく、息子は博士課程を中退した。

実は昨年息子と喧嘩してしまい(それで正月も帰省しなかった)、わたしは早く仲直りしたいのだが、若い頃の自分を相手にしているようで、仲直りするにも難しい。

そういえば、ご報告がまだだった。幸いぎっくり腰と思われる腰の痛みは綺麗さっぱり治った。先月29日、内科を受診したときはまだ痛みがあったのだが、よくなった。受診についても記録しておくつもりなのだが、それは別記事にする。

長い記事になり、読み返す気力がないので、間違いがあるかもしれない。その確認はまた明日……それなら明日アップするという手もあるけれど、当ブログは覚え書きなので、とりあえずアップ。

締め括りに可愛いトムとジェリーの動画を貼り付けさせていただこう。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »