« Notes:不思議な接着剤 #81 『ユダの福音書』(ユダ福1) ①エッセネ派を連想させるイエスの教え。ボルヘスの見方。 | トップページ | 荒川弘のコミック『銀の匙 Silver Spoon』が面白い! »

2012年4月27日 (金)

シェ・リュイ・代官山のサバラン

シェ・リュイ・代官山のサバラン

デパートで『おめざフェア』開催中。

お、サバランのデザインが変わった!と思い、お店の人に尋ねたら、一昨年から変わったとのこと。

中身の構成(?)も、お酒の種類はじめ変わったそうで、詳しく説明してくださいました(忘れちゃいました!)。

写真は娘のお皿を拝借して。

あまりケーキを食べない夫も、サバランは好き。夫と、珈琲タイムにしました。如何にもパンっぽかった(今のもパンはパンですよ)、前のサバランのほうがよかった……とふたりの意見が一致。あくまで、わたしたちの好みの観点からの話です。お酒が利いているので、大人向きです。

他に横浜中華街の杏仁豆腐、餃子。
カネダイ大野商店のししゃも。

大左和老舗ののり茶漬けと玄米茶。娘は、朝食にさっそく、さらさらと大佐和ののり茶漬けを食べていました。

夫の好きなチョコレートショップが来ていましたが、出ているのは、普通のチョコではなさそうな商品だったので、訊いてからほしいようであれば買おうと、買わずに帰りました。でっかい白熊くんにも迷い……。

夫は、白熊くんはぜひ、ほしいようでした。

夫の再就職後の『おめざフェア』でよかったと思いました。

夫が、研修期間中の給与明細を見せてくれました。数日間の研修だったにもかかわらず、一月分の交通費がまるごとついていました。通勤には、車で往復1時間ほどかかります。

娘は書店勤務(契約)ですが、バスで片道20〜30分かかるのに、交通費は1日に100円しかつきません。

これって、マラソンで通勤し、行きか帰りのどちらかに、100円で売っている自動販売機を見つけて缶ジュースでも飲め、ってことかしら?

|

« Notes:不思議な接着剤 #81 『ユダの福音書』(ユダ福1) ①エッセネ派を連想させるイエスの教え。ボルヘスの見方。 | トップページ | 荒川弘のコミック『銀の匙 Silver Spoon』が面白い! »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェ・リュイ・代官山のサバラン:

« Notes:不思議な接着剤 #81 『ユダの福音書』(ユダ福1) ①エッセネ派を連想させるイエスの教え。ボルヘスの見方。 | トップページ | 荒川弘のコミック『銀の匙 Silver Spoon』が面白い! »