« 高橋大輔選手が、シネマ『道』のテーマで銅メダルの滑り | トップページ | 栗原はるみさんのボール »

2010年2月19日 (金)

麹花庵のどぶろく

麹花庵のどぶろく

 デパートの催し物場で、麹花庵のどぶろくを買いました。

 発酵中で、容器の破裂や液体の噴出の畏れがあるため、内容量からすると、かなり大きめのビンに入っていて、500mlが720mlのビンに充填されていました(写真のものは、前日夫が飲んだので、減っています)。

 どぶろくは初体験でした。

 能登産の米こしひかりと赤米(古代米)が使用されているということですが、フルーティーといいたくなる、さわやかな味わいに驚きました。

 夫に買ったつもりでしたが、忘れられない味わいに、わたしも今夜少し……。夫は昨晩飲んでみて、とても気に入ったみたいです。留守中に飲んでしまったら、怒るでしょうね。

 注意すべきことがあって、とぶろくは体内に入ってからも発酵を続けるために、時間が経ってから酔いが回るのだとか。

 飲みやすいからといってぐいぐい飲むと、ひっくり返るそうですよ。わたしも試飲して買い物を続けている間に酔いが回ってきました。

 体がきつくなるので、めったに飲まないお酒類ですが、このすばらしい味わいのどぶろくは飲みたくなります。

 甘口と辛口があり、どちらも美味しかったのですが、辛口は通向きかな。

|

« 高橋大輔選手が、シネマ『道』のテーマで銅メダルの滑り | トップページ | 栗原はるみさんのボール »

グルメ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麹花庵のどぶろく:

« 高橋大輔選手が、シネマ『道』のテーマで銅メダルの滑り | トップページ | 栗原はるみさんのボール »