« 舞い戻るべきか?&出張先の息子 | トップページ | 蠅の最期 »

2010年2月 2日 (火)

昨日の夕飯(土井勝先生レシピ『豚バラ肉の梅干し煮』)

20100202001447

 昨日の夕飯は、イカの刺身、豚バラ肉の梅干し煮、トマトと貝割れ菜のサラダ、ごぼうと厚揚げののっぺい汁でした。

P1180256

 土井勝先生のレシピ『豚バラ肉の梅干し煮』はさっぱりとした上品な美味しさで、家族に好評でした。ごはんが進みますよ。

 『土井勝 日本のおかず500選』(テレビ朝日コンテンツ事業部、1995年)からレシピをご紹介します。

[材料・4人分]
豚バラ肉(塊)400g,梅干し3個,サラダ油大さじ2,
A《だし汁2カップ,酒2/3カップ,みりん大さじ3,しょうゆ大さじ3》,
さやいんげん10本,塩少々

[作り方]

  1. 豚バラ肉は7~8mmの厚さの色紙切り、たけのこは5mm厚さの同じく色紙切りにします。
  2. 梅干しは種を出し、身をほじくます。
  3. 鍋にサラダ油を熱して豚肉を入れ、表面に軽く焼き色をつけて炒め、たけのこを加えてさっと炒めます。
  4. 梅干しを加え、Aのだし汁、酒、みりんを入れて4~5分煮、それからしょうゆを入れて火が通るまで5~6分煮ます。
  5. さやいんげんは筋を取り、塩を入れた熱湯でゆでて3~4㎝名長さに切り④で一煮します。
  6. 器に盛って煮汁を少量かけ、⑤のさやいんげんを散らします。

 わたしは豚バラの薄切り肉を使いました。3人で200g、梅干し2個で丁度よいくらいでした。たけのこはゆでて切ってあったものを使い、さやいんげんもありませんでしたが、レシピ通りに作ると見栄えがするでしょうね。たけのこだけではなく、じゃがいもや大根など、他の野菜でも美味しくできそうです。

P1180260_2

 トマトと貝割れ菜のサラダ。市販の青じそドレッシングをかけました。隠れマヨラーのわたしはマヨネーズも。P1180258_3
 『ごぼうと厚揚げののっぺい汁』は「あっさり味のおかず」(主婦の友社、平成19年)のレシピを参考にしたもので、既にご紹介済みです。
 こちら。⇒https://elder.tea-nifty.com/blog/2009/01/post-24b2.html

|

« 舞い戻るべきか?&出張先の息子 | トップページ | 蠅の最期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の夕飯(土井勝先生レシピ『豚バラ肉の梅干し煮』):

« 舞い戻るべきか?&出張先の息子 | トップページ | 蠅の最期 »