« 何てチャーミングな…… | トップページ | ごまダレ »

2009年6月12日 (金)

送っていただいたお人形をご紹介

P5290202

 大学時代の文芸部の先輩が送ってくださった、奥様が制作されたお人形です。

 奥様、ありがとうございました!

 時々お写真は送っていただいていたのですが、実物のお人形を見ることができて大満足です。

 大きさは掌にすっぽり収まるくらいで、軽いです。生地が絶妙に活用されていることに、驚きました。牛のお人形には黒地に白い水玉模様の生地が使用されているのですが、その水玉が牛の斑になったり、頭から角にかけた部分を担ったりしているのです。

 細かな部分までよく作られていて、牛の鼻の穴、牛の耳と尻尾、梟の尻尾と足など、見ていると楽しくなってきます。ほのぼのとした感じが漂っていて、どのお人形にも表情があり、存在感があります。

P5290210

 今にも語りかけてきそう……。

 それに何と、リクエストしていいんですって!

 ライオン、ラクダ、カンガルー、イルカ、……いろいろと浮かびますが、恐竜なんてのは? 無茶な注文でしょうか。何せ、わたしは裁縫しない人なので、すんなり呑んでいただけそうな注文も、途方もない無理な注文も、区別がつかないのです。

 恐竜のお人形なんて出現したら、わたしの児童文学作品『不思議な接着剤』に出てくる三人の子供たちが、喜ぶでしょうね、きっと。

 よし、駄目元で、先輩にわがままな注文をメールしてみようっと。

|

« 何てチャーミングな…… | トップページ | ごまダレ »

文化・芸術」カテゴリの記事

ぬいぐるみ・人形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何てチャーミングな…… | トップページ | ごまダレ »