« 市民図書館 | トップページ | ココログ、重い »

2008年12月19日 (金)

収穫あり

20081219210637 市民図書館の郷土資料コーナーで、市史を閲覧しました。
同じコーナーに、大野氏の著書もありました。

 市史は、想像したよりも、はるかに読み応えのある本で、すっかり魅了されてしまいました。

 借りることはできないので、今日のところはとりあえず、ここだけは……と思った箇所を20ページコピーし、メモをとりかけたところでタイムリミット。平日は午後9時まで開いているのですが、そこまではいませんでした。

 この市が卑弥呼の国と関係があってもなくても、あの時代を考えるには、ここの市史は第一級の資料に思えました。どこの市史も、こんなによく書かれているのでしょうか?

 市史という資料に着目した大野氏は、他の資料選びにおいても優れた手腕を感じさせ、教わることは多そうです。

|

« 市民図書館 | トップページ | ココログ、重い »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

創作関連(賞応募、同人誌etc)」カテゴリの記事