« 過去の作品 | トップページ | バリスタに描いて貰いました »

2008年10月 2日 (木)

最近の夕飯から~豚肉のビール煮

P9200034 サボってばかりで、ほとんど夕飯の記録にはなっていませんが、写真は溜まっていく一方です。

 その中から大人のムードの漂うレシピ、服部先生の『豚肉のビール煮』をご紹介します。

 レシピの横の服部先生の言葉に「国産のものは苦味がきついので、できればヨーロッパ産やアメリカ産のビールを使うといいでしょう」とありますが、わたしは日本のビール、それもキリンビールを使ったので、なるほど苦味がありました。次回は苦味の少ないビールで作りたいと思います。

 幸い、家族は美味しいといってくれ、少々苦味があったことを除けば、いい味でした。以前よく、豚肉をトマトと玉ねぎとしいたけと一緒にウィスキーを使って煮、スープを加えて、しょうゆとその半量の砂糖で味つけする料理を作りましたが、お酒で肉を煮ると臭みが消えて美味しいですよね。

P9200011  では、豚肉のビール煮「週刊 服部幸應のしあわせクッキング86号」(ディアゴスティーニ・ジャパン)からご紹介します。材料は4人分です。

∥豚ロース肉ソテー用(1枚80gのもの)4枚|にんにく2かけ|ローリエ1枚|ローズマリー少々|玉ねぎのみじん切り1/2個分|ビール2と1/2カップ|じゃがいも1個|牛乳1/4カップ|ナツメグ少々|ブロッコリー1/2個|A〔バター¦水・塩・こしょう各少〕|サラダ油、塩、こしょう、小麦粉、スープ(固形または顆粒スープ利用でよい)、バター∥

  1. 豚肉は塩、こしょう各少々を振る。フライパンにサラダ油少々を熱し、半分に切ったにんにくと肉を入れ、途中でローズマリー、ローリエを加えて両面を色よく焼き上げる。
  2. ①の豚肉に火が通ったら、豚肉と香味野菜類をとり出す。玉ねぎを加えて炒め、小麦粉大さじ2を振り入れてさらによく炒める。
  3. 深鍋に②を移してビールを入れ、とり出した豚肉を加えて蓋をし、40分ほど煮込む。
  4. ③の味をみてスープ1カップを加え、とろみがつくまで煮詰めて、塩、こしょう各少々で味をととのえる。
  5. 牛乳を温めて塩、こしょう各少々、ナツメッグを加える。裏ごししたじゃがいもを入れて好みのかたさに練り、バター20g加えて混ぜ合わせる。別鍋にAを温め、塩ゆでしたブロッコリーを加えてからめる。器に④を盛り、つけ合わせを添える。

|

« 過去の作品 | トップページ | バリスタに描いて貰いました »

コメント

豚肉のビール煮
素敵なお料理美味しそうですね

投稿: ryuji_s1 | 2008年10月10日 (金) 15:28

ryuji_s1様、たびたびありがとうございます。
少しにがくなってしまいましたので、またチャレンジしてみようと思います。
ryuji_s1様のホームページ、いつも素敵ですね。

投稿: マダムN | 2008年10月10日 (金) 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の夕飯から~豚肉のビール煮:

« 過去の作品 | トップページ | バリスタに描いて貰いました »