« NHKスペシャル「ワーキングプアⅡ」を観て&ファッション誌から浮かびあがるわが国の危機 | トップページ | 2回目のシフォンケーキ »

2006年12月12日 (火)

「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第74回

 ヤエミ様は五人の舞姫の眼前にお立ちになり、手本としての舞を披露してくださいました。

 派手なヨモギの舞に幻惑され、知らず知らず彼女の舞を真似るようになっていたわたしは、ヤエミ様の舞が簡潔と言ってよいほどすっきりとしていたことを、心地よい心の震えと共に再発見しました。

 舞が終ってから、深紅色の衣をしっとりした緑の衣の上に御召しになったお傍近く、緊張するあまり、わなわなとなって控えていたわたしにヤエミ様は、わたしのことを覚えていますか、とお尋ねくださり、あの時の9つの少女に返ったようになったわたしは、ごくんとうなずきました。

 ああ、まぎれもないヤエミ様のお傍にいるのだと思うと、我が身まで冴えわたる玉となって、乳色と透明な薔薇色をひろげたサファイア色を醸しました。

 それにお気づきになった気配がして、ヤエミ様のなつかしい薫り高い雰囲気に包まれる中で、調べが、さらさらとも、ころころとも、聴こえてきました。

 それは幽明を一つとする神秘な滝の音――、まさしく、この御方の霊の音調(トーン)に他なりませんでした……。

 音調は、7色の色域を秘し、金銀のすずしさも宿して乳色に満ちる、凛としてまろやかな玉の、しげしとばかりに降る滝の光景(ヴィジョン)として視覚化できたのです。〔

|

« NHKスペシャル「ワーキングプアⅡ」を観て&ファッション誌から浮かびあがるわが国の危機 | トップページ | 2回目のシフォンケーキ »

自作小説「あけぼの―邪馬台国物語―」」カテゴリの記事