07.2.9
記事のタイトル:昨日の夕飯(太刀魚と大根の煮つけ、胡瓜と牛肉の炒めもの)

胡瓜と牛肉の炒めものは、「毎日のお惣菜シリーズ1 野菜料理(1)」(婦人之友社、1985年)の中から同名のレシピを見て作りました。

レシピを、本から簡単にご紹介します。材料は4人分です。

▼胡瓜と牛肉の炒めもの

〔材料〕胡瓜2本、塩大さじ1/2、牛赤身肉60g、合わせ調味料(しょうゆ大さじ1/2、砂糖小さじ1、葱みじん切り大さじ1、にんにくすりおろし小さじ1/2、胡麻少々、胡麻油小さじ1)、胡麻油大さじ1/2、半ずり胡麻大さじ1/2、唐辛子粉(なくてもよい)。

 胡瓜は薄く小口切りにし、塩をふって少しおいてしんなりしたらさっとすすいで、水けをしぼる。
 牛肉はみじん切りにたたき、合わせ調味料でまぜる。
 フライパンを熱して牛肉を炒め取り出す。
 胡麻油を加えて熱し、胡瓜を強火で手早く炒め、塩を少々ふり、牛肉を合わせてかきまぜ、粉唐辛子、半ずり胡麻を加えてから、まぜる。▲

わたしはミンチで作りました。炒めた肉がちょっとパサついた感じになったので、合い挽き肉のほうがよかったかもしれないと思いました。やはり牛赤身肉を叩いて使ったほうが、美味しいでしょうね。