06.12.19
記事のタイトル:昨日の夕飯(中華風つくね、煮やっこの卵とじ、じゃがいもとグリンピースのスープ)

煮やっこの卵とじは「やりくりおかずと節約献立」(扶桑社、1999年)の中のレシピを参考にしました。本から簡単にご紹介します。材料は4人分です。

▼絹ごし豆腐2丁、5g入り削りカツオ2パック、エノキタケ1袋、卵3個、
A{砂糖・酒・しょうゆ各大さじ2強、ミツバ適量。

 フライパンで削りカツオを中火でカラ入りし、火から外す。豆腐は8等分、エノキタケは根元を落とし半分に切ってほぐす。
 冷めた削りカツオを手で軽くほぐし、上に豆腐を重ならないようにのせ、火にかける。豆腐の水分が出て煮立ったら、Aを全体にまわし入れ、エノキダケを散らす。
 再び煮立ったら卵を溶いてまわし入れ、ミツバのざく切りを散らす。▲

残念ながらエノキタケとミツバは、冷蔵庫にありませんでした。豆腐も1丁だったせいか、あまり水分が出てくれなかったので水を少し入れて作りました。熱々を食べると、体が温まります。