06.11.25
記事のタイトル:昨日の夕飯(タラの香草パン粉焼き、ミネストローネ、蓮根とこんにゃくの煮物)

 「おうちでシェフ味 おいしい基本のイタリアン」(世界文化社、2004年)から、『ミネストローネ』の作り方を簡単にご紹介します。

 鍋にオリーブオイルを熱し、にんにく、にんじん、キャベツ、玉ねぎ、セロリを入れて中火でいためる。野菜がしんなりしたら、じゃがいもを加え、さらによくいためる。水をひたひたになるくらいまで注ぎ、塩を加えて混ぜ、中火で約15分煮る。器に盛り、パルミジャーノチーズをかける。

 冷蔵庫にある材料で作れる、イタリアで親しまれているスープだとか。ミネストローネというと、トマトを入れるものだとばかり思っていましたけれど、何を入れてもいいんですね。野菜のごった煮という感じです。

 気軽に作れるミネストローネ。たっぷりかけたチーズとなかなか合います。黄色いものはさつまいもに見えますが、インカという名のじゃがいもです。