カテゴリー「マダムNのYouTube」の4件の記事

2014年3月 2日 (日)

聴く文学エッセイ№2 - 「同じ主題を繰り返すアンデルセンの童話 2014/03/02」

同じ主題を繰り返すアンデルセンの童話 2014 03 02

説明:
聴く、文学エッセイシリーズ№2。
自分が現在意識している場があり、そこからある範囲内に濃密に広がる世界(おらが村)があって、わたしたちは普段そこで喜怒哀楽を覚えながら暮らしているわけだが、アンデルセンは、このおらが村とは異なる世界があるということを、繰り返し語っている気がする。

|

2014年2月 8日 (土)

マダムNのYouTube、Google+ページ

YouTubeで文学に関する動画の公開を始めましたが、YouTubeはGoogle+と連携(連動)しており、それのプロフィールを作成する必要が生じたので、本日作成しました。

     

ちなみに、以下がGoogle+のプロフィール。

キャッチフレーズ
純文学の創作を行っています

自己紹介
ブログの管理、キンドル本の出版、動画作成を通して文学活動を行っています。
文学仲間はいますが、基本的に一匹オオカミの自由感を保っています。
神秘主義者でもあるので、作品に神秘主義的インスピレーション、イマジネーションが反映するのがわたしの作品の特徴といえるでしょう。
神智学(Theosophy)協会の会員で、ブラヴァツキー派。
プラトン、紫式部、世阿弥、バルザック、リルケ、ジョージ・マクドナルド、リンドグレーンのファンです。
佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社を創建した女性をモデルとした歴史小説にチャレンジしているところです。
他に、マグダラのマリアに関する歴史ミステリーを絡めた長編児童小説『不思議な接着剤』を執筆中。

 当ブログ、アマゾンの著者ページのプロフィールがごちゃごちゃして鬱陶しかった(?)ので、アマゾンのほうはこのGoogle+と同じプロフィールに変えようかと考えています。

 当ブログのプロフィールは、わたしの精神的軌跡を知りたいという物好きなかたのために、残しておきます。

 プロフィールに神秘主義者と書くことは、唯物論的無神論者を気取るのがスタイリッシュとされている現代日本では――少し古い価値観になってきているのかもしれませんが――自らに好まざる烙印を押す行為であるのかもしれません。

 でも、わたしの作品に神秘主義的傾向があることはまぎれもない事実なので、書くべきだろうと考えました。特に神智学の影響――かつて学んだことを学び直しているような既視感があります――を抜きにしては語れません。

「神智学(Theosophy)協会の会員で、ブラヴァツキー派」と書くと、派閥に分かれているような誤解を与えないかが心配ですが、神智学協会からはいろいろな人物が出ていて、その論文には内容の違いがあるので、誰の論文を最も信頼し、指針としているかをはっきりさせる意味で付け加えました。

|

2014年2月 7日 (金)

聴く文学エッセイ№1 - 「マッチ売りの少女」のお話と日本の現状

マイクに口が近すぎると呼吸音が入り、遠すぎると音が小さくなるという風で、初心者には難しい。結果として、音が小さくなりました。

これで9分15秒。一つのテーマで、わたしのような初心者が無理なくおしゃべりできるのは10分くらいだと思いました。

このアバターも借りてきました。エイリアンのアバターとどっちがいいかな。実際の動きとはずれがありますが、便利ですね。このアバターはキスでもするみたいによく口が尖るのが困りますが……。

 ともあれ、文学動画――聴く文学エッセイシリーズ――№1です。

|

2014年2月 4日 (火)

ブログでご挨拶:初動画

 前の記事でご報告したようにお試し動画を作ってみました。まだ慣れないので、聴き苦しいでしょうが、お許しを。

 ああ恥ずかし。でも、恥ずかしがっていては何もできませんものね。いやー、しんどいわ。

追記:
動画の中でうっかり「敷居が高い」という言葉を使ってしまいました。「ハードルが高い」という意味で使ったつもりでしたが、気になって調べたら、これは「何か不義理なことや不面目なことがあって、その人の家に行きにくいことを表す」そうです。
文学の動画を作るというのに、最初からこの有様では先が思いやられますが、こんな風に勉強していきたいと思っています。

|

その他のカテゴリー

Livly | Notes:アストリッド・リンドグレーン | Notes:アントニオ・タブッキ | Notes:グノーシス・原始キリスト教・異端カタリ派 | Notes:不思議な接着剤 | Notes:卑弥呼 | Notes:国会中継 | Notes:夏目漱石 | Notes:江戸初期五景1(萬子ひめ) | Notes:江戸初期五景2(天海・崇伝) | Notes:源氏物語 | Notes:百年文庫(ポプラ社) | Theosophy(神智学) | ◆マダムNの電子書籍一覧 | ◇高校生の読書感想文におすすめの本 | ★シネマ・インデックス | ★マダムNの文芸作品一覧 | ★当サイトで紹介した作家、思想家一覧 | ☆☆紹介記事 | ☆マダムNのサイト総合案内 | ☆メールフォーム | おすすめKindle本 | おすすめYouTube | おすすめサイト | お出かけ | お知らせ | ぬいぐるみ・人形 | やきもの | よみさんの3D作品 | アクセス解析 | アニメ・コミック | イベント・行事 | イングリット・フジコ・ヘミング | ウェブログ・ココログ関連 | ウォーキング | エッセー「バルザックと神秘主義と現代」 | エッセー「卑弥呼をめぐる私的考察」 | エッセー「宇佐神宮にて」 | エッセー「文学賞落選、夢の中のプードル」 | エッセー「映画『ヒトラー最期の12日間』を観て」 | エッセー「村上春樹『ノルウェイの森』の薄気味の悪さ」 | エッセー「百年前の子供たち」 | エッセー「精神安定剤」の思い出」 | エッセー「自己流の危険な断食の思い出」 | オペラ・バレエ・コンサート | オルハン・パムク | カリール・ジブラン(カーリル・ギブラン) | ガブリエラ・ミストラル | クッキング | グルメ | コラム「新聞記事『少女漫画の過激な性表現は問題?』について」 | シネマ | シモーヌ・ヴェイユ | ショッピング | テレビ | ニュース | ハウツー「読書のコツを少しだけ伝授します」 | バルザック | パソコン・インターネット | マダムNのYouTube | マダムNの他サイト情報 | マリア・テレジア | メモ帳Ⅰ | メモ帳Ⅱ | ライナー・マリア・リルケ | 俳句 | 健康 №1(治療中の疾患と服用中の薬) | 健康 №2(体調)  | 健康 №3(受診) | 健康 №4(入院) | 健康 №5(お役立ち情報etc) | 健康 №6(ダイエット) | 健康 №7(ジェネリック問題) | 健康 №8(日記から拾った過去の健康に関する記録) | 健康№8(携帯型心電計) | 児童文学 | 児童文学作品「すみれ色の帽子」 | 写真集「秋芳洞」 | 創作関連(賞応募、同人誌etc) | 占星術・タロット | 友人の詩/行織沢子小詩集 | 地域 | | 夫の定年 | 季節 | 家庭での出来事 | 山岸凉子 | 思想 | 息子の就活 | 息子関連 | 手記「枕許からのレポート」 | 文化・芸術 | 文学 №1(総合・研究)  | 文学 №2(自作関連) | 日記・コラム・つぶやき | 時事・世相 | 書籍・雑誌 | 未来予知・予測(未来人2062氏、JJ氏…) | 村上春樹 | 村上春樹現象の深層 | 東京旅行2012年 | 植物あるいは動物 | 検索ワードに反応してみました | 歴史 | 瀕死の児童文学界 | 父の問題 | 珈琲 | 神戸旅行2015 | 神秘主義 | 福島第一原発関連 | 科学 | 経済・政治・国際 | 美術 | 能楽 | 自作小説「あけぼの―邪馬台国物語―」 | 自作童話「不思議な接着剤」 | 芥川賞 | 萬子媛 - 祐徳稲荷神社 | 評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち』 | 評論・文学論 | | 電子書籍 | 音楽