カテゴリー「ぬいぐるみ・人形」の60件の記事

2016年9月21日 (水)

この子をモデルにした短編児童小説を書いていました。創作予定。

20160921_b1_2

ふと、この子をモデルにした短編児童小説を書きたくなり、書いていました。

大学時代の女友達が息子の誕生祝いに贈ってくれた、くまのぬいぐるみ。子供たちが小さいころに抱っこして遊び、それから30年以上経ちますから、くたびれています。

トルストイの『戦争と平和』関連で図書館から借りたフリーメーソン、イルミナティに関する本の返却日が迫っており、もう少しメモしておきたい断片があります。

フリーメーソンやイルミナティに特に関心があったわけではありませんが、歴史や神智学についてネット検索するとき、よく出てくるので、どんなものなのか知りたいと思っていました。

結局のところ、原則として女人禁制らしいこれらの正体や本質は判然としないながら、フリーメーソンといっても各ロッジによって多様性があるらしいこと、そしてそのロッジの中にはイルミナティのオルグ、破壊活動によって変質したものもあったらしいことなどがわかったように思います。

公式的には現在、イルミナティという名の組織は存在しないようですし、かつてのイルミナティすらも別の組織に乗っ取られていたという説すらあるとなると、もはやわけがわからなくなります。

ですから、イルミナティの創設者ヴァイスハウプトの著作を邦訳版で読むことができたのはありがたいことでした。しかし、その内容に潜む問題性、危険性を見過ごすことはできないように、わたしには思えました。

特に、諸哲学に対する理解の仕方が短絡的であるところ、その偏頗な理解でもってそれらを価値なしと断罪するところが問題で、その薄っぺらな内容に驚かされる一方では、秘密結社の組織論の方は馬鹿に充実し、肥大しているのが異様に思われました。

邦訳版を今手にすることができたということは、イルミナティの思想が現代にまで受け継がれてきたということを意味します。

カール・マルクスも影響を受けているようです。ロシアのフリーメーソンを研究した本にこの辺りのことが書かれています。

芥川賞受賞作品『コンビニ人間』の感想もメモだけで止まっています。感想を記事にしておきたいと思うのは、作品の内容に引っかかるところがあるからです。

萬子媛をモデルとした小説に手を加える作業は10月を予定しており、今年いっぱいは延長可という計画です。そして来春には電子書籍にしたいと考えています。

来年には『不思議な接着剤』の続きに取りかかりたいものです。

創作以外の神秘主義関係の記事に時間をとられがちですが、わたしにとってはおろそかにはできない分野です。

|

2015年5月16日 (土)

「珈琲舎のだ」で、のだロール。釜めしビクトリアでAコース。「レイメイ」にいたウサギのレディ。殻付きアーモンド。

昨日、娘と小倉に出かけました。ちょっとした用事がありまして。そこから博多に向かい、博多駅にあるアミュプラザと阪急百貨店へ。

阪急百貨店6階に、大名本店に行って以来ファンになった「珈琲舎のだ」が入っているのを発見し、入りました。

本店の格調の高さはそのままに、百貨店に合う雰囲気の喫茶店です。お店の方に写真を撮ってブログに載せていいか、お尋ねすると、「どうぞ、どうぞ!」と快いお返事。

珈琲舎のだの前身「喫茶アイドル」が1966年4月1日に誕生。1970年に、店名が現在の「珈琲舎のだ」に変わったのだそうです。

20150515135357e_2

博多地区にサンプラザ店(コーヒー通販部 焙煎室)、博多阪急店(カフェレジェン 珈琲舎のだ)、天神地区にミーナ天神店、ソラリアプラザ店、大名本店があります。

ホームページとフェイスブックがあります。

コーヒーとケーキを注文しました。

ケーキは全種類をお皿に盛って、テーブルまで持ってきてくださいます。その中から選んだのは、娘もわたしも「のだロール」。

20150515135239b

生クリームに寄り添っているのはマカロン、黒い粒はチョコレートです。どれもほどよい甘さ。

20150515135417b_3

コーヒーも、カップからして素敵です。写真には写っていませんが、コーヒーにはたっぷりの生クリームがついてきます。

20150515135437b

贅沢な時間を味わいました。

あちこちうろついたあとで、ごはんはいつものように新天町の釜めしビクトリアへ。選んだのはAコース。

  • 食前酒
  • 突き出し
  • サラダ
  • お好みの釜めし
  • 赤だし(又は吸い物)
  • ミニお新香
  • コーヒー(又はデザート)

20150515165551d

暑かったので、食前酒の冷たい梅酒が美味しかった!

20150515170049a

写真に影が写ってしまいましたが、この突き出し、いけました。向かって右端の揚げたてのハンペンが特に。

20150515170709a

わたしが選んだ釜めしはえび。娘は月見。

ちょっとのぞくだけだったはずの輸入品店「レイメイ」で、娘はウサギのレディに捕まりました。「レイメイ」の人形は語りかけてくるのです。

照明の加減だろうか、どこが他のお店と違うのだろうか、と行くたびに考えるのですが、わかりません。

20150516072402d

わたしは小皿がほしいと思っていましたが、気に入ったものがありました。トルコ製で、一つ600円ぐらいでした。よく見ると、同じ色のお皿でも模様が微妙に違っているのです。

20150516074004a

夫のおつまみに、阪急百貨店の地下食品売り場で殻付きアーモンドを買いました。その上のは博多駅の「MIKADUKIYA」で買ったクロワッサン。いろいろありましたが、メープル、チーズ、よもぎを選びました。

20150516192335

殻付きアーモンドって、珍しいですよね。わたしも食べてみました。

本当は、小倉をちょっとぶらついて帰るはずだったのです。でも、せっかくここまで来たのなら、と博多まで行きたくなってしまったのでした。

博多をぶらついても結局、珈琲舎のだ、釜めしビクトリア、レイメイに行かないと落ち着きませんでした。これらのお店は、今住んでいる街にはありません。

ウサギのレディが娘とわたしを呼んだのかもね。

あ、忘れていましたが、この子は陶器の宝石匣になっているのです。上着の裾のところからパカッと開きます。娘は御守り代わりにつけている珊瑚のネックレスを入れるつもりだったようですが、結構深く、取り出しにくそうなので、置物専用になるのかも。

ウサギのレディは存在感がありますよ。とてもお洒落だし。ポケットに傘(?)を突っ込んでいるのが気になりますが……

20150516073640b_2

|

2015年3月25日 (水)

ぬいぐるみの受け入れ制限

昨夜、娘は女友達と食事に出かけたのですが、その人はクレーンゲームの名手なのです。過去記事でも書きました。

これまでに大中小のぬいぐるみを娘が貰って連れ帰り、それでなくともぬいぐるみ過剰気味だった我が家は今や受け入れ制限せざるをえない状況となりました。

可愛らしいのでつい受け入れてしまいますけれど、娘もそのようで、でも今後はお断りすることに。

で、昨夜連れ帰ったのは、どちらも娘が思わず抱きしめたであろう、フェネックと柴犬のぬいぐるみ。わたしもつい、「どちらがママの?」といってしまいました。わたしのは柴になりました。

これ、かなり大きいですよ。

Mui3

この記事を書きながら視線を感じたので見ると、自分たちも写してくれというおねだりでした。

Nuig6

アルパカとポムポムプリンも、その人がクレーンゲームで釣ったものです。フェネックと柴犬は何と500円で釣り上げたとか。

ぬいぐるみがお好きな方は、カテゴリー「ぬいぐるみ・人形」へどうぞ。他にも、ぬいぐるみの写真を公開中です。→ここ

話題が変わりますが、食器洗剤って、すぐになくなりませんか? 

Cous2

6倍入りを見つけて、満足しました。使い切った容器に、これから移すところです。

一緒に写したクスクスは昨夜娘がジュピターから買ってきたものですが、今夜、クスクス料理に初挑戦してみたいと思っています。

記事を書く前にレシピを検索していました。過去記事で書いたキヌアはアマゾンで注文していて、明日くらいに届くでしょう。

|

2014年5月 8日 (木)

スヌーピーの入浴。神智学の電子書籍3冊。

 ここ二日ほど、以下の本で初期佐賀藩のお勉強をしていました。祐徳院様をモデルとした初の歴史小説を書くためには読んでおきたい本の1冊です。

 立派な内容だと思います。が、お勉強と思ってしまうと、眠くなってしまって……。

初期の鍋島佐賀藩 藩祖直茂、初代勝茂、二代光茂のことども
田中 耕作 (著)
佐賀新聞社 (2000/10)

 で、気分転換に、見過ごせないくらい(?)汚れてしまっていた2匹を入浴させました。乾かし方はやや乱暴でしたが……。

S3

 天気がまあまあよかったお陰で、乾きました。2匹とも、すっかり綺麗になりましたよ。以下の写真はパソコン台でくつろいでいるところ。

S6

 スヌーピーの耳は大丈夫でしたよ。

 このあと再びお勉強し、また気分転換がほしくなり、kindleストアを見ていたら、神智学の本3冊が目に入りました。

 買いそびれていたラーダ・バーニア著『他に道なし: 霊的生活の探求』が300円で出ていたので、購入。

 ラーダ・バーニアは1923年インド生まれで、もうお亡くなりになりましたが、1980年から神智学協会第7代会長でした。

 国際会長の選挙で4回も再当選し、その間に3度来日、講演をなさったので、行きたいと思っていましたが、行けませんでした。

 解説を読むと、彼女は1951年にジャン・ルノワール監督の映画『河』に出演なさったとか。

『他に道なし: 霊的生活の探求』を読んで、背筋が伸びました。

 他に2冊、紹介したい神智学関係の電子書籍が出ていました。

 改訂版『シークレット・ドクトリン 宇宙発生論《上》』から省かれた「シークレット・ドクトリンの沿革」「シークレット・ドクトリンの議事録」が、それぞれ電子本になっています。

 ブラヴァツキーの著作に対する低レベルの誹謗中傷が後を絶ちませんが、せめて、これらの本を読んでからにしてほしいものです。

 神智学の検索ワードでお見えになるかたもあるので、この電子本3冊は、記事を改めて、きちんと紹介したいと思っています。

|

2013年12月10日 (火)

プチぬいぐるみのレンレンにお友達ができました(靴下にゃんこ&ロッシ―)

Petit

 向かって右端は、以下の記事で紹介したプチぬいぐるみのレンレンです。レンレンという名がついていました。わたしの携帯電話につけています。小さなぬいぐるみなのです。

 そのレンレンに、お友達を連れてきたのは――例によって――娘です。靴下にゃんことロッシ―ですが、大きさがレンレンと同じくらいでびっくりしました。

|

2013年10月 3日 (木)

わあ、ミスドのキティちゃんぬいぐるみだ~!

Halloween_blog

 ミスタードーナッツのMISDO HALLOWEEN BOX。ミスドハロウィーン ドーナッツを含むドーナツ・パイ7個+ミスド ハローキティぬいぐるみ=セットで¥1,000。

 娘が買ってきました。キティちゃん、くれるんですって。仕事を選ばない、プロフェッショナルなキティちゃん、尊敬します。魔女の装いも似合っていますよ。ドーナッツ、美味しいわ。

 児童小説『すみれ色の帽子』無料キャンペーン中です。ドーナッツ頬張りながら、読書の秋を味わうのも素敵です。

 魔女伝説を遡ると、異端カタリ派に行き着きます。お子様はただいま無料キャンペーン中の児童小説『すみれ色の帽子』、お母様はカタリ派やマグダラのマリアに触れた『昼下がりのカタルシス』なんて如何でしょう?  

 無料キャンペーン期間は、昨日から6日午後5時までの4日間となります。無料期間中はダウンロード画面で「kindle購入価格  ¥0 と表示されます。

 以下は有料です。サンプルをダウンロードできます。

|

2013年7月19日 (金)

博多で ②馬の革細工

20130719215922

 博多に行ったときは必ず寄る新天町のレイメイで、20㎝くらいの高さの馬の革細工と出合いました。革細工なのに、ぱっちりとした目があり、その目と合ってしまったのです。しかも値段は3,000円もしませんでした。インド製です。

 本棚に置けます。

20130719220456

 目はくっきりとしているのですが、携帯ではうまく撮れませんでした。 

|

2013年5月21日 (火)

モロゾフの「プリーナちゃんぬいぐるみ」がほしいわ~!

20130521191613_2

 プリーナちゃん、かわゆい。抽選で当たるそうです。

 “期間内に販売している全ての生菓子のプリンお買い上げ税込630円ごとに1枚お渡しする応募券を2枚1口にして応募ハガキに貼り、ご応募いただくと抽選で600名様に「プリーナちゃんぬいぐるみ」をプレゼント!

 詳しくは、モロゾフのホームページへ。

201305212050000

 カスタードプリン ミルクリッチの向こうに見えているのは、中身がほとんどなくなったオリーブオイルスプレッド(エキストラ バージンオリーブオイル)の瓶です。

 朝のバターがコレステロールに影響しそうな心配が出てきた、わたしたち夫婦。夫はマーガリンよりオリーブオイルのほうが好みです。体によいといわれるオリーブオイル。

 パンにオリーブオイルを塗り、軽く塩こしょうをしてトーストすると、いけると夫。オリーブオイルを二度塗りしたりもします。

 わたしはトーストせずにオリーブオイルに浸すほうが好きですが、だいたい前日のご飯がタッパーにあるので、パンよりそれを朝ご飯にすることのほうが多いです。夫は朝は絶対的にパンの人。

 スプレッドタイプは塗りやすいそうですが、伸びないので案外量がいるとか。使い切ったら、液体のオリーブオイルでいいそうです。

 ジャムではマーマーレードが夫の好みで、昔ながらの皮の苦みの残るタイプが好きだといいますが、今時、そんなマーマーレードにはお目にかかれません。

 最近はカルディにコーヒー豆を買いに行ったときに、インポートもののジャムを買います。

| | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

羊のぬいぐるみ〜! (アルパカの間違いでした)

20130404192522

 娘は今日お休みで、職場のお友達とホテルのランチバイキングに出かけたのですが、そのお友達はクレーンゲームの名手で、この羊のぬいぐるみを釣ってくれたそうで……。

 背中に乗っているのは、誕生日に娘から貰ったハロッズの犬のぬいぐるみです(馬のペンダントも贈ってくれるといっていますが、わたしはチョコも貰ったし、満足していますよ)。

 小さい子がいるわけでもないのに、狭い家なのに、ぬいぐるみ人口(?)の高い我が家。犬や猫の代わりに、娘がぬいぐるみを拾ってくるという感じですが、可愛らしさには負けてしまいます。

 それに、ぬいぐるみを見ていると、童話を書きたい気分になります。

 そういえば、深夜に、ワシと羊の出てくるテレビ番組があっていましたっけ。

 追記:名札にアルパカの「いちごみるく」とありました。おばさん、失礼しちゃったわね。いちごみるくちゃん……。

|

2013年2月22日 (金)

誕生日に家族から貰ったもの

201302211519000blog

 息子が誕生日に豪華な花束を贈ってくれました。二つにわけて生けています。デジカメで撮りたかったのですが、調子が悪く、携帯で撮りましたが、うまく撮れませんでした。

 部屋の中が百合の花の香りでいっぱいです。また百合の詩か俳句ができるでしょうか。

20130222212327_3

20130222212357blog_4

  娘はぬいぐるみとリンツチョコ。

2013022118520002blog_3

 前にハロッズの紅茶売り場にいたこの子を見て、可愛いわね、と娘と話していたのです。うちに連れてきてくれるなんて……。娘の撮影。

201302211845000_2

 ナンと、お小遣いの少なくなった定年後の夫まで、図書カードをくれました。わたしが書店でGIMPの本を長々と見ていたので、それを買えばいいといってくれました。

 何の本を買おうかしら。よく考えて決めます。夫には何より、良識的な行動を望むばかり。それが一番の贈り物となるでしょうが、時間が経たなければ、わたしにはわかりません。

 娘が贈ってくれたリンツチョコはお洒落でお得なセットでしたが、以下の商品もおススメです。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Livly | Notes:アストリッド・リンドグレーン | Notes:アントニオ・タブッキ | Notes:グノーシス・原始キリスト教・異端カタリ派 | Notes:不思議な接着剤 | Notes:卑弥呼 | Notes:国会中継 | Notes:夏目漱石 | Notes:江戸初期五景1(萬子ひめ) | Notes:江戸初期五景2(天海・崇伝) | Notes:源氏物語 | Notes:百年文庫(ポプラ社) | Theosophy(神智学) | top page | ◆マダムNの電子書籍一覧 | ◇高校生の読書感想文におすすめの本 | ★シネマ・インデックス | ★マダムNの文芸作品一覧 | ★当サイトで紹介した作家、思想家一覧 | ☆☆紹介記事 | ☆マダムNのサイト総合案内 | ☆メールフォーム | おすすめKindle本 | おすすめYouTube | おすすめサイト | お出かけ | お知らせ | ぬいぐるみ・人形 | やきもの | よみさんの3D作品 | アクセス解析 | アニメ・コミック | イベント・行事 | イングリット・フジコ・ヘミング | ウェブログ・ココログ関連 | ウォーキング | エッセー「バルザックと神秘主義と現代」 | エッセー「卑弥呼をめぐる私的考察」 | エッセー「宇佐神宮にて」 | エッセー「文学賞落選、夢の中のプードル」 | エッセー「映画『ヒトラー最期の12日間』を観て」 | エッセー「村上春樹『ノルウェイの森』の薄気味の悪さ」 | エッセー「百年前の子供たち」 | エッセー「精神安定剤」の思い出」 | エッセー「自己流の危険な断食の思い出」 | オペラ・バレエ・コンサート | オルハン・パムク | カリール・ジブラン(カーリル・ギブラン) | ガブリエラ・ミストラル | クッキング | グルメ | コラム「新聞記事『少女漫画の過激な性表現は問題?』について」 | シネマ | シモーヌ・ヴェイユ | ショッピング | テレビ | ニュース | ハウツー「読書のコツを少しだけ伝授します」 | バルザック | パソコン・インターネット | マダムNのYouTube | マダムNの他サイト情報 | マリア・テレジア | メモ帳Ⅰ | メモ帳Ⅱ | ライナー・マリア・リルケ | 俳句 | 健康 №1(治療中の疾患と服用中の薬) | 健康 №2(体調)  | 健康 №3(受診) | 健康 №4(入院) | 健康 №5(お役立ち情報etc) | 健康 №6(ダイエット) | 健康 №7(ジェネリック問題) | 健康 №8(日記から拾った過去の健康に関する記録) | 健康№8(携帯型心電計) | 児童文学 | 児童文学作品「すみれ色の帽子」 | 写真集「秋芳洞」 | 創作関連(賞応募、同人誌etc) | 占星術・タロット | 友人の詩/行織沢子小詩集 | 地域 | | 夫の定年 | 季節 | 家庭での出来事 | 山岸凉子 | 思想 | 恩田陸の怪しい手法オマージュ | 息子の就活 | 息子関連 | 手記「枕許からのレポート」 | 文化・芸術 | 文学 №1(総合・研究)  | 文学 №2(自作関連) | 日記・コラム・つぶやき | 時事・世相 | 書籍・雑誌 | 未来予知・予測(未来人2062氏、JJ氏…) | 村上春樹 | 村上春樹現象の深層 | 東京旅行2012年 | 植物あるいは動物 | 検索ワードに反応してみました | 歴史 | 瀕死の児童文学界 | 父の問題 | 珈琲 | 神戸旅行2015 | 神秘主義 | 福島第一原発関連 | 科学 | 経済・政治・国際 | 美術 | 能楽 | 自作小説「あけぼの―邪馬台国物語―」 | 自作短編童話「風の女王」 | 自作童話「不思議な接着剤」 | 芥川賞・直木賞 | 萬子媛 - 祐徳稲荷神社 | 評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち』 | 評論・文学論 | | 連載小説「地味な人」 | 電子書籍 | 音楽