« あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」中止のその後 その11。芸術監督・津田大介氏及び同展実行委員会による、日本外国特派員協会でのそれぞれの記者会見 | トップページ | あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」中止のその後 その12。週刊ポスト問題で浮き彫りになったマスコミのダブルスタンダード。 »

2019年9月12日 (木)

久しぶりの一太郎

最近、何かと雑用に追われて、更新が滞りがちです。

先月末、一太郎を購入しました。

ジャストシステムが販売する日本語ワープロソフト「一太郎2012 承」(漢字変換ソフト「ATOK 2012」付属)を電子書籍作りのために2012年に購入してずっと使っていました。そのサポートが2015年2月に終了し、Windows 10 対応表にも記載はありませんでした。

ATOKは不具合が生じて操作自体に影響するようになったので、アンインストールせざるをえませんでした。「一太郎2012 承」は何とか使っていたものの、夫がパソコンのボタン電池を交換してくれたときに、何らかの不具合が生じて真っ白に。

2019年3月28日 (木)
パソコンの入院
http://elder.tea-nifty.com/blog/2019/03/post-8807.html

2019年3月30日 (土)
パソコン復活(まだアイパッドから)
http://elder.tea-nifty.com/blog/2019/03/post-a35d.html

そのときには幸い、パソコンは入院させなくても済みましたが、復活させるまでの長い道のりは思い出したくないほどです。わたしの能力だけでは復活に漕ぎ着けることはできなかったでしょうし、夫の能力だけでも無理でした。

尤も、消えたものも多いので、完全復活とはいきませんでした。無駄なものもあれこれ入っていたので、断捨離にはなりましたけれど。パソコンが使えなかった間、息子に貰った iPad が重宝しました。

その3月にWindows 10 を入れ直したときの話になりますが、「一太郎2012 承」を入れるかどうかで迷いました。また不具合を惹き起こすことが予想され、もう限界かなと思ったのです。

一太郎がなくても電子書籍は作れるとはいえ、ずっと一太郎でやってきたわたしにとってはほぼ必需品。無料でダウンロードできる「一太郎ビューア」を入れ、作成済みの電子書籍を確認したりしていました。見るだけの機能なので、一太郎の買い替えを決めました。

それからはジャストシステムからのメールを欠かさずチェックし、直営ECサイト「Just MyShop」にも行って、最新版が安くならないか半年近く見ていました。

結局、一太郎のお誕生日まで待ちましたよ。8月28日だったかな。お誕生日まで待っても安くならないことがわかったので(他の商品とのセットやポイントに注目すれば、多彩な商品展開だったとはいえます)、一太郎のお誕生日の記念にブランケット&クッションがついているということでもあり、Just MyShop で購入しました。

ちなみにブランケット&クッションは、畳まれたマイクロファイバーの薄いブランケットが一枚折り畳まれて収納ポーチに入っていました。その状態だとクッションになるそうですが、クッションにするには可愛らしすぎました。夫が職場で仮眠をとるときに役立ちそうなので、夫にやりました。

「一太郎2019 特別優待版 [DL]」だとMyShop価格:7,992 円 (税込)。特別優待版の購入対象は、「ジャストシステム製品、またはMicrosoft Office / Word /Excel / PowerPointの登録ユーザー様」となっています。わたしは2012年に「承」を購入しているので、特別優待版を購入できました。

今Amazonで見ると、6,000円しませんね。でも、わたしはダウンロ―ド版ではなく、手元に DVD-ROM を置いておけるバッケージ版がほしいと思いました。その「一太郎2019 特別優待版」ですと、MyShop価格:10,044 円 (税込)です。

ちなみに、「一太郎2019 通常版」は、MyShop価格:20,520 円 (税込)。特別優待版はお得ですね。何しろ、「一太郎2019 プレミアム 特別優待版」がMyShop価格:18,468 円 (税込)なのですから、通常版より安くプレミアム特別優待版が購入できるのです。

へえーと思って、プレミアム特別優待版を改めて見ると、「一太郎2019」に、「秀英体」厳選8書体、「日本語シソーラス 第2版 類語検索辞典 for ATOK」、国語辞典「明鏡国語辞典 第二版 for ATOK」、統合グラフィックソフト「花子2019」、メールソフト「Shuriken 2018」、読み上げソフト「詠太9」、「JUST PDF4[作成・編集]」が搭載されているのですから、これはお得だなと思いました。

この中でとりわけわたしがあればいいなと思ったのは、「JUST PDF4[作成・編集]」でした。これがなくても、一太郎で作成した文書を PDF 形式で保存することはできるのですが、作成・編集はできません。

これがあれば、祐徳稲荷神社の創健者・萬子媛をモデルとした小説を印刷屋さんで簡易製本して貰うときに役立つはずです。いつそのような形にできるかはわかりませんが、俄然やる気が湧いてきました。

で、プレミアム特別優待版を購入しました。

まだ機能を全部確認できていない段階ですが、一つ残念だったのは、「ATOK Pad」が入っていないことでした。すごく使いやすいメモ帳だったのです。

そして、Microsoft が2019年5月22日に提供を開始した Windows 10 の新大型アップデート「May 2019 Update (バージョン1903)」が昨日、わがパソコンへも「オラオラ提供するぞ」とやってきました。夫のパソコンへも同じころにやってきていました。

ところが、わたしは大型アップデートであることに気づかなかったのです。気づいていれば、外付けハードディスクを外して入力方式を「ATOK for 一太郎2019」から「Microsoft IME」に変更し、さらに常駐中の「ATOKイクミル(単語検索)」を終了して……準備万端整えてから始めたでしょう。

気づいたときにはすでに始まっており、案の定ダウンロードが75%まで進んだところで、止まってしまいました。ググると、大型アップデートのダウンロード・インストールには時間がかかるもので、まる1日かかることもあるようでした。ダウンロードだけでも、環境によっては「かなり」かかることがあるとか。

「かなり」というのが具体的に何時間なのかわからなかったので、3時間ほど放置。それでも、うんともすんともいわないので、再起動したところ(回復ドライブは前述した痛い経験の後で作成してありますが、これを使うのは億劫)、相変わらずダウンロード75%と表示されたままでした。

が、外付けハードディスクを外し、入力方式をMicrosoftのものに変更し、ATOKの単語検索ナビを終了させていたせいか、しばらくすると進みだし、インストールも2時間ほどで無事に終えることができました。これならすぐに再起動すればよかった……

|

« あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」中止のその後 その11。芸術監督・津田大介氏及び同展実行委員会による、日本外国特派員協会でのそれぞれの記者会見 | トップページ | あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」中止のその後 その12。週刊ポスト問題で浮き彫りになったマスコミのダブルスタンダード。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」中止のその後 その11。芸術監督・津田大介氏及び同展実行委員会による、日本外国特派員協会でのそれぞれの記者会見 | トップページ | あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」中止のその後 その12。週刊ポスト問題で浮き彫りになったマスコミのダブルスタンダード。 »