« 岩波少年文庫の総選挙。お小遣いで初めて買った小説、ベルテ・ブラット(石丸静雄訳)『アンネは美しく』(偕成社、1970) | トップページ | 緊迫感のあった安倍総理の街頭演説。ハイタッチはできなかったけれど……。 »

2019年7月 9日 (火)

評論『村上春樹と近年の…』をお買い上げいただき、ありがとうございます!(村上春樹が中国の若者にもたらした影響を考える)

評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち(Collected Essays 1)』(Kindle版、ASIN:B00BV46D64)をお買い上げいただき、ありがとうございます! 

7月9日ごろ、お買い上げいただいたようです。『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち』は、80冊お買い上げいただいたことになります。

  • オーストラリア……1冊
  • ブラジル……1冊
  • カナダ……1冊
  • 日本……35冊
  • アメリカ……33冊
  • ドイツ……4冊
  • イギリス……2冊
  • メキシコ……1冊
  • イタリア……1冊
  • フランス……1冊

サンプルをダウンロードできます。

村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち(Collected Essays, Volume 1)

以下に、アマゾンに掲載中の商品説明を引用します。

商品の説明

自由な立場から書かれた本書は鋭い分析力を特徴とし、文学界のみならず日本文化そのものに警鐘を鳴らしている。
2006年5月3日から7日にかけて、著者は自身のブログで、小論「村上春樹『ノルウェイの森』の薄気味の悪さ」を公開した。その小論に加えて、近年のノーベル文学賞作家オルハン・パムク、ドリス・レッシング、ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ各人の作品に関する雑感を紹介する中で、村上春樹がノーベル文学賞作家にふさわしいだけのわが国の誇りとできる作家であるのかどうかを検証した評論を2009年5月、同人雑誌に発表。本書はそれに加筆・訂正を行ったものである。

〈目次〉
 はじめに
 Ⅰ 村上春樹現象
 Ⅱ 小論「村上春樹『ノルウェイの森』の薄気味の悪さ
 Ⅲ オルハン・パムク『わたしの名は紅』を分析する
 Ⅳ 乾いた知性、強烈な社会性――ドレス・レッシング
 Ⅴ ル・クレジオの光と風
 Ⅵ 最後に
 あとがき
 第二版あとがき 

以下はアマゾン・キンドルストアの著者ページです。拙電子著書一覧を御覧いただけます。

Amazon.co.jp: 直塚万季: 作品一覧、著書略歴
https://www.amazon.co.jp/-/e/B00BERQ7P0

当評論は、今年に入って初めてアメリカでお買い上げいただきました。昨年までは、もう少しお買い上げいただいていました。

村上春樹現象はやはり作られたものだった……との思いを強くしています。いくら作られようが、それは一向に構わないと思います。お祭り騒ぎは楽しいものでもありますから。

問題は、お祭りのその性質です。

村上春樹現象によって日本文学が被った影響は、大きいものでした。

この現象は評論家によってきちんと分析されるべき性質のものであるはずが、村上春樹やその作品を持ち上げる評論家ばかりが目立ちました。日本文学の危機を感じずにいられなかったわたしは、素人の物書きでありながら、書かずにはいられなかったのでした。

以前は、当ブログで公開している小論「村上春樹『ノルウェイの森』の薄気味悪さ」にかなりのアクセスがあり、中国からもとても多かったのです。中国にお住いの日本人だったのかどうかはわかりませんが。

それが、中国共産党によるインターネットに対する情報統制が強化されたためか、ある時点から中国からのアクセスがほぼなくなりました。

わたしは以下の過去記事で、村上春樹『海辺のカフカ』『ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒かささぎ編』の文章を引用して、大まかに二つのことを指摘しました。

2013年6月 9日 (日)
村上春樹現象の深層 ⑤言論統制が行われている中国・韓国で、村上春樹がヒットを続ける理由
http://elder.tea-nifty.com/blog/2013/06/post-b601.html

言論統制が行われている国でヒットするには、その国の国益にかなっていなければならないはずである。

村上春樹の小説を愛読する日本人は、気づかないうちに自虐史観を植えつけられ、愚民化教育されている懼れがある。

中国の若者に村上春樹の作品が及ぼした影響はどのようなものだったのだろうか、と考えるこのごろです。中国通の評論家に、そのあたりを深く考察していただきたいものだと思います。

|

« 岩波少年文庫の総選挙。お小遣いで初めて買った小説、ベルテ・ブラット(石丸静雄訳)『アンネは美しく』(偕成社、1970) | トップページ | 緊迫感のあった安倍総理の街頭演説。ハイタッチはできなかったけれど……。 »

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩波少年文庫の総選挙。お小遣いで初めて買った小説、ベルテ・ブラット(石丸静雄訳)『アンネは美しく』(偕成社、1970) | トップページ | 緊迫感のあった安倍総理の街頭演説。ハイタッチはできなかったけれど……。 »