« あけましておめでとうございます | トップページ | 悪質な自費出版系ビジネス (2)餌食になった従姉 »

2019年1月 3日 (木)

お正月のごはんメモ 2019

息子がお土産に買ってきてくれた「皇居外苑どらやき」という名の上品などら焼き、夫がいただいた中村屋のおかき、娘の買ったモロゾフのクッキーが美味しくて、いささか節操のない食生活となりました。元旦のごはんメモが大雑把なのは、そのためです。

普段はわたしはお酒を飲みませんが、クリスマスのワインとお正月のお屠蘇は例外。お屠蘇に使ったのは、京都・嵐山の「丹山」というお酒。

うちは年越しそばの代わりに、年越しにゅうめんです。創味シャンタンを使ったラーメン風年越しにゅうめん。

おせちはいつ頃からか注文するようになりました。自分で作るより安く済むからです。そのぶん、掃除に熱中できます。「播磨乃國 茶良」のおせちは初めて頼みましたが、美味しいと思いました。

写真は2日の朝昼兼用のごはんまで、ほとんど撮る余裕がありませんでした。大したもの作ったわけでもないのに、なぜか時間がかかってしまって。

面倒でもごはんメモをブログに書いておくと、自分のために役立ちますね。

一応ブログとは別にメモをとっているのですが、ブログほど詳しく書かないので、年末になると、ここ数年のお正月ごはんの記事を確認するのが習慣になっています。

以下が、大晦日から2日までのごはんメモ。

31日
(夜)
サラダ、にゅうめん(半田手延べそうめん、創味シャンタン、蒲鉾、小葱、紅ショウガ、煎りごま)、肉だんごとキャベツの煮物

20181231220949

レタス、水菜、マッシュルーム、レタス、キーウイ。

元旦
(昼夜)
ぜんざい(小豆、きび砂糖、塩)
「播磨乃國 茶良」のおせち、「長崎寒干漬」(林田正年商店)、ごはん

2日
(朝昼)
蓮子ダイの塩焼き、ホウレン草の卵とじ、ベーコン餅、雑煮(かつお菜、かまぼこ、焼き餅)

Img_0071_2

ベーコン餅用に端餅を買ったら、これが正解。これまでは普通の大きさの餅を使っていたので、火が通りにくく、あらかじめ焼いておく必要がありました。

それが端餅だと、ベーコンを巻いてフライパンで焼くだけです。きっちり巻いた端のほうを下にして、最初にしっかり焼いておくと、くっつくので、爪楊枝は要りませんよ。

出来上がったベーコン餅には、しょうゆを垂らしていただきました。

(夜)
サラダ、ビーフストロガノフ、アボカドのデザート(牛乳、アボカド、はちみつ、黒こしょう)

Img_0078

まるい緑色のものはオリーブの実です。これ美味しかったけれど、袋捨ててしまって、どこのかわかりません。

Img_0080_2

この皿に加えたチーズ、娘がスーパーから買って来てくれた商品ですが、抜群に美味しいと思いました。ジェラール クリーミーウォッシュ。

Img_0090_2_2

ハムやレタスと一緒にこのチーズをいただくと、夢心地(豊かな気分になれる食べ物って、ありそうでなかなかありません)。「粗挽きの黒こしょうをふって」とあったので、そうしました。

サラダをたっぷり作ったつもりでしたが、あっという間になくなりました。

Img_0084_2

江戸崎愛先生のレシピ「ビーフストロガノフ」。

Img_0088

アボカドとはつみつと牛乳をミキサーで攪拌するだけで、美味しいデザートの出来上がり。仕上げに黒こしょう。綺麗なアボカドを見ると、これを作りたくなります。

(3日朝)

ごはん。

Img_0091_2

ベーコンエッグ。

20190103085329

インゲンのごまあえ。辛子明太子。プチトマト。

20190103090027_1

脇雅世先生の「これでもクリームシチュー」。絹さやがありませんでした。

「あっさりしていて、朝のシチューにぴったりだね」と息子。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

NHKエディケーシナル「みんなのきょうの料理」より「これでもクリームシチュー

材料 (1人分)

  • 鶏ひき肉 120g
  • たまねぎ 1/3コ(70g)
  • 絹さや 6枚
  • マッシュルーム (水煮/薄切り) 50g(正味) *レトルトパック、または缶詰。
  • 牛乳 カップ3/4

    【A】

  • かたくり粉 小さじ2
  • 牛乳 小さじ2
  • こしょう
つくり方
  1. ひき肉はトレイに入れたまま塩・こしょう各少々をふり、軽く混ぜる。たまねぎは2cm幅のくし形に切る。絹さやは筋を除く。マッシュルームは水けをきる。
  2. 小さめの鍋に1のたまねぎとマッシュルーム、水カップ1/2を入れて中火で煮立てる。1のひき肉を箸でつまんで一口大の塊にし、鍋に落とす。
  3. ふたをして約5分間火を通し、ふたを取って牛乳を加える。塩小さじ1/3強、こしょう少々で味を調え、ひと煮立ちさせる。
  4. 【A】のかたくり粉を牛乳で溶いて回し入れ、1の絹さやを加え、とろみがつくまで煮る。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 悪質な自費出版系ビジネス (2)餌食になった従姉 »

クッキング 」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

家庭での出来事」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事