« フランス語版ウィキペディアが伝える大戦中の迫害、ペレストロイカ後のロシアで復活したブラヴァツキー | トップページ | 純文学小説『台風』(Kindle版)をKENPCでお読みいただき、ありがとうございます! »

2018年10月24日 (水)

神秘主義エッセーブログ「44」に目次をつけ、若干改稿しました

44 ヴァージニア・ウルフの知性美と唯物主義的極点
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2016/02/04/211114

ヴァージニア・ウルフはフェミニズムの先駆者として、また「意識の流れ」という手法を用いた知性派の小説家として知られている。

少女時代に性的虐待を受けたことが原因となって精神病を発症し、自殺したことでも知られているだろう。

目次

  • フェミニズムの先駆者とされるヴァージニア・ウルフ
  • 作品に感じられる、ある制限及び限界
  • 子供時代
  • 精神病の発症、結婚、戦争
  • 悲痛な思いが伝わってくる、美しい遺書
  • キルトのような小説
  • ブルーズベーリー・グループへの参加
  • フェミニズム運動の聖典となった『自分だけの部屋』
  • 異色作『オーランドー』のモデルとなったヴィタ
  • 創作手法となった、W・ジェームズの心理学概念「意識の流れ」
  • 心霊現象研究協会の会長を務めたジェームズ
  • 唯物論的知的流れ作業の果てに倒れたウルフ

|

« フランス語版ウィキペディアが伝える大戦中の迫害、ペレストロイカ後のロシアで復活したブラヴァツキー | トップページ | 純文学小説『台風』(Kindle版)をKENPCでお読みいただき、ありがとうございます! »

マダムNの他サイト情報」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事