« 勝本華蓮『尼さんはつらいよ』(新潮新書、2012)を読んで | トップページ | 台風24号。避難グッズの点検。 »

2018年9月22日 (土)

はてなブログのアイコン(23日に追記)

はてなブログでは、ブログのオリジナルアイコンを表示させることができます。

ダッシュボード→設定→基本設定→ブログアイコンと進みます。

「ブログアイコン」蘭に、次のような説明があります。

<ここから引用>
あなたのブログを表すアイコンです。ブラウザのタブやお気に入り、スマートフォンのホーム画面などで使われます。
※ 対応しているファイル形式は、JPEG、PNG、GIFです。

<ここまで引用>

「参照」をクリックして、ファイルを選択し、下方にある青に白字のボタン「変更する」をクリックすれば、ブログアイコンが表示されるようになります。

最初、次のアイコンにしていました。

Blogico2_2

小さく小さく表示されるので、文字が白い波状に見え、アイコンとしてはすっきりせず、バッとしないので、今日、次のようなものに変えました。

Blogico6

これも、もう一つなので、そのうち、ましなものを作成したいと考えています。

マダムNの神秘主義的エッセー
https://mysterious-essays.hatenablog.jp/

有名なサイトのアイコンは、さすがと思わせられるものが多いですね。

Kindle本の表紙用に、ロゴを作成したときは、もう少し凝ったような。所詮は素人がデザインのデの字も、インターネットのイの字もろくにわからずに作るのですから、そこは大目に見ていただかないと困っちゃう。

2015年4月20日 (月)
ロゴを作ってみました。ゴディバのホットチョコレート。
http://elder.tea-nifty.com/blog/2015/04/post-b2d5.html

表紙の端に、小さく小さく表示させるのですけれど、次のような奥深い意味で作ったようですよ。尤も、「半分以上後付け」と書いていますね~。

<ここから引用>
ノワ出版のノワはNOIXです。
フランス語で、胡桃という意味です。わたしは子供のころから自覚のあった神秘主義者でしたが、オーラが見え始めたのはだいたい『枕許からのレポート』の体験後(サイドバーに記事へのリンクがあります)でした。
人間が光でできた球体――卵の形そっくりです――のなかに生きているという神秘的な現象は、真善美の実在を感じさせるだけの気品を伴っています。
最初は全体を黄色にしていたのですが、空の色でもあり、霊的な太陽の色でもある――太陽の色は神秘主義的には青色です――青にして、文字を包み込ませました。
O の中の黄身のように見える黄色が人間です。O の白色は清らかな意識状態のときに放射される白色のオーラを表しています。N の菫色はナイーヴで愛を求めずにいられない心を、I の赤はプラスにもマイナスにも働く情熱や欲求を、茶色の X は煩悩や人間の苦悩、あがきを表しています。
黄身のような、点のような人間はやがて育ち、大きく羽ばたいていくのでしょう。
実は半分以上後付けなのですが、卵形は最初から考えていました。それから、なぜ胡桃が出てきたかというと、胡桃はわたしの好物だからですが、あの外観が何となく脳味噌を連想させるからです。そこから、知性をシンボライズする食べ物に見えるのですね。

<ここまで引用>

D1

はてなブログのアイコン、Kindle本用のロゴに使用させていただいたのは、サイト「ドットコロン」の「Aileron Bold Italic」です。

ドットコロン

「About」に次のように記してくださっている、ありがたいサイトです。

<ここから引用>
ドットコロンのフォントは CC0またはOFLの元、OpenType形式のファイルで公開しています。Webサイトや印刷物、ロゴタイプなどへの使用はもちろん、改変・再配布等も自由に行って頂いてかまいません。商標登録が必要なものに関しても同様です。
<ここまで引用>

追記: 以下のようなものを作ったのですが(色を変えただけのものを1ダースほど)、結局前のものに戻しました。表示させてみると、前のものよりもっと目立たなかったので。他のはてなブログに使うかも。

Blogico17

Blogico21

|

« 勝本華蓮『尼さんはつらいよ』(新潮新書、2012)を読んで | トップページ | 台風24号。避難グッズの点検。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事