« 鹿島藩日記第二巻ノート (3)萬子媛の死 | トップページ | 鹿島藩日記第二巻ノート (4)飛脚が東奔西走、洪水。こよみの計算に便利なサイト、CASIO「keisan」 »

2018年8月20日 (月)

難字検索に便利なウィクショナリーのカテゴリ「漢字」。H・P・ブラヴァツキーの素晴らしくも難解な著作。

「円福山普明禅寺創建事由略記」(井上敏幸・伊香賀隆・高橋研一編『肥前鹿島円福寺普明禅寺誌』佐賀大学地域学歴史文化研究センター、2016)に、普明禅寺末寺である祐徳院の由緒が簡潔に述べられている。稲荷社の位置づけなどもわかる。

引用したいと思ったが、難字がちょくちょく出てきて、「らくらく手書き入力」を使ってもうまく表示されず、家にある漢和中辞典にも載っていない。

引用を諦めるか、表示できない漢字についてのくどくどしい説明を加えるかで迷いつつ、リサーチ疲れして頭を掻きむしり、動悸までしてきたが、以下のサイト「ウィクショナリー」の「カテゴリ:漢字」で出てきた。

ウィクショナリー
https://ja.wiktionary.org/w/index.php?title=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8&oldid=719007

カテゴリ:漢字
https://ja.wiktionary.org/w/index.php?title=%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA:%E6%BC%A2%E5%AD%97&oldid=1006027

ブラウザによっては、表示されないだろうけれど。

この程度の難字で音をあげるヘタレのわたしには、近代神智学運動の母H・P・ブラヴァツキーの代表的著作『シークレット・ドクトリン』の邦訳がどれほど大変だったかを思い(世界中のどんな辞書にも載っていないような難字が出てくる)、改めてH・P・ブラヴァツキー(田中恵美子&ジェフ・クラーク訳)『シークレット・ドクトリン 宇宙発生論(上)』(神智学協会ニッポン・ロッジ、1989)、H・P・ブラヴァツキー(忠源訳)『シークレット・ドクトリン 第2巻 第1部 人類発生論』(竜王文庫、2018)の重みを確かめた。

2018年6月25日 (月)
H.P.ブラヴァツキー(忠源訳)『シークレット・ドクトリン 第2巻 第1部 人類発生論』(竜王文庫、2018)を読んで
http://elder.tea-nifty.com/blog/2018/06/hp-2-1-2018-791.html

ああ早く、萬子媛をモデルとした歴史小説を完成させて、児童小説を書いたり神智学の勉強をしたりしたい。

わたしがこのような小説など書いたところで、何にもならないのではないだろうか、それどころか百害あって一利なしではないだろうか――と毎日考える。

それでも続けてしまうのは、萬子媛に問いかけると、何らかの形で回答がもたらされてきた――ように思える――からだ。

霊験あらたかと評判になるような場所には、天然資源の恵みがあるか、あるいは萬子媛がなさっているような霊的な行為――あの世の方々のボランティア――が隠れているのではないだろうか。

あの世で楽しく遊び暮らすことだって、おできになるはずだ。現に、亡くなった人のほとんどは、おそらくそうだ。

この世にあるときにあの世のことなどめったに思わないとすれば、あの世に行ってからもこの世のことなど、めったに思いはしないのだ。一方で、強い欲望からこの世に執着している悪霊たちには、あの世という精妙な世界は存在せず、この世とあの世の間の暗黒の谷間で惰性で生き永らえながらこの世に有害な関与をし続けている。

萬子媛のような高級霊があの世の清浄な大気からこの世の汚れの中に下りて来られることがどれだけの犠牲を払ってのことかを想像し、また人間のカルマに障らないようにボランティアすることの微妙さ、難しさを想像するとき、胸が痛くなってしまう。

時間が来ると、萬子媛たちはさっと空の彼方へ去って行かれる。それはわたしには主に気配としてわかるだけなのだが、何となく御姿が見えるような気がすることもある。

H・P・ブラヴァツキー(田中恵美子訳)『神智学の鍵』(神智学協会ニッポン・ロッジ、1995改版)に「神智学の教えは霊と物質の同一性を主張し、霊は潜在的な物質であり、物質は結晶化した霊にすぎないと言います」(42頁)とあるけれど、現代日本人はあまりにも物質主義に染まりすぎているように思う。進歩しているつもりで、退歩している。

そんな愚かしい現代日本人を萬子媛のような優れた先人たちは見捨てず、さりげなく助けてくださっている。

|

« 鹿島藩日記第二巻ノート (3)萬子媛の死 | トップページ | 鹿島藩日記第二巻ノート (4)飛脚が東奔西走、洪水。こよみの計算に便利なサイト、CASIO「keisan」 »

Theosophy(神智学)」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事