« 歴史短編1のために #37 核心的な取材 ①インタビュー | トップページ | 甲子園初のタイブレーク、佐久長聖が延長14回を制す »

2018年8月 5日 (日)

爽やかな味わい「ホワイトキーマカレー」

Img_1930_2

こう暑いと、丼物、ピラフ、炊き込み御飯、カレーライスなど、御飯にのせたり、混ぜたりするレシピが目に留まります。

先日目に留まったのは、ホワイトキーマカレー。材料が如何にも爽やかそうではありませんか。ヘルシーな感じだし、どんな味だろうと興味が湧きました。

参考にしたレシピは、以下のロケットニュース。

【究極レシピ】カレー研究家オススメの「白いカレー」を作ってみたら超カンタンなのに激ウマだった! 市販のルーは必要なし!!
https://rocketnews24.com/2018/06/29/1081687

前掲記事からレシピを紹介します。

「ホワイトキーマカレー」

【材料 2人前】
・明治ブルガリアヨーグルト(100グラム)
・鶏ひき肉(100グラム)
・玉ねぎ(中 1/2個 約100グラム)
・牛乳(200cc)
・水(100cc)
・バター(10グラム)
・水溶き片栗粉(大さじ2)
・味噌(小さじ1)
・塩(小さじ1/2)
・クミンパウダー(小さじ2)
・こしょう(少々)

【作り方】
その1:玉ねぎをみじん切りにする。
その2:鍋にバターを入れて、中火で玉ねぎを透明になるまで炒める。
その3:鶏ひき肉を入れ炒めたら、ヨーグルト、水、味噌、塩を加える。
その4:牛乳を加えて加熱し、沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつける。
その5:クミンパウダー、こしょうを加えて3分間加熱する。
辛いカレーが苦手な娘が「辛くないから、スープとしても飲めそう。とっても、美味しい」といいました。

短時間でできる優れものレシピです。カレーを作りたいけれど、野菜を煮込む時間がない、というときにいいかも。

鶏ひき肉があると、いざというときに役立つので、わたしは冷凍室に欠かしたことがありません。三食御飯、炒り豆腐、散らし寿司、ガパオライス、つくね、和風ハンバーグ、そぼろ煮……

美味しい、白いキーマカレーでしたが、案外おなかがいっぱいになりますよ。キーマカレーを先に味わったわたしはサラダが入らず、翌朝に回したほどでした。お皿に盛ったごはんの量が多かったのかもしれません。

|

« 歴史短編1のために #37 核心的な取材 ①インタビュー | トップページ | 甲子園初のタイブレーク、佐久長聖が延長14回を制す »

クッキング 」カテゴリの記事