« まだ御礼のメールもしていないのですが。読みたい本だらけ。 | トップページ | 7月13日に循環器クリニック受診(抜けていた5月12日のぶんの記録も)。また良性の骨腫瘍? »

2018年7月11日 (水)

椿山滋「今夜は鍋にしましょうよ」(民主文学 2018年8月号)を読んで

一昨日の記事で書いたことですが、椿山滋さんが『民主文学 2018年8月号』(日本民主主義文学会、2018年8月)を送ってくださいました。

本格的なプロレタリア系文芸同人誌で、神秘主義者のわたしが不用意に読んでいいのだろうかと思ってしまいましたが、文学作品はどこに発表されていようと、文学作品として読み、感想があれば書く、というスタンスですので、拝読しました。

前掲誌「支部誌・同人誌評」の冒頭で評者が「『民主文学』本誌に掲載されるのは民主文学的作品(この定義自体が曖昧なのだが)に限定されるという誤解があるが、掲載されるかどうかはジャンルではなく、社会と人間の真実にせまる、その作品の芸術的評価による」(136頁)という第25回全国研究集会での話を伝えておられ、このスタンスには共鳴するところです。

椿山さんの作品は「今夜は鍋にしましょうよ」です。以下に、掲載小説四篇の感想を掲載順に記します。連載小説については、のぞかせていただきました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今後千寿子「柿」

小説では、アル中問題、農業の衰退、過疎、老人問題などが複合的に重なっている。それぞれの問題は関連し合っているようでもあり、そうでないようでもある。

例えば、農業の衰退によって過疎化が進み、老人問題を深刻化させることはあっても、アル中問題はまた別のところにある気がする。

これは私事になるが、政府の減反政策で米作りが振るわなくなり、家業を農業から肥育農家に転じた親戚があった。

儲かったそうだが、肥育農家が家風に合わなかったようで、伯父は牛供養に力を入れ、伯母は牛を市場に送り出すたびに泣いていた。牛市場の競争が激化する中、息子は公務員に、伯父夫婦は高齢となり、肥育農家を廃業した。

牛市場の競争の激化は、1991年(平成3年)4月の牛肉・オレンジの輸入自由化によるものだった。牛肉・オレンジの輸入自由化はアメリカの要求によるものであり、その原因を遡れば日本の敗戦にまで行き着いてしまう。

「柿」はリアリズムの手法で描かれていながら、歴史的な背景が欠落しており、読んでいて物足りなさを感じる。

青木資二「スタンダード」

安倍政権になってから道徳の教科書、授業に偏りが出てきたことを憂う、元小学校教員――退職して7年経過――が主人公。小学一年生になる孫が夢遊病(?)となり、そのことと学校教育が関係あるような、ないようなストーリー展開となっている。

35頁に「戦争法」と出てくる。ウィキペディア「戦時国際法」に「戦時国際法(せんじこくさいほう、英:Law of War)は、戦争状態においてもあらゆる軍事組織が遵守するべき義務を明文化した国際法であり、狭義には交戦法規を指す。戦争法、戦時法とも言う」(ウィキペディアの執筆者. “戦時国際法”. ウィキペディア日本語版. 2018-04-14. https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%88%A6%E6%99%82%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95&oldid=68198605, (参照 2018-04-14).)とあるが、「平和安全法制」に批判的な人々は、それを戦争法と呼ぶようだから、小説の安倍政権に批判的な内容からすると、後者の意味だろう。

ただ、平和安全法制に肯定的な人々は同じ法律を戦争防止法と解釈しているわけで、小説は論文ではないが、もう少し中立的な視点も必要ではないかという気がする。尤も、授業参観後の懇談会を描き、様々な意見を紹介することで、バランスがとられているのかもしれない。

教育勅語も出てくる。教育勅語の内容を、わたしは安倍総理に絡んでそれが話題となるまで、全く知らなかった。知らない人のほうが多いのではないかと思う。

「教育勅語」「大東亜戦争 開戦の詔勅(米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書)」「玉音放送」を歴史資料集にでも載せるべきではないか。

日本人として子どもたちには――当然大人にも――大日本帝国の教育方針がどのようなものであったのか、また大日本帝国が日本となるに至る決定的な瞬間に著された二つの文書の内容を知る権利があるのではないかと思う。

これらを知った上で、大日本帝国に暮らしていたわたしたちの祖先の生き方をどう思うかは、思想統制されていないはずの今の日本に生きる人間として自由であるはずだ。

戦前の教育への回帰を危機感と捉える人物を主人公とするのであれば、そうは捉えない人々にも説得力を持つだけのストーリー展開と描写力が要求されるだろう。子どもの夢遊病と担任教師の道徳教育に対する逡巡だけでは、弱い気がする。

ところで、小説では子ども――主人公の孫――の夜中の異常行動が夢遊病(睡眠時遊行症)とは書かれていない。

わたしが夢遊病ではないかと思ったのは、自身の体験からそう思っただけのことである。小説の中の子どものように、それが起きたと聞かされたのは小学校一年生のときで、2回だったか3回だったか忘れてしまったが、それくらいの回数で治まった。

わたしは極度に過敏な子どもだった。その原因としては、両親の都合で子守さんの手を転々としたり、親戚に預けられたりして、常に興奮状態にあったためではないかと思う。

子守さんが不要となり、一人きりの静かな時間が持てるようになって、児童文学全集を次々に読むようになってからは精神的に安定した。文学様様なのだ。文学こそがわたしの真の母といえるくらいである。

「明治神宮」のオフィシャルサイトより、教育勅語の口語文訳を転写しておく。
http://meijijingu.or.jp/about/3-4.html
<ここから引用>
【教育勅語の口語文訳】
 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。

 国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

~国民道徳協会訳文による~
<ここまで引用>

サイト「日本に生まれた若い人たちへ」で、「大東亜戦争 開戦の詔勅  (米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書)」「玉音放送」が紹介されている。わたしはこのようなものであったのかとの感慨を覚えた。受ける印象は人それぞれだろう。

椿山滋「今夜は鍋にしましょうよ」

若年性アルツハイマー型認知症と診断された女性が主人公。病気に怯える主人公の日常生活が主人公の意識に沿って描かれ、「恋待ち商店街」の人々との温かみのある親交がホームドラマのような趣で描かれる。

完成された文体と工夫されたストーリー展開に手練れと感じさせられるが、何作も読むと、パターン化されているようで、ちょっと飽きがくる。登場人物は、あえてそう造形されているのか、個性がない。特に、一緒に暮らしている夫や電話をかけてくる娘は平板な描き方で、遠景のようだ。

主人公の症状にしても、若年性アルツハイマー型認知症とはこのようなものだろうという、一通りの情報をもとに描かれているように感じられてしまうのだ(実際にはどうであれ)。医者の言葉なり、医学書の解説なりを使った、専門的な知識が読者にもたらされれば、主人公の症状が説得力を帯びてくるかもしれない。

小説の終わりの方で、「生きているかぎり、人間に賞味期限などあってはならないのだ」という主人公の胸のうちの言葉が出てくる。施設に入れられることを恐れる主人公にとって、賞味期限の切れた人間の送られるところが施設というイメージなのだろうか。

より突っ込んだ読み方をすれば、商店街でのぬるま湯のような親交、雑事の積み重ねであるにすぎない日常生活は賽の河原での石積みのようであり、人間は運命に翻弄されるだけの存在と印象づけられる。

椿山さんの小説には救いがない。登場人物がありきたりで魅力に乏しいことが、その救いのなさを助長する。その救いのなさこそがおそらくは作者の思想で、危険性を孕む微温的な日常生活を描き続ける椿山さんの作品には、哲学的ペシミズムが通奏低音として流れている。

増田竹雄「二年目の春」

印象的な作品だった。プロレタリア文学というジャンルを思い出させてくれる小説で、1965年ごろの国鉄を時代背景として、そこを職場とする一プロレタリアの生き方(活動)を克明に描こうとする一途さが感じられる。

冒頭の投身事故が衝撃的である。後始末をする主人公の様子が淡々と描かれる。

主人公の野原進は国労内の反主流派で、統一戦線を掲げ政党支持自由を方針にしている1947年発足の「革同会議」の有志グループに所属していた。しかし、野原は職場の同期だった共産党員――斎藤の頼みを受け入れ、1964年四・一七スト中止のビラを撒く。その目的は、親米的な組合幹部がアメリカ帝国主義の企む挑発ストに乗るのを阻止することだった。

国労本部の方針に反した野原の行動は問題となるが、彼の教宣活動を好意的に捉える組合員が増え始めており、彼ら120人が所属する大分会の組合員が野原を統制処分から守ってくれる。

こうした事件がきっかけとなり、斎藤の勧めもあって、野原は共産党に入党し、三人でつくる「細胞」の一人として活動を始める。1965年の春闘四・三〇ストの成功がクライマックスだろう。

ストが進行するなかで、管理の隙をかい潜るように、動力車労働組合に巣食う革マル派集団がバケツに白ペンキと刷毛を手にして旅客車両に「国鉄解体・国鉄粉砕・動労革マル」と殴り書きする姿が読者の目にも異様に映る。管理者は彼らの動向を野放しで泳がせているようだ。

国鉄ストがどのように行われていたかが克明に描かれており、歴史的、史料的価値のある作品といえるのではないだろうか。

野原の活動は、輸送の安全と労働者の生活の改善だけを純粋に目的としたものではなく、マルクス理論の実践という側面を持つ。

マルクス主義は絶対的なものという前提がこの小説にはあるようだが、一般読者の一人として、そこに疑問を持つのである。マルクス主義が絶対的なものとして語られるには、小説として、マルクス主義がどのようなものであるかの丁寧な説明が必要だ。

小説が背景とする時代から時が流れた現代では、最も帝国主義的な国家はアメリカより中国であるようにわたしなどの感覚では思われるのだが、小説の主人公野原は現在どのような活動をしているのだろう。続編を書いてほしいものである。

|

« まだ御礼のメールもしていないのですが。読みたい本だらけ。 | トップページ | 7月13日に循環器クリニック受診(抜けていた5月12日のぶんの記録も)。また良性の骨腫瘍? »

文学 №1(総合・研究) 」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

評論・文学論」カテゴリの記事