« 鳥居、ゲット!(アバター) | トップページ | ハープの音色を聴きながら、湯布院温泉に浸かるアバ嬢。 »

2017年9月11日 (月)

9月11日に、循環器クリニック受診

午前中は混むことが多いため、午後に受診。看護師さんによると、この日も午前中は混んでいたそうだ。

今日は採血日に当たっていたらしい。うっかりしていた。朝食抜きで、午前中に行くべきだった。

看護師さんが予約票を渡し忘れたとおっしゃったが、総合病院とは違ってこのクリニックでは自分でお願いする形式なので、自分で予約をお願いするべきだった。

現在、診察が2ヶ月に1度、採血・心レントゲン・心電図・尿検査が半年に1度。

午後で、お昼ごはんも食べていたのだが、それでも構わないから今日やりましょうか、と看護師さんがおっしゃった。「次回となると2ヶ月後になり、間が空きすぎますね」

お願いしますというと、「先生にお話ししてきます」と看護師さん。OKが出た。

採血のときに、サンリズムを何時に飲んだか訊かれた。少し遅いお昼ご飯のあとで(普段はお昼はほとんど食べない)、午後1時くらい。心房細動の予防に服用しているサンリズムの血中濃度を調べるためだ。

先生からお聞きした別の病院で起きた怖いケースでは、サンリズムの量が多すぎて致死的な不整脈を起こした患者さんがいたそうだ。わたしの場合は血中濃度を調べていただいて、いくらか多かったことがわかり、半量になった。

多いくらいのほうがバッチリ効くので、半量に減ってしばらくは不整脈が起きやすくなり、気持ちが悪かった。最近はまあまあだ。

日赤の代謝内科で副甲状腺機能亢進症を疑われ、経過観察を受けているのだが、先月受診した際に(→8月2日に、代謝内科受診)、副甲状腺ホルモンはいつものように高め、カルシウムは基準値内といっても、上限が 10.1 のところ、10 だった。

これまでは  9 台をうろうろしていて、10 台になったのは初めて。このカルシウムが今後、基準値を超えてくるかどうかだろう。

先生にそのお話と、7月から8月にかけて尿路結石に悩まされたことをお話ししたところ(副甲状腺機能亢進症の症状の一つに尿路結石がある)、クリニックの今回の採血の項目にカルシウムを追加してくださった。

「リンも入れておこう」と先生。

心レントゲンでは、心胸比を測り、前回のレントゲン写真と比較しておられた。「うん……OK」とのこと。尿検査、心電図の結果はお聞きしていない。

暑かったせいか、帰りにスーパーに寄って帰宅すると、ドッと疲れが出て、しばらくは着替えもできず、洗濯物の取り込みもできなかった。もう少し体力があればなあ、と病院から帰ると、いつも思う。

ニトロペン舌下錠もミオコールスプレーもまだあるので、今回は出して貰わなかった。

心臓の薬(60日分)

  • インデラル錠10㎎ 1回1錠 毎食後
  • シグマート錠5mg 1回1錠 毎食後
  • サンリズムカプセル25㎎ 1回1Cap 毎食後
  • ヘルベッサーRカプセル100mg 1回1Cap 朝・夕食後
  • アイトロール錠20mg 1回1錠 朝・夕食後

腎臓・尿管結石の薬

  • ウロカルン錠225㎎ 1回2錠 毎食後 30日分

喘息の薬

  • フルタイド200ディスカス(ステロイド剤、吸入薬) 1個 吸入

|

« 鳥居、ゲット!(アバター) | トップページ | ハープの音色を聴きながら、湯布院温泉に浸かるアバ嬢。 »

健康 №3(受診)」カテゴリの記事