« 創作状況(初の歴史小説、エッセー) | トップページ | 拙ブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」を更新しました »

2017年4月30日 (日)

時間切れ

拙ブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」に、「神智学に満ちているアントニオ・タブッキの世界」の続き3を公開しようと一昨日から頑張っているが、またしても時間切れ。

夕飯後に眠くならなければ、今日中にできるかも。と書くと、大抵できない。

再考しての加筆部分は終わり、あとは文章を調えるだけ。長くなったので、3と4にわけたほうがいいかもしれない。ペソアに関してはまだざっと書いただけだし、タブッキの作品も採り上げていないもののほうが多いので、このエッセーはまだまだ続くが、とりあえず、3(あるいは4)までで中断したい。

プラトンの『ティマイオス』を読み込んで、イルミナティのアダム・ヴェイスハウプト、ブラヴァツキー、シモーヌ・ヴェイユと比較しなくてはならないが、それをしているとまたすごく時間がかかるだろうから、もう先に萬子媛の小説に入るべきかもしれない。

連休を皆さま、どうお過ごしでしょうか。わたしはいつも通りです。精々、家族と近くの商業施設に行くくらい。息子はいろいろと忙しそう。

世の中が物騒になったということもあって、プライベートなことは、あまり書かないようにしています。それで、つまらないというかたがいらっしゃるかもしれませんが、申し訳ありません。美味しいものや便利そうな商品を発見したときは書きますから、お許しを。

|

« 創作状況(初の歴史小説、エッセー) | トップページ | 拙ブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」を更新しました »

家庭での出来事」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事