« 神智学的なメーテルリンクと瀬戸内寂聴『般若心経』の解説動画に関する、ちょっとしたメモ(追記あり) | トップページ | スプレー1~2回、ニトロペン1回 »

2016年8月26日 (金)

妹ができました(リヴリー)。来月出る余命さんの新刊。

次の萬子媛ノートをまだアップできないでいます。で、気分転換にリヴリーアイランドへ。そして、2匹目を飼ってしまいました。

過去記事で検討していたこの子です。

2016824e_2

なぜかこの子はワタクシ的に性別がはっきりしていて、女の子だとわかりました。最初の子はわかりませんでしたが、妹ができて男の子だったことがはっきりしたのでした。

最初の子の名はフランス語で男性名詞ですが、女性にも使います。2番目の子にもフランス語で名をつけたいと思ったのですが、それは既につけている人がいて弾かれました。

あれこれ考えて記入しても、なかなかOKが出ませんでした。リヴリーアイランドの歴史と登録者数を考えれば、わかる話です。最初のときにフランス語をカタカナにしてすぐに通ったのがむしろ不思議なくらいではあります。

フランス語の形容詞を日本語に直さずに記入したら、さすがに通りました。

というわけで、一応長男・長女ではありますが、名前からすると、男女どちらにもなれる存在です。

2016825d

妹は兄の部屋で飛んでおります。ホオベニムクチョウはまだいます。

兄の部屋を模様替えして研究室風にしてやったら、メーテルリンクの『蜜蜂の生活』ばりの作品を書こうとしているためか、頭が疲れてすぐに眠くなるようです。

本人が眠っている間、ホオベニムクチョウが知的な顔つきでタイプライターから出ている原稿を読んでいました。このとき、妹は自分の部屋に帰っていました。

2016826b

プリミティブケマリの長女の部屋は、徐々に女の子らしいものにしてあげたい気がします。本人の好みがあるでしょうから、もしかしたら男の子っぽいものになるかもしれませんけれど。

現実にはわたしの子は長女・長男の順だったので、この世界ではそれが逆という面白さがあります。同じアイテムを使っていますが、長男には妹の部屋は新鮮に感じるようですよ。

2016826a

赤い本は今日のログインで貰いました。「おるすばんぬいぐるみ」「ひよこのオーナメント」は以前、交換パークで手に入れたものです。

2016826d

図書室では兄妹寄り添って眠っています。床が白いので、ほとんど見えませんが。やはりここでもホオベニムクチョウが知的な顔つきで、あちらの本棚からこちらの本棚へと、本の背表紙を見て回っています。

『Livly Island』は、GMOゲームポット株式会社の商標です。 『Livly Island』に関わる著作権その他一切の知的財産権は、GMOゲームポット株式会社に属します。このサイトは『Livly Island』およびGMOゲームポット株式会社とは一切関係がありません。
www.livly.com 

さてと、記事に戻らなくては。くずくずしていると、すぐに洗濯物をとり込む時間、そして夕飯の支度の時間になってしまいます。焦ると、まとまった文章が書けなくなります。

以前であれば、今頃は某文学賞に応募するために徹夜を繰り返したりしていた時期です。それに関連したことで書きたいことがあるのですが、今はやめておきます。

そういえば、9月上旬に出る余命さんの本は、実行を重視する戦略的な本のようですね(余命ブログは目的を持った実行ブログであるそうです)。わたしは素人ではありますが、物書きなので、なるべく中立的な立場で観察する人間でありたいと思いつつ動向を見守ってきました。

日本を守りたいという人々の志と危機感が高まっているように思います。敗戦によっても、先祖の方々の魂まで灰燼と化したわけではなかったのだと思わされるものがあります。大和魂は日本人の血の中に生きています。わたしも、元寇からお国を守った男の遠い末裔だと思っています。

チベットはチベット自治区、東トルキスタンは新疆ウイグル自治区、南モンゴルは内モンゴル自治区という植民地と化してしまいました。一旦そうなると、チベットでの僧侶の焼身自殺の例から見てもわかるように、元の状態に戻すことは困難です。

わが国の一部たりとも、そうした国々の二の舞になるわけにはいきません。今、尖閣、沖縄がとても危ない。

反日勢力はまやかしの平和論で日本人を催眠術にかけてきましたが、まともな日本人であれば、もうそれに騙されはしないでしょう。そこまで日本人は馬鹿ではないと信じています。

関連記事:

2016年8月16日 (火)
ついに発言、バイデン米副大統領「私たちが日本の憲法書いた」
http://elder.tea-nifty.com/blog/2016/08/post-f943.html

|

« 神智学的なメーテルリンクと瀬戸内寂聴『般若心経』の解説動画に関する、ちょっとしたメモ(追記あり) | トップページ | スプレー1~2回、ニトロペン1回 »

Livly」カテゴリの記事

時事・世相」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/65277298

この記事へのトラックバック一覧です: 妹ができました(リヴリー)。来月出る余命さんの新刊。:

« 神智学的なメーテルリンクと瀬戸内寂聴『般若心経』の解説動画に関する、ちょっとしたメモ(追記あり) | トップページ | スプレー1~2回、ニトロペン1回 »