« 吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」を読む ①連想したオカルト情報誌とウィリアム・ジェームズ | トップページ | 吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」を読む ②チャンコ鍋状態 »

2016年6月11日 (土)

川端茅舎の青蛙の句。梅雨イベント限定アイテム(リヴリー)。拙ブログ「神秘主義的エッセー」を更新。

無料で楽しませていただいているリヴリーアイランド。梅雨イベント限定アイテム、カエルの傘、オオバコをゲットしました!

2016610e

2016611b

雨が降っていても、傘があるので、うちの子はすやすや眠っていました。近くにある金色のものは毬です。一般は金・銀・銅の毬を集めてアイテムをゲットします。

2016612b

室内でも傘に入りたいうちの子。大きな耳がはみ出しています。

2016612d

ホント、傘がお気に入り。ひよこベッドの島でちゃんと寝ないと、風邪ひきますよ。

2016611e

『Livly Island』は、GMOゲームポット株式会社の商標です。
『Livly Island』に関わる著作権その他一切の知的財産権は、GMOゲームポット株式会社に属します。
このサイトは『Livly Island』およびGMOゲームポット株式会社とは一切関係がありません。
www.livly.com

カエルというと、わたしはいつも川端茅舎の句を思い出します。蛙は春の季語ですから、夏の季語である青蛙の句を紹介します。

青蛙ぱつちり金の瞼〔まぶた〕かな

芭蕉葉の露集まりぬ青蛙

青蛙はためく芭蕉ふみわけて

青蛙両手を梅雨にそろへおく

川端茅舎・松本たかし 『川端茅舎 松本たかし集 現代俳句の世界 3』(朝日新聞社、昭和60) 

最近、神智学関係の記事が続き、関心のない方には申し訳なく思っています。スルーしてくださいね。

もう1本の記事でもう少し吉永進一氏の論文――の問題点――を見てから、萬子媛の世界に戻ります。

ご報告が遅れましたが拙ブログ「マダムNの神秘主義的エッセー」を更新しています。当ブログの記事に若干手を加えた程度です。

52 座右の書にふさわしいH・P・ブラヴァツキー『沈黙の声』
http://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2016/05/23/080604

53 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ④ 浮かび上がる反日・在日問題、新興キリスト教問題、ヒプノセラピー(催眠療法)問題
http://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2016/06/03/071201

54 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ⑤バッシングから遂にブラヴァツキーがゲームのキャラに
http://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2016/06/06/144918

55 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ⑥20世紀前半のイタリアで
http://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2016/06/09/200406

56 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ➆吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」から連想したオカルト情報誌とW・ジェームズ
http://mysterious-essays.hatenablog.jp/entry/2016/06/10/153104

|

« 吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」を読む ①連想したオカルト情報誌とウィリアム・ジェームズ | トップページ | 吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」を読む ②チャンコ鍋状態 »

Livly」カテゴリの記事

Theosophy(神智学)」カテゴリの記事

マダムNの他サイト情報」カテゴリの記事

俳句」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事