« 初日の出。オープンサンド。 | トップページ | 初作句 三句 »

2016年1月 1日 (金)

BSプレミアムシネマ「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」が放送中

NHKBSで、プレミアムシネマ「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」が放送中です。17時20分~19時28分。アン・リー監督

ヤン・マーテルのベストセラー小説『パイの物語』を映画化したものです。レンタルのDVDで観ましたが、印象的な映画でした。

沈没事故のために16歳の少年が動物たち――最終的は一頭のトラ――と漂流することになる冒険ファンタジーです。思いがけない後日談からこの物語を心理学的に読み解くことも可能だと気づかされますが、冒険自体に惹きつけられます。

幻想的なシーンが圧巻です。映画はもう始まっていますが、おすすめ。

2013年9月8日の過去記事から感想を引用しておきます。

『ライフ―オブ―パイ トラと漂流した227日』をレンタルのDVDで観て、楽しい時間を過ごしました。
何と2度も観てしまいました。サバイバル物でありながら、主人公の内面世界が宗教的、哲学的な色彩で描かれ、幻想的なシーンがとても美しい映画でした。最後のところで、実は全てが主人公の空想で、別の現実があったともとれる結末になっているところが何ともいえない小気味のよさでした。
どちらともとれるように、よく伏線が張られていました。
監督はアン・リーという台湾の映画監督。原作は、カナダの小説家ヤン・マーテル著『パイの物語』。

パイの物語(上) (竹書房文庫)
ヤン・マーテル (著), 唐沢 則幸 (翻訳)
出版社: 竹書房 (2012/11/22)

パイの物語(下) (竹書房文庫)
ヤン・マーテル (著), 唐沢 則幸 (翻訳)
出版社: 竹書房 (2012/11/22)

|

« 初日の出。オープンサンド。 | トップページ | 初作句 三句 »

シネマ」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事