« 叔母から萬子媛の歴史短編の感想 | トップページ | イブに竜王会の知人から届いた萬子媛の歴史短編の感想(カードとチョコケーキもありがとうございました) »

2015年12月23日 (水)

新しいプリンタ

1年以上前にプリンタの青が詰まって出なくなり、最近になってインク漏れジミが出るようになったので、買い替えることにしました。前回いつ買ったかを過去記事で検索してみました。ブログしていると便利ですね。写真までアップしていました。

ムムム……3年9.5ヶ月しか持たなかったのですね。いや、その1年前からインク詰まりがあったから3年も持たなかったということ?

ただうちは酷使しているほうだと思います。とはいえ、その前に使っていたキャノンは8年持たせたようです。

それでも、夫もわたしもエプソンのほうが好きなのですね。色彩が美しい。

小説をプリントすることが多いわたしは、キャノンの顔料ブラックインクのほうがエプソンの染料インクよりくっきりしているし、インクの値段も安くついていいはずなのですが、それでもエプソンのほうが好き。

キャノンのぺたんとした黒色が嫌なのです。エプソンの若干滲む色のほうが好みというわけです。

エプソンのプリンタでプリントしたほうが、小説が名作に見えるのです。創作のためにはそれがまずいともいえますが、創作意欲をそそってくれるのがエプソンのプリンタなのです。あくまでわたしの場合がそうだというだけの話です。

キャノンは紙詰まりしやすいのも嫌。エプソンはインク詰まりしやすいのとインクに高くつくのが困りますけれど。

といっても、キャノンのほうがお買い得なら、そちらにするつもりで電器店へ。

迷うまでもなく、店員さんおすすめのエプソンの型落ちで安くなっていたEP-707Aに即決。さらに5%の値引きで、8,392円。

プリンタが1万円もせずに買えてハッピーでしたが、インクが高い。プリンタよりインクで儲ける値段設定にしているのでしょうね。

4時過ぎに目が覚めたので、ちゃちゃっとセットアップするつもりで作業に入ったら、作業自体は簡単でしたが、意外に時間がかかりました。同じエプソン製品で前のと似ていますが、インクを装着するときにちょっとやりにくく、力を入れると壊れそうで怖かった……

20151223050219a_2

コンパクトで軽いのはいいけれど、ちゃちに感じちゃう。長持ちしてね。パソコンとプリンタは今や創作に欠かせないパートナーです。

20151223045946a_2

記事書いているうちに、朝の7時になってしまいました。設定済んだから、夫がしばらくはこのプリンタで遊ぶだろうけれど、年賀ももう書かないとね。

どの年賀状テンプレートをお借りしましょう?

EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-707A 無線 スマートフォンプリント Wi-Fi Direct

|

« 叔母から萬子媛の歴史短編の感想 | トップページ | イブに竜王会の知人から届いた萬子媛の歴史短編の感想(カードとチョコケーキもありがとうございました) »

ショッピング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事