« イブに竜王会の知人から届いた萬子媛の歴史短編の感想(カードとチョコケーキもありがとうございました) | トップページ | 「ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ②」は加筆中です »

2015年12月25日 (金)

美味しかった冠地鶏とスパークリングワイン

夫と娘に予約したケーキの受けとりと買い物を頼んだのですが、鶏もも肉が高い冠地鶏しか残っていなかったそうで、初冠地鶏となりました。

これがもう、これまで家で食べた鶏肉の中で一番の美味しさでした。

過去記事で紹介した脇先生の焼きかたで焼いたのですが、フライパンのコーティングが剥げかけていて、焦げつきやすくなっているため、レシピでは使わないサラダ油を使うかどうかで迷いました。前回鶏もも肉を焼いたとき、フライパンにくっついたのです。

迷った揚げ句、レシピ通りにサラダ油を使わずに皮の面から焼いていきました。アルミホイルで覆って、その上から小鍋をのせて重しにします。焦げかけているかどうかはフライパンで弾ける脂の音や匂いでわかりますよね。

危ないと思ったら、途中でフライパンを濡れ布巾に置いて焦げつきを剥がし、サラダ油を注ぐつもりで待機していました。

それがまあ、脂の音のよいことといったら! シュンシュン、ジュワワー、シュシュシュシュッという具合にこれまで聴いたこともないくらいに賑やかで、軽やかで、まるで楽しい音楽みたいな音が聴こえてくるではありませんか。いや、ホント。

これまでになかったくらい脂が出ているようなので、焦げついていないだろうと期待した通りの出来映えでした。脂の処理に油固めがいるほど、沢山の脂が出ていました。

家族全員、大絶賛。お値段に見合う、いやそれ以上ともいえる美味しさでした。焼けた鶏肉はまるで油で揚げたみたいにカラリとしていて、それでいてジューシーで、驚かされました。

冠地鶏、恐るべき優秀さです。大分県畜産試験場が4年の歳月をかけて誕生させた大分県産の地鶏なんですって。

高いといっても、ステーキ用の牛肉に比べたら格段にリーズナブルですし、家庭での記念日やお客様にも喜ばれそうな品格ある美味しさ。オーバーではありませんって。

20151224225522a

冠地鶏が美味しすぎたので、モロゾフケーキの影が薄くなりました。モロゾフにしておけば、とりあえず間違いない美味しさ。

竜王会のN氏からいただいたチョコレートケーキも家族でまず1個をいただきましたが(4個入り!)、コクのある上品な美味しさでした。本当にありがとうございます。

20151224231211a

スパークリングワインもさっぱりとしたほどよい甘さで、満足。

20151225010901a_2

フォンタナフレッダ アスティ 750ml
Fontanafredda(フォンタナフレッダ)
アルコール度数7%,ミディアムボディ,イタリア(原産国),モンテ物産(メーカー),ピエモンテ(産地)

山岸先生のコミック『レベレーション(啓示)1』の感想は年賀状書きの合間か終了してからになりそうです。

単行本になるのを待ってから一気に読みたいと思い、連載1回目しか読んでいませんでした。楽しみです。

先日購入したエプソンのプリンタはお買い得でした。

年賀状はまだたったの1枚しか書いていませんが、印刷してみると、綺麗な色です。

|

« イブに竜王会の知人から届いた萬子媛の歴史短編の感想(カードとチョコケーキもありがとうございました) | トップページ | 「ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ②」は加筆中です »

クッキング 」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事