« 新ブログを開設して2ヶ月。ぼちぼち論語、さすがは論語。 | トップページ | ひと月ぶりのニトロ使用(写真にハロウィン装飾)。解体すべき村社会(?)。 »

2015年10月22日 (木)

便利な「サフランピラフミックス」(GABAN)、小林カツ代先生レシピ「チキンボールのすましシチュー」を参考に。

20151022143927b

ふとサフランライスを作りたいと思いましたが、サフランって高いんですよね。仕事帰りの娘にサフランがほしいとメールしたら、輸入食品のお店ジュピターに寄ってくれた娘。

娘に値段を読み上げて貰うとやはり高いなあと思いました。

児童小説「不思議な接着剤1: 冒険前夜」(ASIN: B00NLXAD5U)のⅡを来年はKindle本にしたいと考えているのですが、Ⅰの終わりで現代日本からヨーロッパ中世にタイムワープする子どもたちにおかあさんに頼まれたサフランを持たせました。

不思議な接着剤1: 冒険前夜

なにしろサフランは中世ヨーロッパでは大変高価なものだったらしいのですね。

以下の「不思議な接着剤」ノートに書きましたが、J・ギース、F・ギース『中世ヨーロッパの都市の生活』(青島淑子訳、講談社学術文庫、2006年)の中で「とくに高価なのがサフランで、同じ重さの金と比べものにならないくらいの値段である」とあります。

それからすれば、中世ヨーロッパの人々には申し訳ないくらいお安く買えるわけですが、それでもわたしは渋り、税込317円の「サフランピラフミックス」(17g、GABAN)を頼みました。

ググってみたところ、本日発表の金価格は4,909円/gでした。

「サフランピラフミックス」は味付けがしてあるので、振るだけ。便利ですし、お味も悪くありませんでした。お弁当にいいかも。鮭ピラフにしました。鮭、缶詰のマッシュルーム、刻んだパセリを入れました。

ⅡのKindle本を仕上げたら、本物(?)のサフランライスを作ろうと思います。20151021214459b_2
シチューを作りたくなってくる季節ですね。

小林カツ代先生のレシピ「チキンボールのすましシチュー」(『決定版 小林カツ代の基本のおかず(主婦の友新実用BOOKS)』(主婦の友社、2002年)を参考に作りました。

20151020220134c

古くから持っている本ですが、このレシピを参考に作ったのは初めてでした。

チキンボールのたねにすりおろしたジャガイモを加えるところがカツ代先生の独創的なところで、とてもなめらかなチキンボールになりました。

本の70頁から、チキンボールの材料を引用しますと、鶏ひき肉300~400g、じゃがいも1個(約100g)、玉ねぎ1/2個、A{卵1個、塩小さじ1/2、こしょう少々}、かたくり粉大さじ3~4。

チキンボールの作り方は、まず、玉ねぎにかたくり粉をまぶして水分を出にくくします。ボールにひき肉を入れてA、玉ねぎを加えて混ぜ、じゃがいもをすりおろしながら加えて、手でよくまぜます。

乱切りにした野菜を炒めたら、それを強火で炒め、水5カップを注ぎ煮立てます。そこへ肉だねを卵形にまとめて鍋に入れて蓋をし、中火で15~20分煮込みます。

じゃがいもを入れるので、肉だねの量が結構沢山になります。家族が「また作って」と満足そうにいいました。わたしは肉だねを手でまとめず、小ぶりのお玉ですくって落としました。

レシピでは、ター菜などの緑色の野菜とおろしたしょうがをのせるとあります。

おろししょうがは好みでのせることにして、小皿に。

緑色の野菜は青梗菜にするつもりで娘に頼んだら、小松菜のほうが綺麗だったといって小松菜を買ってきました。分量も多かったので、結局シチューには使わず、小松菜の辛子和えにしました。

20151009212258a

イカと豆腐の煮もの。これもこれからの季節にいいですね。

20151011205239

インゲンとウインナーのバター炒め。

インゲンを炒めるとき、いつもは茹でずに炒めるのですが、このインゲンはごつい見かけだったので、さっと茹でて使いました。もう一品、というときに作りました。味付けは塩こしょう。

|

« 新ブログを開設して2ヶ月。ぼちぼち論語、さすがは論語。 | トップページ | ひと月ぶりのニトロ使用(写真にハロウィン装飾)。解体すべき村社会(?)。 »

クッキング 」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事