« ルネ・ゲノンからシモーヌ・ヴェイユがどんな影響を受けたかを調べる必要あり | トップページ | 『愛蔵版アルバム アストリッド・リンドグレーン』で紹介された「はるかな国の兄弟」と関係のあるエピソード »

2015年9月13日 (日)

画家ニコ・ピロスマニの映画がこの冬やってくる・・・!

メールをくださった方にリンドグレーンの記事をお約束しましたが、次に書く予定です。もう少しお待ちくださいね。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

グルジア映画の名作『ピロスマニ』が、『放浪の画家ピロスマニ』という邦題で再上映されるという。デジタル・リマスター版だそうである。

11月21日から、東京の岩波ホール他、全国で順次公開されるとのこと。これは観たいなあ。

37年ぶりの再上映だとか。わたしは大学時代、文芸部の男女数人で観に行った。計算すると、そのとき二十歳だったことになる。

『ジプシーは空に消える』との贅沢な二本立てだった。どちらもすばらしくて、しばらくは感動のあまり口がきけなかったほど。全員そんな風だった。

ジプシーのほうはサントラ盤LPを購入して擦り切れるまで聴き、その後、DVDも購入した。

ウィキメディア・コモンズでピロスマニの絵を観て、昔も思ったがアンリ・ルソーの絵に似ていると思い、ふたりの絵を紹介した動画で見比べてみた。

ピロスマニ
https://youtu.be/kTa2IcczJkM?list=PLisHMnPZ0ZadykE0Vz6_C0AD026cLr-TR

アンリ・ルソー
https://youtu.be/-Bv6b299xkk?list=PL048007512120E1A7

うーん、似ているけれど違う、当然ながら。

ニコ・ピロスマニ:Wikipedia
ニコ・ピロスマニ(Niko Pirosmani, 本名ニコ・ピロスマナシヴィリ Niko Pirosmanashvili, グルジア語 ნიკო ფიროსმანაშვილი、1862年 - 1918年4月9日)

アンリ・ルソー:Wikipedia
アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー(Henri Julien Félix Rousseau、1844年5月21日 - 1910年9月2日)

ピロスマニの描く動物は、何て可愛い顔をしているのだろう。少年の表情も潔い感じでなかなかいい。

Niko_pirosmani_a_little_boy_riding_
Niko Pirosmani. ''A Little Boy Riding a Donkey''.
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

|

« ルネ・ゲノンからシモーヌ・ヴェイユがどんな影響を受けたかを調べる必要あり | トップページ | 『愛蔵版アルバム アストリッド・リンドグレーン』で紹介された「はるかな国の兄弟」と関係のあるエピソード »

おすすめYouTube」カテゴリの記事

シネマ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事