« 杉田久女の俳句を口ずさみたくなる季節 | トップページ | シモーヌ・ヴェイユに関する日本での研究に欠けていると思う要素 »

2015年9月 3日 (木)

癌と闘っている、双子みたいな気のする男友達 ⑧ストーマ落とし、退院

癌と闘っている、双子みたいな気のする男友達のことを時々書いてきましたが、念願通り、ストーマを外す手術を受けて退院したとの報告がありました。退院後すぐから多忙のようです。

1月からの記事を、サブタイトルと日付のみ拾ってみます。

①5年生存率が18%弱 15/01/06  15/01/06 
②カエルの恨み(追記あり) 15/01/10
③ああよかった、まだ生きていた! 15/03/01 
④回復を祈るのみ  15/05/14
⑤一般病棟に復帰 15/05/19
⑥退院、おめでとう! 15/06/08
⑦ストーマを落とす手術 15/07/23
⑧ストーマ落とし、退院 15/09/03

最初のころの記事からすると、大きな一歩前進だと感じます。だって、やたらと臓器提供のことが書いてあったりしましたものね。

彼とは互いの結婚後は年賀状のみの遣り取りとなっていましたが、大学時代からの大切な友人なので、彼の置かれた状態に驚き、緊急事態と捉えて、メールという形になりますが、元気になれるように応援しなければと思いました。

癌摘出の手術に成功し、無事に退院に漕ぎ着くまでが第一のステップ。ストーマを外す手術に成功し、社会復帰を果たすまでが第二のステップ。

そう考え、メールの遣り取りを続けてきました。そして、彼が第二のステップを踏むことができた今(幸い癌の再発は確認されていないとのこと)、わたしは緊急事態を解除し、今後は季節ごとの安否確認くらいにしましょうと提案しました。

互いに伴侶のある身ですから、いくら友情の範囲内でのメールの遣り取りとはいえ、これを続けるわけにはいきません。

互いに病気持ちで、ある意味で登山でもしているような過酷な状況下にありますが、彼が頑張っていると思えば、わたしも頑張れます。

植物を写真撮影するのが趣味だそうで、そのうちブログを開設することも考えているそうです。写真が1枚添付されていましたが、ホームセンターのグリーンコーナーで撮影したとは思えない、温かみのある美しい写真でした。

ブログの開設、待ち遠しいです!  彼は文章力もある人です。

大学時代に読ませて貰った不思議なSFはわたしにはよくわからない内容でしたが、メールの文章はわかりやすくてユーモラスで、説明にも長けています。エッセイストになれるんじゃないかと思うくらい。

とはいえ体第一。まだ課題は多く、大変でしょうが、極力無理をせず、回復に努めてくれることを祈っています。

|

« 杉田久女の俳句を口ずさみたくなる季節 | トップページ | シモーヌ・ヴェイユに関する日本での研究に欠けていると思う要素 »

家庭での出来事」カテゴリの記事