« 神戸旅行2015 ①久しぶりの家族旅行 | トップページ | 神戸旅行2015 ③カピバラの続き。モフモフのアルパカ。 »

2015年6月15日 (月)

神戸旅行2015 ②カピバラの毛は、箒並みの硬さでした

B2kapibara

「神戸どうぶつ王国」へ行きました。ふれあい動物園で、沢山の動物が放し飼いされていたり、柵の外から触ったりすることができました。

わたしはウサギ、カピバラ、陸ガメ、アルパカ、カンガルー、ラクダ、ポニー、ヒツジ、ヤギに――そっと――触りました。

オオハシ、アヒル、ミミズク、フクロウ、シカ(小島から浅い池を渡って、通路に上がる寸前の近さにいました)などにも、触ろうと思えば、触れたのですが、勇気がありませんでした。間近で見るシカは、優しい顔をしていましたけれど。

B2shika

カピバラとアルパカを見るのが何年も前からの夢でした。

それが、観るだけでなく、触れたのです!

何頭いたでしょうか、カピバラたちはそこいらを歩き回って餌の笹を貰ったり、円形の囲いの中で眠ったりしていました。

カピバラの毛は硬く、箒みたい。

息子が高校生のころ、テレビで一緒にカピバラを見ました。

カピバラは片手(片方の前脚というべきでしょうか)を浸して温泉の湯加減を確かめると、仔カピバラたちを温泉に浸からせました。

まるで慈母みたいな優しい表情と人間みたいな仕草に驚き、そのときから、カピバラを見たいという思いは息子との共通した夢だったのですね。

娘と夫は、息子とわたしほど動物好きではないけれど、感心していました。

息子とわたしは、もうそれは……

呑気そうなカピバラさんでした。

アルパカも気に入りました。もうフワフワの手触り。

陸ガメの甲羅はすべすべした石みたいで、脚はタイヤみたいな手触り。爪にも触りました。触っても、陸ガメは意に介しませんでした。

B3kame

バスに酔ってきました。もうすぐ家に着きます。

追記:

植物園と一体化しているような、ふれあいの場はすばらしく、近くのスーパーコンピュータ施設に年に数回行くという息子は「また来よう」といいました。

よく管理されているという印象でした(お猿さんたちが放し飼いされている高崎山を連想しました)。あちこちに、観光客から完全に守られた動物たちの休憩所があります。

|

« 神戸旅行2015 ①久しぶりの家族旅行 | トップページ | 神戸旅行2015 ③カピバラの続き。モフモフのアルパカ。 »

お出かけ」カテゴリの記事

家庭での出来事」カテゴリの記事

植物あるいは動物」カテゴリの記事

神戸旅行2015」カテゴリの記事