« GHQによるWGIPの後遺症に悩む日本人と、希望を感じさせる日本型民主主義 | トップページ | Kindle版『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち(Collected Essays 1)』をお買い上げいただき、ありがとうございます! »

2015年5月31日 (日)

小豆のポタージュ。ショウガの保存法、再び。

過去記事で作ってみたいと書いた『小豆のポタージュ』。

お豆の甘さと香ばしさがギュッと!小豆のポタージュ

お豆の甘さと香ばしさがギュッと!小豆のポタージュ

by ヤミー

調理時間:10分
Comment

小豆は甘く煮てスイーツに使用するのが定番ですが、砂糖を加えない小豆の優しい甘さと香ばしさは絶品!その美味しさを存分に味わってほしくて、優しい味のポタージュにしました。そして小豆はひと晩水につけなくてOK。すぐに煮始められるのも良いところです

このレシピを詳しく見る

作ってみました。

Aa20150528234114

ヘルシー感のある、素朴な美味しさでした。

話は変わりますが、ショウガの保存方法で悩み、吊してみたりもしました。が、暑くなってきて湿気も加わるとなると、この方法ももう一つだと感じ出しました。

そこで、再びググってみると、綺麗に洗ったショウガを水を入れた瓶、タッパーなどに入れておくと1ヶ月半くらい持つという記事を閲覧しました(水は2~3日置きに替えたほうが゜よいそうです)。参考にさせていただいたのは、サイト「iemo」の以下の記事です。

A20150531004312_2

水に浸かっているショウガの切り口は、買ったときにカットしたままです。

Aa20150531003642

瓶の蓋に買ったときのシールを貼り付けておきました。加工日が5月2日となっていますから、ほぼ1ヶ月経ちました。

20150531003850

この瑞々しさですと、記事に1ヶ月半くらい保存できるとあった、その期間は充分クリアできそうです。

ところで、プランターのバジルが育ってきました。そろそろ収穫して、バジルソースにしようかと考えています。

Aa20150531191806

ピンクのプランターは、シシトウです。

|

« GHQによるWGIPの後遺症に悩む日本人と、希望を感じさせる日本型民主主義 | トップページ | Kindle版『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち(Collected Essays 1)』をお買い上げいただき、ありがとうございます! »

クッキング 」カテゴリの記事

植物あるいは動物」カテゴリの記事