« イエス・キリストには妻だけでなく2人の子どももいた――バリー・ウィルソン教授と作家シムカ・ジャコボビッチ氏 | トップページ | おなかパンパンにスプレー1回 »

2014年11月14日 (金)

胸痛にスプレー1回 追加1回

胸痛にスプレー1回

昨夜からパソコンの前に座っても根気が続かず、すぐに横になりたくなるのが変だと思っていた。

書く意欲満々でありながら、こうなるときは大抵心臓の不調に原因がある。

胸痛とタイトルに書いたが、左胸から真ん中にかけて異様な凝りに悩まされ、いてもたってもいられなくなり、ようやく冠攣縮性狭心症の発作だと気づいた。

いつもの圧迫感、胸痛とは違うが、こんな症状も珍しくはないと思う。

ゆっくりと薬が効いてきた。まず胸の中が温かくなり(逆に涼しく感じることもある。どちらにしても快適になる)、背中の左側から真ん中にかけて楽になり(ここは涼しくなった)、次に頭(ここも涼しくなった)、さらに胸に戻って、今度はここも涼しくなり、それが左腕に及んだ。

ゆっくりだったので、薬を追加しようと迷っていたのだが、観察していると、薬の効果で、あちこち縛りが解けるように血のめぐりがよくなっていくのがわかった。

これほど効いても、まだ若干胸の縛りが残って苛立つ。もう1スプレーすべきか?

そうすると、血圧が下がりすぎると予測。もう少し様子見。

今回は前回の受診日のあと、1回発作が起きただけで、冠攣縮性狭心症のことは忘れていたほど、調子がよかったのに、やはり期間中(受診から次の受診までの間)、2回は起きる勘定だ。

発作が起きる前兆から薬で治まってしばらくは用心しないと、ぶり返したみたいに、またすぐに起きることがある。

今みたいに凝り(や圧迫感や痛み)の芯(?)が残っている状態では50%の確率かな。

もう我慢できない。写真は撮らないが、もう1スプレーする。

……

スプレーした。ようやく解消。まだ胸の中が不安定なので、用心しよう。

前のほうに書いたように、昨夜から発作の前兆はあったが、朝の室温の低下が直接の原因だと思う。

寒くなると、外出中も起こることが珍しくない。ニトロペン舌下錠を貰っておかなくては。

休み休み記事を書き、その間1時間以上も経過した。こんなに回復が遅いと、困る。

|

« イエス・キリストには妻だけでなく2人の子どももいた――バリー・ウィルソン教授と作家シムカ・ジャコボビッチ氏 | トップページ | おなかパンパンにスプレー1回 »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事