« 歴史短編1のために #4 ようやく出だし4枚 | トップページ | 歴史短編1のために #5 欠陥だらけの13枚。脱線して、殿様方のホロスコープ作成 »

2014年11月12日 (水)

トーセンソレイユ、武豊を乗せて八坂ステークス2着。ホースマンカレンダー。

トーセンソレイユが9日、八坂ステークス(1600万下)で走った。騎手は武豊。差し損なったという感じで、バッドボーイに届かず、2着。惜しい。

トーセンソレイユはディープインパクトの妹で、後方から追い上げていくタイプだけれど、線が細いというか、お兄さんほどのパワーはない。気分のコントロールも案外難しいところのある馬なのでは? 重賞狙うのはまだ無理かな。

小気味のよいところがあるので、うまく走らせれば、そこそこ行けると思う。

ナンにしても好きだなあ、トーセンソレイユ。優秀な馬はいくらでもいるけれど、あの馬体のラインと雰囲気が好き。レースの動画を見て、すぐにトーセンソレイユだとわかる。

わたしもダイエットで少しは締まったので、お試し乗馬したときに比べれば、馬にふさわしい体形になったはず(?)。幸い大分には体験乗馬させてくれるところが複数あるので、そのうち乗りに行きたい。

2015年のホースマンカレンダーを書店勤務の娘に注文した。「サラブレッド血統センターオンラインショップ」から購入することもできる。パンフレットの馬たちを見ていたら、娘に馬ばかり見てるといわれた。

昨日、歴史短編を15枚書くはずが、純文学小説の校正に時間を食い、結局1枚も書かず、深夜起きるつもりが朝まで熟睡。気持ちのよい睡眠だっだけれど……ああ。

すんなり作品に入れるかどうかで、収穫量に差が出る。この作品は果物でいえば……葡萄? うまく収穫できるかどうかが問題だけれど。

『田中さんちにやってきたペガサス』は林檎。

『昼下がりのカタルシス』は洋梨。

『すみれ色の帽子』は、コンデンスミルクが合う甘さの苺。

|

« 歴史短編1のために #4 ようやく出だし4枚 | トップページ | 歴史短編1のために #5 欠陥だらけの13枚。脱線して、殿様方のホロスコープ作成 »

ショッピング」カテゴリの記事

植物あるいは動物」カテゴリの記事