« もう一品というときに | トップページ | 氷水解凍法で解凍した豚ヒレブロックを使って、「塩豚ヒレの蒸し煮」(『あっさり味のおかず』主婦の友社、平成19年) »

2014年9月 8日 (月)

中秋の名月に(下手な)三句

20140908d3_2
ベランダから携帯で撮ったお月さま。

白っぽく撮れてしまいましたが、濃い黄色のお月さまでした。ウサギの姿がくっきり。

ベランダでお月見を楽しんだあとで、出てきた三句。

名 月 に お 伽 の 町 と な り に け り

十 五 夜 の 町 輝 い て 眠 り を り 

名 月 は 兎 も 見 せ て 黄 の 光

お月さまの光に照らされた家々が、まるでお伽の国の家々のように見えました。久しぶりに俳句を作ろうとしても、うまく作れませんが。

ところで、月というと、どうしても思い出してしまう菟狭族。その菟狭族について書かれた本。とても面白いですよ。

古伝が語る古代史―宇佐家伝承(オリエントブックス)
宇佐公康(著)
出版社:木耳社(1990/05)

今検索して知りましたが、続編が出ているようです。

以下の俳句は過去記事でも紹介しましたが、昔、宇佐神宮にお詣りしたときに詠んだ句です。

     宇佐 七句

対 岸 に 立 つ 大 鳥 や 菱 紅 葉

秋 汐 に 山 す そ ぬ れ て 輝 け り

国 東 の 海 の 香 れ る 葡 萄 園

か り そ め の 色 世 を 染 め て 秋 夕 焼

山 嶺(れい) を 数 へ し 先 に 月 り ん と

大 比 売(ひめ) の 山 あ り 月 は 黄 を 強 め

宇 佐 の 月 兔(うさぎ) 半 身 く つ き り と

そして以下は、上の本を始めとする歴史の本に感性を刺激されて書いてみた卑弥呼に関する拙歴史空想エッセー。不充分、不満足な面が多々あるエッセーですが……

|

« もう一品というときに | トップページ | 氷水解凍法で解凍した豚ヒレブロックを使って、「塩豚ヒレの蒸し煮」(『あっさり味のおかず』主婦の友社、平成19年) »

俳句」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事