« KDPへようやく提出 | トップページ | 初の歴史小説 (38)萬子媛(祐徳院)をテーマとした古文書「祐徳開山瑞顔大師行業記」 »

2014年9月16日 (火)

キンドルストアで、児童小説『不思議な接着剤1: 冒険前夜』を販売中です♪

キンドルストアで、児童小説『不思議な接着剤1: 冒険前夜』を販売中です。

レビュー⇒出版⇒オンラインまで3日くらいはかかっていましたが、KDPに今日のお昼近く提出して、午後8時18分には「提出された本がKin​dleストアで出版さ​れました」とのお知らせメールが届きました。

不思議な接着剤1: 冒険前夜
直塚万季 (著), yomi (表紙絵)
出版社: ノワ出版; 1版 (2014/9/15)
ASIN: B00NLXAD5U

内容紹介
次巻で、中世ヨーロッパへ、時間旅行をすることになる3人の子どもたち。
本巻では、それを可能にしてくれる不思議な接着剤と子どもたちとの出あいをえがきます。
不思議な接着剤「クッツケール」は賢者の石100パーセントの超化学反応系接着剤、発売元はアルケミー化学工業株式会社。
「クッツケール」の背後には時空をこえて商売の手をひろげる企業連合の存在がありますが、この作品ではまだほんのり、すがたを感じさせるていどです。
不思議な接着剤に出あった子どもたちの心の動きを鮮やかにえがき出し、生きることの美しさ、せつなさを訴えかけます。

本文より
{ 瞳は、竹ぐしとパレットナイフを用いて、ケーキを型から取り出す作業を進めながら、しずかに話を聞いていました。
 ですが、翔太に起こったこと――いえ、弟に自分がしでかしたあやまちを紘平が話したとき、瞳は身をふるわせて作業をやめました。
「ねえ、紘平くん。それって、夢とか、ゲンカクとかじゃないの? わたし、しんじられない」
 瞳は、かしこそうな目をすずしげに見開いて、それ以上、紘平が話しつづけることを拒否するかのようでした。}

緑字の部分は、9月19日夜、更新を依頼しました。

もくじ
1 おとうさんの部屋で
2 くっついたピアノ協奏曲
3 どうすればいいのか、わからない
4 青い目のネコ
5 明日は、しあさって
6 冒険へのいざない
あとがき

※本書は縦書き、小学4年以上で習う漢字にルビをふっています。 

サンプルをダウンロードできます。
     ↓

|

« KDPへようやく提出 | トップページ | 初の歴史小説 (38)萬子媛(祐徳院)をテーマとした古文書「祐徳開山瑞顔大師行業記」 »

Notes:不思議な接着剤」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事

自作童話「不思議な接着剤」」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事