« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の24件の記事

2014年9月29日 (月)

初の歴史小説 (40)後陽成天皇の憂鬱 ③第三皇子、後水尾天皇との不和

隠元隆琦(1592年 - 1673年) 

後陽成天皇(1571 - 1617年)

第三皇女:清子内親王(1593 - 1674) - 鷹司信尚室

第三皇子:政仁親王(後水尾天皇)(1596 - 1680)

萬子媛(1625年 - 1705年)

隠元隆琦:Wikipedia

隠元には、後水尾法皇を始めとする皇族、幕府要人を始めとする各地の大名、多くの商人たちが競って帰依した。

後陽成天皇の第三皇女・清子内親王は萬子媛の祖母であるから(二歳の萬子媛を養女としている)、後陽成天皇の第三皇子・後水尾天皇は萬子媛の大叔父に当たる。

萬子媛誕生のとき、祖母は32歳。若いグランマだなあ!

というより、萬子媛の結婚が37歳なのだから、江戸初期にしては遅すぎるのだ。高齢で2人の男児を産み、長命、最期は断食入定で1週間以上も念仏が聴こえていたということから推量しても、健康な女性であったと思われる。江戸時代は出戻りや再婚も多かったというから、初婚ではなかったと想像したくなる。

萬子媛を養女とした祖母は、萬子媛が49歳のときに亡くなっている。

後陽成天皇の崩御の年齢は47歳だが、他の方々は皆80歳を超える長寿だ。

明末の僧で日本黄檗宗の開祖だった隠元には、後水尾法皇を始めとする皇族、幕府要人を始めとする各地の大名、多くの商人たちが競って帰依したということだから、萬子媛が出家するときに黄檗宗を選んだことは、自然の流れだったといえよう。

後陽成天皇、後水尾天皇の時代、幕府の朝廷への介入には凄まじいものがあった。

後陽成天皇と後水尾天皇、この父子の不和は、この幕府の介入が一因といってよい。

父子はその状況に甘んじていたわけではない。幕府に抵抗した。父より子の方がより激しく抵抗したといってよいだろう。

父子の仲が悪かった――という月並みな言葉では片付けられない確執が2人の間にはあったのだろうか。Wikipediaに出ている以下の出来事から、子の父に対する憎しみの凄まじさに驚かされる。

後水尾天皇:Wikipedia

諡号・追号・異名

遺諡により後水尾と追号された。水尾とは清和天皇の異称である。後水尾天皇は、不和であった父・後陽成天皇に、乱行があるとして退位に追い込まれた陽成天皇の「陽成」の加後号を贈り、自らは陽成天皇の父であった清和天皇の異称「水尾」の加後号を名乗るという意志を持っていたことになる。このような父子逆転の加後号は他に例がない。徳川光圀は随筆『西山随筆』で、兄を押しのけて即位したことが清和天皇と同様であり、この諡号を自ら選んだ理由であろうと 推測している。遺諡は、鎌倉時代の後嵯峨天皇から南北朝・室町時代の後小松天皇にけて多くあったが、その後7代にわたって絶えており、後水尾天皇の遺諡は後小松天皇以来約2世紀ぶりである。このことからも後水尾天皇の強い意志が伺われる。また、清和源氏を称する徳川氏の上に立つという意志も見て取れる。

父に悪名高かった「陽成」の加後号を贈った子であったが、その陽成天皇について調べてみると、陽成天皇が本当にいわれるようなひどい人物であったのかどうかが疑問視されているようである。

後水尾天皇について、もっと知りたいと思い、図書館から本を借りてきた。他にも、小説の執筆の参考になりそうな本を借りてきた。

後水尾天皇―千年の坂も踏みわけて (ミネルヴァ日本評伝選)
久保 貴子 (著)
出版社: ミネルヴァ書房 (2008/03)

江戸衣装図鑑
菊地 ひと美 (著)
出版社: 東京堂出版 (2011/11/16)

中世公家の家と女性
後藤 みち子 (著)
出版社: 吉川弘文館 (2002/01)

お公家さんの日本語
堀井 令以知 (著)
出版社: グラフ社 (2008/07)

図説江戸〈2〉大名と旗本の暮らし (GAKKEN GRAPHIC BOOKS DELUXE)
平井 聖 (監修)
出版社: 学習研究社 (2000/06)

大名の暮らしと食 (同成社江戸時代史叢書)
江後 迪子 (著)
出版社: 同成社 (2002/11)

参勤交代 (日本歴史叢書)
丸山 雍成 (著)
出版社: 吉川弘文館; 新装版 (2007/06)

初期黄檗派の僧たち
木村 得玄 (著)
出版社: 春秋社 (2007/08)

林羅山―書を読みて未だ倦まず (ミネルヴァ日本評伝選)
鈴木 健一 (著)
出版社: ミネルヴァ書房 (2012/11)

江戸の花女御―東福門院和子
近藤 富枝 (著)
出版社: 毎日新聞社 (2000/1/1)

下の3冊は再度借りた。『江戸の花女御』に、汚されている頁があって、困る。大人しか借りない本だろうに、なぜ、汚すのだろう? 普段わたしの借りる本はマイナーな本らしく、古くても新しくても綺麗なので、汚い頁があると応える。どうしても手元に置いておかなくてはならない本を購入する以外は、図書館を利用したいのだが、歴史小説辺りになると、借りる人も多いらしく、ちょくちょくこんな愚痴が出てしまう。

菊地ひと美著『江戸衣装図鑑』 は、ありがたい本。詳しく、わかりやすいので、歴史小説を書く勇気が湧いてくる。祐徳博物館で萬子媛の小袖を見た記憶があり、黄檗宗の僧侶となってからの肖像画で、中国・明僧風の衣装を纏った萬子媛も見たが(郷土史家がお送りくださった資料の中にあったもので、普明寺蔵の掛軸が撮影されたもののコピー)、当時の衣装についてきちんと勉強する必要を覚えていた。

肖像画の萬子媛は高齢で矍鑠とした、謹厳な女僧という印象。見ているだけで、身が引き締まるような……。頭髪は灰色で、とても短いショート。若い頃は美人であったことが窺える、顔立ちのよさだ。小説の中で、克明に描写してみたい。わたしが霊的に感じる、萬子媛の高雅な雰囲気も交えて。

| | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

ユダヤ人に関して、わたしにあった二つの疑問

ベドルジハ・スメタナの「モルダウ(ヴルタヴァ)」(『わが祖国』第2曲)とイスラエルの国歌「ハティクヴァ(希望)」の曲がよく似ているなあ、と以前から不思議に思っていた。以下、YouTubeから。

イスラエル国歌 日本語訳
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=xSwopyigAvc

その疑問が解消した。あるサイトで閲覧したのだが、Wikipediaにも出ていた。以下に引用。

わが祖国 (スメタナ):Wikipedia

この曲には、15世紀から16世紀にかけてイタリアで活動したテノール歌手ジュゼッペ・チェンチ作の「ラ・マントヴァーナ」に由来するメロディが改変されて用いられている[4]。同曲はモルドバ(モルダヴィア)などにも伝わり、民謡の一節に流用され、イスラエルの国歌「ハティクヴァ」のメロディの基礎ともなっている。

どうりで、似ているはずだ。ソースが同じなのだから。ソースとなった作品は、以下のYouTube「Giuseppino del Biado - Fuggi, fuggi, fuggi [testo]」 で聴くことができる。

もう一つ、わたしには長年解けない疑問があったのだが、解けたような気がする動画を視聴した。

それはユダヤ陰謀説に関する疑問だった。ユダヤ陰謀説とは、ユダヤ人が世界征服を企んで、様々なことを仕掛けているという説である。

ところで、わたしは神秘主義者として生まれた。中学1年くらいまで、他の人間も皆そうだと勘違いしていた。自分を基準にして考えると、そんな勘違いに陥らざるをえない。

脳の記憶ではなく、霊的な記憶として、少しばかりの前世の記憶とほのかなあの世の記憶とを持って生まれたため、生まれつき、いわばわたしは神秘主義者で哲学者だった。今生は、修行者だった前世の続きとしてある。

当然、神秘主義的な書物には親しみを持ち、あれこれ漁ったが、真摯に書かれた、美しいオーラを放っているその類いの書物には、よくユダヤ人の神秘主義者が出てきたし、フリーメーソン、カバラなど、よく出てきた。格調高いそれらの書物とユダヤ陰謀説とがわたしにはどうしても結びつかなかった。

どこでユダヤ陰謀説に触れたかといえば、オカルト雑誌『ムー』などの雑誌とか本、テレビなどでも、日本ではよく語られてきたのではないだろうか。ネット上にも溢れている。

確かに、戦争の陰にはよくお金持ちのユダヤ人が見つかる。日本が日露戦争時にユダヤ人から軍資金を借りた話なども有名だ。

戦争に投資してきた、ぞっとするくらいの大金持ちのユダヤ人がいることは間違いない。流浪の民であったことから、特定の国に対する思い入れが少なく、そうしたことをやりやすかったユダヤ人がいたに違いない。

が、彼らが世界征服を企んでいるにしては、そのやりかたが恣意的にすぎるように思われ、またそれとは関係のなさそうなことをしすぎている気がした。

いや、そもそも、ユダヤ人とは、ユダヤ人という単一民族を意味するのではなく、ユダヤ教徒のことをいうのだと知ったのさえ、比較的最近のことだ。

本当にユダヤ人について、無知だった。フラウィウス・ヨセフスから、ずいぶん色々と教わっている。

ナンにせよ、長いこと、わたしの疑問としてユダヤ人の陰謀説というものがあったのだが、以下の動画を視聴して、その疑問がかなり解けた気がした。

ベン=アミー・シロニー教授 「日本の強さの秘密を探るー日本とユダヤの深い関係」ロングバージョン53分
https://www.youtube.com/watch?v=3BzKKIMKKTo

動画の会話から引用させていただくと、ベン=アミー・シロニー教授の話の中に以下のような箇所がある。

その頃ロシアでは共産党の赤軍と皇帝の白軍が戦っておりました。
赤軍はトロツキーと呼ぶユダヤ人が率いていたのです。
そして皇帝の白軍なるものは大変な反ユダヤで、彼らユダヤ人がこの革命を始めたと決め付けたのです。
そして『シオニストの長老達』と呼ぶ偽物の本を出版しました。
そこで彼らはユダヤ人たちがこの革命の張本人であることを証明しようとしたのです。
するとうろたえる米や英は日本にシベリアに出て行って赤軍を殲滅してくれと要請したのです。
彼ら自身はヨーロッパに兵を送り、それが出来なかったからです。
よって誰も知らないのですが実に4年間南シベリアとウラジオストックは日本が占拠していたのです。
そこで日本軍は白軍の将校達と会いました。
そこで白軍はこの戦争はユダヤ人がしかけたものだ、ユダヤ人が問題なのだと伝えたのです。
それを聞いた日本軍将校は日本に戻り、
赤軍の大勝はユダヤ人が世界を制圧しようとする第一歩であるとの反ユダヤデマゴギーを書きました。
興味深いことですが、1920年頃から始まったそれはヨーロッパでの反ユダヤ主義と変わりませんでした。
つまりヨーロッパ人はユダヤ人がトロツキーである等々、
よって殺すべきか追放すべきだと……
ところで日本での反ユダヤ主義者たちは憎しみでなく、
「ああ、彼らを見ろ、小さな人種が世界を制圧しようとしているんだ」
つまり資本主義も共産主義も と
だから我々日本は彼らに近づくべきだ と
小国の我々もユダヤ人になりたいのだ と
つまり反ユダヤ主義と親ユダヤ主義が混合したのです。

『シオニストの長老達』というのは、Wikipediaで『シオン賢者の議定書』と出ている書物のことだろう。

Wikipediaには、信用のおけない記述もあるから、鵜呑みにするわけにはいかないけれど、一部引用すれば、『シオン賢者の議定書』の内容とそれに対する結論めいたことが、以下のように出ている。それは、教授の話と一致する。

シオン賢者の議定書:Wikipedia

『シオン賢者の議定書』(シオンけんじゃのぎていしょ、The Protocols of the Elders of Zion)は、「秘密権力の世界征服計画書」という触れ込みで広まった会話形式の文書。1890年代の終わりから1900年代の初めにかけてロシア語版が出て以降、『ユダヤ議定書』『シオンのプロトコール』『ユダヤの長老達のプロトコル』とも呼ばれるようになった。
ユダヤ人を貶めるために作られた本であると考えられ、ドイツのナチスに影響を与え、結果的にホロコーストを引き起こしたともいえることから「史上最悪の偽書」、「史上最低の偽造文書」とされることもある。

(……)
このようにプロトコルは出所も作者も曖昧だが、後年、幾つかの状況証拠から、いずれにせよ当時フランス国内で諜報活動を行っていたロシア秘密警察の幹部が部下に命じてパリで捏造したものとみられている。

もしこれが本当だとすると、怖ろしい話である。偽物の本がナチスに影響を与え、あのホロコーストが起きたのだと思えば、心底ぞっとさせられる。

それにしても、ユダヤ人がここまで日本に関わっていたとは知らなかった。満州に住んでいたロシア人の多くが、逃げてきていたユダヤ人だったことも初耳だった。

戦争の舞台裏は複雑怪奇である。

実はユダヤ人に関する疑問には、もう一つあって、まだ解けない。

それは秦氏に関する疑問で、秦氏には彼らが秦の末裔であるという説と景教(キリスト教のネストリウス派)徒のユダヤ人であるという説とがあるのだが(根っからの百済系という説もあった)、その二つの説が結びつかないまま、本当だろうかという疑問がある。

そんなことを考えていると、以下のような動画に出合ったりもした。動画に使われているのは、金八ソーラン節のようだ。

ソーラン節 をヘブライ語で解釈する。
https://www.youtube.com/watch?v=dFC9MXgPCTg

関連記事:

  • 2016年5月24日 (火)
    ベンジャミン・フリードマンのスピーチ
    http://elder.tea-nifty.com/blog/2016/05/post-4751.html

|

2014年9月26日 (金)

エスプレッソメーカー

20140925b

姪の結婚披露宴で貰ったカタログギフト。エスプレッソメーカーがあったので、お試しに頼んでみました。

火にかけて使うタイプで、2カップ分の容量、メイド・イン・チャイナ。

直火式エスプレッソメーカーのことを、イタリアでは「マキネッタ」(小型のコーヒー沸かし器)というそうですね。

濃いコーヒーが抽出されるので、わたしは牛乳をたっぷり入れなくては飲めません。2人で飲むには充分です。

でも、うちは普段3人なので、そのうちもう少し大きいものがほしい気がします。この火にかけて使うタイプで充分美味しいエスプレッソコーヒーを味わえることがわかったので、3人分か4人分の容量のマキネッタを。

自分で買うとしたら、Amazonに、

「髭おじさん」のトレードマークで親しみのあるイタリアの老舗「ビアレッティ社」の定番モデル
イタリア本国では一家に一台は必ずあるとまでいわれているシェアNo.1商品

とある、以下の商品を買います。サイズは1カップから18カップまで豊富にあるようです。ブログパーツの商品は4カップ。

BIALETTI(ビアレッティ)直火式 モカエキスプレス 4カップ 1164
BIALETTI (ビアレッティ)
ASIN: B0016H2PLS

抽出後はコーヒーの粉がバスケットに固くこびりつきます。洗うときは、コーヒーの油分を残すために、洗剤を使わずに、水か湯で洗うものだそうです。

20140925d

サイフォンコーヒーはすっかり我が家に定着しましたが、その上エスプレッソも飲めるなんて、贅沢な暮らしです。

先日カルディで買った豆は、ハロウィンブレンド、カリビアマイルド、オータムブレンド、エスプレッソブレンド……と今回はブレンドばかりになりました。

ハロウィンブレンドは以前買って、家族全員気に入りました。オータムブレンドは深煎り、ミルクと合います。カリビアマイルドはアメリカンブレンドに似た飲みやすさ。

ブラックで飲んで豆そのものを味わうにはサイフォンコーヒー、牛乳をたっぷり入れた芳ばしいコーヒーを楽しむにはエスプレッソメーカー――と、我が家では使いわけて愛用することになりそう。

秋、冬とコーヒーが美味しい季節になります。

話題は変わりますが、Kindle本『直塚万季 幻想短篇集(1)』の表紙を替えました。内容は変更なしなので、版は更新しませんでした。

表紙絵はyomiさん。まだKDPに提出したばかりなので、反映するにはしばらくかかると思います。

Shousei3_blog

| | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

お気楽な見学のつもりが体験学習でした。追記あり。

娘がNHKカルチャーのイタリア語講座(初級)を受けるかどうかで迷っていて、とりあえず見学に出かけるけれど、一緒に行かない?と誘ってきました。

わたしは、お気楽に後ろのほうで見学していればいいのだと想像しました。

バルザックに熱中していたころ、フランス語を独学で少しだけ囓ってみたことがありましたが、すぐに創作暮らしにまぎれ、今ではほとんど何も記憶に残っていません。

あのころ、NHKの「フランス語会話」では『スタンダード40』という番組が制作されていて、大木充先生とか可愛らしいファビエンヌとか、ユニークなパトリスといった人々が登場して、楽しい講座になっていました。

その頃「イタリア語会話」には山口もえちゃん、ジローラモ・パンツェッタ、ダリオ・ポニッスィ、コンスエロ・モスケッラ(ナオミ役)といった人々が出ていました。

娘はその頃からフランス語よりイタリア語に興味を持っていましたが、特にここ数年独学でイタリア語に熱中し、ローマとフィレンツェにペンフレンドが2人。わたしは受講に賛成でした。

4月からの1年講座ですが、3ヶ月ごとに区切られているようで、途中から受講することもできるようです。

わたしはいつも創作に時間をとられて、他にしたいことがあっても諦めざるをえませんが、気晴らしに――なんていうと、失礼ですが――見学に行くのもいいかもしれないと思いました。

NHKカルチャーといえば、「日田文學」で知り合ったFさんが確か講座を持っていらしたはずと思い、ホームページを閲覧してみると、ありました。「エッセイ・小説の作法」。Fさんの講座とか俳句の講座とかを見学してみたい気もしました。

そして、どうせ使うこともないだろうけれど、と思いながら、ノートとボールペンをバッグに入れました。

翌日、受付を済ませるときに、「もう先生はお見えになっていますよ」といわれ、ちょっとドキッとしました。講座は1時間20分です。

教室に行くと、既に受講生は着席し、先生が迎えてくださいました。欠席者が2人で、少人数です。ドアは前のほうにあって、大学の小教室みたいでした。中年から老年の男女が目に入りました。その日の受講生で一番若いと思われた男性も40代でしょうか。

先生は、夫婦デュオ「ヒデとロザンナ」で有名だったロザンナ・ザンボンの今の感じを何となく連想させられる、知的かつイタリアのマンマという印象の中年女性です。

わたしたち母子は促されて着席しました。先生が、受講を見学する目的をお尋ねになりました。

娘は、独学でイタリア語を勉強してきたこと、フィレンツェとローマにペンフレンドがいることを話しました。次はわたしの番でした。

娘にくっついて来ただけです、ほんの気晴らしに……とはいえなくなり、イタリア語の知識はゼロだけれど、イタリアの作家タブッキに興味があるといいました。

皆でちょとした雑談になり、とても和やかな雰囲気だったので、わたしは先生のご出身をお尋ねしました。ナポリだそうです。でも日本に来て長いそうで、教えてくださった年数から考えて、この街も長いようでした。

いよいよ授業が始まりました。

とてもすてきな雰囲気でしたが、思っていた雰囲気と違うぞと思いました。なぜか、わたしたちも参加するような雰囲気があるではありませんか。いや、娘はともかく、わたしはただ見学に来ただけで……と心の中で訴えつつ、隣に座る娘を盗み見しました。

澄ました受講生顔になっている娘に、話が違うじゃないのと思いながら(でも娘も見学のみと思っていたそうで、緊張していたとか)、仕方なく娘を真似てわたしもノートとボールペンを出しました。

  • Buongiorno(ボンジョルノ) こんにちは
  • Piacere(ピアチェーレ) はじめまして

と皆さん、おっしゃっています。ボンジョルノは聴いたことがありましたが、ピアチェーレは初めて聴く気がしました。

そうこうするうち、受講生から順に自己紹介が始まり、あれれ、娘が当たって、う、最後にわたしの番?

先生は「心配いらない。大丈夫、大丈夫よ」とおっしゃっています。結局、必死でついていく羽目になりました。

一つの授業で、どうしても覚えなければならない構文は二つだけで、単語は沢山出てくるけれど、とても一度に覚えきれるものではないので、それは徐々に覚えていけばいいとおっしゃいました。

ざっと、以下のようなことを習いました。先生がお書きになる黒板の字は全て大文字でしたが、わたしは書き慣れた書きかたでノートしました(間違っているかも)。

  • Mi chiamo Maki Naotsuka.(ミ キアーモ マキナオツカ) 私の名前は直塚万季です。
  • Sono di Saga.(ソノ ディ サガ) 私の出身は佐賀です。
  • Sono casalinga.(ソノ カザリンガ) 私は主婦です。
  • Sono giapponese. (ソノ ジャッポネーゼ) 私は日本人です。
  • Mi piace la siesta.  (ミ ピアーチェ ラ シエスタ) 私は昼寝が好きです。
  • 雨の日の外出は好きではない。
    Non mi piace uscire con la pioggia.私は雨の中を行くのは好きではない。
    Non mi piace uscire quando piove. 私は雨が降ったときに外出するのが好きではない。
  • Ti piace la carne? 肉が好きですか。
  • Si, mi piace. はい、好きです。
  • Anche a me piace. 私も好きです。
  • No, non mi piace. いいえ、好きではありません。
  • (複数形)
    Ti piacciono gli asparagi? アスパラガスが好きですか?
  • Si, mi piacciono molto. はい、とても好きです。
  • No, non mi piacciono. いいえ、好きではありません。
  • No, non mi piacciono molto. いいえ、あまり好きではありません。※「大嫌い」ではなく、「あまり好きではない」の意味になる。
  • (人間関係。直接いう場合)
    Mi piaci. あなたが好きです。
    Ti piaccio? あなたは私を好きですか?

    Ti amo. あなたを愛しています。※永遠の愛を誓うような意味もあるので、日常会話ではほとんど使うことはない。

その中で、覚えるべき二つは、

  • Mi piace~=わたしは~が好きです
  • Non mi piace ~=わたしは~が好きではありません

であるようでしたが、いきなりのイタリア語に頭が上せてしまっていたので、違っていたかもしれません。

4月から始まっているにしても、皆さん、全くの初心者ではないという感じでした。娘を含めてです。フランス語で遊んでみただけだったわたしとは違い、娘がイタリア語を真摯に独学していたことがわかりました。講座にすっかり溶け込み、皆さんに比べても遜色ないレベルでした。

わたしは最後に当てられると、頭のほうだけイタリア語でいい、あとは日本語をくっつけて、翻訳は皆さんにお任せしました。だって見学だけのつもり……

発音はほぼローマ字読みでいいようでしたが、全部がそうだというわけではないので、ノートに必死でカタカナで読みかたをメモし、当てられるとそれを読みました。

好きなことはお昼寝というと、先生がわたしもよ、とおっしゃいました。昼寝のシエスタという言葉はスペイン語だと思っていましたが、イタリア語でもシエスタというそうです。

先生の発音はテレビで聴いたみたいな、綺麗な、イタリア語特有の切れのよい発音で、感激しました。その発音にうっとり聴き入ったりもしていたので、よけいに授業についていけませんでしたが……

あちらの授業では、覚えたことを文章に組み立てて理解することに重点が置かれているようです。国語のテストは作文だけだとか。歴史のテストにしても、まとまったことを述べる口述試験だそうです。

何が嫌いかをイタリア語でいわなければならなかったとき、何が嫌いかがとっさに出てきませんでした。受講生たちは、あえて少し捻った文章を考え出して自分でイタリア語に翻訳していました。それを先生が訂正したり、 助けたりしていました。そこで、質問が出たりもしました。先生が他の文例をいくつか付け加えたりもなさいます。

文章が調うと、全員で黒板を見ながら読むのです。

わたしは雷が嫌いといおうと思いましたが、もう少し捻ろうと思い、「Non mi piace 雨の中の外出」と日本語まじりでいいました。

すると、今度も先生はわたしを見て、「わたしもそう。よく似ているわね、わたしたち……」とおっしゃるではありませんか。そうした何でもないことに喜びを覚えたりして、緊張と既視感と幸福感とを伴う授業が終わりました。

イタリア人特有のものなのか、先生個人の特徴なのかはわかりませんが、考え深そうな表情のあとに来る鮮明な表情(反応)が、雲間から射す太陽の光みたいで、印象的でした。

本当によいムードでした。皆さん、さりげなくチャオといって、それぞれに帰っていきました。

わたしはゼミを選択しなかったので、マスプロ大学での大教室におけるマスプロ授業が記憶にある授業でした。

大学時代に作家としての足場を築くつもりだったので、ゼミに時間を取られたくないと思ったのでした。あとで後悔しましたけれど。こんな年齢になっても未だに足場が築けない無残な人生になるなどとは、楽天的だった当時は想像もしませんでした。

大学での授業が物足りなかったとの思いがあったため、35年ぶりくらいに受けた少人数での授業が、思いがけないくらい、楽しかったのですね。

娘と受講したいと思いましたが、冷静に考えると、書かねばならない初の歴史小説がありますし、受講するにしても、来年の4月からのほうがいいでしょう。今のままでは皆について行けず、迷惑がかかる気がします。

娘も夫も、わたしがイタリア語講座に魅せられたことは喜んでくれましたが、やはり小説との両立は難しいのではないかという意見でした。

「ママはやろうと決めたら真面目に頑張るタイプだから、授業には追いつくと思うけれど、歴史小説はいいの?」と娘。夫も同調。家族は、わたしが郷土史家のお世話になっていることを思い出したようでもありました。

そうです、まずは小説ですよね、ハイわかっています。いつも孤独に黙々と小説を書くだけ。ろくに売れもしないのに。

受講する娘の土産話を楽しみに、小説頑張ります。

追記:

娘がイタリア語の参考書を沢山持っているので、時間があるときにそれを借りて勉強したり、受講ノートを見せて貰ったりしながら、もし行けたら来年あるいは再来年、イタリア語を受講できたらと考えています(あくまで希望、いや夢かな)。

見聞を広めることは創作には不可欠なことで、外国語を学ぶことが創作の役に立たないはずはないのですが、創作は毎日が自身に課したノルマをこなすことから成り立っており、それ自体の中に調べものや学習が含まれているため、それだけでも容量オーバーとなりがちなのですね。でも、3ヶ月だけでもいいから、受講してみたいという気持ちがむくむくと……。

そういえば、Kindle本にした「昼下がりのカタルシス」では女性主人公がフランス語講座に通う場面が出てきます。講座について調べたものの、実際にはどんなものかがわからないまま、想像で書いたのですが、これが何と想像通りでした

昼下がりのカタルシス [Kindle版]
直塚万季 (著)
出版社: ノワ出版; 2版 (2013/12/2)
ASIN: B00EJ7A5LY

|

娘が重宝しているステンレスマグ。ソーセージに合うカシス・マスタード。

20140923a

娘にとって、必携のステンレスマグ。

中身がこぼれにくいステンレスマグになかなか出合えず、「いっそ、魔法瓶を買ったら?」といっていたのですが、一緒にデパートに出かけたときに、このステンレスマグを見て、これはよさそうだと二人共思いました。

この象印のステンレスマグはロックすることができ、使い始めて1ヶ月になるでしょうか、まだ一度も中身がこぼれたことがないとか。

色は写真のライラックの他に、ダークココア、ピンクシャンパン、マリンブルーがありました。内側はフッ素コートです。娘はピンクシャンパンと迷っていました。

20140923m

洗いやすいです。

ZOJIRUSHI ステンレスマグ 480ml ライラック SM-KB48-VJ
メーカー型番: SM-KB48VJ
ASIN: B00B1KVCDW

20140923085350

背景に使ったのは、カルディで買ったカナダのクラッカー。わたしも味見しました。塩は利かせてありません。スープの浮き実にもよそう。

最近、ハンバーグを作るときなどに余った食パンの耳を切って、フライパンでカリッとするくらいに――焦げないように――炒め、スープの浮き実にしたら美味しくて、はまっています。

わたしは大きめに作るほうが好き。コンソメスープと合いますね。

20140919232651_2

サイト「E・レシピ」の『キャベツのマスタード和え』を参考に作りました。粒マスタードがなかったので、普通のマスタードで作りましたが、ハンバーグに合いました。ソーセージなんかとも合うでしょうね。

ああ、そう、そう。マスタード、ソーセージといえば、カシス・マスタード!

20140923113700

デパートのフランス展で、これとバジル・マスタードを買ってみたのですが、バジルのほうはまだ開封していず(12月までなので、そろそろ使わなくては)、カシス・マスタードを開封。

肉料理に添えてみたりしたものの、カシスの粒が何だか邪魔な感じがしただけで、特に美味しいとは思いませんでした。ところが……!!

どこにでも売っているウインナーソーセージ――2袋いくらかの――に添えてみたところ、これが絶品の味となったのです! 家族全員感嘆しましたよ。

売り子さんがカシス・マスタードはフランス展のときしか置いていないといっていたので、なくなったら淋しいなと思っていたのですけれど、アマゾンにありました。12個入りもありましたが、さすがに賞味期限が気になります。

アマゾンの口コミを見たところ、バジル・マスタードもソーセージと合うようです。

カシス・マスタード 105g
メーカー名: ファロ
原産国名: フランス
ASIN: B0038ATL72

|

2014年9月21日 (日)

胸の圧迫感にスプレー1回(期間中1回目)。ジェネリック・キャンペーン。

20140921

狭心症の発作を止める、噴霧式・ニトログリセリン舌下スプレー剤「ミオコールスプレー」。

午後4時ごろ、2回噴霧しました。

使用可能回数100回にしては、使用期限が短く(今使っているのは2015年9月まで)、月に2回くらいしか使わないわたしは期限までに使いきれないので、回数を間違えないように✕印を入れたり、写真を撮ったりするのはもういいやと思い、やめていましたが、わかりやすいので、復活させることにしました。

しばらくチェックをやめていたので、実際には✕印はもっと多いです。あ、下のほうを走っている馬は関係ありません。無料画像編集ソフト「PIXLA」の『PIXLR EXPRESS』で使えるエフェクトの馬がまだいたので、つい……

心臓の調子はいいですが、気温の変動はどうしても刺激になりやすくて、出てしまいました。わたしの場合は、2日ほど、前触れのように調子の悪い日が2~3日続いたあとで、何かが刺激となって起きるパターンが多いです。今回もそうで、2日ほど、何をするにも気が乗らず、何となく調子が悪くて、ごろごろしていました。

次回の受診までの期間中、冠攣縮性狭心症の発作ゼロでいけるかなと思ったのですが、大抵2回は出てしまいます。

過日の受診日に、抗不整脈薬サンリズムに関する処方の変更がありました。

20140905022714

ダイエットで痩せたことから薬物血中濃度測定を行ったほうがよいということで、そうしていただいたところ、薬が効きすぎていることがわかったのでした。で、50㎎から25㎎へ変更。薬価82.1円から48.7円に安くなりました。

変更後のほうが不整脈の起きる回数はより少なくなった気がします。サンリズムを服用するようになってから劇的に不整脈という不整脈が起きなくなったという印象がありますが、それでも皆無というわけではなく、薬を服用した直後とか、どうかしたときに起きることはありました。

特に、服用直後、心臓の左端辺りが抑えつけられたような嫌な感じと、強いわけではないけれどそこに鋭利な痛みが走って苛々させられることがありました(携帯心電計をお借りしたときの先生の解説からすると、この現象は心房細動っぽい。主にこれをなくすためにサンリズムの服用を始めのですが。サンリズム服用前はこれが長い時間続くことがあり、ひじょうに嫌でした)。それが減りました。

当然薬は効き過ぎてもよくなくて、逆に危険な不整脈を誘発したりもするそうで。

サンリズムを飲む前は泡が立つようなブクブクする感じの不整脈が長時間起きたりもしていましたが、それも起きなくなりました。頻繁に起きためまい、たびたびあった気が遠のくといった、生活の質に関わる――下手をすれば命に関わる?――現象もほぼなくなりました。

国のジェネリック・キャンペーンを受けてか、昨日協会けんぽから、以下のお便りが届きました。いつだったかの国会中継で、医療費を減らすためにジェネリックを推進していくとの話が出ていました。

20140921ke_2

以前のキャンペーン時に、心臓の薬のうち3種類をジェネリックに替えて貰いました。その後に処方されたサンリズムも薬局で先生に訊いて貰って、一旦はジェネリックに変更しました。先生は渋々応じられたようでした。

が、そのジェネリックはわたしには効きませんでした。先生はそういうこともあるため、ジェネリックに警戒していらしたというわけでした。

薬を飲みやすくするためのコーティングの厚さ加減とか、ちょっとしたことで、薬がそのまま便に出たりして、効かないことがあるとか。

先生がおっしゃるには、特に抗不整脈薬は先発薬のほうがよいとのことでした。そのあたりの経緯は、以下の過去記事にあります。

ジェネリックは安いので、家計的に助かります。経済状態がよければ、サンリズムでの痛い経験から全部先発薬にするところですが、大丈夫そうだと思えば、今後薬が追加になった場合も、ジェネリックにすることがあるかもしれません。ジェネリックのない薬というのも、結構ありますが。

いずれにしても、最初は先発薬にして効果を確認しておいたほうがよいと思います。ジェネリックとの比較ができますから。

ジェネリックに替えた3種類の薬は、始めは先発薬を処方されていたため、比較ができたのでした。サンリズムにしても、そうです。でも、どの薬も使い始めは色々なトラブルが起きがちなので、わかりにくいところがありますよね。ジェネリックに変更してみるのは、安定してからのほうがよいでしょうね。担当医と相談の上で。

ジェネリックを使用する場合は、患者の側でも気をつけて様子をみるべきだと感じました。いくら薬代が安くなったとしても、効かないというような、何らかのトラブルにつながれば、むしろ高くつくことになりますものね。

|

2014年9月20日 (土)

スコットランドの独立否決とメアリー・スチュアート

スコットランド住民投票は独立を否決しましたね。昨日は、よその国のことながら、ドキドキして開票結果を待っていました。

スコットランドといえば、思い出さないわけにはいかないメアリー・スチュアート。過去記事で書きました。

カッピーさんが2014年9月18日に公開された以下の動画で、「あさラジ」における佐藤優氏の解説を聴くと、スコットランドでなぜ独立を問う事態が発生したのかがわかります。

【佐藤優 スコットランド】原因は積年の恨みだ【あさラジ】
https://www.youtube.com/watch?v=IysLb6B-jVA

ところで、独立問題って、何だか離婚問題に似たところがあるなあと思いました。

以下のわたしのKindle本では、離婚か否かに直面した女性の問題を扱っています。続編があり、完成させたので、そちらもいずれKindle本にしたいと考えています。

侵入者 [Kindle版]
直塚万季 (著)
出版社: ノワ出版; 1版 (2014/3/29)

サンプルをダウンロードできます。
     ↓

以下のKindle本は、出来たてのほやほやです。児童小説ですが、子どもの心理や空想物語に関心がおありの大人のかたにも楽しんでいただけるでしょう。

不思議な接着剤1: 冒険前夜 [Kindle版]
直塚万季 (著), yomi (表紙絵)
出版社: ノワ出版; 1版 (2014/9/15)

サンプルをダウンロードできます。
     ↓

|

2014年9月18日 (木)

初の歴史小説 (39)後陽成天皇の憂鬱 ②猪熊事件の背景にある公家の境遇

 当カテゴリー「初の歴史小説」の記事は素人のメモにすぎません。参考にはなさらないでください。

萬子媛が後陽成天皇曾孫女であることから、どうしても後陽成天皇に目が行く。以下の記事で、公家の乱脈ぶりを物語る「猪熊事件」について触れた。

こうした事件の背景には、幕府が実権を掌握していく中での公家の立場の不如意さ、活躍の場のなさがあったようである。

以下の本より、当時の公家がどのような経済状態、精神状態におかれていたかが窺える箇所を引用しておきたい。

江戸の花女御―東福門院和子
出版社: 毎日新聞社 (2000/1/1)
近藤 富枝 (著)

近藤富枝著『江戸の花女御―東福門院和子』(毎日新聞社、2000年)、50頁―51頁。

 皇室の収入が表高たったの一万石である。これでは大名の最下級の俸給である。もっとも皇室武器を整え、軍兵を養う必要はないし、ひざもとの公家たちや女院、皇子皇女の経済も別である。また内裏の建築も幕府まかせだ。
 ちなみに関白の位につく五摂家でも二千石程度で、下級公家になると三十石という家さえある。それさえ幕府の宰領によるものだからいざとなると反抗ができないのだ。したがって公家たちは家柄を利用して内職に励まなければ妻子が養えない。政治の実権は武家にあり、公家は高い官職についても力を発揮することができない。彼らは右往左往して徳川のごぎげんとりに心をつかうだけであった。

想像以上の貧しさ、自由度の低さ、という気がする。「猪熊事件」にしても、Wikipediaによると、荘園収入がほぼ途絶え、稼業が大きな収入源となる時代に起きた事件で、蹴鞠を稼業とする家が商売敵を陥れるために天皇に逐一言上したのだと『花山物語』にあるそうだ。

|

2014年9月17日 (水)

初の歴史小説 (38)萬子媛(祐徳院)をテーマとした古文書「祐徳開山瑞顔大師行業記」

ようやく初の歴史小説に戻ってきた。児童書(不思議な接着剤1: 冒険前夜⇒Kindleストアへのリンク)にかかりきりだった間、座っていた姿勢に問題があったのか、昨日は腰痛で思うように動けないくらいだったが、ギックリ腰とかではなかったので、今日になったらほぼよくなった(昨日は夕食作りは無理だったので、娘に弁当を頼んだ)。

書きかけの記事、書きたい記事(リンドグレーンのアルバム本にある作品解読につながる記述に関することなど)もあるのだが、どれも記事にするには時間がかかるので、当分は萬子媛をテーマとする小説の執筆から気を逸らすことなく、やっていきたい。5編ほど書いてみたいと思っている短編小説の始めの1編を萬子媛その人に当てたい。

萬子媛の2人の息子は不幸にも1人(文丸あるいは文麿。鍋島直朝の4男)は子供のとき、もう1人(式部、朝清。7男)は青年のとき亡くなったが、義理の2人の息子、直孝(鍋島直朝の2男)、直條(3男)との関係がどれほど温かな、良好なものであったかは残された資料から推し量ることができる。

萬子媛を知る人間によって書かれた、唯一の萬子媛の小伝といってよい「祐徳開山瑞顔大師行業記」は、文人大名として有名になった義理の息子、直條(直條:Wikipedia)によって、まだ萬子媛が存命中――逝去の1年前――の元禄17年(1704年)に著述されたとされる。

お世話になっている郷土史家も「萬子媛についての最も古くて上質の資料」とおっしゃている萬子媛に関する第一級の資料である。

何回もざっとは読んだが、きちんと翻訳しておきたい(都合上ここに載せることはできないが)。

数日、その古文書の翻訳に取り組もうと思う。

|

2014年9月16日 (火)

キンドルストアで、児童小説『不思議な接着剤1: 冒険前夜』を販売中です♪

キンドルストアで、児童小説『不思議な接着剤1: 冒険前夜』を販売中です。

レビュー⇒出版⇒オンラインまで3日くらいはかかっていましたが、KDPに今日のお昼近く提出して、午後8時18分には「提出された本がKin​dleストアで出版さ​れました」とのお知らせメールが届きました。

不思議な接着剤1: 冒険前夜
直塚万季 (著), yomi (表紙絵)
出版社: ノワ出版; 1版 (2014/9/15)
ASIN: B00NLXAD5U

内容紹介
次巻で、中世ヨーロッパへ、時間旅行をすることになる3人の子どもたち。
本巻では、それを可能にしてくれる不思議な接着剤と子どもたちとの出あいをえがきます。
不思議な接着剤「クッツケール」は賢者の石100パーセントの超化学反応系接着剤、発売元はアルケミー化学工業株式会社。
「クッツケール」の背後には時空をこえて商売の手をひろげる企業連合の存在がありますが、この作品ではまだほんのり、すがたを感じさせるていどです。
不思議な接着剤に出あった子どもたちの心の動きを鮮やかにえがき出し、生きることの美しさ、せつなさを訴えかけます。

本文より
{ 瞳は、竹ぐしとパレットナイフを用いて、ケーキを型から取り出す作業を進めながら、しずかに話を聞いていました。
 ですが、翔太に起こったこと――いえ、弟に自分がしでかしたあやまちを紘平が話したとき、瞳は身をふるわせて作業をやめました。
「ねえ、紘平くん。それって、夢とか、ゲンカクとかじゃないの? わたし、しんじられない」
 瞳は、かしこそうな目をすずしげに見開いて、それ以上、紘平が話しつづけることを拒否するかのようでした。}

緑字の部分は、9月19日夜、更新を依頼しました。

もくじ
1 おとうさんの部屋で
2 くっついたピアノ協奏曲
3 どうすればいいのか、わからない
4 青い目のネコ
5 明日は、しあさって
6 冒険へのいざない
あとがき

※本書は縦書き、小学4年以上で習う漢字にルビをふっています。 

サンプルをダウンロードできます。
     ↓

|

KDPへようやく提出

ようやく『不思議な接着剤1 冒険前夜』をKDPへ提出しましたが、タイトルがこの通り表示されるかどうか。

タイトルとサブタイトルを記入する欄があり、タイトルに「不思議な接着剤1」、サブタイトルに「冒険前夜」と入れました。タイトルには、サブタイトルまで含めて入れた方がよかったのかどうかわかりませんでした。

本が出版されてから、商品の紹介ページを見ておかしければ、書き換えることになりそうです。

中身はずいぶん確認したつもりですが……

提出したあと、しばらくポカンとしていました。達成感がないというか、本作りに費やした時間がごっそり消えてしまったみたいな感じなのです。いつ傷めたのか、腰が痛いことに気づきました。

腰を曲げて歩かないと痛いのですが、ずっと座っていたせいでしょうね。

これで初の歴史小説に入れます。萬子媛の周辺を調べていたら、書きたいことが膨れ上がったので、まずは短編を5編くらい書いてみたいと考えています。

5編も書けば、歴史小説の書き方がわかってくるでしょうよ。試行錯誤ですわ、歴史小説なんて。やっぱり手軽に書けるのは、長いこと書いてきた大人向きの純文学小説です。

このテーマなら何日で何枚、というのが正確にわかるのですね。児童小説は純粋に楽しく、書いていて幸福感があります。でも、わたしには育児みたいに骨が折れ、仕上げるまでにすごく時間がかかります。

ルビ振り一つとっても、もううんざり、と何度も思いました。書いている子供たちを生かしたい一心で、また書くのですが。2巻目の執筆に入るのは、初の歴史小説が何らかの形になったあと。

いよいよ、これから萬子媛の小説を書き始めるのだと思うと、緊張します! どの程度造形できるのか……書いてみるしかありません。

『不思議な接着剤1 冒険前夜』は300円です。

|

いお様から頂戴したコメントをご紹介

いお様から先月の16日に、当ブログの以下の記事にコメントを頂戴しましたが、受付停止にしているため、今日になるまで気づきませんでした。

コメントを受付停止にしていますので、ここでご紹介します。

いお

初めまして。コメント受付終了となっていますのに、コメントしてしまい申し訳ございません。
しかも随分昔の記事に…。

大変面白い解説を読ませていただいたので、お礼を言わせて下さい。
私には男性に都合の良い女性ばかり出して、男性に良い想いだけさせる、そして行き当たりばったりの筋しか書けない村上春樹が、ただの普通の男(凡人)にしか見えませんでした。
ですが、マダムN様は彼の凡人以上の不気味さを見抜き、ここで作家としての評価をしておられました。
彼の作品の新しい見方を見つけることができました。

失礼いたしました。
マダムN様の文章に魅力を感じました。
また訪問させていただきます。

わたしにとって、村上春樹の小説が不気味だと感じられる理由には、三点あります。

純文学的技法によって書かれているとは思えない春樹の小説が、純文学扱いされること(ではエンター系かというと、それとも違うように思われる)。また、わたしの神秘主義者としての感性からくるもので、催眠性を感じさせられるところがどうしても薄気味悪く感じられます。

そして、以下の記事を書いたころから、村上春樹が左派のプロパガンダに使われてきたのではないか、という疑念を抱き始めました。

意味の通らない文章を書きがちな大江健三郎がどういうわけかノーベル文学賞を受賞し、左派の広告塔となって久しいですが、ならば同系統の作家として春樹のノーベル文学賞受賞が可能だと思われたとしても不思議なことではないでしょう。

従軍慰安婦、南京事件、靖国参拝はセット物となって、左派の反日プロパガンダに使われてきました。

ところが、今では、従軍慰安婦問題が、朝日新聞の誤報・謝罪から、国家的な――日本の名誉に関わる――問題として大きく扱われるようになりました。

教育現場では盛んに村上春樹の小説や漫画『はだしのゲン』が使われてきたようですが、それらは史料的裏付けに乏しい、反日的な表現を多分に含んでいます。教育現場でそれらを使うのがふさわしいことなのかどうか、検証されるべきではないでしょうか。

|

2014年9月15日 (月)

KDPに提出予定の『不思議な接着剤1』は校正の泥沼状態。続けてみた友人の夢。

P1

原稿を表示した一太郎、Kindleプレビューア、Kindle Paperwhiteの各画面で何回読み直したことか。

昨日はとうとう徹夜になり、朝、洗濯物を干した直後に爆睡。お昼ごろ目覚めて、再びこの三つの媒体を徘徊し、いつまでも作業終了とならず、もう気違いになりそう。

子どもの本には特に神経質になるので、書いている内容、国語的なことを何回調べ直して書き直しても、これで満足とはなりません。

写真は、Kindle本の出来具合を確認するために無料で使用できるKindleプレビューアの画面です。

これで確認している間にKindle Paperwhiteにプレビューアで生成されたmobiファイルを送り、字のサイズを変えて、そちらで最終確認となるのですが、ここ数日、犬が自分の尻尾を追ってぐるぐる回るみたいなことになっています(わたしは犬年)。

深夜には子どもたちが洞窟に持ち込むことになるライトについて、再度調べたりしていました。2巻目の冒険に入ったとき、ライトはとても重要になってくるので。

調べているうちに、ほしくなってきました。お金があれば、きっとライト収集家になったと思います。ランタンライトに、なかなかすてきなものがあります。

この記事をアップしたら、またKindle Paperwhiteでの確認作業が待っています。それでOKを出せるかどうか、今日中に登録作業までいけるかどうか。

電子本作りには慣れてきたはずなのに、逆に完成までの道のりが険しく感じられたりします。ある意味では、電子本作りに慣れたゆえのゆとりが生む皮肉な現象なのかもしれませんが。

Kindleプレビューアはアップデート後に、カラーモードでNormal、Night、Sepiaを選択することが可能になっていました。写真はSepia。シパシパしている目には優しく感じられます。

さあ、ちょっとだけ休憩したら、また作業に入らなくては。出た本を見て、あれだけやってそれなの、と思われるかもしれませんが、「ローマは一日にして成らず」ですわ、ハイ。

話は変わりますが、このところ続けて大学時代に一緒だった友人の夢を見ます。

体調が最悪だった10年くらい前に、心配して毎日のように電話をかけてくれた彼女でしたが、そのころわたしは、電話に出るのも億劫なくらいで、這うようにして家事をやっていました。

それを思えば、元気になりましたわね、我ながらずいぶん。病気は増え、体力は乏しくなったはずだけれど、家事の量が違うのでしょう。

で、わたしはありがたいと思っていたはずなのに、ありがたい電話すら体に負担で、「もう放っておいて、電話しないで」といってしまったのでした。後悔しても、後の祭り。年賀状のやりとりは続いていますが、連続して彼女の夢を見てしまうと、気にかかります。

夢の中で、彼女は元気そうではありましたが、まるで纏足でもしたみたいに歩行が不自由でした。何か、象徴的な意味があるのかどうか。何か心配だなあ。

夢の話題を出したついでに、めったに更新しなくなった最近の夢日記から、ライン以下に引用しておきます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続きを読む "KDPに提出予定の『不思議な接着剤1』は校正の泥沼状態。続けてみた友人の夢。"

|

2014年9月14日 (日)

ダイエットその後(終了から16日目)。「小松菜のナムル」(『主婦の友 毎日の晩ごはん献立BEST800レシピ』より)。

ダイエットを始めた5月9日~8月29日で6.4㎏減。記録し始めた5月17日からは5.7㎏減となり、その時点でダイエットは完了しました。

その数日後、循環器クリニックで1日2食の食事を1日3食に戻すようにいわれ、5日ほどいいつけを守っていましたが、1日3食は家で過ごすことの多いわたしにはかえって苦痛で、1日中胃が重くなってしまうのです。

それで、このところ1日2食になってしまっています。

体重は、ダイエットを終了した時点と同じ体重をだいたい保っています。今日はそれより0.2㎏減です。

朝は牛乳かけグラノーラとミルクコーヒー、夕食は一般的という食事内容でしたが、グラノーラに飽きてしまって(鳥の餌みたいに想えてきました)、たまにパンやごはんを食べます。

最近食べているグラノーラは、「ファミリア ボディバランス」です。

これはなかなか美味しい。それでも、毎日だとわたしは飽きますが。600g入りですし、少量でも満腹感が得られるので、結構持ちます。

今朝は、トーストした食パンの半分に前日の余ったミンチカレーをのせて、カレーパン。

20140914e

カレーとパンという組み合わせは給食を思い出して嫌でしたが、これはグー!でした。

パンの近くを走っている馬は、今「PIXLR EXPRESS」で使えるエフェクト「heroici」の中の一つです。

PIXLA」が何かというと、以前にも書きましたが、これは無料画像編集ソフトです。ブラウザ上で画像を編集することができるので、ちょっと写真を加工したいときなどに便利ですよ。

20140914a

過去記事で、重宝している料理の本『主婦の友 毎日の晩ごはん献立BEST800レシピ』(主婦の友社、2013年)について書きましたが、写真はその中の「小松菜のナムル」を参考にしたものです。これ、癖になりそうなお味。すぐにできるので、もう一品というときにおすすめ。

前掲書からレシピを引用させていただきます。

材料(2人分)
小松菜1/4束 塩少々 A【ごま油、すり白ごま各大さじ1、塩小さじ1/3、にんにくのすりおろし少々】

作り方

  1. なべにたっぷりの湯を沸かして塩を入れ、小松菜をゆでる。冷水にとって水けをしっかりとしぼり、5㎝長さに切る。
  2. ボウルにAを入れてまぜ、①を咥えてあえる。

主婦の友 毎日の晩ごはん献立BEST800レシピ―今日の晩ごはん即決! だれでもおいしく作れます (主婦の友百科シリーズ)
ムック: 356ページ
出版社: 主婦の友社 (2013/10/10)

やはり過去記事で書いたフライドオニオン。少しコクがほしいときに、豆腐、サラダ、スープなどに手軽に振りかけられるので、とっても便利です。

20140914b

『不思議な接着剤1 冒険前夜』はまだKDPに提出できていません。

ああ確認終わり、と思いながら、何か予感がして前のほうを見ると、「草食恐竜」と書いているではありませんか。今は「植物食恐竜」というらしいのに。

その部分を書いてからかなり時間が経っており、参考にした図鑑も古いものだったので、『よみがえる恐竜・古生物 超ビジュアルCG版 (BBC BOOKS) 』(ソフトバンククリエイティブ、2006年)を参考に書き直しました。

この分野には興味があるので、テレビで恐竜の番組があるときは、録画してでも観ていますが、参考にしたBBCの本も最新の本ではないので、情報が古びてはいないかと心配になり、ネットでも調べました。作品に出した部分――少し出てくるだけ――はそのままでいけるようです。

ついでに読んでいると、ルビや表現など他にも手直しししたくなる箇所がまたゾロ出てきて……永遠に出せないんじゃないかという気分に囚われてきます。

冒険前夜の1巻ですらこうなのに、中世ヨーロッパに舞台を移す2巻の校正のことを思うと、ぞっとしてきます。いえ、まだ肝心の中身すらできていませんが。とにかく提出して、初の歴史小説に入らないと。

|

2014年9月13日 (土)

kindleの児童小説『すみれ色の帽子』をお買い上げいただき、ありがとうございます!

児童小説『すみれ色の帽子』をお買い上げいただき、ありがとうございます!

『すみれ色の帽子』を有料でお買い上げいただいたのは6冊目で、Kindleオーナー ライブラリーで1冊お借りいただいています。9月5日ごろお買い上げいただいたようです。

サンプルをダウンロードできます。
     ↓

いい加減、『不思議な接着剤1 冒険前夜』を出してしまわなければと思い、完成させたつもりで、epub形式に保存したファイルをプレピューアで開いてざっと確認し、生成されたmobiファイルをkindle Paperwhiteに送って確認していたら、やっぱり見つかりますねえ。

間違いがごろごろ。何度も見直したはずなのに、「まだ、まだ~」という感じで。目眩はしてくるわ、吐き気は催すわで、もうつくづく嫌になってきます。

子供向けの、本格的な冒険に入る前段階の物語で、長い作品ではないのですが(400字詰原稿用紙に換算したら100枚強でした)、いつものことながら、この有様です。

そういえば、物語でネス湖の恐竜の話がちらっと出てきて、「ネス湖は、イギリスの北部地方、スコットランドにあります」と書いているのですが、スコットランドの独立問題が話題になっていますね。住民投票まであと5日。場合によっては、ここにあとで注をつけることになります。

本日中の登録を目指しますが、どうなることやら。

ペガサスが登場する物語。サンプルをダウンロードできます。
     ↓

101円~102円の児童書シリーズです。サンプルをダウンロードできます。

     ↓

|

慰安婦問題、南京事件、戦後教育と林芙美子の『戦線』

 慰安婦問題、南京事件と絡んた朝日的歴史観がクローズアップされ、慰安婦に関する誤報が話題になっている。

 わたしは1958年2月生まれで、今思えば、同和教育が盛んだったし、戦争をテーマとした巡回映画などもよく見せられた記憶がある。

 だから、わたしは思っていた――戦争になれば、人間は鬼畜のようになってしまうのかと。そういう面が否定できないにしても、太平洋戦争の複雑さなども教えなければ、それはバランスを欠いた偏向教育にすぎず、生徒は消化不良を起こしてしまうだろう。

 そのあとで、いくら命の尊さを教わったところで、人間不信に染まった心はそれをうまく受け入れられなくなってしまう。

 わたしが少女期になるまでお世話になった家政婦さんは今考えると、在日外国人ではなかったかと思うが、当時はそのような類いのことは考えたことがなかった。

 だから、彼女が子供のときに赤犬を食べた話とか、知り合いの兵隊さんが人肉を食べた(かもしれない)話だとかは一部の日本人の隠れた習慣だったのだろうとわたしは思い込んでいたし(日本人にもそういうことがあったのかもしれないが)、彼女が字が書けなかったのも、昔の貧しい日本人はそういうものかと思っていた。

 そして、彼女の話や行動には風俗、文化の違いを思わせるところが色々とあったが、そのことをわたしはどう考えたらいいのか、わからなかった。

 彼女は、左官職人をしていたというご主人が作った小さな家に住んでいた。彼女のご主人は疫病で亡くなったそうで、2人はどこからか来たようだったが、そこが日本ではない国からだったかもしれないとは考えたことがなかった。

 わたしは彼女の子供たちから性的悪戯を受け、そのことの意味を知ったとき、ひどいトラウマに陥ったが、どう解決すべきかわからなかった。母にいえばよかったのだが、わたしは彼女にいい、そんなことはあるはずがないと叱られた。

 彼女の息子たちは自分たちが在日外国人であることを知っていたはずであり、学年の違いはあっても、わたしが受けたのと同じ教育を受けていたはずだ。

 日本人の「罪」を強く刷り込まれる中で、日本人の少女なら軽く扱ってもよいという意識が芽生えることはなかったのだろうか、と中年になったわたしは考える。

 同和教育という形ではなく、異文化の混在について教わっていれば、わたしの混乱はもっと少なかったと思う。差別も何も、兄妹のように育ち、それでいて強い違和感があり、楽しさも共有したが、被害も受けた。

 戦後日本の教育がバランスのとれたものであったなら、在日外国人の子供たちは被害者意識を膨らませることなく、むしろすこやかに生活できたのではないか、日本か自分の国かをもっと自覚的に選択できたのではないか、とどうしてもわたしはそう思ってしまう。

 日本人の子供であれ、在日外国人の子供であれ、日本を愛そうとしても愛せない、愛したらいけないような感覚をもたらしてしまう弊害が戦後の教育に潜んでいはしないか?

 わたしは文学に馴染んできたので、戦前、戦後の文学作品を読んできているのだが、敗戦を体験しても、日本人の気質や物の考え方にそう大きな変化はなかったのではないかという気が最近はしている。

 だから、戦時中だけ、一般日本人は鬼畜となった――共産主義者だけが正義と弱い人間の味方だった――とは、どうしても思えないのだ。勿論、人間はどこの国の人間であれ、様々だから、一時的に鬼畜になった、あるいは戦争が原因で完全に鬼畜化した人もいたのかもしれないが……

 戦中の従軍記やそれをもとにした作品はあまり読んでいないので、これから読んでいきたい。そこから、何らかの結論(?)が出るだろうか。

 南京事件ついて、いくらかでも知りたいと思い、石川達三の『生きている兵隊』を読んだ。

 南京陥落は1937年12月12日のことだったが、石川達三は翌年中国大陸に中央公論特派員として渡り、南京入りしている。そのときの取材をもとに『生きている兵隊』が書かれている。『生きている兵隊』については、以下の記事で触れた。

 ところで、南京陥落した年の12月31日、林芙美子は東京日日新聞社・大阪毎日新聞社の特派員として南京入りしている。

 南京大虐殺について書き残した作品は見当たらず(?)、その翌年、今度は内閣情報部が組織した「ペン部隊」に意欲的に参加して武漢作戦に随行し、『戦線』を書いている。

 もし南京大虐殺のような凄まじい殺戮を見聞きした翌年の従軍取材だったとすれば、大した心臓の持ち主である(林芙美子は確か心臓弁膜症だった)。

 林芙美子『戦線』(中央公論社、2006年)に佐藤巧己「林芙美子の『報告報国』と朝日新聞の報道姿勢」という解説がある。

 林芙美子は漢口に朝日新聞社のフォード製トラックで一番乗りしたのだが、解説には「『戦線』は朝日新聞社と共同制作したメディア・イベント作品と言える」とある。

 確かに読めば、そんな印象を受ける。ただ、実際に現地を取材した人間にしか書けないと思わせる文章が随所にあって、ちょっと抜き書きしておきたいという気がする。

 馬のことがよく出てくる。兵隊と馬は夫婦のようなものだと書かれている。兵隊の便のことを書かれた箇所がある。中国兵の遺体の描写。自分の家を去りかねて家のまわりをうろうろしていた老婆のこと。収穫した綿の実の山に呆んやり倒れている老婆のこと。

 どの部隊も支那人の雑役を連れており、それは土民あり、捕虜ありだが、雑役には日給が払われ、兵隊は「この雑役はどうかすると、僕達より、給料がいいかもしれん」と笑う。

 図書館に返すまでにはもう少しちゃんと抜き書きしておきたいので、この記事は書きかけとしておこう(書きかけが溜まっていく)。

 この部分は書きかけです。

 解説には「ペン部隊」のメンバーが挙げられているので、書き留めておきたい。以下は前掲の「林芙美子の『報告報国』と朝日新聞の報道姿勢」246頁より。

南京陥落後に国民党政府が移った新首都への総攻撃を前に、内閣情報部は国民の戦意昂揚のため人気作家に従軍を要請した。その人選は文芸協会会長菊池寛が中心となり、以下の陸軍班十四名、海軍班八名が参加している。
 陸軍班=久米正雄、片岡鉄平、川口松太郎、尾崎士郎、丹羽文雄、浅野晃、岸田国士、佐藤惣之助、滝井孝作、中谷孝雄、深田久弥、富沢有為男、白井喬二、林芙美子。
 海軍班=杉山平助、菊池寛、佐藤春夫、吉川英治、小島政二郎、北村小松、浜本浩、吉屋信子。

 話は変わるが、最近林芙美子の「子供たち」「美しい犬」「文学的自叙伝」「朝御飯」を青空文庫で読んだ。

 前の2編は小説。「美しい犬」は児童小説かもしれない。対象に寄り添おうとする林芙美子の文学的姿勢が際立って感じられる2作品。描写力がすばらしい。「美しい犬」はおすすめ。

 後の2編はエッセー。「文学的自叙伝」は作家魂?が感じられ、何度読んでもため息が出る。持ち込み原稿が帰宅した本人より早く速達で返されていたとか、お金がなくて衣類も質に入れてしまい、初訪問した編集者に赤い水着姿で応じたとか……といったエピソードは林芙美子を語る場合によく使われる。

「朝御飯」には涎が出そうになった。コーヒー好きには寺田寅彦の「コーヒー哲学序説」がおすすめ。

|

2014年9月11日 (木)

氷水解凍法で解凍した豚ヒレブロックを使って、「塩豚ヒレの蒸し煮」(『あっさり味のおかず』主婦の友社、平成19年)

安かったときに買って冷凍した豚ヒレブロック。

解凍法には室温解凍、流水解凍、冷蔵庫解凍、電子レンジ解凍とありますが、どれも試したことがあり、豚ヒレブロックの場合、いつもどうも解凍がうまくいかず、パサついた食感に仕上がりがちでした。当然、味も劣化が感じられるものです。

それで、買った日に料理できなければ、買わないようにしていたのですが、つい買ってしまいました。

なるべく肉を傷めない上手な解凍法はないだろうかと思い、ググってみたところNHK番組「ためしてガッテン」のホームページで、氷水解凍法というのが紹介されていました。ホームページから引用すると、以下のような手順です。

  1. .ボウルに氷水をつくる
  2. 密閉できる袋に食材を入れて沈める
    ※食材にラップはまかない
    ※袋の空気はよく抜いておく
    ※浮いてくるときは重しをする
    ※袋に氷の膜が張ったら はがす
  3. 食材が溶けたら終了

このやり方で解凍したら、なるほど、他の解凍法とは比較にならないぐらい、赤い汁の出方が少なくてすみました。

上手に解凍できた豚ヒレブロックを使い、過去記事で紹介したレシピ 「塩豚ヒレの蒸し煮」(『あっさり味のおかず』主婦の友社、平成19年)を作りました。

パセリがなかったので、タイムを振りかけて蒸し、仕上げに黒胡椒をたっぷり。マスタードを添えてもよさそうです。

20140910221413h

塩と砂糖を両面に振って蒸すレシピの効用もあったのか、ガチガチに冷凍していた豚ヒレブロックを解凍したものだとはわからないくらい、柔らかい食感、美味しい味に仕上がりました!

レシピ 「塩豚ヒレの蒸し煮」(『あっさり味のおかず』主婦の友社、平成19年)から。

材料(2人分)

  • 豚ヒレかたまり肉……200g
  • 塩小さじ……1/2弱
  • 砂糖……小さじ1
  • 玉ねぎ……1個
  • パセリの茎……1本
  • 白ワイン……1/4カップ+大さじ3
  • 塩……小さじ1/4
  • こしょう……適量
  • パセリのあらみじん切り……適量
  1. 豚肉は5cm厚さに切り、塩と砂糖を両面に振って約15分おく。浮いてきた水けをペーパータオルなどで押えるようにしてふく。
  2. .玉ねぎは厚めの薄切りにする。
  3. フライパンに玉ねぎとパセリの茎、白ワイン1/4カップと塩を入れ、ふたをして中火にかける。沸いてきたら上下を返し、豚肉を玉ねぎの上に並べ入れ、残りの白ワインを加えてふたをし、中火弱にして約5分蒸し煮にする。
  4. 器に盛り、残っている汁もかけてこしょうを振り、パセリをあしらう。

この本、アマゾンでは中古しかありませんでしたが、「塩豚ヒレの蒸し煮」は『主婦の友 毎日の晩ごはん献立BEST800レシピ』(主婦の友社、2013年)にも載っています。

去年の秋、娘が買ってくれた厚めの本ですが、夕食に何を作ろうかと思い悩むとき(ほぼ毎日悩みます)、重宝しています。

新婚時代に同じようなタイプの、365日の献立が載っている厚い本を買いました。その頃毎日のように行き来していたママ友も同じ本を持っていたので、どちらの家に行っても同じ本があり、よく一緒に本をのぞき込んでは何を作るか決めたりしたものです。

真剣な顔で本をのぞき込んでいるママ友とわたし。寝転んだり、ヨロヨロとつかまり立ちしたりして、涎を垂らしながらダアダアいっている、まだ赤ん坊の彼女の息子さんと娘。そんな懐かしい情景が瞼に浮かびます。

その本は今も使っていますが、幼かった子供たちが玩具にして破ってしまい、相当に傷んでいます。表紙も奥付もとれてしまっているので、レシピを引用したいと思うとき、困ります。

『主婦の友 毎日の晩ごはん献立BEST800レシピ』を娘に買って貰ってから1年近く経ちましたが、冷蔵庫にある材料で手軽に作れるレシピが必ず見つかるため、かなりの利用度です。

主婦の友 毎日の晩ごはん献立BEST800レシピ―今日の晩ごはん即決! だれでもおいしく作れます (主婦の友百科シリーズ)
ムック: 356ページ
出版社: 主婦の友社 (2013/10/10)

|

2014年9月 8日 (月)

中秋の名月に(下手な)三句

20140908d3_2
ベランダから携帯で撮ったお月さま。

白っぽく撮れてしまいましたが、濃い黄色のお月さまでした。ウサギの姿がくっきり。

ベランダでお月見を楽しんだあとで、出てきた三句。

名 月 に お 伽 の 町 と な り に け り

十 五 夜 の 町 輝 い て 眠 り を り 

名 月 は 兎 も 見 せ て 黄 の 光

お月さまの光に照らされた家々が、まるでお伽の国の家々のように見えました。久しぶりに俳句を作ろうとしても、うまく作れませんが。

ところで、月というと、どうしても思い出してしまう菟狭族。その菟狭族について書かれた本。とても面白いですよ。

古伝が語る古代史―宇佐家伝承(オリエントブックス)
宇佐公康(著)
出版社:木耳社(1990/05)

今検索して知りましたが、続編が出ているようです。

以下の俳句は過去記事でも紹介しましたが、昔、宇佐神宮にお詣りしたときに詠んだ句です。

     宇佐 七句

対 岸 に 立 つ 大 鳥 や 菱 紅 葉

秋 汐 に 山 す そ ぬ れ て 輝 け り

国 東 の 海 の 香 れ る 葡 萄 園

か り そ め の 色 世 を 染 め て 秋 夕 焼

山 嶺(れい) を 数 へ し 先 に 月 り ん と

大 比 売(ひめ) の 山 あ り 月 は 黄 を 強 め

宇 佐 の 月 兔(うさぎ) 半 身 く つ き り と

そして以下は、上の本を始めとする歴史の本に感性を刺激されて書いてみた卑弥呼に関する拙歴史空想エッセー。不充分、不満足な面が多々あるエッセーですが……

|

もう一品というときに

20140907230056b_2

もう一品というときに、レンジで蒸したなすにみそマヨネーズ。

以前以下の記事でご紹介したレシピを参考にしました。

違うところは、なすの皮をむいたことくらいかな。以前は合わせみそを使いましたが、今回は赤みそを使ってみました。

娘は今回の甘辛くこってりしたみそマヨネーズが好み(赤みそを入れすぎたと思ったのですが、娘には受けました)、わたしはどちらかというと、以前作った合わせみそのみそマヨネーズのほうが好きです。

|

2014年9月 7日 (日)

Kindle kids' Books Creatorで絵本を作るって、楽しいだろうなあ~!

昨日の記事の続きです。

Kindle Direct Publishingの絵本作成ツール「Kindle kids' Books Creator」を起動し、肝心の絵本の原稿はないのですが、「マドレーヌとわたし」の文字原稿を代用して試してみました。

Kids_4_3

上の画面で、「新しい児童書を作成」を選択すると、以下の説明画面が表示されます。

Kids_5_2

説明に従って作業すればいいだけだとわかりましたが、進んでみました。

サイドバーに「入門」「本の詳細を提供」「本のレイアウトを選択」「カバーとページを追加」という項目が表示され、進行に従って黄緑色の⇒が移動します。

続行をクリックすると、本について詳細を提供する画面。

  • 本について詳細を提供
    タイトル(必須)、著者(必須)、出版者(オプション)
  • 本の言語を選んでください
    English、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、Chinese、Russian
    (日本語がなかったので、Englishを選択しました)
  • どこに本を保存したいですか?
    フォルダ:

続行をクリックすると、本のレイアウトを選択する画面。

Kids_2

続行をクリックすると、カバーとページを追加する画面。

Kids_7

一太郎で作成した「マドレーヌとわたし」のPDFファイルを指定すると、インポートが始まります。

Kids_8
インポートに成功すると、以下の編集画面になります(すみません、こちらはあとで試した「卵の正体」の編集画面です)。

Kids3

ツールバーの「ファイル」をクリックすると、以下の項目が表示されます。

  • 新規児童書
  • 開く
  • 保存
  • 出版用に保存
  • 本を閉じる
  • 終了

「出版用に保存」をクリックすると、MOBIファイルが生成されます。本のプレビューをクリックしてもMOBIファイルが生成され、出来具合を確認することができます。

メールにMOBIファイルを添付して、Kindle Paperwhiteに送ってみました。

本の向きを「横向き」、ページ画像の表示を「2つの画像を隣同士に配置」を選択した文字のみの画面。

Kids_6_2

絵本の作成時に、絵のサイズ調整が大事になってくるでしょうね。

プレビューアでも、Paperwhiteでも、文字の調整は利きませんでした。文章を入れる場合は、最初から文字を読みやすい大きさにして、1ページに入れる行数を無理のないものにし、絵にのせるか、あるいは空白部分を設けてそこに入れるかになる……のでしょうか。絵本は作成したことがないので、適当なことをいっていますが。

一太郎のバージョンアップとKindle Fire何とかが必要になりそう。

3Dに凝っている夫がやる気を示していますが、「数年はかかると思う」といっております。

以下は、最近の夫の作品。夫の旧友が自由になった時間を使って、小説を書き始められ(わたしも拝読しています。とっても変わっていますが、どこか綺麗なところのある作品ですよ)、それに合わせた絵だとか。

J_k3_3blog_2

3Dなので、上手にできていれば、どんな角度からも見ることができますし、様々なポーズをとらせることもできます。

見ていると面白いのですが、大変根気のいる作業みたいです。ちゃんとできていないと、動かしたときに足がよじれたり、頭の禿げが露出したりしますものね。

|

2014年9月 6日 (土)

Kindle Paperwhiteのアップデートを今頃、確認しました

だいぶん前に、「Kindle Paperwhitekのソフトウェアがアップデートされました」というお知らせが届いていたのには気づいていたのですが、よく確認していませんでした。

確認してみると、単語帳、Kindle Paper Flip、脚注ポップアップ、グランドコレクションの新機能が追加されたとのことです。

フォントに新しい「筑紫明朝」が加わっていました。

20140906044855

独自の単語帳が持てるのはありがたい。

20140906050237

ページを移動せずに脚注を見られるのは便利。グランドコレクション(本棚機能)も便利。

20140906051051_2

今回のアップデートで特に嬉しかったのは、「Kindle Paper Flip」機能です! 紙の本のように「さっと見たいページを開く」「パラパラとめくる」機能があればなあと夢見ていたので。

前や後ろのページを確認したいとき、ページを移動せずに◀ ▶をタッチして、そのページを確認することもできれば、勿論移動することも。下線にある白いボタンを動かして移動することもできます。

いやー、Paperwhiteがこんなに便利になっていたとは!
20140906044727

また、「Kindle Kids' Book Creator および KDP キッズのご紹介」というメールが届きました。「本日より、テキスト ポップアップなどの Kindle 機能を使った子供向け絵本を作成するための Kindle Kids' Book Creator をご利用いただけます」ということです。

3Dに凝っている夫と、そのうち絵本を出そうかという話で盛り上がり、とりあえずKindle Kids' Book Creator をダウンロードし、起動してみました。

Kids_4_2

Kids_5

使い心地は実際に試してみないとわかりませんが、KDP、なかなか楽しいツールを用意してくれますね。

以下の記事で書いたように、できたら今年中にGoogle Play でも自己出版したいと考えています。まずは『不思議な接着剤 (1)冒険への道』ですね、ええ。

|

2014年9月 5日 (金)

4日に、循環器クリニック受診

ダイエット頑張ったのに、空腹時血糖値がまた基準値を超えていた。体重と血圧の測定後、看護師さんに体調についてご報告していたとき、空腹時血糖値が高かったことを知らされた。

過去記事を見ると、以下に血糖値の記録がある。

  • 2014年2月19日 (水)
    18日に、循環器クリニック受診
    http://elder.tea-nifty.com/blog/2014/02/post-ba5e.html
    空腹時血糖値が基準値をオーバーしたのは生まれて初めてだが、実はここ数年、血糖値が気になっていた。
  • 2014年7月16日 (水)
    14日に内科受診 ※17日に追記あり
    http://elder.tea-nifty.com/blog/2014/07/14-0160.html
    空腹時血糖値からすると、今回の血糖値は基準値を超えている。食後2時間血糖だと基準値内に収まるが、わたしの場合、2時間を超えていたのだ。

診察室に入ると、先生が血液検査の結果を広げて、「よかったよ。肝臓なんか、すごくいいね」とおっしゃる。いいといわれても……血糖値、これでいいのだろうか?

いいとおっしゃるわりには、浮かない表情の先生。 

今回の結果では、循環器での前回の結果より、血糖値が少し高かった。中性脂肪値もオーバー。

先生に、「わたし糖尿病なんでしょうか?」とお尋ねしてみた。すると先生は「境界域だね。これくらいなら、薬はまだ飲まなくていいよ。だけど、間食はいけない」とおっしゃる。

間食はダイエットを始めてからしなくなったというと、ダイエットに関してはあまり感触のよくなかった前回受診時とは異なり、先生は頼もしそうにうなずかれた(日赤の内科でI先生がなさった表情と同じ!)。

「それにしても、痩せたねえ」と先生。6㎏痩せただけなんだけれどな、とわたしは思った。先生がダイエットの内容を改めてお尋ねになった。1日2食はよくないそうだ。1日3食にしたほうがよいとのこと。

半年に1度、副甲状腺の経過観察で受診している日赤の内科でも、血糖値が怪しく、糖尿病の境界域かもしれないといわれたことをご報告した。

「あちらでは、糖尿病の薬は飲んでない?」とお尋ねになったので、飲んでないといった。「U先生だったよね?」とおっしゃったので、担当医がI先生に替わったことをお話しし、薬剤性肝炎で大学病院に紹介していただいたとき、内分泌の検査に回され、診ていただいたのは別の先生だったが、そのときI先生を見たことまでお話しした。

1994年から9年くらい、慢性膵炎といわれて慢性膵炎の治療薬フオイパン(おくすり110番)を飲んでいたけれど、その後否定されたり、よくなったのだといわれたりしたわたしの膵臓、このことは何も関係ないのだろうか(何人も先生が替わって、訳がわからなくなった)

膵臓は糖尿病には関係の深い臓器であるようなので、ちょっと気になった。何もなかったと思い込もうとしても、背中が板になったような痛み、下痢、腹部膨満感は忘れられない。脂肪便もあった。その頃、痩せていたなあ。同じ頃、飲酒癖もないのに(飲んでいたのは大学時代の一時期だけ)、痛風の検査値が高くなったりもした。

慢性膵炎の治療を受けるようになる前の1992年から翌年の1年間、肝臓も悪かった(原因はそのときも特定できなかった。B型、C型ウィルスはマイナスだった)。

56年も生きていると、結構いろいろあって、よく思い出せなくなったりするが、最低限の記録はとってきた。

薬物血中濃度測定についてお尋ねすると、「少し効き過ぎているようだから、半分の量にしよう」とおっしゃった。測定が必要だったのは、強力な抗不整脈作用があるというサンリズムだった。

効き過ぎると、逆に危険な不整脈を誘発したりするらしい。ちょうどよい気がしていたので、半分の量になるのが少し心配。

20140905022714

50㎎は白と青で、アルミのシートが金色。25㎎は白と水色で、アルミのシートは銀色。

サンリズムは高い。薬価82.1円から48.7円に安くなったのは嬉しい。もう20年服用しているインデラルは薬価15円と安くて、助かっている。

この薬に出合うまでは、つらい不整脈が続いて、まともな生活ができず、わたしももうだめかと思ったほどだった。サンリズムもインデラルもわたしの不整脈に劇的に効いてくれて、頑張ってくれている。本当にありがたい。

フルタイドは余っているかと訊かれ、余っているというと、今回はそれを使うことになった。これまではフルタイドを使い控えることに先生は神経質になっていらしたが、今回は使いすぎることを警戒なさっている様子だった。

記事を書きながらフルタイドについてググってみると、「糖尿病の人は、血糖値の変動に注意してください」(おくすり110番)とあった。糖尿病には注意が必要なようだ。

ダイエット頑張ったのに、思うような結果が出なくて残念だったが、ダイエットせずに間食を続けていたら、もっと悪い結果が待っていたことだってありえる。

自発的にダイエットを決心し、間食をやめることから始めたことは、精神衛生上もよかったと思う。ダイエット前のような暮らしをしているところへ先生から「間食はいけない」と、間食にドクターストップがかかっていたら、絶望的な気分になったかもしれない。

それでも、ちょっと……いや、かなり残念だ。娘がアイスクリームの美味しい喫茶店へ職場の友人と食べに行き、夫とわたしにも買ってきてくれたのだが、それを食べるつもりだった(夫は既に食べた)。ダイエットが一応完了し、標準域の標準より痩せたほうへ入ったので、ご褒美にしようと思っていた……(T_T)

心臓の薬

  • インデラル錠10㎎ 1回1錠 毎食後
  • ニコランジル錠5㎎「サワイ」(先発品:シグマート錠5mg) 1回1錠 毎食後
  • サンリズムカプセル25㎎ 1回1Cap 毎食後
  • ジルチアゼム塩酸塩徐放カプセル100mg「日医工」(先発品:ヘルベッサーRカプセル100mg) 1回1Cap 朝・夕食後
  • 一硝酸イソソルビド錠20㎎「タイヨー」(先発品:アイトロール錠20mg) 1回1錠 朝・夕食後

腎臓・尿管結石の薬

  • ウロカルン錠225㎎ 1回3錠 毎食後 20日分

喘息の薬

  • フルタイド200ディスカス(ステロイド剤) 1個 吸入⇒薬が余っているので、それを使うことに。

|

2014年9月 3日 (水)

時間の節約になる、サツマイモを使ったスープ

Soup4_2

このスープは、サイト「E・recipe」のレシピ『サツマイモのカレークリームスープ』を参考にしました。

あいにくパセリもドライパセリもなく、生クリームの小缶だと思ってあけたものはマッシュルームだったという……でも、美味しかったです。

レシピでは4人分で、サツマイモ1本、ベーコン2枚、玉葱1/2個となっていましたが、わたしはサツマイモ1本、ベーコン3枚、玉葱1個、マッシュルーム1缶(小)入れました。

似た材料で、サツマイモの代わりにジャガイモとニンジンを入れたスープをよく作りますが、サツマイモだと皮ごと切るだけでいいので、時間の節約ができますよ。

尤も、皮の部分があまり綺麗ではなかったので、皮も所々剥きましたが。

サツマイモは煮ると、すぐに柔らかくなるし、本当にこのスープ、あっという間にできます。

レシピのようなカレー風味にしても、クリームスープにしても美味しいですね。マッシュルームも合いました。

Ta3

別の日に作った卵焼き。

だし巻き卵は夕食のおかずの一品にたまに作りますが、今ではめったに作らなくなった、砂糖としょうゆだけで味つけした卵焼き。

お弁当にはよく入れていたなあと思い、ふと作りたくなって作ると、家族も喜びました。食卓にこの一品があるだけで、何だか癒やされる気がしました。

|

2014年9月 2日 (火)

人種差別撤廃委員会の偏向した最終見解 ①河野洋平氏の国会招致を!

国連の人種差別撤廃委員会が8月29日、「最終見解」を公表した。

「慰安婦の人権侵害調査を」国連人種差別撤廃委 ヘイトスピーチ捜査も要請:産経ニュース
2014.8.29 23:17

最終見解では、「真摯な謝罪表明と適切な補償」を含む包括的な解決を目指し、慰安婦への中傷や問題を否定する試みを非難するよう求めた」そうである。また、「在日韓国・朝鮮人らへのヘイトスピーチ(人種差別的な憎悪表現)の問題にも懸念を表明。責任ある個人や団体を捜査し、必要な場合は起訴するよう要請した」という。

尤も、「勧告に法的拘束力はない」そうだ。

そりゃそうだろう。国連人権委員会は「2006年6月19日、総会の補助機関として国際連合人権理事会(United Nations Human Rights Council、UNHRC)に改組され、発展的に解消された」(国際連合人権委員会:Wikipedia)のだから。

最終見解を示した「国連の人種差別撤廃委員会」というのは、「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約(人種差別撤廃条約)」第2部に基づいて設置された委員会のことだろう。

あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約:Wikipedia

あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約(あらゆるけいたいのじんしゅさべつのてっぱいにかんするこくさいじょうやく、英語: International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination、ICERD)は、人種の違いを理由にする差別を撤廃することを定める多国間条約である。略称は人種差別撤廃条約。

概要

条約の前文では、植民地主義・及びそれに派生する人種隔離や差別を非難し、1960年12月14日の「植民地及びその人民に対する独立の付与に関する宣言(国際連合総会決議第1514号(第15回会期))」、1963年11月20日の「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際連合宣言(国際連合総会決議第1904号(第18回会期))」を引用した上で、特にアパルトヘイト、人種隔離(segregation)、人種分離(separation)を批判し、「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際連合宣言」にいう差別のない状態の実現のため、本条約に合意したとしている。

1959年から60年にかけてのネオナチの行動に対して国連人権委員会の小委員会が決議を採択したことを受け、国連総会は1963年に人種差別撤廃宣言を採択し、1965年12月に本条約を採択した。

当事国数は173か国である(2008年6月2日最終更新)。日本は1995年に加入した。

(略)

構成
第1部 - 人種差別の定義および締約国の義務
第2部 - 人種差別撤廃委員会の設置、報告および個人通報等
第3部 - 最終条項

河野談話の根拠がゆらぎ、日本国内で論議を呼んでいる状況下で、まるでその繊細な状況を叩き潰すかのような、口封じをするかのような最終見解。

従軍慰安婦問題が正しく検証されることを見守るどころか、世界で起きている深刻な問題を放置して、日本からすれば不公平としか思えないことを平然と全世界に発信する「人種差別撤廃委員会」。

日本人にとって、従軍慰安婦問題は先祖の人権を回復できるかどうかに関わる大事な問題なのだ。わたしたちに全てを与えてくれた人々であるのに、戦後、彼らの人権はないも同然なのだから。

彼らが本当にそうであったのか、人権も与えられなくて当然なほどひどい人々であったのかどうか、わたしは知りたい。そのことを、日本人自身の手で検証すべきときが来ている。もう曖昧なまま放置することは許されないと思う。

河野洋平氏の国会招致を!

日本は大日本帝国時代に、高らかに人種差別撤廃を提案していたのだが、知らない日本人も多いかもしれない。

人種的差別撤廃提案:Wikipedia

「国際会議において人種差別撤廃を明確に主張した国は日本が世界で最初」だったのだ。第一次世界大戦後のパリ講和会議の国際連盟委員会において、大日本帝国はそれを行った。

大東亜共栄圏というネーミングも、三国同盟を結んだドイツのユダヤ人排斥に日本が与しなかったのも、この提案と無関係ではない。

ちょっと今時間がないので、続きは「人種差別撤廃委員会の偏向した最終見解 ②人種差別撤廃を世界で最初に提案した大日本帝国」と題して、別に書きます。以下は②に採り上げたい、自分のためのメモです。

林芙美子の短編小説「白鷺」、紀行「北京紀行」「白河の旅愁」「哈爾浜(ハルピン)散歩」
「東京裁判で果たしたパール判事の役割忘れない」 モディ首相:産経ニュース

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »