« できちゃった婚の時代の儀式グッズ。京都婚の流行。 | トップページ | 友人とお揃いのデミタスカップ »

2014年5月14日 (水)

初の歴史小説 (28)黄檗宗が『葉隠』の源泉?

(27)で書いたように、わたしは佐賀藩の第2代藩主、鍋島光茂、萬子媛の間には親しい交際関係があったのではないかと見ている。

 そのことは萬子媛の2番目の子、式部朝清が光茂に仕え、佐賀に住み、光茂の信頼厚く、親戚同格の扱いを受けた――と郷土史家のメールに書かれていたようなことからも推測可能だと思う。

 2人の生没年を見ておこう。

 光茂は寛永9年5月23日(1632年7月10日)に生まれ、 元禄13年5月16日(1700年7月2日)に没している。

 萬子媛は寛永2年(1625年)に生まれ(寛永3年という説もある)、宝永2年(1705年)に没している。

 光茂の生涯は、萬子媛がこの世に滞在した期間内に綺麗に収まる。

 光茂に仕えた山本常朝の口述による『葉隠』は再読しておく必要があるだろう。この本、高校のときか大学のときに買い、本棚でたまに目にしていた覚えがあるので、探したが見つからなかった。

「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」の文言は有名で、怖いイメージを抱かれる人もあるかと思う。

 が、昔読んだとき、「綺麗……」と感じた記憶がある。狂信的なところはまるで感じなかった。今読めばどう思うかはわからないが。

 そして、『葉隠』を口述した山本常朝は、潮音道海の影響を受けて神仏儒の合一を説いた石田一鼎(いしだ いってい)の門下生であったという。

 潮音道海(ちょうおんどうかい、1628-1695)は黄檗宗の僧侶である。この潮音道海は木庵性瑫(もくあんしょうとう、1611-1684)という明僧の弟子で、木庵性瑫は、黄檗宗の開祖である隠元隆琦(いんげん りゅうき、1592-1673)を補佐し、その法を嗣ぎ、万福寺2世となった人物だった。

 『葉隠』を調べて黄檗宗が出てくるとは、発見である! 

 黄檗宗が萬子媛を解くためのキイワードである、とわたしは思っているからである。

葉隠 (講談社学術文庫)
小池 喜明 (著)
講談社 (1999/7/9)

 中公クラシックス・シリーズは読みやすくて好きだが、そこからも出ている。

葉隠〈1〉 (中公クラシックス)
奈良本 辰也 (翻訳), 駒 敏郎 (翻訳)
中央公論新社 (2006/06)

葉隠〈2〉 (中公クラシックス)
奈良本 辰也 (翻訳), 駒 敏郎 (翻訳)
中央公論新社 (2006/07)


|

« できちゃった婚の時代の儀式グッズ。京都婚の流行。 | トップページ | 友人とお揃いのデミタスカップ »

Notes:江戸初期五景1(萬子ひめ)」カテゴリの記事

思想」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

萬子媛 - 祐徳稲荷神社」カテゴリの記事