« 初の歴史小説 (17)実家 ①伯父の起こしたスキャンダル「猪熊事件」 | トップページ | パブーの15日の「おしらせ」を見たら…。「備えあれば」キャンペーンでダウンロードしてくださった皆様、ありがとうございます! »

2013年11月19日 (火)

ついリピートしてしまう、半田手延べ そうめん(竹田製麺)

20131119_2

 17日に注文し、18日に発送のお知らせメールがあり、本日19日午後3時に届いた竹田製麺「半田手延べそうめん」5kg(125g×40束)です。箱の上に、前回注文した分の最後の1本をのせてみました。

 定年退職後、再就職した夫ですが、家にいる時間は以前に比べると、増えました。3Dに夢中で、まるで仕事みたいに計画を立ててやっています。

 一緒にお昼を食べることも多くなったので、あまり手間をかけずに食べられる乾麺が家にあると、便利です。

 夫は朝はパン、お昼はごはん(白米)を食べたがらず、夜は――たまの麺類はいいのですが――ごはんを好みます。お昼にマックなどは好きみたいですが、年齢的にコレステロールが心配になりますし、ファーストフードって、案外お金がかかりますよね。まあ、たまにはいいけれど。

 何か箱で注文したいと思いました。ラーメンはコレステロールが心配。蕎麦はそれほど食べ慣れないので、飽きそう。うどんは冬というイメージ。

 以前、亡くなった父方の祖母が孫全員に神崎市で製造される神崎そうめんをよく送ってくれていました。祖母が亡くなってずいぶん経ちましたが、昨年、同じ味を求めて注文したところ、その味がずいぶん違って感じられたのです。

 問い合わせると、製造主が代替わりしたために変化があったようでした。何だかショックで、別の好みに合う神崎そうめんを探す気分になれませんでした。そこの神崎そうめんは、本当においしかったのです。勿論、にゅうめんにしてもいけました。

 今年になって、梅雨時に何か頼みたいと思いましたが、これまで知らなかった味にチャレンジしてみたいと思い、ググってみて、半田そうめんが人気と知りました。

 ウィキペディアから半田そうめんの解説を拾ってみます。

素麺:Wikipedia

  • 半田素麺:徳島県つるぎ町(旧半田町)が産地。起源は諸説があるが、天保時代に吉野川の船頭が、家族の自給用や副業として始めた説が有力である。宝暦4年(1754年)に書かれた『日本山海名物図会』には、この素麺に関する記述がある。他の素麺より太いのが特徴で、それにより過去には素麺とは別の名を付けられそうになった時期がある(現在は『乾めん類品質表示基準』が改定された事により基準上も正式に「手延べ素麺」となった)。

 ちなみに、以下は神崎そうめんの解説。

  • 神埼素麺:佐賀県神埼市。生産量は多い(機械麺において日本国内3位)。機械製麺の発祥地で、真崎照郷が明治7年(1874年)、素麺の製麺を手延べから機械化する事を思い立ち鉄工場を始め、明治16年(1883年)に製麺機を発明(明治13年(1880年)発明との話もある)した事に伴いそれ以降は機械製麺が発展し、それにこだわりを持つ職人も少なくない。独特のコシの強さで知られ、冷して食するほか、温めて食べる「にゅうめん」でも有名。

 実は、最初に頼んだ「半田手延べそうめん」はこの「最安」ではなくて、下のほうに貼ったプログパーツの「送料無料」のほうでした。

 あとで、送料を加えても「最安」のほうが50円安いことがわかりました。

 いずれにしても、安くてまずいのでは……と心配になりましたが、評判はいいようだし、最初から冒険だとは思いましたが、物は試しと思い、思い切って5㎏を注文したのでした。

 そして、すっかり気に入り、今回の注文で3回目でした。わたしは神崎そうめんの冷麦が好きだったのですが、それより太いです。

 これからは、にゅうめんにすることが多くなるでしょうね。

 半田手延べそうめん 5kg(125g×40束) 竹田製麺  ¥ 3,480
 配送料および手数料 ¥ 460
 合計  ¥ 3,940

 でした。

 同じ商品ではこの「最安」が送料を入れても一番安かったのですが、地域によっては送料が違うでしょうから、以下のプログパーツの商品のほうが安いかもしれません。

 ちなみに楽天でも「送料無料」のほうが出ていました。アマゾンに出ている「最安」よりさらに安いものが楽天に出ていれば、アンゾンの商品を紹介するのは悪いので、その場合はいっそ楽天のアフィリエイトも始めようかしらと思い、のぞいてみたのでした。

|

« 初の歴史小説 (17)実家 ①伯父の起こしたスキャンダル「猪熊事件」 | トップページ | パブーの15日の「おしらせ」を見たら…。「備えあれば」キャンペーンでダウンロードしてくださった皆様、ありがとうございます! »

グルメ」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事