« 創作状況 | トップページ | 初の歴史小説 (17)実家 ①伯父の起こしたスキャンダル「猪熊事件」 »

2013年11月16日 (土)

カフェ&ダイニング「かもめのジョナサン」

 昨夜、家族でカフェアンドダイニング「かもめのジョナサン」に行きました。「キヘイカフェ 西大分店」の近くです。

  娘が仕事仲間と行って気にいったらしく、宣伝するので、行ってみたくなりました。ライブハウスの2階にあります。

20131115211900_2

 間近に海の見えるお店です。夜は海が黒く見えるので、海の景色を楽しむには日没前に行ったほうがいいかもしれません。釣りをしている人がいました。

 夜は別府の夜景が望め、ムードがあって、それもいいものです。お店の中は、ほとんど飾りの見当たらない、シンプルな空間でした。

 若い人向きかなと思いましたが、娘が行ったときは団塊の世代くらいの男女が多かったとか。

 壁なりにあつらえられた、壁の角のところで曲がっている長細い黒板が印象的です。

 緊縮財政下の我が家ではお値段が少々心配でしたが、ディナープレートが4種類――だったかな――ありました。全員、豚肉がメインのディナープレートをチョイス。

 軽食っぽく見えたので、夫には足りないかもと心配でしたが、見た目よりボリュームがあり、夫は追加注文はいらないといいました。わたしは、デザートまで入るかしらと思ったほどでした。おなかがいっぱいになりましたよ。

 どれも美味しく、特に炭火焼きしたような味わいの豚肉が気に入ったので、ウェイターさんにそうお伝えしました。家では出せません、あんな味。香ばしくて、塩加減が絶妙。

201311152036000

 コーヒー付で1,100円だったと思います。ソーセージ、または牛肉がメインのものにも興味が湧きました。

 夫とわたしはライス。ライスの量が案外ありました。

 デザートは別注文で、3人別々のものを注文。

201311152057000

20131115205702

 上が娘の注文したデザートで、下がわたし。夫はタルト。

 わたしの注文したプリンは真っ白で、丸いアイスクリームがのっかっていました。プリンはエスプレッソに浴しています。

 わたしはデザート、どちらかというと皆に合わせて注文することが多いのですね。一人だと、注文することはまずありません。デザートを積極的に注文しない理由は、おなかがいっぱいだと、甘すぎるように感じられてしまうからです。

 普段はケーキやプリンが好きですが、若い頃はどちらかというと、甘いものが苦手でした。でも、このプリンは苦いエスプレッソと一緒に味わえるので、食後にぴったりですし、甘すぎるのが苦手な大人には嬉しい一品だと思いました。

 コーヒーも、これまで飲んだエスプレッソコーヒーの中では一番美味しいと思いました。家ではいつもサイフォンコーヒーを飲んでいるので、エスプレッソコーヒーが苦いだけに感じられることが多いのです。

 一人1,500~1,600円のお会計でした。また来たいお店です。

 検索したら、ファイスブックが出てきました。ここ

|

« 創作状況 | トップページ | 初の歴史小説 (17)実家 ①伯父の起こしたスキャンダル「猪熊事件」 »

グルメ」カテゴリの記事