« 河津さんから伺った創作秘話。「日田文學」臨時号は中止に。 | トップページ | 「読書の秋・第1楽章」無料キャンペーンのご報告です »

2013年10月13日 (日)

トーセンソレイユ(次走)がんばって!

 初の歴史小説を執筆する試みで、何だか多忙になってしまいましたが、今日は気が散って駄目です。

 娘が昨日面白そうな小説を買ってきてしまったし(タブッキ。別の記事にします)、今日はわたしが大好きな牝馬トーセンソレイユが、間もなく、3歳牝馬三冠の最終戦となる秋華賞(京都・芝2000m)に出馬するのですよ。

 発走時間は15:40ですから、あと10分ほどで始まります。

 トーセンソレイユはディープインパクトの(半)妹です。

 わたしは一切賭け事はしないので、観戦し、祈るだけです(成績が落ち続けるとまずいです。馬の運命は過酷です)。

 春には華奢でしたが、休んでいた間に30㎏以上増えて450㎏に。体重を増やして馬体をしっかりさせるための休みだったようです。写真を見てもたくましくなったのがわかります。大きな、優しそうな瞳はそのままで。

 前走のローズSは11着に敗れてしまいましたが、頑張ってほしいものです。

 騎手は、スペインのイオリッツ・メンディザバル(39)。この人、それなりに優秀みたいですが、相次ぐ脱臼で有名になりました。ちょっと心配ですが、手術を受け、2ヶ月間リハビリし、復帰してから大きな問題もないそうです。

 ああ、40分過ぎたわ。スタートしたのかしら。○をつけた馬はディープインパクトの娘です。ディープ大好きで、パソコンの壁紙にしています。

1番人気 デニムアンドルビー 3.5倍 ○
2番人気 スマートレイアー 3.9倍○
3番人気 メイショウマンボ 5.1倍
4番人気 エバーブロッサム 12.8倍○
5番人気 ローブティサージュ 15.2倍 

 トーセンソレイユを見たときに、わたしのイメージするペガサスにそっくりと感じて一目惚れしてしまいました。ギリシア神話のペガサスはもっと勇猛な印象ですけれどね。

 追記
 駄目だったようです。掲示板を見ると、4角窮屈になり、前に出ることができなかったようです。このコースの難しいところにはまってしまったようですね。でもよいレースで、またまだ可能性を感じさせるところはあったようなので、がっかりの中にも安堵の吐息。ファンの一人として次走に期待したいと思います。

 メイショウマンボ、スマートレイアー、リラコサージュ、デニムアンドルビー、リボントリコロール、シャトーブランシュ、トーセンソレイユ(18頭中7着)の順のようです。

 サンプルをダウンロードできます。
     ↓

 競馬にまぎれ込んで、結果的にビリの馬を復活優勝させる木馬が出てきます。他にも火事からおばあさんを救い出したりとかね、活躍しますよ。サンプルをダウンロードできます。
     ↓

 パブー版はお得なお値段になっております。横書き、必要最小限のルビふりになっていますが。
     ↓

 

|

« 河津さんから伺った創作秘話。「日田文學」臨時号は中止に。 | トップページ | 「読書の秋・第1楽章」無料キャンペーンのご報告です »

植物あるいは動物」カテゴリの記事