« アントニオ・タブッキ『夢のなかの夢』(和田忠彦訳、岩波文庫、2013年9月)を読んで | トップページ | 『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち』をお買い上げいただき、ありがとうございます!  »

2013年10月16日 (水)

15日に、循環器クリニック受診

 診察の前に、体重・血圧測定、看護師さんによる問診があるが、今日は検査技師さんにあたり、そのときにバカに左足が腫れて靴を脱ぎたいくらいのときがあったというと、「わたしもよく腫れるから、だんせいストッキングを履いているのよ」とおっしゃる。

 え、男性ストッキング? と訊き返すと、「ええ、だんせいストッキング」とおっしゃる。そのうちようやく男性ストッキングではなくて弾性ストッキングのことだとわかった。

 いろいろと見せて貰う。「デパートやドラッグストアにも売っているわよ」とおっしゃるので、デパートかドラッグストアで一度見てみるのもいいかなと思う。外出時に履いて出れば、腫れすぎて靴を脱ぎたくなるなんてこともなくなるのかも。

 まあ、あんなに腫れたのは初めてだったし、それからは起きていない。あのときは胸も少し苦しかった。先生にそういうと、「いつも座って物なんか書いていると、腫れやすいんだよ」とおっしゃり、両脚を診察。

 昨日はそんなに腫れていなかったと思う。

「咳はどう? よく出るの? ちゃんと吸入とうがいをしているんだね?」と先生。何だか気難しいお顔。凄く調子の悪い日があって、次々に水みたいな痰というより唾が湧いてきて、洗面所で履くと、それが血で赤くなっていた――ことをいいそびれた。

 そんな日が続くわけではなく、サンリズム効果で普段はとても調子がいいので、本当にそんなことがあったかどうか、ブログに自分で記録したらしい記事を見ても半信半疑になり、先生の気難しいお顔を見ると、何だかいえない。前にもいったことがあった気がするし……。

 わあ、今、風の音が凄い! 唸っている。日田市で台風被害にあったときの恐怖を思い出す。

  そういえば、副甲状腺のCTを撮って貰ったときに、「右肺中葉S5には板状無気肺、右肺下葉S10胸膜直下には楔状結節を認めます。こちらについてもサイズが小さく、病的意義は不明です。経過を追われてください」とあった。レポートのはじめに「前回CT(2011.8.9)を参照しています」と書かれていた。

 それについてU先生にお尋ねしたとき、肺が縮んでしこりがあるということだが、まず癌ではなく、心配ないと思う。経過観察は必要で、年に一度CTを撮るほうがよいということだった。

 U先生は忘れそうだから、二人で覚えるようにしようとおっしゃった。次回の診察時に、CTの予約をお願いしなくてはならない。

 クリニックの先生もこれについては診ていくとおっしゃったが、これが咳の原因ということはないのだろうか? 

 別に癌ではなくても、しこりが大きくなれば……というのも昔、ひどい風邪をひいたときに痰が気管に入り込んで、肺炎になったことがあるので。何となく、肺には少し何かあるだけでひどい咳が出るというイメージがあるのだ。でも、それだったら、ずっと咳が出るはずで、わたしは出たり出なかったりだから、あれとは関係がないだろう。

 そのあと、話は心臓の話題になり、胸の圧迫感があったことをいうと、ニトロが効いたのなら、それは冠攣縮性狭心症だったのだろうとおっしゃる。わたしは軽い心不全の症状に効いたのではないかと思ったのだが、あれも冠攣縮性狭心症の発作だったのだろうか。

 そして、わたしには不整脈と冠攣縮性狭心症を一緒にして考える癖がついていたのだが、この二つは全く別の異常だそうだ。

 冠攣縮性狭心症が不整脈を誘発することはあっても、その逆はありえないという。サンリズム効果で不整脈が改善された結果、冠攣縮性狭心症の発作もあまり出なくなったのだと思っていたのだけれど。

 サンリズムで注意が必要なのは腎臓が悪い場合だけだそうで、「Nさんの腎臓は物凄くいいからねえ。サンリズムは大丈夫、使えるよ」といわれると、嬉しいが、腎臓が悪くなると使えなくなると思うと怖い。

 結石は腎臓の健康状態とは無関係だそうだ。潜血も心配要らないらしい。実際にタンパクが出たことはない。腎不全だった母の思い出はタンパクという医学用語を伴っているほどだ。

 慢性腎炎がわかる前の母は、よく頭痛薬のノーシンを飲んでいた。頭痛薬には腎障害を起こしやすいものがあるので、気をつけたほうがよいと思う。仁丹中毒でもあった。仁丹には甘草や甘草エキスが含まれており、高血圧症の副作用の出ることがあるそうだ。

 わたしは子供ながらに母がノーシンと仁丹を服用しすぎることが不安だった。その反動で、わたしは、頭痛薬も生理痛止めもほとんど飲んだことがない。 

 膀胱神経症で飲んだことのある精神安定剤も、高校時代に自分で服用を止めて以来、ほぼ飲んだことがない。睡眠薬も飲まないようにしている。それには習慣性があり、飲めば飲むほど症状がひどくなるイメージがわたしにはあるが、わたしの偏見なのかもしれない。でも、わたしはそれらは極力飲まない。

 病気で薬を沢山服用しているわたしが何かを飲まないといったところで、意味もない話という気もするが……。

●心臓の薬(40日分)

  • インデラル錠10㎎ 3錠
  • ニコランジル錠5㎎「サワイ」 3錠
  • サンリズムカプセル50㎎ 3Cap
  • ジルチアゼム塩酸塩徐放カプセル100㎎ 2Cap
  • 一硝酸イソソルビド錠20㎎「タイヨー」 2錠

●喘息の薬

  • フルタイド200ディスカス1個

|

« アントニオ・タブッキ『夢のなかの夢』(和田忠彦訳、岩波文庫、2013年9月)を読んで | トップページ | 『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち』をお買い上げいただき、ありがとうございます!  »

健康 №3(受診)」カテゴリの記事